Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 221 to 240 of 1962)
(showing articles 221 to 240 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 10 | 11 | (Page 12) | 13 | 14 | .... | 99 | newer

    0 0

    今回は『アニメとマーケティング分析』についてお話です!
     
     
    『マーケティング』はアニメの世界に限らず『その作品の人気を左右していく重要なファクター』ですので・・・Mr.Tなりに考察してみました!
     
     
    『このブログならでは』の『マーケティング方式』を考えてみました!
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、今回の『マーケティング』『ポジショニング分析』です!
     
     
    『ポジショニング分析』は普通の企業でも取り入れている『マーケティングの基礎手法』ですけど・・・今回はアニメに当てはめてみました! 
     
     
    『作品のポジショニング』が分からなければ・・・競合時に次の手が打てないですからね! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、具体的な『ポジショニング分析』ですが・・・
     
     
    『Mr.T版ポジショニングマップ』
     
     
     
    縦軸 : 作品のジャンル
     
     
    横軸 : 視聴者の意識
     
     
     
     
    2軸で構成されてます!
      
    『作品のジャンル』は基本設定ですが、昨今『視聴者参加型』アニメが台頭してきているのもあるので軸に当てはめました!
     
     
    では参考に『2011年夏アニメ』の『ポジショニングマップ』をご紹介します! 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    で、この表から読み取れる『2011年夏アニメ』ですが・・・
     
     
    『コアターゲット(ニーズが大きい)』に人気作品が集中している
     
     
    『実況向&コメディ(エロ)』で競合している
     
    (まよチキ・ゆるゆり・バカテスetc)
     
     
     
     
    って感じですかね?
     
    ちなみに上記の関係は『他のクール』でも大体同じ傾向になるんですよねぇ・・・
     
     
    どうしても『実況向&コメディ』は視聴者が求めている層でもあるので競合ひしめくんですよね・・・だからその層での『差別化』が求められるんですけどね!
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『過去ヒットしたアニメ』を抽出しますと・・・
     
    『人気アニメポジショニングマップ』
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
    となり、過去ヒットしたアニメを分類すると・・・
     
     
    『感動・コメディ(エロ)・バトル』全て内包&『実況&考察』視聴者オールカバー『王道系アニメ』
     
     
    例)
    化物語
    Angel Beats!
    ストパン
     
     
     
     
     
      
    『感動シナリオ&映像美』『ヒーリング系アニメ』
     
     
     
    例)
    ARIA
    Air
    CLANNAD
     
     
     
     
     
     
     
    『基本コメディ』ながら『最後は感動』させる『ドラマ型アニメ』
     
     
    例)
    けいおん!
    あの花
     
     
     
     
     
     
     
     
    とにかく『コメディ&エロ重視』『実況民大喜び』『萌え系アニメ』
     
     
    例)
    俺妹
    IS
     
     
     
     
    『濃いシナリオ』『目の覚めるようなバトルシーン』満載の『重厚系アニメ』
     
     
    例)
    空の境界
     
     
     
     
     
    『主人公や各キャラの葛藤や喜び』を視聴者が自分のことのように感じることができる『自己投影型アニメ』
     
     
     
     
    例)
    まどか☆マギカ
     
     
     
     
     
     
     
     
    って感じでまとめてみました! 
     
     
    ヒット作品にはある程度『型』があるのがこれで視覚的に分かるかと思います!
     
     
    ただ『スポット的にハマる』作品もありますし『何が正解か?』はないんですけどね!
     
     
     
     
     
     
     
    それでも製作側は『歴代ヒット作品』を参考に視聴者を取り込もうとしているのが・・・
     
    『2011年夏アニメ』と『歴代ヒット作品』を重ねてみるとわかりますが・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    まあ製作陣も『作るからにはヒット作にしたい!』という想いがここに現れていると思います!
     
     
    あと私的に思うのが、上で分類したいわゆる『王道型のアニメ』ってなかなか出てこないですし・・・今後そういうアニメが出てきてくれることを望みます!
     
     
    あくまで私的な意見ですが・・・過去の例から見ても王道系のアニメが出てくると業界全体が盛り上がりますので期待してます!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとせっかくなので『2011年秋アニメ』も『ポジショニングマップ』も作ってみました!
     
    *秋アニメはまだ情報が少ないので・・・あくまで『作品感』と『私的なイメージ』だけで作ってますのでご了承を!
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    で、これでいきますと『2011年秋アニメ』は・・・ 
      
     
     
     
    『実況向&コメディ(エロ)』型が夏以上に競合している
     
    (はがない、イカ娘2、真剣、WORKING')
     
     
     
     
    『考察向&バトル・アクション・サスペンス』型の作品が競合している
     
    (Fate、キルティ、ホライズン、ラスエグ2、UN-GO、未来日記)
     
     
     
     
    感動系は『たまゆら』一強でこの枠はほぼ磐石
     
     
     
     
     
    って感じですかね?
     
     
    これを見ると『ポジショニング』が競合しているのが夏以上に多いんですよね!
     
     
     
     
     
     
     
    なので『競合』している2つのポジションについては・・・同系の他の作品との差別化として・・・
     
     
     
    『実況向&コメディ(エロ)』型の差別化
     
     
    ・いかに視聴者に『エロなどの表層』だけでなく『キャラ毎の内面』も理解してもらえるか
     
    *例)IS
     
     
     
     
     
     
    『考察向&バトル・アクション・サスペンス』型の内の差別化
     
     
    ・いかに視聴者に『実況&参加』してもらえるか
     
    *例)まどか☆マギカ
      
     
     
     
     
     
    ってな感じですかね?
     
     
    あくまで私的な分析ですが・・・今後もいろいろ分析していきたいと思いますのお楽しみ!
     
    あと何かご意見があればお待ちしてます!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     

    0 0

    今回は今話題の『フジテレビでの韓流偏重放送』についてですが・・・
     
     
    今日フジテレビ本社のお台場で『韓流偏重抗議デモ』が行われました! 
     
     
    主催者発表で『6,000人~8,000人』で、途中合流を含め万単位の人が参加されたようです!ものすごい人数ですね! 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    このデモは『SNS』などで呼びかけあい実現したもので・・・
     
     
    『フジテレビのあまりに偏った韓流番組の放送』に不満を持った人たちが集まってきたようです!
      
     
    世界中で巻き起こる『SNS』による『大規模抗議集会』のように・・・今までの日本の歴史では考えられないような『歴史的なデモ』になりましたね!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも『某お笑いタレント』『嫌ならテレビ見るな!』と言ったそうですが・・・
     
     
    それって『スポンサーのCMも見るな!』って言っているようなもので・・・自分で自分の首を絞めているのがわからないんですかね?
      
     
    昔『CMの間にトイレに行って!』と言ったがためにスポンサーから怒られ『番組を干されたタレント』がいましたが^^;・・・それと同じようなことを言ってるんですけどね!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもまったく反応を示さない『フジテレビ』も論外ですけどね!
     
     
    何も対応しないと『視聴者』からも『スポンサー』からも見捨てられて『後の祭り』になっちゃうの分からないのかなぁ・・・  
     
     
    噂ですが『おはようからおやすみまで』でおなじみのフジの看板番組の会社がスポンサーを降りると言う話もあるようですし・・・
     
    フジはもう対応しないと大変なことになりそうですね・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    今後もこの話題は取り上げていきたいと思います!  
     
    フジの対応を見ていきたいと思います!
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあ私的に思うんですが、テレビ局や芸能界が腰をすえて『日本のタレントや歌手を育ててこなかったツケ』が・・・
     
    昨今問題になっている『安易な韓流偏重放送』に繋がっているんだと思います・・・
     
     
    『邦楽の凋落』や『日本のドラマのレベルが落ちている』のも・・・こういう問題に大きく絡んでいるんだと思います・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと韓流の先駆けとなった『ペ・ヨンジュン』さんの時は『日本や日本の女性をリスペクト』してくれているのが伝わってきたのが好感でしたが・・・
     
     
    それに続く『KーPOP』や『韓流俳優』の中で『出稼ぎ感覚で仕方なく日本にきている』人がいるのが見てて辛いです・・・
     
     
    日本で長い間きちんと活躍しようと思っているとは思えないんだよなぁ・・・
     
     
     
     
     
     
     
    いろんな要因が今回の問題には絡んでいそうですね
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     

    0 0

     
    先代が語る『喜翆荘命名』の由来 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    旅館の名前は『喜翆荘』に決めた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    スイ!『お前が喜ぶ旅館』で・・・『喜翆荘』!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    自分達が喜べずに・・・お客様を喜ばすことは出来ない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにお前のためだけじゃない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    お前が喜べば・・・俺が嬉しい!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
    さて先代が『喜翆荘』と命名した由来からはじまりましたが・・・『花咲くいろは第21話『蘇る、死ね』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
    しかも『P.A.WORKS 10周年作品』ということでかなり力が入ってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は『縁と崇子の結婚』が決まり『喜翆荘』での式をとり行うことに! 
     
     
    料理や余興などの話で皆盛り上がります!
     
    民子も徹と結婚式用の料理を作ることになり喜んでいます!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、徹は民子と料理の買出しに行きますが、帰りがけに元気のない自分を徹が心配をしてくれることを民子が喜びますが・・・ 
     
     
    徹の会話の中に『緒花』が何度も出てくることで『徹は緒花が好き』なことを見抜きます・・・
      
     
    民子にとってみたら幸せから不幸に突き落とされた感じでしょうね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    その後お風呂場で緒花と民子がバッタリ会い・・・
     
     
    民子は緒花に『徹と付き合ってあげて!と・・・自ら一歩引く言葉を言います・・・
     
     
    民子の本心は『徹を渡したくない!』でしょうけど・・・徹の気持ちを考える民子だからこその言葉で胸が苦しいです・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな民子に徹への気持ちを知る緒花『民子の気持ちはどうなるの?』とたずねると・・・
     
     
    これまで『ホビロン!』だったのが・・・前のように『死ね!』に逆戻りしてしまいます・・・
     
     
    民子も心の整理が出来ていないんでしょうね・・・題名の理由はこれだったのか・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    そんな結婚お祝いムードの中、女将が崇子を部屋に呼び・・・
     
     
    冒頭の言葉にあるように自分達の喜びを大事にし『縁の喜び』共々お願いする女将・・・ 
     
     
    それまで普通の対応だった女将が初めて崇子に対しお願いをするシーン・・・なんだかジーンときました・・・ 
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    しかし最後の最後で女将は『縁には後を継がせない』という言葉も出てきます!
     
     
    女将はどういう意図でこういったんだろう?
     
     
    凄く気になる終了の仕方でした!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これで21話終了ですが『民子の喜びや悩みなどの葛藤』が伝わる回でした!
     
    今回脚本は岡田麿里さんでしたが『女子高生の葛藤』を描かせたら強いです!
     
    徹にラブホテルに連れて行かれると勘違いして狼狽したり・・・こういうシーンも含めて『あの花』でも生かされたマリーさんの脚本の面白さですね♪ 
     
     
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    そして次回は『徹×緒花×民子』の恋模様が修羅場なりそうですね!
     
    とうとうクライマックスに向けて物語が大きく進展しそうです!
     
    次回も気になります!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今までも作画素晴らしかったですが・・・ぜんぜん作画レベルが落ちないPAの作画力は本当にすごいですね・・・
     
     
    自分達の強みを知っているからこその『丁寧な作画』は好感が持てます! 
     
    お風呂場の作画・・・良かったですw
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと以前お話しましたが・・・『キャラ☆メル Febri Vo.5』『安藤真裕監督&脚本の岡田麿里さん』対談で・・・
     
     
    『花咲くいろは』『働く人へのメッセージがこもったアニメにしたい』と言われていたのを思い出しました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なので最終回に向けて『緒花・民子・菜子』たちが・・・
     
    どういう成長をしていくのか楽しみです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

    まひるの恍惚
     
     
     
     
     
     
     
    あの時、匡平様がいなかったら・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私達は・・・みんな死んでた・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    匡平様が『玖吼理の左手』を開かなかったら!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『まひるの匡平に対する恍惚の言葉』から始まりましたが2011年7月放送開始アニメ『神様ドォルズ』第10話『美姫、繚乱』レビュー♪
     
     
    原作はやまむらはじめさんで『月刊サンデージェネックス』に連載中のマンガです! 
     
     
    監督は麻枝さん脚本の『Angel Beats!』の監督をされた岸誠二監督で、製作は『デュラララ!!』などを製作している『ブレインズ・ベース』と気鋭の製作陣です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが冒頭前回ラストで新キャラの『日向まひる』が登場した後のシーンから! 
     
     
    何故か匡平にだけは懐いているまひる・・・しかし他の者には容赦なく罵声を浴びせます・・・
     
     
    同じ日向家でも兄の勾司朗や弟の桐生でも手に負えない気性の荒い娘です・・・
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、まひるは『枸雅家と日向家の協力体制』を荒らすだけ荒らして去り・・・
     
     
    せっかく仲直りできそうだった詩緒と桐生との関係も今回の件でまた元に戻ってしまいます・・・
     
     
    桐生にとってまひるは『恐ろしい姉』のようですね・・・  
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    一方阿幾は空守村初の国会議員という『平城』に会い・・・ 
     
    村の老人達を排除し、案山子を有効利用したいという平城の考えを知ります!
     
     
    お互い『前時代的な空守村を壊したい』という思いは一緒・・・
     
     
     
     
     
     
     
    そして阿幾を逃がしたのが平城で、まひるとも繋がっているのが分かります! 
     
    仲の悪いまひると阿幾・・・そして裏工作をしている平城・・・
     
    詩緒達の知らないところでいろいろな物語が進行しています・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、匡平と勾司朗ですが日を改めて会い・・・
     
    そこで謎に包まれていた『匡平の過去』が語られます!
     
     
    『物語の核心』です!
     
     
     
     
     
     
     
    ここから物語は匡平が『玖吼理の隻』だった子供の頃に戻り・・・
     
     
    阿幾と匡平まひると出会うところから始まります! 
     
     
    この時から阿幾とまひるは不仲・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、阿幾は『謎の横穴』を見つけ匡平を連れて入っていくと『謎の案山子』を見つけますが・・・
     
    その『謎の案山子』が急に動き出します!
     
    かなり好戦的な謎の案山子で誰も操っていないのに動き出します!
     
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここで『匡平・阿幾・まひる』の3人で力を合わせて退治しようとしますが歯が立ちません・・・
     
    何とか匡平が玖吼理を使って防戦しますがそれも限界に近づき3人に死が迫ります・・・
     
    絶体絶命の3人・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここで匡平の記憶は途切れ・・・気が付いたら村の大人達が謎の案山子をやっつけたという記憶になっていますが・・・
     
     
    事実はまひるが冒頭の言葉で言うように『匡平が玖吼理の左手を開いて謎の案山子を倒した』ようです・・・
     
    だからまひるは命の恩人の匡平を慕っているんですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これで10話終了ですが『匡平の過去』が明かされましたし、まひるや平城など新キャラが物語を動かしていきそうです!
     
     
    先に行くほどいろんな展開を見せるのはさすがです!
     
     
    新キャラ登場で常に物語を動かす・・・魅せ方が上手いです♪
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今回の戦闘シーンは気合が入ってましたね!
     
    迫力のある戦闘シーンは見ていて惹きこまれます♪ 
     
    クライマックスに近い10話でこういう本格的な戦闘シーンを描くのは現場的に大変だと思いますが・・・だからこそファンにとっては嬉しいです!
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもまひる役の花澤香菜さんは『ノリノリ』でしたねw 
     
     
    『キレキャラ』の花澤さんを見るの初めてな気がするので・・・なんだか新鮮です!
     
     
    そして花澤さんを起用する視聴者のツボを心得た岸監督はやっぱり上手ですね♪ 
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとOPEDにも『まひる』が登場してますね! 
     
     
    こういう『OPEDの変化』って『Angel Beats!』のOPEDでもありましたが岸監督の演出が生かされていて好感です!
     
     
    見ている方も新鮮ですし・・・こういう『細かい所までこだわった演出』が岸監督の魅力だと思います!
     
     
     
    イメージ 19
     
     
    イメージ 20
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    コウキママが語る『親の心得』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    うろたえちゃダメです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    大人が落ち着いて『大丈夫!』って言ってあげないと!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    子供って『本当に困った時』・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『自分を助けてくれる人』にくっつくんです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    りんちゃんは・・・ダイキチさんがいれば大丈夫なんです!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてコウキママの『親としてどうあるべきか』を語る場面から始まりましたが・・・
     
     
    2011年7月放送開始アニメ『うさぎドロップ』10話『おなかのかぜ』レビュー♪
     
     
    原作は宇仁田ゆみさんで『FEEL YOUNG』(祥伝社)という雑誌で連載されていたマンガです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回はりんが風邪をひいてしまうお話で・・・ 
     
     
    ダイキチが今まで経験したことがない『弱っていくりん』を見て動揺してしまいます・・・
     
     
    ダイキチが引き取ってからりんは今まで大きな病気をしたことがないようで、いつも冷静なダイキチが我を失います
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな時に助けてくれたのはコウキママでした・・・ 
     
     
    自分ひとりでコウキを育てながら働いている『ギリギリの生活』のはずなのに・・・
     
    りんの看病までしてくれるコウキママ・・・素晴らしい人ですね・・・
     
     
    人の温かみや助け合いの大切さを感じる場面です・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして動揺しているダイキチに対しても冒頭の言葉のように『りんはダイキチの言動を見てるんだからしっかりしないといけないと優しく諭すコウキママ・・・
     
     
    『親の心得』をダイキチに伝えるこのシーン凄く良かったです・・・
      
     
    ダイキチの狼狽もよく分かりますが『親』として一番大事な場面ですからね・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後はダイキチやコウキママの看病もありりんは元気になりますが・・・今度はコウキママが風邪をひいてしまいます・・・
     
    りんを看病している時にうつったのか・・・それとも過労か・・・
     
    心配ですね・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回も心温まるストーリーで感動でした! 
     
    本当に心理描写が上手い作品です! 
     
    細かな描写も含めて感情移入できる素晴らしい作品です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に今回は作画も演出も丁寧で『うさぎドロップの魅力』を十分に感じれる回でした! 
     
     
    スタッフもダイキチが『りんの本当の親になるための大切な回』と感じていたようでいつも以上に良かったです! 
     
     
    終始涙が止まらなかったです・・・
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとED挿絵の『劇団イヌカレーさん』毎回新規の絵をかかれてますね!
     
    今回は風邪をひくりんです!
     
    イヌカレーさんもかなり頑張ってくれてて嬉しいです♪
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    今後も2人の生活を見ていきたいと思います! 
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもコウキママは本当に味のあるキャラですね・・・ 
     
    声優さんは『大原さやか』さんですがいいキャスティングだと思いました!
     
     
    私的に大原さんだと『ARIA』のアリシアさんを思い出すのですが・・・包み込むような話し方が胸に響きました・・・ 
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
    そして脚本も細かい心の描写も上手に描かれてますし・・・間違いなく『名作』だと断言できます!
     
    今後も期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    今回は2011年7月放送開始アニメ『輪るピングドラム』第9話『氷の世界』レビュー♪
       
     
    この作品はオリジナルアニメ『劇場版ウテナ』以来の幾原監督の作品です!
     
     
     
    幾原監督の『斬新な構成』が大好きなMr.Tにとっては『待ってました!』の期待の作品です♪  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですがこの作品は高倉家に住む三兄妹『冠葉・晶馬・陽毬』がメインでストーリーが進行しますが・・・
     
     
    回は今までの苹果の物語から一気に陽毬の物語に変わります!
     
     
    なんか『TV版エヴァの最後』のように『回想&語り』メインとなり驚きました! 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    内容としては『陽毬の過去』と『高倉家の影の部分』を描き出し・・・
     
     
    陽毬が子供の頃『友達とお揃いのリボン』を母親に頼んだのに揃えられないのを責めていたところで・・・
     
    陽毬が誤って鏡を蹴ってしまい・・・それが母親に当たってしまい大怪我をさせてしまいます・・・
     
     
    陽毬にとっての悲しみの始まり・・・
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてそれ以来友達とも疎遠になってしまい・・・結局学校に行っていないようです・・・ 
     
    兄弟愛に囲まれた陽毬も・・・過去には辛い思いをしていたんですね・・・
     
    しかもその友達が『地下鉄の広告』に出てくるアイドル2人組という皮肉・・・
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後は『運命の至る場所』から来たという謎の司書が『ペンギン帽子』を陽毬にかけ・・・ 
     
    陽毬がその司書とキスを拒んだところで夢から醒めます!
     
    不思議な空間でしたね・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回はこれで終わりですが前々回で晶馬が轢かれたことと今回の陽毬の空間がどう繋がってくるのか楽しみです! 
     
    皆の想いが交錯しながら『1クール目のクライマックス』に突入していきます!  
     
    結果の見えないオリジナル作品・・・次回も楽しみです!
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回は『武内宣之』さんが一人で『絵コンテ・演出・作画監督・作画』をされていましたね! 
     
    『ウテナ』や『化物語』などで実力を発揮された武内さんの独特な世界観が素晴らしかったです!
     
    なかなか『内面』を上手く見せるアニメがないので・・・その点でも秀逸でした!
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして以前ご紹介しました『試運転マニュアル』ですが・・・
     
     
    そこに『運命日記』と『生存戦略』の関連性について書かれていました!
     
     
    この本はこの作品を見るのに重要なアイテムのようです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、前回もご紹介しましたが、そこには『運命』と『生存戦略』について書かれていて・・・
     
     
     
     
    運命 : 本人の意思には関係なく、その人生を左右する『超自然的な力』
     
     
     
     
     
    生存戦略 : 一般的に生命の進化の過程で身に付けた『生き抜くための術』
     
     
     
     
    となっていて一見相反するようにも見えますが・・・
     
    共通点としては『あらかじめ決められた抗いがたい力』ということのようです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここでこの件についていろいろ考察しますが・・・
     
    高倉家と苹果は『運命』を違う解釈で捉えていて・・・
     
     
     
     
    高倉家 : 『運命』は陽毬の命を奪ってしまう憎いもの
     
     
    苹果 : 『運命』は幸せになるための絶対必要なもの
     
     
     
     
     
    という風に同じ『運命』でも捕らえる人によってはぜんぜん価値が変わってしまいます・・・
      
     
    『運命』は全てにおいて平等ではないですからね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中で『この4人が出会った理由』や『ピングドラムを手にいれろ』といわれる理由が何かですが・・・まだ分かりません・・・
     
     
    ただいずれにしても『運命日記』が鍵を握っているのは確かなようです!
     
      
    今後も考察していたいと思います!
     
      
     
     
     
    あと『オリジナル作品』って先が見えない面白さがあるのが魅力ですが・・・
     
    それ以外にもこうして『視聴者に先の展開を考えさせる』ことで『視聴者の考えも進化させる』という魅力があるんじゃないかと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
     
     
    麻奈佳が語る『コーチと教え子の関係
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ねぇ・・・葵ちゃんて長谷川君のこと好きでしょ?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    見てれば分かるよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    でも最近メンバーの子達と仲がよくて『ちょっぴり心配・・・』みたいな?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあ『コーチと教え子』って・・・ちょっと特別な関係だからねぇ!
     
     
     
      
     
    イメージ 1
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてお風呂場で麻奈佳が『葵への洞察力『コーチと教え子の関係』について語るところから始まりましたが・・・
     
     
    2011年7月放送開始アニメ『ロウきゅーぶ!』第10話『美星(ビューティフル・スター)の悲劇』レビュー♪
     
     
    原作は『蒼山サグさん』のライトノベルです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回から『初の対外試合』! 
     
    今まで対外試合の経験のない智花達に強豪の『硯谷女学園初等部ミニバス部』と戦う機会が巡ってってきました!
     
    合宿を兼ねての対外試合に真帆を含め皆燃えます!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて遠征の日となり智花達メンバーの他、引率兼運転手の美星と昴と葵が参加しますが・・・
     
     
    硯谷女学園に行く途中に車を運転していた美星が急病で倒れます・・・
     
     
    これで引率がいなくなったため昴と葵がメンバーを連れて硯谷女学園に行くことに・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
    で、硯谷女学園に着き対戦相手の顧問の初恵と対面しますが・・・
     
    コートで練習をさせてくれず、宿舎も使わせずキャンプを強いる初恵・・・
     
    融通が気かなそうなタイプですね・・・これで合宿はキャンプになります・・・
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それでも智花達メンバーは積極的にキャンプを楽しむなど前向きです!
     
    この『前向き』な姿勢がすごくいいですよね!
     
    だからこそ昴もこのメンバー達のコーチを引き受ける気持ちになったんですけどね!
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    また硯谷女学園も『臨時コーチ』を務める女子高生の麻奈佳がいろいろと世話をしてくれます!
     
     
    麻奈佳は初恵の妹で・・・姉とは違い昴達の面倒を見てくれる優しい子です!
     
     
    昴や葵は中学の時に麻奈佳のプレイを見たことがあるようで実力はトップクラス!しかし膝を怪我しているので松葉杖生活・・・
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、麻奈佳の計らいでお風呂だけは借りられたので女子だけ入りますが・・・
     
    冒頭の言葉にあるように麻奈佳は葵が昴を好きなことと・・・メンバー達と仲良くする昴に嫉妬していると見抜きます!
     
    そして『コーチと教え子の関係は特別』という麻奈佳・・・意味深ですねぇ・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて翌日、智花達が対外試合をする日になりますが・・・
     
     
    対外試合が初めてで5人しか部員がいない上にユニフォームも揃っていない智花達を見て『リザーブチーム』と戦うことを提案する初恵・・・
     
     
    しかしガチでレギュラー相手の試合を楽しみにしていた真帆はその提案に怒り出します!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも『正式な大会』に出るためには『最低10人は必要』なことを昴は智花達に教えておらず・・・
     
     
    相手に言われ初めて知った真帆は悔しさのあまりその場から立ち去ってしまいます・・・
     
     
    5人では大会に出られないことを知りショックを受ける智花達メンバー・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回はこれで終了ですが今回も『コメディとシリアス』の両方が上手く描けていて面白かったです!
     
     
    正直この作品は今後の『地方放送局メイン』のアニメの模範なるアニメだと思います!
     
     
    予算などがキー局より限られる『地方局メイン』のアニメで『どうしたら面白いアニメを作れるか?』というとことをよく研究しているアニメです!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回登場の初恵役『川澄綾子』さんといい麻奈佳役『佐藤聡美』さんといい・・・途中から出てくるキャラの声優さんが豪華なんですよね♪ 
     
     
    『茅野愛衣』さんとか旬の声優さんも使ってますし『能登麻美子』さんなど実力派声優さんも出てきますし・・・魅力的な声優陣です! 
     
     
    ってかこれで豊崎愛生さん出てきたら『けいおん!』メンバー全員出演になりますねw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回も期待してます♪
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば声優さんで言うと葵役は『花咲くいろは』の緒花役の『伊藤かな恵』さんで、同じく昴役が『花咲くいろは』の孝一役の『梶裕貴』さんなので・・・
     
     
    私的に葵と昴の会話がどうしても『花咲くいろは』の緒花と孝ちゃんの会話とシンクロしてきますw
     
     
    同時期に同じようなシュチュって珍しいですよねwどうしても葵が緒花に見えてしまいますw
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    あと智花と昴が天体観測に行く時に・・・
     
     
    私的に『ヨスガノソラ』っぽい絵柄になったような気がしたんですが・・・気のせいですかね?
     
    何か印象的だったんですよねぇ・・・凄くいいシーンでした!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今年のアニサマで『RO-KYU-BU!』出演されてましたがすごい盛り上がりでした!
     
     
    アニメも人気ですし、『人気声優さん×frip Sideのsatさん作曲・編曲』という抜群のコラボのノリのいい曲でライブで盛り上がります!
     
     
    やっぱりアニメの影響力って大きいですよね♪いい曲です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと新鮮な驚きだったのがEDの『Party Love〜おっきくなりたい〜』の盛り上がりはハンパなかったです♪
     
     
    特に歌詞の後の『合いの手』の・・・
     
     
    ジャンプして!(ふ~ふ~♪)
     
     
    ジャンプして!(ふ~ふ~♪)
     
     
    もっと、もっと、もっと…(ふ~ふ~ふ~ふ~♪)
     
     
     
     
    ジャンプやサイリウムをくるくる回すのがメチャクチャ面白かったです♪
     
     
    この曲はライブ向きですね!さすが作詞作曲が桃井はるこさんです♪
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    盛り上がりそうなライブで楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
     
     
     
    バランスの鍛錬はカラテだけでなく
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    人生全てでものをいう 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    調和の取れた人生なら・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    全てが上手くいく
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    映画『ベスト・キッド』 
     
    『ミヤギ』の言葉より
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『バランスの大事さ』についての言葉から始まりましたが・・・
     
     
    『ベスト・キッド』という映画についてお話を!
     
     
    今週久しぶりにテレビで見て感動したので特集してみました
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は多くの方がご存知かと思いますが1984年のアメリカで製作された映画で・・・
     
     
    主人公の『ダニエル』がカラテの達人である日系人の『ミヤギ』と出会い、カラテを通してダニエルが心も体も成長していく物語です! 
     
     
    特にラストシーンの怪我のハンデを克服して相手に打ち勝つ姿は感動的ですよね・・・ 
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    またラストシーンでダニエルが繰り出す『鶴の舞』は・・・ 
     
     
    師匠であるミヤギが父親から教えてもらった技を見て、さらに弟子のダニエルが使うという『代々受け継がれていく』流れなのも良く出来たシナリオだと思います!
     
     
    きちんと伏線を生かすところも奥の深いシナリオで、シナリオ作りの教科書になる作品です!
     
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、Mr.Tが初めてこの作品を見たときに感動したのは『物語の流れ』や『試合内容』でしたが・・・
     
     
     
    今回数年ぶりにこの作品を見ときに感動したのが・・・冒頭の言葉にあるような『ミヤギの厳しくも温かい言葉』でした・・・
     
     
    昨今『大人が子供を導いていくような作品』が少なくなっているので・・・そういう意味でも新鮮でした!
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に『バランスの大切さ』をミヤギが語るシーンが印象的で・・・ 
     
     
    早く『突き』などの『打撃の訓練をしたい!』というダニエルに対し、ミヤギが・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
    バランスを養ってからだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    バランスが重要だ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    バランスがよければカラテも良い!全てがよくなる!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    バランスが悪ければ荷物をまとめて帰るしかない!
     
     
     
     
     
     
     
     
    と語るシーンは誰もが思う『すぐに結果を出したい!』という欲求に対し・・・
     
     
     
    ミヤギが『バランス』という言葉を用いて『まず足元を固めてからでないと、いきなり結果を求めるのは無謀』だと言っているように思えて・・・
     
     
    特にリーマンになったMr.Tには胸に響く言葉でした・・・
     
     
     
    学生の頃には『ダニエル寄り』で見てたのでミヤギの言葉はほとんど関心を持たなかったのですが・・・
     
    今聞くとミヤギの言葉は『物事の真実』を語っているなぁ・・・と驚かされます・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に今の日本社会は『成果・結果』をすぐに求められるような社会に変わってきてますし・・・ 
     
     
    ドラマやアニメでもいきなり『才能持った主人公』が登場するなど『成長する過程』を飛ばすような作品が溢れているのも『バランス』が崩れている状況なのかもしれません・・・
     
     
    日本人が忘れかけている心をアメリカ映画で見るのも皮肉な話ではあるんですけどね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は見る時期や見る角度でいろいろな解釈が出来る作品ですので・・・
     
     
    しばらく見てない方も、まだ見てない方も是非とも見てみて欲しいです! 
     
     
    必ず心に何かが残る作品だと思います!
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『ベストキッド』のように『主人公を導いてくれるような大人』が出てくるドラマやアニメって少なくなってきてますよね・・・
     
     
    特にアニメに関しては『学園生活』が主体のため『高校生のみ』と『同年代』が話の主軸でなかなか『大人が関与できない状況』なんですよね・・・
     
     
    視聴者がそれに慣れてきてしまっている部分もあるとは思いますが・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ世に言う名作には・・・たとえば『エヴァ』なら『ミサトさん』など導いてくれる大人がキチンとポジションを獲得しているんですよね!
     
     
    そして今期であれば『うさぎドロップ』の『コウキママ』とか『花咲くいろは』の『スイ』など・・・
     
    大人が味のある演技をしてくれている作品が出てきてくれているのが今のアニメ業界にとっては救いです!
     
     
    やっぱり『大人目線』を入れ込むと『物語の幅』も出てきますし・・・ドラマも含めそういう作品が増えていって欲しいと思います!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     

    0 0

     
    緒花の『喜翆荘への想い』 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    みんな喜翆荘が大好きなんです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その気持ちまで『まっさら』になんて出来ないですよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もう喜翆荘は女将さん達だけのものじゃないんです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    みんな喜翆荘で働きたいんだから!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    喜翆荘が『みんなの夢』になるかもしれないんだから!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
      
     
      
     
     
     
     
    さて女将が喜翆荘を閉める理由を聞いて緒花が『喜翆荘の想い』を語る場面からはじまりましたが・・・
     
    『花咲くいろは第24話『ラスボスは四十万スイ』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
    しかも『P.A.WORKS 10周年作品』ということでかなり力が入ってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は緒花が孝一と『偶然歩道橋で出会う』ところからで・・・ 
     
     
    孝一が緒花に詰め寄ると緒花は涙を流してしまいます・・・
     
     
    孝一に会えた嬉しさで・・・喜翆荘の閉鎖や今までのわだかまりが涙として出てくる緒花・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    この後公園に場所を変え2人きりでベンチに座り・・・
     
    ここで孝一は意を決して緒花に・・・
     
     
     
     
     
     
    お前言ってたよな!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『東京の景色はつまらない』って!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺、そんなこと思ったこともなかったんだ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だけどお前がいなくなったら・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『つまらない景色』に見えた!
     
     
     
     
     
     
     
     
    と、『空気が読めない』と自負する『緒花ですら気づくベタな告白』をしだしたところで・・・ 
     
     
    緒花は『自分から言いたい!』と孝一の口を塞ぎ・・・『ぼんぼり祭りに来て欲しい』と伝えます!
     
     
    『孝一の真っ直ぐさ』や『緒花の一途さ』がよく出ていて・・・印象的なシーンでした!これで孝一と緒花のすれ違いも解消されましたね!
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて孝一との関係も修復した緒花は喜翆荘に戻りますが・・・
     
     
    緒花の母・皐月が書いた『喜翆荘を褒める記事』が話題となり旅館は盛況に!
     
     
    『皐月の情け』ではありますが・・・喜翆荘に追い風が吹き始めます!
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかし女将はこの状況でも『喜翆荘を閉じる』意思を変えません・・・
     
     
    女将の決意は相当固いようですね・・・
     
     
    緒花を含め旅館の従業員達も困惑してしまいます・・・
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんなことがあった次の日、女将は『夫の墓参り』に緒花と一緒に来ますが・・・
     
     
    ここで女将は緒花に『喜翆荘を閉める』のは『自分達の夢』子供達や従業員を巻き込みたくないという思いからと伝えます・・・
     
     
     
    女将は『旅館を飛び出した皐月』や『自分の夢を捨てて若旦那になった縁』を見て後悔し・・・
     
     
    従業員に自分達の夢にとらわれず『まっさらな道』を歩んで欲しいと考えていたようです・・・
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
    ただ緒花はその言葉に対し冒頭の言葉のように『喜翆荘の夢は既に従業員皆が共有している』ことを告げます!
     
     
     
    女将は『女将の夢の終わり=閉鎖』と考えていますが、緒花達は『女将の夢の終わり=新しい旅館への旅立ち』と前向きに考えています!
     
     
    ここは22話で女将自身が語っていた『若者の強み』でもあるんですけどね!
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後は『ぼんぼり祭り』に強制的に緒花が駆り出されるところで終了・・・ 
     
     
    民子や菜子といった従業員と緒花が扉で別れるシーンが印象的でした・・・
     
     
    ただ喜翆荘の従業員一同に『結束』が生まれているような感じでした!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    これで24話終了ですが『緒花と孝一』『すれ違いの決着』を見た回でしたね!
     
     
    今回脚本は岡田麿里さんでしたが『女子高生の葛藤』を描かせたら強いです!
     
     
    しかも女将のエピソードや従業員の想いなどを含めながら1話できっちりとまとめてくる手腕は凄いです!マリーさんも成長してますね! 
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして、とうとう『花いろ』もクライマックスですね!
     
     
     
    『喜翆荘』の将来はどうなるのか・・・
     
     
      
     
      
    次回も楽しみです!
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今までも作画素晴らしかったですが・・・ぜんぜん作画レベルが落ちないPAの作画力は本当にすごいですね・・・
     
     
    自分達の強みを知っているからこその『丁寧な作画』は好感が持てます! 
     
    細部まで綺麗で素晴らしいです!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    それからお風呂シーンをきちんと出してくるところもさすがですね♪
     
     
    特に『菜子ちがサービス満点』でした!(爆) 
     
     
    これが『最後のサービスシーン』っぽいですので・・・いつも以上に菜子ち頑張っててよかったです♪
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと以前お話しましたが・・・『キャラ☆メル Febri Vo.5』『安藤真裕監督&脚本の岡田麿里さん』対談で・・・
     
     
    『花咲くいろは』『働く人へのメッセージがこもったアニメにしたい』と言われていたのを思い出しました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なので最終回で『緒花・民子・菜子』たちが・・・
     
    最後にどういう成長をするのか・・・楽しみです! 
     
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

    結衣の『京子への想い』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなの嫌だ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなの絶対嫌だ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    確かにお前は迷惑ばっかりかけるし・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    非常識だし自己中だし・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    でも・・・それが楽しかった!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何をしでかすか分からなくて無茶な行動に付き合ってきたけど・・・楽しかった・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私は・・・お前のくれる『楽しい』好きなんだよ!
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だから戻って・・・戻ってよ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    元に戻ってくれよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、記憶喪失の京子『ごらく部を解散する』という宣言への『結衣の本当の気持ち』を語るこの作品最大の山場のシーンから始まりましたが・・・
     
     
    『ゆるゆり』第11話『わたしたちのごらく部』レビュー♪
     
     
    原作はなもりさんで『コミック百合姫』という一迅社から出版されている雑誌に連載されている作品です!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて早速レビューですが今回はAパートが『幼少時の話』でBパートが『京子の記憶喪失の話2部構成
     
     
    題名からして『最終回』っぽい流れになってました!
     
     
    ただABパート一貫して『結衣と京子の関係』が語られる形式に!
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まずAパートですが幼少時のごらく部4人が描かれ・・・
     
     
    幼少時は『結衣が京子を引っ張っていく』という今とは逆の関係だったことが判明
     
     
    京子が怪我をしたところを舐めて治そうとする結衣・・・すごくいいシーンです・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
    ・・・ってか幼少時の京子メチャクチャかわいいですね!まるで『天使』のようです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、この時は『結衣・京子・あかり』の3人が遊んでいるところにちなつが割り込んでくる話となり・・・
     
     
    ちなつの人質となった京子を結衣が助ける展開になってますw
     
     
    思いっきりちなつを蹴る結衣w・・・あかりは写真を見てその時の子供が『ちなつ』だと薄々気づきますが・・・心の中にしまいましたw
     
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
    イメージ 15
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとこの頃の結衣は『弱い京子』を守ろうと頑張っていたんですね・・・
     
     
    常に『結衣は京子を意識して育ってきた』のが良く分かります!
     
     
    ただ京子はそんなことを気にせず・・・結衣に守られながら天真爛漫に育って今に至ってますw
     
     
      
     
    イメージ 18
     
     
    イメージ 19
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、Bパートですが『京子が記憶喪失』になってしまうところから!
     
    階段から豪快に転げ落ちて『冷静な京子』に変わってしまいました・・・
     
    ・・・ってかこの落ち方は死ぬレベルですけどねw・・・無茶しすぎw 
     
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
    イメージ 20
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最初は皆『いまの静かな京子のほうがいいかも?』と遊び半分で思っていましたが・・・
     
     
    ごらく部を否定したり部室を明け渡すことを言い出したり・・・『京子らしくない言動』に不安になる結衣達・・・
     
     
    いつもの明るく元気な京子がいなくなってしまい・・・結衣も悲しそうですね・・・
     
     
     
    イメージ 21
     
     
     
     
    イメージ 22
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして、とうとう『ごらく部を解散する』と言い出した京子に対し・・・冒頭の言葉にあるように『元の京子に戻って欲しい!』と哀願します・・・
     
     
     
     
    このシーンは『結衣と京子の絆』がすごく伝わって・・・思わずウルっときちゃいました・・・
     
     
    いいシーンですよね・・・まさかゆるゆりで泣かされるとは・・・
     
     
     
    イメージ 23
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただここもゆるゆりらしいのですが^^;・・・『京子の記憶を戻す』ためにもう一回何かでぶん殴るごらく部メンバーw・・・ 
     
     
    他に方法ないのかよw・・・まあこれで元に戻る京子!
     
     
    ただオチとしては今度はあかりが階段から落ちて記憶喪失になり『ポジティブキャラ』に!
     
    ・・・当然皆で強制リセットして終了w
     
     
     
    イメージ 26
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで11話終了ですが『最終回』っぽい流れで・・・感動シーンもあってすごくよかったです!
     
     
    いつもとは違う『ゆるゆりの魅力』を再確認できましたし・・・『結衣&京子』ファンには最高のプレゼントになった回だと思います!
     
     
    『ゆりゆりアニメ化大成功』を確信した回でした!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回は通常営業に戻って『まったり進行』ようですのでこっちも楽しみです!
     
     
    本当に面白い作品ですし・・・来週も楽しみです!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば主役はあかりのはずですが・・・完全に『影の薄いキャラ』になってますねw 
     
    ここまで『目立たない主人公』って珍しいです^^;
     
    特に今回は『タイトルコール』すら出来なくなる扱いw 
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかもCMでは『あかりを応援してくれてありがとう!!』と言っている一迅社ですが・・・
     
     
    普通にCMであかりを消しているのも笑えますw
     
     
    今後これほど影響力のない主人公が出てくる作品はないでしょうから・・・ある意味おいしいんですけどねw 
     
     
     
     
     
    イメージ 24
     
     
     
    イメージ 25
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の『記憶喪失』の話って『ハイスクール奇面組』でもこんな話ありましたよねw
     
     
    確か零が『記憶喪失』になって真面目になり『奇面組を解散して生真面目組にする』と言い出して・・・結局また記憶が戻った流れでしたが・・・それに近いのかな?
     
     
    奇面組だといろんな方法で『零の記憶を取り戻そう』としてましたが・・・『一発で京子の記憶を取り戻せた』のは・・・ある意味凄いですねw
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから10月30日の『ゆるゆりライブ』当選しました!
     
    参加は夜の部です!メチャクチャ楽しみです♪
     
    またレビューしますのでお楽しみに♪
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
    今年は『アニサマ』にも『ゆるゆり』の『七森中☆ごらく部』が出演しましたし・・・ 
     
      
    ほぼ無名の新人が多くのファンを楽しませる程に成長したことを・・・心から嬉しく思いましたよ・・・
     
     
     
    今後も期待してます♪
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけのおまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    台本や原画があって面白いと思いますので参加してみてはいかがですか?
     
    一見の価値はあると思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    今回は2011年7月放送開始アニメ『神様ドォルズ』第11話『囚われの日々乃』レビュー♪
     
     
    原作はやまむらはじめさんで『月刊サンデージェネックス』に連載中のマンガです! 
     
     
    監督は麻枝さん脚本の『Angel Beats!』の監督をされた岸誠二監督で、製作は『デュラララ!!』などを製作している『ブレインズ・ベース』と気鋭の製作陣です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回も前回同様『日向まひる』メインで話が進みます!
     
     
    まひるは前回の話にあったよう『命の恩人』の匡平を好きになっているようです・・・
     
    唯一信用できるのが匡平のようですね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    またまひるが都会に来た理由『匡平と付き合うため』には村の古い掟をなくさなけばいけないため・・・
     
    そのために国会議員の平城など利用できるものは利用したい考えのようです!
     
    全ては『匡平と自分』のことだけで行動をしているまひる・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『まひるの妄想の中での匡平』こんな感じw
     
    完全に『王子様』キャラになってます^^;
     
    妄想の中では相思相愛ですw
     
     
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただまひるが阿幾を尋問しているところで・・・ 
     
     
    阿幾は『匡平は日々乃と付き合っている』と話すと・・・まひるは怒り心頭
     
     
    当然まひるの取った行動は・・・日々乃の拉致^^;・・・
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、まひるは日々乃を借りている部屋に連れ込むと・・・好き放題日々乃を触りまくります!
     
     
    日々乃へ嫉妬するまひる・・・日々乃は完全なとばっちりですね・・・
     
     
    ・・・ってか揉み過ぎだろw  
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後まひるは匡平に直接確かめるために日々乃の家に向かいますが・・・
     
    匡平が『日々乃とは付き合っていない!』と言っても言うことを聞かないまひる^^;
     
    しかもせっかく詩緒が作った手作りクッキーの上で踏みまくるまひるw・・・ヒドイですねw
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後はまひるが暴れている間に監禁されている日々乃に男の魔の手が忍び寄ります・・・
     
     
    日々乃の危機・・・匡平達は助けられるのか?
     
    先生と同じ道を日々乃も辿るのか・・・次回が気になる終わり方でした!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これで11話終了ですがまひるの性格が思いっきり出た回でしたね! 
     
     
    しかも次回へ繋げる『日々乃のラストの展開』は面白いです!
     
     
    先への魅せ方が上手い作品です♪
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても今回もまひる役の花澤香菜さんは『ノリノリ』でしたねw 
     
     
    『キレキャラ』の花澤さんを見るの初めてな気がするので・・・なんだか新鮮です!
     
     
    そして花澤さんを起用する視聴者のツボを心得た岸監督はやっぱり上手ですね♪ 
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと最後の『設定説明』は相変わらずのテンションですねw
     
     
    福圓美里さん・・・楽しそうですねw 
     
     
    あと本編でも『匡平との関係は鉄壁!』と書いてましたし・w・・今後の匡平との展開も楽しみです♪
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    緒花の『夢の続き』 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今はまだきっと蕾・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だけど・・・だからこそ高く高い太陽を見上げる・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    喉を鳴らして水を飲む・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私はこれから咲こうとしてるんだ!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 22
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて緒花が『最後に語る言葉』からはじまりましたが・・・
     
     
    『花咲くいろは最終回26話『花咲くいつか』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが冒頭は緒花をはじめとする喜翆荘の皆が『ぼんぼり祭り』を見学するところから! 
     
    伝統の儀式らしい格式のある祭りに一同感動しています!
     
    日本のお祭りはがありますね・・・
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後は緒花が孝一を出迎えに行ったり民子が望み札を掛けに行ったりと各々の時間が過ぎます!
     
    緒花の渡した望み札は皆が持っていました!
     
    一同のカットがすごくいいですね・・・ 
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて緒花ですが孝一と会い・・・とうとう『焼そばの屋台』の前で孝一に『孝ちゃんが好きです!』と言い切ります!
     
     
    ってか大事な告白を『焼そば屋の前』とか空気読まなすぎw・・・でも緒花らしくていいな♪
     
     
    しかも屋台のおっちゃんも気を利かせて『ハートマークの紅しょうが&ノリ』で祝福w
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな幸せな緒花ですが『望み札』には『女将さんのようになりたい』と書いてました!
     
    緒花は喜翆荘に来て『仕事に誇りを持ち、最初の夢を忘れない』スイを見て『自分の未来像』を持てたようですね!
     
    そう思えたもの周りの人々のサポートがあってこそと感謝する緒花・・・成長しましたね・・・
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
    一方民子の『望み札』『徹に追いつきたい!』という夢でした! 
     
     
    それを見た徹は『よっぽど早く走らないと追いつけねえぞ!』と民子を心の中で激励します!
     
     
    いい言葉言いますね♪
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで皆が喜翆荘に戻ってきて、仕事を辞める『豆じい』こと電さんの慰労会が開催されますが・・・
     
     
    ここで若旦那の縁『一度喜翆荘を閉じ、いつか再び新しい喜翆荘を再開するのでその時にまた集まって欲しい!』と皆に告げます!
     
     
    まだまだ旅館の主として勉強不足の縁はキチンと他の場所で仕事を勉強しなおすとのことで・・・皆が了承します!
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
    その後皆が旅館を離れ・・・最後に緒花が東京に戻ることになり駅までスイが付いていきますが・・・
     
    スイに緒花は『一生懸命な人たちが集まって頑張っているからこそ喜翆荘の生活はドラマのようだった』と喜翆荘での充実した生活を語り・・・
     
    『またいつかここに戻ってくる!』とスイと約束します! 
     
    緒花の決心の言葉・・・心に響きます・・・ 
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後EDではそれぞれの『自分の場所』を見つける場面へ!
     
    菜子は水泳の先生民子は新しい料理場所を徹のおかげで見つけることが出来ました!
     
    喜翆荘が再開するまで皆が『新しい場所』で自分を磨きます!
     
     
     
     
    イメージ 19
     
     
    イメージ 20
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてラストは冒頭の言葉のように『まだ蕾』だからこそ『これから色々なことを経験して大きく咲きたい!』と考える緒花の言葉で終了!
     
     
    緒花らしい前向きな言葉で作品を締めます!
      
     
    未来への希望を胸に緒花は前へ進みます!
     
     
     
    イメージ 21
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで『花咲くいろは』も放送終了ですが最後の緒花の言葉に『未来への希望』を感じた回でした!
     
     
    そしてクライマックス『24~26話』の脚本は岡田麿里さんでしたが『働くことへの夢と希望』をキチンと描きだしたのはさすがでした
     
     
    喜翆荘従業員の苦悩や想いから緒花の未来への希望など・・・最後はきっちりとまとめてくる手腕は凄かったです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと以前お話しましたが・・・『キャラ☆メル Febri Vo.5』『安藤真裕監督&脚本の岡田麿里さん』対談で・・・
     
     
    『花咲くいろは』『働く人へのメッセージがこもったアニメにしたい』と言われてましたが全編にわたってその『意思』を感じることが出来ました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特にクライマックスに向かっては『働くことへの夢と希望』を強く見せてくれましたし・・・
     
    メッセージを確かに感じれる内容でした!
     
    こういう作品を作れる『P.A.WORKS』という会社はやっぱり素晴らしいと改めて感じました!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして何といっても最後の26話まで作画が綺麗で素晴らしかったです!『P.A.WORKS』の実力を遺憾なく発揮しましたね! 
     
     
    自分達の強みを知っているからこその『丁寧な作画』は好感が持てます! 
     
     
    PAは『Angel Beats!』『花咲くいろは』と連続で作ってきましたがレベルが上がっているのが良く分かりました!今後も期待してます♪
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    では名残惜しいですがまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とうとう『花咲くいろは』も終わっちゃいましたね・・・
     
    2クールモノキャラの性格が良く分かったのもあって放送終了だとなんだか寂しくなりますね・・・
     
    私的には『緒花・民子・菜子・結名』の掛け合いは毎回楽しく見れました!いい作品でしたね♪
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    そうそう!あと10月9日に湯涌温泉街で『ぼんぼり祭り』が開催されるようです! 
     
     
    『花咲くいろは』ファンは是非とも参加してみてください!
     
    『らき☆すた』の鷺宮のように『町おこし』に繋がっていくといいですね!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は原発事故のお話です!
     
     
    久々に頭にきたので記事にしましたが、東京電力が作成した『原発の損害賠償の請求書類』『合意書・示談書』の中で・・・
     
     
    『一切の異議・追加の請求を申し立てない』という文言があり、被災者に署名させようとしていると国会で明かされました!
     
     
    弱っている被災者に見せ金ちらつかせて・・・『金と引き換えに今後一切文句言うなよ!』って言ってる様なもので・・・悪魔のような企業ですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    しかも枝野経済産業相が『文言を削れ』と東電に言ったら・・・
     
     
    『もう印刷して配っている』役所仕事のような無機質な回答・・・呆れてものが言えません・・・
     
     
     
    本当に原発の責任感じているのか疑いたくなるよ・・・
     
     
    ってか他の民間企業でこんな役所仕事してたら潰れるよ・・・どこまで甘い企業なんだろうなぁ・・・
     
     
     
     
     
     
    正直国会で『東電潰してもいい』くらい追い込んでいかないとこいつら変わらないよ・・・
     
     
    東電に自浄機能がないのはこれでよくわかったので・・・あとは国から人を送り込んで改革しようよ・・・
     
     
    ってか福島の人は東電に本気で怒っていいよ・・・こんな屈辱ないでしょ? 
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    ってか東電の電力使いたくないんだけど・・・
     
     
    早く電力自由化してほしいと心から思います・・・
     
    *あまりの怒りで乱筆乱文お許しください・・・
     
     
     
     
     
     

    0 0

    今回は2011年秋放送開始アニメ侵略!?イカ娘1話『侵略しなイカ!?』『恋敵じゃなイカ!?』『クラゲじゃなイカ!?』レビュー♪
     
     
    2010年10月に放送された『侵略!イカ娘』の続編です!
     
     
    いい意味で予想外の人気(?)となった1期の続編です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて早速レビューですが・・・1期と比べてパワーアップしているのは何といっても・・・
     
    OPが『スフィア』になったことですね 
     
     
     
    これでイカちゃんのOPが『初動1万越え』確実か・・・イカちゃん『オリコン上位』も侵略できそうですねw 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあ内容としては1期もそうですが『イカ娘』らしい・・・相変わらずの『オチなし』展開w 
     
    普通はありえない構成ですが・・・イカちゃんなら許される『イカ娘ワールド』が展開されます♪ 
     
    ってかイカちゃんが可愛ければ問題ない作品ですからねw
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも1期で成功したことで『製作単価』が上がっているようでキャラが良く動きます♪
     
     
    1期の明らかに『低予算でやってます!』って感じじゃない映像美が・・・2期の証ですね♪
     
     
    これも1期人気が出たからですよね♪
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    今回初見の人がついてこれるかはさておき^^;・・・
     
    初回としては落ち着いたスタートでした!
     
     
    また先に行くほど展開が大きく変わると思いますので楽しみです♪ 
     
     
      
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばイカちゃんがCMで『よっちゃんイカ』とコラボしてましたねw 
     
    イカちゃんマジ大フィーバーですね♪
     
     
    1期は『げそ!』や『~じゃなイカ?』がネット流行語大賞にランクインしましたし・・・いろんなコンテンツに広がる優良キャラですね!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    他にどんなコラボがあるのか先々楽しみです! 
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    今回は2011年7月放送開始アニメ『神様ドォルズ』最終回第13話『隻・枸雅匡平』レビュー♪
     
     
    原作はやまむらはじめさんで『月刊サンデージェネックス』に連載中のマンガです! 
     
     
    監督は麻枝さん脚本の『Angel Beats!』の監督をされた岸誠二監督で、製作は『デュラララ!!』などを製作している『ブレインズ・ベース』と気鋭の製作陣です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが前回ラストで匡平が日々乃を助け出そうとして暴走した禍津妃に取り付きますが叩かれ続け意識を失い・・・
     
     
    その匡平を助けようとした玖吼理が、同じく匡平を助けようとした桐生の武未禍槌に刺されて制御不能に・・・
     
    これで玖吼理も暴走をはじめてしまいます・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、暴走した玖吼理は禍津妃を完全に圧倒し破壊してしまいます!
     
    これを見る限り玖吼理の方がスペックは高いようです・・・
     
    その場はそれでしのぎますが匡平が意識不明の重体・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて意識不明の匡平ですが、夢の中で『先生と阿幾の件』で『蚊帳の外』になっていたことを思い出し・・・それが原因で隻をやめて都会に出てきた経緯を思い返しますが・・・
     
     
    その後連れて行かれそうになる日々乃を『オレのものだ!』と叫ぶ匡平!
     
     
    先生の件では救えなかった匡平にとって、かけがえのない日々乃だけは助けたいという思いなんでしょうね・・・これで意識を取り戻します!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな日々乃ですが場所を変えて『叫んでくれて嬉しかった』と匡平とキスをします!
     
     
    匡平は日々乃のことを思いこれ以上負担を掛けたくないと家を出るつもりだったようですが・・・このキスにより日々乃も覚悟を決めたようです!
     
    2人の気持ちが通い合う良いシーンですね♪
     
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    そんな幸せそうな匡平を冷かす阿幾ですが・・・
     
    阿幾は『後戻りできない』と村への復讐に戻るようです・・・
     
    阿幾にとっては村は逃れられない呪縛なんですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は2人が昔話をして笑いあった後・・・
     
    阿幾が2人が子供の頃に見つけた『案山子の化け物』を求め消え去ります・・・
     
    昔からの友人だった2人がこれから『自分のため』に戦っていく意思を固めます!
     
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これで最終回終了ですが『匡平と阿幾の因縁』を残したまま『第一部・完』って感じで・・・無理してアニメオリジナルでまとめてくることはしませんでしたね! 
     
     
    アニメでは『まひる登場』まで見せて、後は『原作にバトンタッチ』という落としどころは決まっていたような感じですね!
     
     
    もしくはEDで流れていた内容を2期があれば放送するのかな?
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    あとこのアニメの主眼は村から出てきた中途半端な意思の匡平を日々乃や詩緒を支えながら・・・
     
     
    最後は匡平が『逃げない』ことを心に決める成長が見える形になってました!
     
     
    それがこの作品の大きな流れだったんだと思います! 
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    さて、今後の展開はまだ分かりませんが・・・とにかく続きが気になる人はマンガをチェックですね!
     
     
    そして『マンガ』『BD&DVD』の売れ行き2期が放送されるか決まるでしょうから・・・
     
    ファンは出来るだけ多くの人に買って欲しいです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これで『神様ドォルズ』終了ですね・・・ 
     
     
    まあ終盤にメイン級のまひるを登場させている時点で『行くところまでいって最後は原作につなげよう!』って意思を感じました!
     
     
    無理してオリジナルエピソードにしなかったのも原作を大事にしたってことですかね?
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    あと全般的な流れとしては『次回への期待を常に持たせるスタイル』は岸監督らしくてよかったです!
     
     
    『AB!』でも麻枝さんが取り入れていましたが『神様ドォルズ』でもそれを感じ取れました! 
     
     
    岸監督の次回作は『ペルソナ4』ですがまた期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    春香が語る『今できること』
     
     
     
     
     
     
     
     
    ねぇみんな!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今は『お客さんにどう見られるか?』より・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『自分達が何を届けたいか?』を考えることにしない?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私達ずっと大勢のお客さんの前で歌うことを目標にやってきて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    やっと今日その夢が実現できているんだよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちょっとくらい不恰好でも自分達のできること・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    会場の隅から隅まで届けようよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あれだけみんな練習したんだもん!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    きっと届くよ!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、春香が混乱するメンバーの前で『今できること』を語る場面から始まりましたが・・・
     
    2011年7月放送開始アニメ『THE IDOLM@STER』第13話『そして、彼女たちはきらめくステージへ』レビュー♪
     
     
    さて今回の製作陣 
     
     
     
    脚本       : 待田堂子さん
     
    絵コンテ     : 錦織敦史さん
                高雄統子さん
     
    演出       : 高橋正典さん
     
    作画監督    : 赤井俊文さん
     
     
     
     
    『絵コンテ:錦織敦史さん&高雄統子さん』2人絵コンテ回でした!
     
     
    監督の錦織さんとシリーズ演出の高雄さんコンビでかなり気合が入った回なのがわかりますね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は今回は765プロ感謝祭! 
     
    とうとう765プロの単独ライブが開催です!
      
    『アイドルマスターファン』が皆が待ち望んでいた回です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしその晴れの舞台に『竜宮小町』が台風で遅れる事態に・・・
     
    メンバーも心配そうですが・・・他のメンバーで序盤は乗り切ることに!
     
     
    最初から波乱の展開ですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、ライブが始まりますが『竜宮小町』がいないことでファンがにわかに騒ぎ出します・・・ 
     
    元々『竜宮小町ファン』も多いでしょうから・・・それも仕方ないんですけどね・・・
     
    まだまだ竜宮小町以外は無名に近いようですね・・・
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況を危惧したメンバー達が不安も相まって落ち込んでしまいますが・・・ 
     
    冒頭の言葉のように春香が『今できること』をメンバーに伝えると皆がやる気を取り戻します!
     
     
    さすがリーダー的な存在の春香ですね!これでメンバーも元気を出します!
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後も何とか乗り切っていきますが美希がダンスの激しいセットリストが続くことになり・・・
     
    Pはセットリストを変更するか悩みますが・・・美希が『出来るかわからないけどやってみたい!』とやる気を出したのでPは美希に任せます!
     
    美希頼もしいですね!ここは前回の美希回が伏線として生きてくる流れです!
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして美希がステージに立つと『竜宮小町』が台風で遅れているけれど・・・
     
    必ず来るし他のメンバーも負けないくらい頑張るので応援して欲しいというと会場が盛り上がります! 
     
    美希はファンの心理を掴むのが上手いですね!
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    その後は圧巻の美希のライブパフォーマンス!
     
     
    前回美希がアイドルを続ける理由を『レッスンが辛くてもワクワクドキドキできるから』と語ってましたが・・・まさに体現してますね!
     
     
    ファンも皆気づきだしてますが・・・アイドルとして凄い素材です! 
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後も美希の流れを受け継いで『竜宮小町』がいなくてもやっていけるだけのパフォーマンスで会場を魅了します!
     
     
    『765プロとしてのライブ』が盛り上がりますね!
     
     
    凄くいいシーンですね・・・個人だけでなく全体で盛り上がれるのが『グループ』の良い所だと思います!
     
     
     
    イメージ 15
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後『竜宮小町』が到着してバトンタッチ! 
     
    ライブを皆で乗り切りました!
     
    皆疲れて眠ってしまっています・・・頑張りましたね!
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これで13話終了ですが今回は『竜宮小町』がいないライブでの『メンバーの葛藤と成長』を感じることができました!
     
     
    『アイドルマスター』という作品らしい構成で凄く良かったです!
     
    アイドルマスターの魅力を感じることができた回でした!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後もいろいろな製作陣が出てきてくれるようですし期待してます♪ 
     
     
    次回も楽しみです!
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回は1クール目最大の山場の『ライブ回』でしたが良かったです!
     
    アイドルになりたての春香達の初々しさややる気がとても心地よかったです!
     
    ダンスシーンもメチャクチャ頑張ってましたし・・・さすが『錦織&高雄』絵コンテ回でした! 
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    あと冒頭の春香の言葉ですが・・・
     
    これって『ARIA』で歌うのを悩んでいたアリスにアテナが言った・・・ 
     
     
     
     
     
     
    本人がつらいと思って歌う謳は
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    聞いている人にもつらく伝わるわ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    歌うための技術はもちろん必要だけど
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何より大切なのは『歌うことが大好きだ』という気持ち!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    アリスちゃんの謳をアリスちゃん自身が好きになってあげなくて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    他の誰が好きになってくれるというの?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    という言葉とすごくリンクしていたような気がしました!
     
    やっぱりまずは『自分が歌うことを楽しむ』のが一番ですよね!
     
     
     
    そして楽しんでいる美希を皆が注目したように・・・
     
    そういう当たり前でもなかなか気づかないことをこうしてアニメで見て気づけるのが面白いんだと思います!
      
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    女神の作りし『運命論』
     
     
     
     
     
     
     
     
    遺された兄弟羊は言いました・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    女神様!どうして陽毬を選んだんですか?
     
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    女神は言いました・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だって罰は・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    一番理不尽じゃないとね!
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、ラストに語られた理不尽な『女神の運命論』から始まりましたが・・・
     
     
    2011年7月放送開始アニメ『輪るピングドラム』第12話『僕たちを巡る輪』レビュー♪
       
     
    この作品はオリジナルアニメ『劇場版ウテナ』以来の幾原監督の作品です!
     
     
     
    幾原監督の『斬新な構成』が大好きなMr.Tにとっては『待ってました!』の期待の作品です♪  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は『プリンセスオブザクリスタル』赤の『95』という文字があちこちに書かれている車の車内空間からで・・・ 
     
     
    晶馬は苹果の桃香が『16年前の事件』で亡くなった時事件の主犯は自分達の両親であることを告白します・・・
     
     
    これで晶馬達と苹果をつなぐ『輪』が見えました・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここで話は過去に戻りますが『苹果の姉の桃香』は地下鉄に乗っているときに晶馬達の両親が起こしたテロの被害にあって亡くなったようです・・・
     
     
    作品中では『爆弾テロ』になってますが・・・おそらく『サリン事件』を模したテロのようなものが起こったんでしょうね・・・
     
     
    テロ主犯の晶馬達の父親『これでセカイはピースされる』という謎の言葉を残して犯行を行います・・・
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて再び『赤の95』の空間に戻ってきますが・・・『プリンセスオブザクリスタル』が『いいことを教えてやる!』と言うと晶馬達に・・・
     
     
    『呪われた運命の子がピングドラムを失った』ことで『セカイは再び闇ウサギを呼び込んだ!』と言い・・・
     
    さらに『運命の日が近づいている』ことを告げます・・・
     
     
    そして最後には『妹の命を救いたければピングドラムを手に入れろ!』と言い気絶する陽毬・・・またもや運命に翻弄されます・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、駆けつけた冠葉自分の命を差し出してまで陽毬を助けようとしますが・・・
     
    冒頭の言葉にあるように『女神の運命のいたずら』により理不尽な形で陽毬はまた死んでしまいます・・・
     
    『負のスパイラル』が続きます・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は陽毬が死んでしまう所で終わりですが今後は過去の『テロ事件』を中心となって展開されそうで・・・
     
     
    その『テロ事件』は前回ご紹介したように皆さんも連想されている『地下鉄サリン事件』のようなテロの話題のようですね・・・
     
     
    ただ実名であげることはアニメではありえないのでそれに『類似』した『集団テロ』のような形で語られそうです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとこれも前回書きましたが以前幾原監督がインタビューで語っていましたが『12年ぶりの新作』を作るにあたりとしては『サブテーマ』がり・・・
     
     
     
     
     
    娯楽作品ですし、基本的には純粋にキャラクターを楽しんでもらいたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
    その上でサブテーマとして『自分がなぜこの作品を作ろうと思ったか?』ということですよね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちょっとだけ言うと『自分の世代』『この作品の主人公』のような十代半ばの子供達とは『断絶』があると感じているんです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それが何かを明らかにした上で『お互いをつなぐ希望になるような作品』にしたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最終的に上手くいくかわかりませんが、自分がこの作品を作る理由はまさにそこにあります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とのことで『幾原監督世代と若い世代との融合』がこの作品のサブテーマとしてあるようですが・・・
     
     
    私的な想定では今の高校生以下にはほぼ記憶がないであろう16年前に起きたこうした『テロ事件』を知ってもらい風化させないことと・・・
     
    それを乗り越えていく苹果達遺族の話主犯の子供たちである晶馬達の話幾原監督風にアレンジしていくのかなぁ・・・?
     
    あくまで私的な考えですが・・・こういう目線でアニメを見るとまた違った見方がありそうですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いずれにしても『これまで誰も見たことがないような作品を目指す』といわれているほどの意欲作ですし・・・ 
     
     
    今後の展開も期待してます!
      
     
    このアニメの『行き着く先』をさらに見届けたくなりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その目線でいくとそして以前ご紹介しました『試運転マニュアル』ですが・・・
     
     
    そこに『運命日記』と『生存戦略』の関連性について書かれている内容もリンクしてくるかな? 
     
    この本はこの作品を見るのに重要なアイテムのようです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、前回もご紹介しましたが、そこには『運命』と『生存戦略』について書かれていて・・・
     
     
     
     
    運命 : 本人の意思には関係なく、その人生を左右する『超自然的な力』
     
     
     
     
     
    生存戦略 : 一般的に生命の進化の過程で身に付けた『生き抜くための術』
     
     
     
     
    となっていて一見相反するようにも見えますが・・・
     
    共通点としては『あらかじめ決められた抗いがたい力』ということのようです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここでこの件についていろいろ考察しますが・・・
     
    高倉家と苹果は『運命』を違う解釈で捉えていて・・・
     
     
     
     
    高倉家 : 『運命』は陽毬の命を奪ってしまう憎いもの
     
     
    苹果 : 『運命』は幸せになるための絶対必要なもの
     
     
     
     
     
    という風に同じ『運命』でも捕らえる人によってはぜんぜん価値が変わってしまいます・・・
      
     
    『運命』は全てにおいて平等ではないですからね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中で『この4人が出会った理由』『事件の関連性』と分かりましたが・・・
     
     
    『ピングドラムを手にいれろ』といわれる理由が何かですが・・・まだ分かりません・・・
     
      
    今後も考察していたいと思います!
     
      
     
     
     
     
    『オリジナル作品』って先が見えない面白さがあるのが魅力ですが・・・
     
    それ以外にもこうして『視聴者に先の展開を考えさせる』ことで『視聴者の考えも進化させる』という魅力があるんじゃないかと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は2011年秋アニメ私的注目度2位『Fate/Zero』第1話『英霊召喚』レビュー♪
     
     
    奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作:虚淵玄/TYPE-MOON
    監督:あおきえい
    キャラ原案:武内崇
    キャラデザ:須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作:ufotable
    音楽:梶浦由記
     
    OP : 『oath sign』 LiSA
    ED : 『MEMORIA』 藍井エイル

     
    キャスト
     
     
    衛宮切嗣:小山力也
    セイバー:川澄綾子
    アイリスフィール:大原さやか
    遠坂時臣:速水奨
    アーチャー:関智一
    言峰綺礼:中田譲治
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品の注目といえば何といっても・・・
     
     
     
     
    TYPE-MOON×ufotable×あおきえい×梶浦由記×岩上敦宏×虚淵玄
     
     
     
     
     
    『空の境界』&『まどか☆マギカ』スタッフが揃っていることです!
     
     
    こうした『実力派コラボ』で生み出される作品がみれるのは嬉しいですね♪
     
     
    このメンバーで期待するなというほうが無理なくらい豪華なメンバーです! 
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが今回は1話を『1時間番組』にしてきました!
     
     
    理由としては題名にあるように『英霊召喚』までを一区切りとして一気に見てもらいたいからのようですね!
     
     
    確かに最初の30分だけだと『初見』の方には『?』が多くなりそうでしたので・・・
     
    実質2話分を今回一気に放送したのは構成として良かったと思います!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品の核となる設定ですが日本の『冬木市』に数十年に一度現れるとされる持ち主のあらゆる願いを叶える『聖杯』を求め・・・
     
    7人の魔術師(マスター)7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争『聖杯戦争』に臨む展開です!
     
    そして聖杯を手にできるのは『ただ一組』のため各陣営が命をかけて戦っていきます!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうした設定の中で今回は各陣営が『希望の使い魔(サーヴァント)』を獲得するために工作していき・・・
     
    ラストに現れた使い魔(サーヴァント)に一喜一憂する魔術師(マスター)達・・・
     
    この時点で『先の戦い』が決まりますので各陣営の思惑が交錯します! 
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は導入部分ということもあり1時間かけて世界観の紹介の形となりましたが・・・
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
     
     
    先々の展開も期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても『作画』が本当に綺麗ですね・・・
     
    最初の入り方といい『空の境界』を意識して作っているのが良く分かります!
     
    今回はEDに流れたLiSAさんが歌う曲にシンクロさせたOP映像はさすが『ufotable』って感じで期待通りの出来でした!
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただMr.T的にいくつか『不安材料』を感じたのですが・・・
     
     
     
    .『ダーク描写』が濃いアニメなので『初見&ライト層の人たちが付いてこれるのか?』
     
    空の境界も『ダークな部分』が登場しますが『式の魅力』でそれを調和してくれましたが・・・はたして『Fate/Zero』は?
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2.一気に全陣営を出したので人格把握に時間がかかるかも?
     
    せっかく2クールあるのなら陣営を1つ1つ出していっても良かったのかなぁ・・・2話以降がそんな感じになるのかな?
     
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    3.原作ありきの作品なので『作画以外』で原作ファンをどう喜ばせるか?
     
    オリジナルと違って『原作を読めば先の展開が分かる』ため考察とかはあまりないでしょうし・・・最後まで結果を知っている原作ファンを『作画以外』でどう喜ばせられるのか?
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と、いくつか出しましたがあくまで私的な意見ですし・・・
     
     
    『まどか☆マギカ』のように『虚淵玄』ファンから『初見&ライト層』まで幅広くファンを取り込んでいけるような展開になることを期待します!
     
     
    『神様のメモ帳』のように『キャラ設定は凄く良くても序盤の構成でキャラに感情移入できなかった』ような展開にならないで欲しいなぁ・・・と思う1話でした!
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    サンライズが贈る『本格ファンタジー作品』期待度の高い作品です!
      
     
     
     
    製作スタッフ 
     
     
    原作:川上 稔
    キャラデザ原案:さとやす
    監督:小野 学
    シリーズ構成:浦畑達彦
    アニメ制作:サンライズ
    音楽:加藤達也
     
    OP  : 『TERMINATED』 茅原実里
    ED : 『Stardust Melodia』 Ceui
    ED : 『Pieces』 AiR
     
    キャスト
     
     
     
    葵・トーリ:福山 潤
    ホライゾン・アリアダスト/P-01s:茅原実里
    本多・正純:沢城みゆき
    浅間・智:小清水亜美
    葵・喜美:斎藤千和
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品で気になるスタッフといえば・・・
     
    このブログをずっとご覧になっている方はお分かりかと思いますが・・・ 
      
      
    監督 : 小野学
     
    シリーズ構成 : 浦畑達彦
     
    3DCG : サンジゲン
     
     
     
    と・・・『咲』『Aチャンネル』製作スタッフが多いことです! 
     
    お互い『特徴や持ち味』をよく分かっている関係ですね! 
     
    特にサンジゲンの松浦さんがCGプロデューサーなのも『戦闘シーン』を含めて強みですね! 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが1話から気持ちいいくらいキャラが動く動く! 
     
     
    序盤から教師の『オリオトライ・真喜子』をターゲットにして生徒が追い掛け回します!
     
    これだけ動いてくれると最高に嬉しくなります!しかも動きの中で各キャラの『技や性格』が1話30分の中に上手く凝縮されてました!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうした『動のシーン』もあれば、冒頭で『P01-s』役の茅原実里さんが静かに『通し道歌』を歌いますが・・・
     
    胸に響く切ないとてもいい歌ですし茅原さんの歌声すごくいいですね・・・
      
    静と動のバランスがとても良い作品です!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここで作品設定ですが・・・
     
    『人類が天上から戻った時代』『唯一人類が地球上で生活可能な土地』を舞台に改めて『人類が天上へ戻ることを目的』として過去の歴史を再現する世界で・・・
     
    極東と呼ばれる国の独立領土『武蔵』にある学院の生徒たちを取り巻く騒動を描いていきます!
     
     
    ファンタジーながら『学生主眼』のアニメなので『初見&ライト層』も敷居が低くて入り込みやすいです!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    キャラデザもすごく可愛いですし作画も動きも綺麗で好きになりそうです♪
     
     
    さすがサンライズの精鋭部隊の作品だけあって視聴者心理を良く分かっていると思います!
     
     
    1話は視聴者に対する『プレゼン』みたいなものなので・・・『魅せる1話』になっていると思いました!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は導入部分ということもありキャラの登場メインでしたが・・・
     
    今後の動きが気になりますね!
     
     
    先々の展開も期待してます♪
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これメチャクチャ面白いですね!
     
     
    Mr.Tは原作未読でほぼ設定が分からないで見てましたが、設定分からなくてもキャラの性格が良く出てました!
     
     
    『初見&ライト層の入りやすさ』も大事な要素ですし、ここはさすが『小野監督&脚本:浦畑さん』の魅せ方だと思いました!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと作品内容ではなく『1話の入り方』でいえば『Fate/Zero』より『ホライゾン』のほうが分かりやすかったなぁ・・・
     
     
     
    『エンターテイメント』として1話からキャラを動かして魅せようとしている『ホライズ
    ゾン』は好感が持てました!
     
     
    『Fate/Zero』はレビューでも書きましたが『ダークな表現』を含めて『初見やライト層』には少し『重い』んですよね・・・そこが作風なんでしょうけれど・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『ホライゾン』は原作ファンだけでなくで幅広くファンを取り込んでいける作品になりそうですので期待です!
     
     
    視聴継続決定です!続きが早くみたいです♪
     
     
      
    イメージ 9
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    『Fate/Zero』第1話『英霊召喚』を見て期待と不安が入り混じるMr.Tです・・・
     
     
    『Fate/Zero』奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品ですが・・・
     
    1話の展開にネットでも『賛否両論』あるみたいです・・・
     
     
    放送前から期待の作品ですので見方によって1話は色々な意見があるのは仕方がないことだと思います!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、そんな話題騒然の『Fate/Zero』について作品観を掘り下げるために『Mr.Tなりに考察』していこうと思いますが・・・
     
     
    まず作品に深く関わっている『空の境界』方面からアプローチしてみました!
     
     
    『Fate/Zero』に『空の境界』スタッフを起用しているのが特徴ですからね! 
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まず両作品の共通点である『あおきえい監督』の『劇場版 空の境界』第一章『俯瞰風景』の完全生産限定版を見てみたのですが・・・
     
     
    同梱されているブックレットを見たら『虚淵玄』さんが『奈須きのこさんの魅力』を語ってました!
     
     
    『俯瞰風景』は2007年12月上映開始ですので今から4年くらい前のインタビューです!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    虚淵さんはこの時『Fate/Zero』脱稿間近のインタビューだったこともあり・・・
     
    『Fate/Zeroネタ』が盛り込まれていてました!
     
    虚淵さんの『Fate/Zero』に賭ける想いが載ってます!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まず当時(2007年頃)の『虚淵さんと奈須さんが目指していた作品』として・・・
     
    これは『Fate/Zero』にも息づいている内容ですが・・・
     
     
     
    虚淵 : 奈須さんとよく話すのですが、秋葉原で一番消費されている娯楽のスタイルって『刺激物』じゃなくて『安定剤』や『飲んでほっとするもの』なんですよ
     
     
     
     
     
    虚淵 : だからんで頭がすっ飛ぶとか、アッパー系のものが商品としてやりにくい時期という気がします
     
     
     
     
     
    虚淵 : だけどやっぱり奈須さんも自分も刺激物を作っていきたいという思いはあります
     
     
     
     
     
    虚淵 : 自分は安定剤みたいな飲んで和めるエンタテインメントについても理屈では一応納得しているんです
     
     
     
     
    虚淵 : タバコを吸っている人たちと一緒でその人にはかけがえのないもので、吸ってなきゃ落ち着かないものなんだろうと
     
     
     
     
     
    虚淵 : でも自分らはそもそも『落ち着かさなくさせるためにやっている』ので、安定剤を作る人たちとは業種が同じようで違うなって思います
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : 『お客さんに提供しようと思っているもの』が明らかに違う
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とのことで『刺激物』という言葉が表すように『今までのアニメ』とは一線を画す作品にしたいのが分かります!
     
    アニメでありながら『別の作風』を示そうとしているようですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    また『虚淵玄』さんが語る『奈須きのこ』さんの『世界観の凄さ』ですが・・・
     
    同じ方向性でも奈須さんの世界観の作り方が独特なようで・・・
     
     
     
     
     
    虚淵 : 自分は話の起伏を先に決めちゃって、その起伏の後にアイテムとして設定なりキャラクターなりを配置していくんで、世界観やガジェット、設定なんてのはあくまでアイテムと割り切っちゃってます。
     
     
     
     
     
    虚淵 : レースゲームと一緒ですよ。道端の景色は作りますが『その向こう側』なんてつくらないじゃないですか。またコーナーリングさせるために曲がり角が最初から存在してて、曲がらざるを得ないこともある。
     
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : だからZeroを書かせてもらった時の『開放感や安心感』といったらなかったですね
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : Zeroは奈須きのこさんから町を渡されて『好きに走ってくれ』っていわれた状況なわけで『こりゃたまらん!』って思いました!
     
     
     
     
     
     
    と虚淵さんが興奮するくらい『奈須きのこさんの世界観の自由度』は高かったようです!
     
    これを見ると『世界観一つ』で大きく物語がかわるのがよく分かります・・・
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして核心の『虚淵玄』さんが語る『Zeroの世界』ですが・・・
     
    ここでも虚淵さんのこだわりが語られていて・・・
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : Zeroはムチャをやっても受け止めてくれるだけの懐の深さがある。
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : Zeroってわりとムチャクチャなキャラを出しているんだけど、あれはもう普通の自分なら絶対にできなかったことなんですよね
     
     
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : たとえば征服王とかマスターとか、あそこまでキャラが立ったキャラを出しちゃうと作品そのものを破壊しちゃうんですよ。キャラが強すぎて。
     
     
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : ただZeroは『舞台』じゃなくて『本物の地面』なんで大丈夫なんです。自分ひとりでは辿り着けない部分辿り着いちゃったのがZeroなんで。
     
     
     
     
     
     
     
    虚淵 : Zeroと出会ってから『俺一人で頑張ることはない・・・また奈須さんと組めばいいじゃないか!』という享楽的な考えになりました。
     
     
     
     
     
     
     
    とのことで『Fate/Zero』によって新しい価値観を見出した虚淵さんはこの後『まどか☆マギカ』で才能を開花させていったんですね!
     
     
     
    『虚淵さんにとってのターニングポイント』が『Fate/Zero』のようで・・・こういう話って面白いです
     
     
    もし虚淵さんが『Fate/Zero』に出会えなかったらその後の『まどか☆マギカ』が生まれてなかったでしょうし・・・人の繋がりって面白いですね! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回虚淵さんのインタビューで取り上げた内容ですが・・・
     
     
    特に『初見&ライト層』の方で『Fate/Zero』を見る際に『別の角度』で見る一助になればいいと思います!
     
     
    2007年から奈須さんと虚淵さんが構想していた作品のアニメ化なのが伝わってきますし・・・今後の展開が本当に楽しみです!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとは『戦闘シーン』が始まればおのずと評価が上がると思いますので・・・早く戦闘シーンを入れて欲しいなぁ・・・
     
     
    『空の境界』も式が舞うように戦う姿の美しさが一番の魅力のだと思いますので・・・戦闘シーンは必見ですね!
     
    『ufotable』らしい戦闘シーンに期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

older | 1 | .... | 10 | 11 | (Page 12) | 13 | 14 | .... | 99 | newer