Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 461 to 480 of 1962)
(showing articles 461 to 480 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 22 | 23 | (Page 24) | 25 | 26 | .... | 99 | newer

    0 0

     
    今回は『麻枝准』さんと『やなぎなぎ』さんのコラボプロジェクトのお話です!
     
    『麻枝 准×やなぎなぎ』によるオリジナルコンセプトアルバム『終わりの惑星のLove song』秋葉原ソフマップで買ってきました♪
      
     

    久々に『だーまえの新曲』が聞けるので嬉しいです♪

     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに公式HPはかなり情報更新されていて・・・
     
    各店舗の特典も発表されてます♪
     
    どれも素敵な特典で悩みますね^^;
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな迷っていた中、Mr.Tがソフマップにしたのはソフマップのクリアファイルの色使い『私的に一番好み』だったからと・・・
     
    あと『偽物語』『アクエリオンEVOL』BD1巻の特典Mr.Tの中で『ソフマップ』が一番良かったからです♪
     
    全部同じフロアで買えたのも理由です!ってかソフマップの店員みたいなブログになってるなw(嘘)
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて早速内容についてですがCDも素晴らしいですし、『限定版特典』『ミュージックムービー』を見ましたが最高でした・・・
     
     
    特に『Last Smile』音楽と映像のシンクロ素晴らしいです・・・泣けました・・・
     
     
    『麻枝さん&やなぎなぎ』さんの音楽も素晴らしいですが映像を見ながらだとさらに感動できますね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.TはこれからCDをまた聞きなおします♪
     
    そして『麻枝准&やなぎなぎ』さんの素晴らしいコラボアルバムですので是非買ってみてください♪
     
    鍵っ子やKeyファンだけでなくアニメやゲームファンなど多くの人に聞いて欲しいです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに25日0:30現在で『Amazon』の音楽部門9位になってます♪
     
    ミスチルやSMAPやAKBに混じって『麻枝准×やなぎなぎ』という名前は壮観ですね♪
     
    どこまで売れるのか楽しみです♪
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
      
     
     
    なので『限定版』が欲しい方で『予約をしていない方』早いうちに買った方がいいと思います!
     
    多分各店舗で売切続出になると思いますので・・・予約をしていない方は早めに買って下さい♪
     
    それと各店舗の特典も枚数限定もありますので・・・そういう意味でも早めの確保を!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    問題 : この棒の使い方は?
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    回答 : 
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    ・・・ある意味正解w 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてお嬢様の想像力が『斜め上』だったところから始まりましたが^^;・・・
     
    『さんかれあ』第4話『普通の…女の子…』レビュー♪
     
    別冊少年マガジンで連載中の原作コミックのアニメ化です! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    スタッフ
     
     
    原作 : はっとりみつる
    監督 : 畠山守
    シリーズ構成 : 高木登
    キャラクターデザイン : 坂井久太
    音楽 : 橋本由香利
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    降谷千紘 : 木村良平
    散華礼弥 : 内田真礼
    左王子蘭子 : 矢作紗友里
    降谷萌路 : 井口裕香 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて冒頭は3話ラストからの続きでヒロインで令嬢の『散華礼弥』が晴れて『ゾンビ』になったところから!
     
    これで礼弥は『自由』を手に入れます!
     
    死んだのに清清しい顔ですw
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして千紘の家に居候することになった礼弥は自由を満喫します♪
     
    『お嬢で束縛』されていただけあって・・・全てが新鮮な礼弥!
     
    はにかむ姿もかわいいです・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして千紘が用事があり外に出て行くと・・・
     
    冒頭にあったようにシャワーを浴びる礼弥!サービスシーンです♪
     
    色々と使い方を間違ってますが・・・ゾンビなので仕方がないですね^^;(爆)
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     

     
     
     
     
    さてそんなこんなで4話終了でしたがゾンビになった礼弥が生き生き(?)と描かれましたね♪
     
    脚本は『デュラララ!!』や『C』の脚本を担当された『高木登さん』だけあって引き込まれる内容でさすがですね!
     

    サービスシーンなど王道展開ですが・・・上手いです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと前回も書きましたがアニメスタッフのセンスを感じるアニメです!
     
    監督の『畠山守』さんは『小俣真一さんの別名義』ですが、小俣真一さんといえば『まどか☆マギカ』
     
     
     
     
    5話『後悔なんてあるわけない』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    8話『あたしって、ほんとバカ』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    絵コンテを担当されていただけあって・・・
     
    そういう抜群のセンスを発揮しているアニメだと思います!
    3話までの構成は『まどか☆マギカ』を参考にしたのかもですね)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も期待できそうな作品です!
     
     
    次回以降も楽しみです♪
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!

     

     
     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     

    そういえば『シャワーシーン』は湯気多めでした^^;
     
    テレ東とかは今や湯気とかほとんどないですし・・・TBSも頑張って欲しいです!
     
    まあBDで湯気は消えるんでしょうから・・・買ってからのお楽しみかな^^;
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は1期7話『魔境の森』の時と同じく野中卓也さんが『絵コンテ・演出』でしたが・・・
     
     
    『日常の中の非日常』独特な雰囲気で描かれていて印象深い回でした!
     
     
    野中卓也さんは『空の境界』第二章『殺人考察(前)』の監督もされてますが、やっぱり構成が上手いですね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は私的注目度2位: Fate/Zero 2ndシーズン17話『第八の契約』レビュー
     
    分割2クールの2クール目です 
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作 : 虚淵玄/TYPE-MOON
    監督 : あおきえい
    キャラ原案 : 武内崇、
    キャラデザ : 須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作 : ufotable
    音楽 : 梶浦由記
     
     
    OP:『to the beginning』 Kalafina(4/18発売)
    ED:『空は高く風は歌う』 春奈るな(5/2発売)
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
     
    衛宮切嗣 : 小山力也
    セイバー : 川澄綾子
    アイリスフィール : 大原さやか
    遠坂時臣 : 速水奨
    アーチャー : 関智一
    言峰綺礼 : 中田譲治
    アサシン : 阿部幸恵
    ケイネス・エルメロイ・アーチボルト : 山崎たくみ
    ランサー : 緑川光
    ウェイバー・ベルベット : 浪川大輔
    ライダー : 大塚明夫
    雨生竜之介 : 石田彰
    キャスター : 鶴岡聡
    間桐雁夜 : 新垣樽助
    バーサーカー : 置鮎龍太郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが今回は時臣陣営がアイリに『共闘』を申し込み・・・
     
    アイリは『互いの陣営が最後に残るまで共闘』を承諾するために2つの条件を出し・・・
     
     
     
    1.ライダー陣営の情報開示
     
     
    2.言峰綺礼の聖杯戦争からの排除
     
     
     
     
    を伝え、時臣は了解してしまいます・・・
     
    アイリとしては因縁のある綺礼がいるなら安心して手を組めないようです・・・
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局時臣の命令『聖杯戦争から排除』されることになった綺礼ですが・・・
     
     
    マスターの時臣より綺礼を買っているアーチャーの誘いに乗り、綺礼は時臣を殺害しアーチャーの新マスターになってしまいます!
      
     
    おぉ!時臣あっけない死だな・・・謀略渦巻きます・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回で2クール目4話終了ですが・・・
     
    前回に続き虚淵さんらしい『ダークな脚本』も良ったです!
     
    戦闘シーンはないものの『人の欲望』が上手く描かれてました・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
       
     
    次回以降どうなるのか・・・見ものです!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『虚淵玄さん特集』で話をしましたが・・・
     
    『刺激物』として『Fate/Zero』は他の作品とは一線を画す作品にしたかったと言ってましたが何となく分かってきた気がします!
     
     
    奈須きのこさんの原作に『虚淵さんの特徴』重なっている作品ですし・・・今後も『刺激物』として楽しみたいです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
      
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    感想 : 正直『AKB48』が儲かりすぎて秋元さん節税対策も含め・・・
     
    余ったお金『萌えアニメ』を作ってコアなアニメファンを釣る構図だと勘ぐっていましたが・・・
     
    思いっきり『王道アイドル展開』ビックリでした!
     
     
    これ普通に日曜朝9時くらいに『アイドル夢見る少女向け』に放送した方がいいんじゃないかな?深夜に放送する意味あるのかな?
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて色々考えてしまった1話ですが・・・
     
    今回は2012春アニメ私的注目度6位『AKB0048』第1話『消せない夢』レビュー
     
    『AKB48×アニメ』のコラボ作品登場!
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    企画・監修:秋元康
    原作・総監督:河森正治
    シリーズ構成・脚本:岡田麿里
    キャラデザ:江端里沙
    監督:平池芳正
    アニメ制作:サテライト
     
     
    キャスト
     
     
     
    藍田織音 : 仲谷明香
    一条友歌 : 佐藤亜美菜
    神崎鈴子 : 秦佐和子
    岸田美森 : 佐藤すみれ
    東雲彼方 : 石田晴香
    東雲楚方 : 矢神久美
    園智恵理 : 渡辺麻友
    本宮凪沙 : 岩田華怜
    横溝真琴 : 三田麻央
    さやか : 川澄綾子
    ともちん : 植田佳奈
    ゆうこ : 神田朱未
    ゆきりん : 堀江由衣
    こじはる : 能登麻美子
    たかみな : 白石涼子
    あっちゃん : 沢城みゆき
    さえ : 中原麻衣
    まゆゆ : 田村ゆかり
     
     
     
     
     
     
     
    この作品が侮れないのはスタッフが総監督:河森正治&監督:平池芳正&脚本:岡田麿里』と人気が出そうな組み合わせなのと・・・
     
     
    声優に慣れてないAKBの補佐として能登さんなど実力派声優を脇に揃えているのが強みですね!
     
    やっぱりお金がある所はいいスタッフ集めますね・・・ 
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて1話の内容としましては、『織音、友歌、凪沙』が小さい頃に見た『AKB0048』のライブに感動し・・・
     
    数年後オーディションを受ける展開に!
     
    『芸能』を禁じられている世界のようです・・・
     
     

     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、3人は1次オーディションに合格し次のオーディション会場へ行くことになりますが・・・
     
    父が『芸能管理局』に勤める凪沙は行けないと泣きます・・・
      
    家族と夢の狭間で揺れる凪沙
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ最後は凪沙の母が凪沙の背中を押して参加を許します!
     
    これでギリギリ列車に間に合い次のオーディション会場へ!
     
    ってかロケット発射前にドア開けるのは無茶しすぎw・・・下手したら全員焼け死ぬってw
     
     
     
    イメージ 4
     
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は人物紹介と舞台設定紹介1話終了ですがアイドルという夢に向かって疾走するのはまさに『王道アイドル展開』でした
     
     
    あと『アクエリオンEVOL』でも『恋愛禁止』という縛りがりますが、『芸能禁止』とかそういうところを真似ているのが良く分かります!
     
    『禁止』されるから燃えるというのはありますよね 

     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    何となく先が見える展開ですが^^;・・・せっかく深夜放送なんですから・・・
     
     
    3話ラストあたりに凪沙マミっ・・・という虚淵さんみたいな『岡田麿里さんの大どんでん返し』の脚本があるのか楽しみです!(爆)
     
     
     
     
     
    ではまた!

     

     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     
    ってかこの内容なら普通に日曜朝にやればいいのに・・・
     
    あとせっかく今人気のAKBなんですから日本テレビとかキー局であればもっと多くの人に見てもらえるのに・・・なんでやらなかったのですかね?
     
    キー局だとお金がかかるから地方局にしたのかなぁ・・・いろいろと『お金』の動きも見え隠れするアニメなのでそこも気になりました
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    あとBDに『AKB48生写真&握手券』をつけるのかも気になるなぁ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 茅野愛衣さん『京アニ』メインデビュー♪
     
    『外部の血』が入るとまた新鮮ですね♪
     
    『CLANNADの朋也&春原』『けいおん!の律』など京アニゆかりの声優メンバーとの融合が楽しみです!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は2012春アニメ私的注目度1位:『氷菓』第2話『名誉ある古典部の活動』レビュー♪
     
    『京都アニメーション』製作の『青春ミステリー』のテレビアニメ! 
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作・構成協力:米澤穂信
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:賀東招二
    キャラデザ:西屋太志
    アニメ制作:京都アニメーション 
    音楽:田中公平
     
     
    キャスト
     
    折木奉太郎 : 中村悠一
    千反田える : 佐藤聡美
    福部里志 :阪口大助
    伊原摩耶花 : 茅野愛衣
    折木供恵 : 雪野五月 
    遠垣内将司 :置鮎龍太郎
    入須冬実 : ゆかな
    糸魚川養子 : 小山茉美
    十文字かほ : 早見沙織
    江波倉子 : 悠木碧
    善名梨絵 : 豊崎愛生
    善名嘉代 : 小倉唯 
    羽場智博 : 阿部敦
    澤之上真美子 : 広橋涼
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2話は伊原摩耶花が登場し『愛されない愛読書』について推理されます!
     
    状況としては『毎週金曜日の昼』に借りて『夕方に返される』そうで・・・しかも全員女性で別人とのこと・・・
     
    謎ですね・・・ちなみに摩耶花役は茅野愛衣さん♪ 
     
     
     

    イメージ 2

     

    イメージ 3

     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな難問に興味津々のえるですが・・・解決できずに悩んでいると・・・
     
    奉太郎が『本の匂い』から『美術部のデッサン』に使われていたことに気づきます!
     
    奉太郎の勘はすごいですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     

     
     
     
     
     

     
     
     
     
    最後は奉太郎の能力に惚れこんだえるが日曜に奉太郎を呼び出し・・・
     
    何かを使えようとするところで終了!
     
    えるは私服もかわいいですねぇ・・・

     
     
     
    イメージ 5
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで2話終了ですが相変わらず京アニクオリティ全開で丁寧な作りでしたね・・・
     
    まるで実写かと間違えるような作画のクオリティで驚くばかりです・・・
     
    ってかこの劇場版レベルの作画をテレビアニメで放送されたら・・・他のアニメ会社はたまったものではないですね^^; 

     
     
      
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    今後も期待できそうな作品です!
     
     
    次回以降も楽しみです♪
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!

     

     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     
     
     
     
     

    そういえばEDも素敵な絵でしたね・・・

     

    しかも京アニには珍しい『色っぽい』感じも良かったです♪
     
    本編でも期待してます♪
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : どう考えても玄の『ドラ収集能力』は反則だわw 
     
    咲の『嶺上能力』衣の『海底能力』も神の領域ですが・・・『ドラ収集能力』は究極ですね!
     
    こんな能力者と相手したくないですw
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『ムダヅモ』みたいに『技のインフレ』が凄くなってきましたがw・・・
     
    2012年春アニメ私的注目度4位: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第4全国レビュー

     
    『女子高生×麻雀』という異色のジャンルを切り開いた『咲』の外伝が登場!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作 : 小林立
    コミック原作 : 五十嵐あぐり
    監督 : 小野学
    助監督 : セトウケンジ
    シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦
    キャラデザ・総作監 : 佐々木政勝
    制作 : Studio五組
    音楽製作 : ランティス
     
     
    キャスト
     
     
    高鴨 穏乃 : 悠木 碧
    新子 憧 : 東山奈央
    松実 玄 :花澤香菜
    松実 宥 : MAKO
    鷺森 灼 : 内山夕実
    赤土晴絵 : 進藤尚美
    園城寺 怜 : 小倉唯
    清水谷 龍華 : 石原夏織
    江口セーラ : 能登有沙
    船久保浩子 : manami
    二条 泉 : 松永真穂
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何といっても製作スタッフが1期と同じなのが強みです♪
     
     
    あと脚本がほぼオリジナルになりそうですので・・・そういう意味でも脚本の『浦畑達彦』さんにも期待です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて4話の内容としましては『阿知賀女子学園』IHの1回戦に登場!
     
    先鋒の玄は序盤は苦戦するものの『ドラ収集能力』を発揮して満貫を重ね、結局その勢いのまま1回戦突破!
     
    う~ん・・・やっぱり玄は凄いなw
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしその阿知賀の試合を見たIH上位常連の名門2回戦で阿知賀と当たる『千里山女子』は・・・
     
    『玄には穴がある!』と言います!
     
    『ドラ収集能力』を崩す方法・・・何なんですかね?
     
     
    イメージ 3
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで4話終了ですが、一気に1回戦突破です!
     
    ってか玄役の花澤香菜さん麻雀知ってるのですかね?
     

    もし知らなくて役とか言えてるのであればさすが声優さんだと感心しますけどね・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の作画監督『Aチャンネル』や『sola』で作画監督をされていた『大田謙治さんでしたが・・・
     
    いろんなキャラが出るなか上手くまとめてましたね!
     
    製作協力に『ノーマッド』があるのでそれの関係かな?
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も楽しみです♪
     
     
    ではまた!

     

     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     
     
    そういえば今回は咲陣営も出てきましたね!
     
    ってか清澄は阿知賀と当たるのは決勝まで行かないとないですが・・・それ以上に咲の姉のいる『白糸台』と阿知賀が当たりそうなのが興味深いです!
     
    どんな展開になるのか楽しみです♪ 
     
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回ゼシカメインかと思ったらMIX回 
     
    しかも男だけの星に拉致されるMIX・・・
     
    う~ん・・・今年の夏コミ3日目『続編』が多そうだなw(爆)
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて18話となり『物語の核心』に迫ってくる回でしたが・・・ 
     
     
     
    2005年に放送された『創聖のアクエリオン』の続編です!
     
    1期から『1万2千年後の物語』です! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は傷心のゼシカから・・・
     
    アマタに告白したもののアマタはミコノを好きなのを知っているため実らぬ恋・・・
     
    落ち込むゼシカを見るのは辛いですね・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、とうとう追い詰められたイズモが前線に出て戦闘になり・・・
     
    迎え撃つゼシカは『せめてアクエリオンではアマタのそばにいたい』という気持ちで奮闘!
     
    モロイの力も借りて応戦します!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかし『熟練』の差がでて追い詰められるネオディーバと・・・ 
     
    イズモが『レア・イグラー』を差し出せば戦闘はしないと伝えると・・・ゼシカが身を差し出します・・・
     
    アマタに愛されない『自暴自爆』ゆえの判断・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなゼシカを止めようとMIXが間に入りますが・・・
     
    なんとMIXが連れ去られることに!
     
    男だけの星に連れ去られるMIX・・・ヤバイですね・・・
     
     
     
     
     
     
    さてこれで18話終了ですがゼシカの自暴自爆をMIXが助けたために自分が犠牲になるMIX・・・
     
     
    男を毛嫌いするMIXが男だけの星・・・どうなっちゃうんだろう・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと不動がいないため『全実権』を掌握するクレアの凛々しい姿はキュンとしますね・・・
      
    しかも丹下ヴォイスで最高でした・・・(遠い目)
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    来週も楽しみです♪
     
       
     
     
    ではまた!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回『絵コンテ:安田賢司&作画監督:阿部智之』でしたが作画も綺麗でいいコンビですね!
     
    安田賢司さんは『異国迷路のクロワーゼ』の監督ですし、阿部智之さんは偽物語』5話の作画監督をされたりと実力派のコンビはいい仕事しますね♪
     
    今後も期待したいアニメーターさんです! 
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 『ショタキャラ』の釘宮さんは・・・破壊力抜群ですねw
     
    『ストーカーチック』なニャル子、『ガチゆり』のクー子、『ショタキャラ』のハス太・・・全方位にカバーしすぎですw
     
    バラエティ豊かな邪神達ですね♪
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は2012年春アニメ『這いよれ! ニャル子さん 』
     
    第4『マザーズ・アタック!』レビュー♪
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作:逢空万太
    作イラスト:狐印
    監督:長澤剛
    シリーズ構成:木村暢
    キャラデザ・総作監:滝山真哲、
    アニメ制作:XEBEC
    音楽:MONACA

     
     
     
     
    キャスト
     
    ニャル子 :  阿澄佳奈
    八坂真尋 : 喜多村英梨
    クー子 : 松来未祐
    ハス太 : 釘宮理恵
    シャンタッ君 : 新井里美
    ルーヒー・ジストーン : 國府田マリ子
    八坂頼子 : 久川綾
    余市健彦 : 羽多野渉
    暮井珠緒 : 大坪由佳
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて冒頭ですが真尋の母『頼子』が帰ってくるところから!
     
    真尋はニャル子とクー子を説明するのに必死w
     
    まあいきなり2人の少女と同居していることについて説明するのは難しいですけどねw
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ『息子LOVE』な頼子は真尋の説明もあり2人の同居を許可します!
     
    おおらかな母wこれでニャル子とクー子は親公認でしばらく真尋の家を拠点に活動することに!
     
    頼子役は久川綾さん!ドタバタラブコメの中、安定感があります♪
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただまたもや真尋の家に忍び寄る敵の影!
     
    ジストーンという敵が出てきます・・・
     
    ちなみにジストーン役は府田マリ子さん!マリ姉出してくるあたりにキャスティングのセンスを感じます♪
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次の日、登校中の真尋は曲がり角で少女のような子とぶつかり・・・真尋は優しく介抱します!
     
    ギャルゲーにありがちなベタな『フラグの立て方』w
     

    ベタですがこれで少女は真尋に一目ぼれ♪
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後この少女は『ハス太』という宇宙人であることが発覚! 
     
    しかも男の子・・・真尋ハーレムに『ショタキャラ』追加ですw
     

    ハス太役は釘宮理恵さん!萌えますねw 
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで4話終了ですが新キャラ登場でさらに賑やかになってきましたね♪
     
    全方位カバーの作風なのが強みです!
     

    ってか邪神界はバラエティに富んでますねw
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も楽しみです♪
     
     
    ではまた!

     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     
     
    今回は『YesNoまくら』で笑いましたw
     
    パロネタも相変わらずニッチなところを攻めますねw
     
    今後も楽しみにしてます♪ 
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    今回は連続小説のお話です
     
    3年ぶりに書いていた小説の続編を書いてみましたのでご報告します!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もう3年も経っているのか・・・
     
    こういうのはできるだけ継続しないといけないですね!
     
    あと自分で作ってみるとオリジナルアニメの脚本家とかゲームのシナリオライターとかの凄さをさらに体感できます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    また続編でたら報告します♪
     
       
     
     
    ではまた!
      
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    今日は第9節浦和レッズvs横浜Fマリノス戦がありました!
     
    GWでチームも好調とあり4万4千人の観客が詰め掛ける中、試合が行われましたが・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    結果ですが・・・
     
     
     
    2012Jリーグ・ディビジョン1 第9節
    浦和レッズvs横浜F・マリノス
    2012年5月3日(木・祝)
    19:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    試合結果
    浦和レッズ1-2横浜F・マリノス
     
    得点者:12分 齋藤 学(横浜FM)、78分 槙野智章・88分 マルキーニョス(横浜FM)
    入場者数:44,422人
     
     
     
     
     
     
    前半に1失点して後半同点に追いついたものの最後はCKからやられました・・・  
     
    攻め切れなかった大宮戦の敗戦を今回はきちんと修正できていましたが・・・もったいない試合でした・・・
     
    大勢の観客が来ていたのでレッズとしては勝ちたかったですね・・・ 
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて試合の内容ですが、今日の布陣も和は『3-6-1』
     
    今回の布陣 
      
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    とほぼ不動のメンバー!
     
    阿部ちゃんを軸にして展開するこのスタイルが浦和に浸透してきました!
     
    GWの過密日程で選手を変えたいところですがミシャ監督もとにかく『連携』させるためにこのメンバーで組ませてます
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて内容としましては横浜FMの斎藤の緩いミドルシートが入ってしまい前半で1点のリードを奪われます・・・
     
    コースが良ければ緩いシュートが入るんですよね・・・
     
    まさに『シュートを打てば何かが起きる』を体現してました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況で後半は浦和は『原口』を投入し『より攻撃的な布陣』で逆転を狙います!
     
    まさに大宮戦と同じような展開に!
     
    相手が4バックで組織的な守備のチームなのも似てます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただなかなか点が取れない中で大宮戦の反省を踏まえ今回ミシャ監督はDFの坪井に変えてランコを投入!
     
    そして阿部を最終ラインに下げ永田との2バックにし、大宮戦ではなかなか攻めに加われなかった最終ラインの槙野を中盤に上げ・・・
     
    それが功を奏し槙野が2列目からドリブル綺麗なミドルシュートを決め1対1に!
     
    大宮戦で攻めきれなかった点を修正して同点に追いついたレッズ!素晴らしいです! 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    その後はお互い『攻め合い』ランコがGKと1対1になったりどっちに点が入ってもおかしくない展開でしたが・・・
     
    最後は横浜FMのCKからマルキーニョスに決められ1-2で負けました・・・
     
    同点に追いついた浦和は引き分け狙いではなく『勝ちきる』つもりで攻めていましたので・・・最後は仕方がないですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした・・・
     
    大宮戦とは違い後半追いついて意地を見せた浦和ですが・・・大勢のサポが来てましたので勝って欲しかったですね・・・
     
    ただ同点に追いついたのは素晴らしかったです
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    次回はアウェイでまたもや鬼門の『磐田』戦ですが・・・
     
    名古屋戦同様『先制点』がポイントになりそうです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回私的に思ったのが1-2になった時にもっと『放り込むサッカー』にしても良かったんじゃないかなぁ・・・と言うところです
      
    もう最後は綺麗にゴールなんて決めなくていいのでガムシャラに行って欲しかったです・・・
     
    闘莉王がいた頃の『強引なサッカー』使い方によっては効果的だと思うので検討して欲しいと思いました
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回大きく動く話ではなかったですが、街の風景や日常が丁寧に描かれていて好感でした! 
     
     
    今回絵コンテは『輪るピングドラム』の助監督や絵コンテ・演出をされていた『山崎みつえ』さんでしたがセンスを感じました♪
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『さんかれあ』第5話『ゾンビって…コトは…』レビュー♪
     
    別冊少年マガジンで連載中の原作コミックのアニメ化です! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    スタッフ
     
     
    原作 : はっとりみつる
    監督 : 畠山守
    シリーズ構成 : 高木登
    キャラクターデザイン : 坂井久太
    音楽 : 橋本由香利
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    降谷千紘 : 木村良平
    散華礼弥 : 内田真礼
    左王子蘭子 : 矢作紗友里
    降谷萌路 : 井口裕香 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて冒頭は4話ラストからの続きでヒロインで令嬢の『散華礼弥』『ゾンビ』になってしまい『死後硬直』がはじまってしまうところから!
     
    放っておくと腐ってしまう礼弥の体・・・新しい問題が発生です・・・
     
    ゾンビも大変ですね・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況で千紘は『遺体の保存』に効果的なものを見つける間、礼弥を押入れの中で寝かせ・・・
     
    その後家族にいろいろ聞きますがいい返事はなし・・・
     
    そう簡単にはいい方法は見つかりません・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうこうしているうちに千紘の従姉の蘭子が遊びに来て千紘の部屋に行くと・・・
     
    ゾンビ化した礼弥を見つけてしまいます・・・
     
    いろいろとマズい展開になってきました・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    そして最後は蘭子の叫び声を聞いて駆けつけた千鉱が・・・
     
    礼弥とディープキスするところで終了・・・
     
    ゾンビとディープキス・・・凄い展開だ・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
     
     
    さてそんなこんなで5話終了でしたが・・・
     
    ゾンビの礼弥を蘭子が見つけてどうなっちゃうのか続きが気になる転回になりました!
      

    ゾンビの扱いも容易ではありませんね・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回作画監督が『一騎当千 集鍔闘士血風録』の作画監督などをされている『Hue Hye-Jung』さんでしたし・・・
     
    製作陣を見るとほとんど海外のスタッフになっていたのが意外でした!
     
    正直『海外スタッフの製作=作画崩壊回』のイメージが強いもので^^;・・・
     
    普通にいい出来だったので『海外でもこのレベルのアニメを作れんだ!』というのが新鮮な驚きでした! 
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして前回も書きましたがアニメスタッフのセンスを感じるアニメです!
     
    監督の『畠山守』さんは『小俣真一さんの別名義』ですが、小俣真一さんといえば『まどか☆マギカ』
     
     
     
     
    5話『後悔なんてあるわけない』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    8話『あたしって、ほんとバカ』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    絵コンテを担当されていただけあって・・・
     
    そういう抜群のセンスを発揮しているアニメだと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も期待できそうな作品です!
     
     
    次回以降も楽しみです♪
     
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!

     

     
     
    イメージ 8
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     

    そういえば今回もサービスシーン満載でしたね♪
     
    スタッフが頑張ってくれているのが嬉しいです♪
     
    今後もこの流れを期待してます♪
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    想 : NHKの『Magネット5月号』を見ましたが・・・ 
     
    リニューアルされて内容が薄くなっちゃいましたね・・・
     
    以前の『Keyゲーム』や『ピングドラム特集』みたいな濃い特集を期待していたのですが・・・寂しい限りです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に今回『AKB0048』の特集でしたが・・・
     
    『けいおん!』や『まどか☆マギカ』を引き合いに出して『群像少女アニメ』とひとくくりにしちゃう強引さも企画力に疑問があります・・・
     
    NHKには『けいおん!』と『まどか☆マギカ』は同じ作風に見えるんだ!
     
    本当に分析しているんですかねぇ・・・ 
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    ってかまだ1話しか放送されていないのにこれだけ特集を組まれること事態が『?』なんですけどね・・・
     
    やっぱりこれも『AKB』のなせる業なのかな?
     
    色々勘ぐってしまいます・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    どうせなら今人気のAKBのアニメなのに『何故地方局の深夜放送なのか?』とか・・・
     
    アニメ化をすることでどういう『ビジネスモデル』を作っていくのかとか・・・そういうところまで掘り下げていってほしかったですが・・・
     
    まあ『けいおん!』と『まどか☆マギカ』を同列で語る今の『Magネット』じゃ無理でしょうね・・・ 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    正直『Magネット』の方向性が良く分からないですし・・・
     
     
    今後も『薄い内容』で行くのかどうか検討した方がいいじゃないかな?
     
    せっかくNHKがオタク番組作るんですから・・・コアなアニメやゲームファンも納得するような番組にしてほしいです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあNHKじゃオタク番組といっても『ライト層』しかターゲットにしないか・・・ 
     
    NHKじゃなきゃ組めない『NHK特集』みたいなコアな特集を期待しているんですけどねぇ・・・
     
    以前のようなNHKならではの情報発信を望みます!
     
     
     
     
     
     
     
      
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    「Rewrite」関連 
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    シャーレイの『切嗣への問い』
     
     
     
     
     
     
     
     
    ケリーはさ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『どんなオトナ』になりたいの?
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてシャーレイの『純粋ながら深い問い』の場面から始まりましたが・・・・
     
    今回は私的注目度2位: Fate/Zero 2ndシーズン18話『遠い記憶』レビュー
     
    分割2クールの2クール目です 
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作 : 虚淵玄/TYPE-MOON
    監督 : あおきえい
    キャラ原案 : 武内崇、
    キャラデザ : 須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作 : ufotable
    音楽 : 梶浦由記
     
     
    OP:『to the beginning』 Kalafina(4/18発売)
    ED:『空は高く風は歌う』 春奈るな(5/2発売)
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
     
    衛宮切嗣 : 小山力也
    セイバー : 川澄綾子
    アイリスフィール : 大原さやか
    遠坂時臣 : 速水奨
    アーチャー : 関智一
    言峰綺礼 : 中田譲治
    アサシン : 阿部幸恵
    ケイネス・エルメロイ・アーチボルト : 山崎たくみ
    ランサー : 緑川光
    ウェイバー・ベルベット : 浪川大輔
    ライダー : 大塚明夫
    雨生竜之介 : 石田彰
    キャスター : 鶴岡聡
    間桐雁夜 : 新垣樽助
    バーサーカー : 置鮎龍太郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は切嗣の子供の頃の回想で・・・
     
    子供の頃の切嗣『明るい少年』だったようですね! 
     
    今の『冷酷』な姿は微塵もありませんね・・・
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、父の研究の手伝いをしていたシャーレイという少女と仲良くなる切嗣・・・
     
    シャーレイは切嗣の父親の信奉者で、なおかつ切嗣の能力を高く評価しているようです
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてシャーレイは冒頭の言葉のように『切嗣はどんなオトナになりたいのか?』という問いを投げかけ・・・
     
    いつまでも切嗣を見守っていると告げるシャーレイ!
     
    純粋ながら『深い問い』ですね・・・この問いが後の切嗣に影響してきます・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただそんな平穏な日々は長くは続かず・・・
     
    シャーレイが試薬を好奇心から使用してしまい、不完全な死徒化になってしまい切嗣に自分を殺すように懇願します・・・
      
     
    理性ギリギリのシャーレイ『人』として友人に死を懇願する姿は切ないですね・・・
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この一連のシーンって『まどか☆マギカ』まどかが魔女化する前にほむらに殺してほしいと懇願する場面と似てました・・・
     
    仲間を殺さなければいけない選択を迫られる辛さ・・・心が締め付けられます・・・
     
    虚淵さんらしい脚本です・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかし切嗣の選択どうにかシャーレイを元に戻そうとしたため・・・
     
    騒ぎを聞きつけたとある二大勢力島の住民ごと抹殺されてしまいます・・・
     
    最悪の展開・・・ただ良かれと思って行った行為が最悪の方向に進んでいく展開なのは『虚淵』さんらしい脚本なんですよね・・・
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後はこの『元凶』を作った父を殺す切嗣・・・
     
    ここから今の『冷酷な切嗣』が始まったんだ・・・
     
    こういう過去があったんですね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回で2クール目5話終了ですが・・・
     
    前回に続き虚淵さんらしい『ダークな脚本』も良ったです!
     
    激しい戦闘シーンはないものの『人の性』が切なく描かれてました・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    作画監督は10話『凛の冒険』菊池隼也さんでしたが・・・
     
    外伝的な切嗣の幼少時代の記憶を1話で上手く表現していたと思います!
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
       
     
    次回以降どうなるのか・・・見ものです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『虚淵玄さん特集』で話をしましたが・・・
     
    『刺激物』として『Fate/Zero』は他の作品とは一線を画す作品にしたかったと言ってましたが何となく分かってきた気がします!
     
     
    奈須きのこさんの原作に『虚淵さんの特徴』重なっている作品ですし・・・今後も『刺激物』として楽しみたいです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
      
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今日5月6日『小倉唯さん&石原夏織さん』のユニット『ゆいかおり』の2ndライブ
     
    『YELL for YOU』が恵比寿LIQUIDROOMで開催されました!
     
    今一番勢いのある若手声優コンビのライブにMr.Tも行ってました♪
     
      
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて早速レポですがMr.Tは会場の恵比寿LIQUIDROOMで『パンフレットとタオル』をゲット♪ 
     
    パンフレットは2人の魅力がいっぱい詰まっていて貴重です! 
     
    かなり作りが良くてめちゃくちゃ凝ってるんですよね!2人ともかわいいです♪
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして会場に入りますが会場は超満員!
     
     
     
    『ロウきゅーぶ』のひなた『神様のメモ帳』のアリス『アクエリオンEVOL』のユノハなどを演じる小倉唯さん
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    『輪廻のラグランジェ』のまどか『あの夏で待ってる』の柑菜を演じる石原夏織さん
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    2人ともそれぞれ声優のフィールドでいい演技をしているだけあって相乗効果でさらに魅力が増すユニットです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてMr.Tが参加した『昼の部』のライブは14時から始まりましたが・・・
     
    構成としては
     
     
    歌パート
     
    ・『君のYELL』の裏設定PV
     
    ・友人からのメッセージ
     
    アンコール
     
    重大発表
     
     
     
     
    となってまして、まず歌は2人の元気な歌声とダンスで会場を盛り上げ・・・
     
    会場もサイリウムやコールなどで一緒に盛り上がります!
     
    ってか『ファンの統率の取れたコール』は凄いですwまだ2ndライブなのにここまでよく出来るなぁと感心しちゃいましたw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『友人からのメッセージ』は・・・ 
     
     
    瀬戸麻沙美さん
     
     
    石原夏織さんとは『納豆好き』仲間
     
     
     
     
    茅野愛衣さん
     
     
    ゆいかおり曰く『茅野さんはすごくいい香りがする』とのこと
     
     
     
     
     
    佐藤竜雄監督
     
     
    何故か居酒屋でメッセージを収録するサトタツ監督^^;・・・しかも最後に『ジョッキ一気飲み』かと思いきや半分しか飲まなくてブーイングw
     
     
     
     
     
     
    喜多村英梨さん
     
     
    何故かフードを被って登場wゆいかおり曰く『ブレスレッドがかっこいい』
     
     
     
     
     
     
    ってな感じでした!
     
    皆ゆいかおりのことを凄く褒めてました!愛されてますね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてアンコール後に2人が再登場重大発表があったのですが・・・
     
     
     
     
    なんと『アニサマ出場決定&写真集発売』!
     
    アニサマ出場決定に会場ももちろん大盛り上がりでした!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば去年は小倉唯さんは『ロウきゅーぶ』でアニサマ出場しましたが・・・
     
    とうとう『ゆいかおり』でも『アニサマ』出場なんですね!
     
    ってか違うユニットで2回連続で出場とは凄いです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『ゆいかおり』出演8月25日の『1日限定』のようですが・・・
     
    詳しくはアニサマ公式HPをチェックしてください!
     
    本当に順調ですね!まあ2人の去年から今年にかけての活躍を見たら納得の出場です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その盛り上がりのままアンコールの歌が始まり会場の盛り上がりはMAXに!
     
    本当に素敵なライブでした♪
      
    夢に向かって頑張る2人を見ていると応援したくなりますし元気をもらえました!!
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    声優ユニットでアニサマ出演できるのは本当に一握りしかいないですので2人にとって貴重な体験ですね!
     
    これも多くのファンを演技で魅了してきたからこそだと思います! 
     
    今後も2人の活躍に期待してます♪あと2人を見にアニサマに行きたいと思います♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    玄が語る『IHで戦う意味』
     
     
     
     
     
     
     
     
    これが全国!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    一万人の『頂』に近づくとは・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とんでもない人がいる!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて玄の『ドラ収集能力』も他の人からみたら十分異次元だよ!と総ツッコミの場面から始まりましたが^^;・・・
     
     
     
    2012年春アニメ私的注目度4位: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第5『強豪レビュー

     
    『女子高生×麻雀』という異色のジャンルを切り開いた『咲』の外伝が登場!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作 : 小林立
    コミック原作 : 五十嵐あぐり
    監督 : 小野学
    助監督 : セトウケンジ
    シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦
    キャラデザ・総作監 : 佐々木政勝
    制作 : Studio五組
    音楽製作 : ランティス
     
     
    キャスト
     
     
    高鴨 穏乃 : 悠木 碧
    新子 憧 : 東山奈央
    松実 玄 :花澤香菜
    松実 宥 : MAKO
    鷺森 灼 : 内山夕実
    赤土晴絵 : 進藤尚美
    園城寺 怜 : 小倉唯
    清水谷 龍華 : 石原夏織
    江口セーラ : 能登有沙
    船久保浩子 : manami
    二条 泉 : 松永真穂
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何といっても製作スタッフが1期と同じなのが強みです♪
     
     
    あと脚本がほぼオリジナルになりそうですので・・・そういう意味でも脚本の『浦畑達彦』さんにも期待です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて5話の内容としましてはIHの2回戦『阿知賀女子学園』登場!
     
    そして2回戦にはシード校の『千里山女子』と対峙することに!
     
    ちなみにルールでは『2回戦から2組勝抜き』とのことで・・・
     
    何となく『スラムダンク』の『海南大付属1位通過・湘北2位通過』みたいな感じの展開が予想できますw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあそれはさておき^^;・・・千里山女子の先鋒は『園城寺怜』が登場!
     
    怜は予選1回戦の玄の『ドラ収集能力』を見て『玄には穴がある!』と言い放った人物ですが・・・いきなり玄と当たります!
     
    ちなみに怜役は『ロウきゅーぶ』のひなた役の小倉唯さん♪
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ怜は病弱なため『清水谷竜華』が付きっ切りで面倒を見ます!
     
    怜を麻雀部に誘ったのも竜華で・・・『かじゅモモ』みたいにお互い以心伝心の間柄です!
     
    ちなみに竜華役『輪廻のラグランジェ』まどか役の石原夏織さん♪
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて怜と玄の先鋒戦開始ですが・・・
     
     
    怜は『玄攻略方法』として『玄のドラ収集能力』を知った上で・・・
     
    逆に玄が『ドラを捨てたほうがいい待ちになるのに切らない』ことを逆手に取って玄を狙い撃ち!
     
     
    確かにドラばっかりだと捨てる牌も限定されちゃいますね・・・そこは盲点でした・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな狙い撃ちされた状況で凹んでしまった玄を相手に・・・
     
    今度は怜の『一巡先』の牌を読める『未来予知』の能力を発動させ『一発ツモ』を連発する怜!
     
    『未来予知』とはまた凄い能力だなwちなみにリー棒は『縦』に置くのが怜流w
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これで一気に先鋒戦は怜の圧勝で終了!
     
    怜も体力の限界ながら完勝
     
    玄は思わぬ大敗にさらに凹みますが・・・姉の宥が玄を優しく慰め次の試合に臨みます!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで5話終了ですが、2回戦に登場した怜の能力をまざまざと見せ付けられた回でした!
     
    多分千里山が1位通過になると思うので・・・ここからはいかに『2位になるか』を考えた方が良さそうですね・・・
     

     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も楽しみです♪
     
     
    ではまた!

     

     
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     
     
    そういえば昨日『ゆいかおり』のライブ行ってきましたが・・・
     
    今回2人のシーンが多くてびっくりでした♪
     
     
    これからも2人のシーンがあると嬉しいです♪
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は『アニメとマーケティング分析』についてのお話の5回目です!
     
     
    『マーケティング』はアニメの世界に限らず『その作品の人気を左右していく重要なファクター』ですので・・・Mr.Tなりに考察してみました!
     
     
    『このブログならでは』の『マーケティング方式』を考えてみました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて5回目の今回は『交流サイト(SNS)ゲームの中のコンプガチャ』についてです!
     
     
    いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの成長を見せる『グリー』や『DeNA(モバゲー)』といった携帯ソーシャルゲーム業界ですが・・・
     
     
    その高収益を支えるのは『コンプガチャ』と言われる『課金システム』と言われています 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、今回取り上げるきっかけになった経緯ですがYahoo!のトップページにあった『コンプガチャ違法の可能性』という記事を読んだからです!
     
     
    内容としては消費者庁が『コンプガチャについては景品表示法で禁止されている手法にあたるのではないか』とということで・・・
     
    問題は課金システムに依存している『ソーシャルゲーム会社の存亡』に直結している問題だからです
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『コンプガチャって何?と思われる方がいるかもしれませんが・・・
     
    要は、『ガチャ』と呼ばれるゲーム内のくじ引きシステムで購入できるアイテムを複数そろえる(コンプリート)ことで希少なアイテムを獲得できる仕組みです
      
    しかし消費者庁はこのシステムは『景品表示法』で禁じている『射幸心をあおり複数の異なる絵柄を集める見返りに懸賞を提供する手法(カード合わせ)』に抵触しているのではないかというのが問題のようです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回の件は2つの内容に分けられ
     
     
     
     
    .『コンプガチャ問題』が発生した背景
     
     
     
    2.『今後のソーシャルゲーム会社の収益』の動き
     
     
     
     
     
    が考えられます。なのでこの2点を今回『マーケティングの目』で検証します
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最初に『1.コンプガチャ問題が発生した背景』ですが・・・ 
     
    一番の問題は『資金力のない18歳未満』の利用者が『射幸心』により自力で支払えない高額利用を行い・・・
     
    保護者がその高額な金額を支払うこと『行政を絡めた問題』になったのが大きくなったようですね・・・
     
    『射幸心』という意味ではパチンコや競馬などがありますが、両方とも未成年は禁止ですし現金でしかできないですからある意味『規制』にはなってます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なので『DeNA』や『グリー』は今回の件で『自主規制』を設け『18歳未満の使用を1万円以下』にするとのことですが・・・
     
    これでは『課金するほど強くなる』ゲームでは『1万円しか使えない未成年』はおのずと『負け組』になるのは目に見えてますので・・・
     
    この規制で『万事解決か?』というのには疑問ですけどね・・・
     
    ゲームそのものの『システム見直し』がないと未成年だけバカを見ることになりますよね
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてここからは2.『今後のソーシャルゲーム会社の収益』の動きですが・・・
     
    まず『グリー』や『DeNA』が現在どれだけ利益を上げているかを決算で見てみようと思います!
     
    決算はHPなどで見れます!分かりやすいように『ゲーム大手』のコナミと比べて見ましょう 
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これを見れば一目瞭然だと思いますが
     
     
    売上
     
    コナミ : 2,579億
     
    DeNA : 1,127億
     
    グリー :   641億
     
     
     
     
    当期利益
     
    コナミ :  129億
     
    DeNA :  316億
     
    グリー :  182億
     
     
     
     
    売上に対する当期利益率『コナミ』に比べ『DeNA』や『グリー』が異常なほど高いのがわかりますし『利益を上げまくっている』のが見えます
     
     
    考えられることは『ソーシャルゲームなので設備投資に他のゲーム業界と比べ費用がかからない』ことなどが上げられそうです。基本仮想世界で物を作ってないですからね・・・
     
     
     
    逆に言うと投資する場所がないので『金が余って仕方がない』ので節税のためベイスターズを買っちゃうことも可能なんでしょうけどね^^;
     
     
     
    あとこんな状況では真面目に『ウイイレ』とかゲーム作ってるコナミは面白くないのでソーシャルゲームに手を出し始めているのも良く分かりますw 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてもちろんこの高収益を生み出しているのは『コンプガチャ』といわれる課金システムですが・・・
      
    今後『消費者庁』に目を付けられた『DeNA』や『グリー』が今と同じやり方で順調に収益を上げるのは疑問です・・・
     
    まずはこれほど会社が大きくなったのですから『ゲームそのものの見直し』をしていかなければならないでしょうね
     
    まあ今まで貯めた内部留保があるでしょから今回の件ですぐに屋台骨が崩れることもないでしょうしね・・ベイスターズは手放すかもしれませんが・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『今回のコンプガチャ問題』で思い出したのが『株-Market-』というマンガでした!
     
    発売されたのが2000年~2002年までで全5巻です!
     
    数年前本屋でたまたまこのマンガが目に入って全巻買いましたが・・・今では愛読書になってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品の主人公ですが・・・アメリカ帰りの天才トレーダー『志摩 真』といい、マンガの内容も『株』に関する内容になっています!
     
     
    ただいわゆる『株の専門書』ではなく、株式投資における『基本中の基本』をベースとし、ストーリーの展開の中で分かりやすく説明している株の初心者にも読みやすい作品です!
     
     
    私は株の知識がほとんど無いですが・・・サクサク読める内容で面白いです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてこの主人公『志摩 真』の『株と投資』に関する哲学ですが・・・
     
     
     
    『株』とは『企業の夢を買う』こと
     
     
    『投資』とは『その企業の夢を一緒に応援する』こと
     
     
     
    と常に考え『本当の株式投資』を行えば『企業を変え・・・日本経済も変える力がある』という持論を持っています!
     
    今回の問題で今『ソーシャルゲーム会社』本当の意味で『投資先』としての価値があるのかを投資家に確かめられている状況ですよね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『社会的投資責任(SRI)』という項目があり・・・
     
    ここではアメリカのアップル社が例に挙げられてますが・・・
     
    投資家達がアップル社を愛しアップルの経営陣が投資家達の意見に従って業績を回復させたという内容が書かれていましたが・・・
     
    今後『グリー』や『DeNA』が多くの人に期待され、支えられられる会社になるのか・・・動向を見守って生きたいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    他にもいろいろと読んでいてタメになる話がありますので是非ともご一読してただければと思います!
     
    騙されたと思って読んで見てください!必ず何か心に残るものがあると思います!
     
    あと・・・できればこういう作品をアニメ化してほしいんですけどね・・・
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     

    0 0

    今回は『ステルスマーケティング』についてのお話のですが・・・
     
    とうとう消費者庁から『ステマは問題』と位置づけられました
     
     
    今回国が『ステマは問題』だと認めたことで『悪質なステマ』を行っているブログ『消費者庁』に目を付けられることになるので戦々恐々でしょうね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    『ステルスマーケティングって何?と思われる方がいるかもしれませんが・・・
     
    要は関係者が一般人を装って商品やサービスを褒め、口コミを広げるなどのマーケティング手法です
      
    なので『一般人』ではなく『関係者(利益授受を受ける一般人含)』一般人を装って宣伝等することが問題になってます 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして以前『ステルスマーケティングの問題点』についてまとめましたが・・・
     
    結局ステマを行っているブログ口コミサイトなどが『自主ルール』『自浄能力』ができないために国が動くことになったんですよね
     
    ブログや業界内で『ステマ問題を放っておいたツケ』がとうとうやってきてしまいました 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後悪質なステマを行っているブログや口コミサイトには・・・
     
    国から指導が入るかもしれないですので今後の動向に注目ですね
     
     
    健全な口コミサイトがこれを契機に増えていって欲しいものです
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば昨日記事にしました『コンプガチャ』問題ですが『DeNA(モバゲー)』や『グリー』が『コンプガチャ』廃止を決定しました
      
     
    これも『ステマ』と一緒で『業界の自主ルール』を作ってこなかったツケなんですよね・・・
     
     
    そして『携帯ソーシャルゲーム会社』は今回の問題で世間的に厳しい目で見られることになりましたし・・・
     
    『社会的責任』をどうとって行くのかが気になります
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 :  今回絵コンテは『まどか☆マギカ』の絵コンテをされていた『畠山守』さんでしたが魅せ方上手いですね・・・
     
    礼弥や蘭子の『表情が変化する所』とか・・・見ていて引き込まれました・・・
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『さんかれあ』第6話『あなたに…出会えたから』レビュー♪
     
    別冊少年マガジンで連載中の原作コミックのアニメ化です! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    スタッフ
     
     
    原作 : はっとりみつる
    監督 : 畠山守
    シリーズ構成 : 高木登
    キャラクターデザイン : 坂井久太
    音楽 : 橋本由香利
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    降谷千紘 : 木村良平
    散華礼弥 : 内田真礼
    左王子蘭子 : 矢作紗友里
    降谷萌路 : 井口裕香 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて冒頭は5話ラストからの続きでヒロインで令嬢の『散華礼弥』『ゾンビ』になってしまったのを千紘の従姉の蘭子に見つかり・・・
     
     
    礼弥と千紘がディープキスするところで終了・・・
     
    ゾンビとディープキス・・・凄い展開です・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後礼弥はフラフラと裏の紫陽花の咲いている場所へ行くと・・・
     
    紫陽花の葉を食べることで我に返ります!
     
    これがゾンビが『正常でいられる鍵』なんですね・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もちろん蘭子は千紘を責めますが・・・
     
    千紘の父は元々『駆け込み寺』だったこともあり『来るものは拒まず』の精神で礼弥を迎え入れることに同意します!
     
    それと息子の千紘のことを信じているからと言うのもあるでしょうね
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    これで『家族公認』となり晴れて自由な行動が取れる礼弥!
     
    2人の甘い生活が始まります♪
     
    千紘にしてみたら夢にまで見た『ゾンビとの萌えシュチュエーション』・・・嬉しいでしょうね!
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
     
     
    さてそんなこんなで6話終了でしたが・・・
     
    ゾンビの礼弥と千紘の関係がさらに深まった回でした!
      

    千紘の夢が叶いましたね・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回千紘の従姉の蘭子が時折見せる憂いの表情が印象的でした・・・
     
    千紘が好きなのに礼弥が出てきたことで素直になれないのがいじらしいですね・・・
     
    なんとなく『まどか☆マギカ』のさやかに似たものを感じます
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして冒頭でも書きましたが今回絵コンテは『まどか☆マギカ』の絵コンテをされていた『畠山守』さんでした上手いですね!
     
    この作品の監督でもある『畠山守』さんは『小俣真一さんの別名義』ですが、小俣真一さんといえば『まどか☆マギカ』
     
     
     
     
    5話『後悔なんてあるわけない』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    8話『あたしって、ほんとバカ』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    絵コンテを担当されていただけあって・・・
     
    そういう抜群のセンスを発揮しているアニメだと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も期待できそうな作品です!
     
     
    次回は蘭子回のようですし・・・次回も楽しみです♪
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!

     

     
     
    イメージ 3
     
     
     
     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     

    そういえば今回もサービスシーン満載でしたね♪
     
    スタッフが頑張ってくれているのが嬉しいです♪
     
    今後もこの流れを期待してます♪
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    切嗣の『正義』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今度もまた殺したよ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    父さんと同じように殺したよ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    君の時のようなヘマはしなかった!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    僕は大勢の人を救ったよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ナタリアが着陸に成功してしまったら・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    どれだけの死人が出るかわからない・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    彼女の犠牲でそれが防げるんだ!
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『ハーバード白熱教室』のマイケル・サンデル氏も議題にした
     
     
    という難しい疑問に似たものがある回でしたが・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回は私的注目度2位: Fate/Zero 2ndシーズン19話『正義の在処』レビュー
     
    分割2クールの2クール目です 
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作 : 虚淵玄/TYPE-MOON
    監督 : あおきえい
    キャラ原案 : 武内崇、
    キャラデザ : 須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作 : ufotable
    音楽 : 梶浦由記
     
     
    OP:『to the beginning』 Kalafina(4/18発売)
    ED:『空は高く風は歌う』 春奈るな(5/2発売)
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
     
    衛宮切嗣 : 小山力也
    セイバー : 川澄綾子
    アイリスフィール : 大原さやか
    遠坂時臣 : 速水奨
    アーチャー : 関智一
    言峰綺礼 : 中田譲治
    アサシン : 阿部幸恵
    ケイネス・エルメロイ・アーチボルト : 山崎たくみ
    ランサー : 緑川光
    ウェイバー・ベルベット : 浪川大輔
    ライダー : 大塚明夫
    雨生竜之介 : 石田彰
    キャスター : 鶴岡聡
    間桐雁夜 : 新垣樽助
    バーサーカー : 置鮎龍太郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は父を殺した後の切嗣の動向で・・・
     
     
    アリマゴ島で出会ったナタリアというフリーの魔術師に引き取られ『狩り』の技術を教え込まれます・・・
     
    切嗣とナタリアの『絆』が出来上がっていく過程が描かれます・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、数年の時が経ちナタリアが『オッド・ボルザーク』という蜂使いの殺害依頼を受け、飛行機内で殺害を遂行しますが・・・
     
    ボルザークが持ち込んだ死徒蜂によって空飛ぶ死都となった飛行機内に、一人取り残されてしまうナタリア・・・
     
    殺した代償は大きくなってしまいました・・・ 
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況でナタリアは死都を潜り抜けてコックピットに辿り着き飛行機を着陸させようとしますが・・・
     
    切嗣は屍食鬼の上陸を防ぐため、対空ミサイルで旅客機を撃墜、ナタリアを殺害!
     
    親のように慕っていたナタリアを殺してしまう切嗣・・・虚淵さんらしいダークな展開です・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ切嗣はナタリアを殺した後、シャーレイが昔言っていた『どんなオトナになりたいの?』という言葉を思い出し・・・
     
    最後の最後で『人としての苦悩』に揺れ動く切嗣・・・
      
    『切嗣の正義』を遂行しましたが故に『家族との絆』に苦しむ切嗣・・・切ないシーンですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて19話終了ですが・・・虚淵さんらしい『ダークな脚本』も良ったです!
     
    『人の性』が切なく描かれていて・・・まさに虚淵脚本の真骨頂を見た気がします・・・
     
    特にナタリアが死ぬ前に『微笑む』シーンは思わず鳥肌が立ちました・・・
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回『絵コンテ・演出』を担当されたのは『空の境界』第六章『忘却録音』の監督をされた三浦貴博さんでした!
     
     
    『忘却録音』鮮花が主人公の外伝形式でしたし・・・
     
    今回も外伝的な切嗣の過去の記憶を上手く表現していたと思います!
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的に『空の境界』の中でも『忘却録音』は『華やかさ』があって凄く好きな作品なので監督の三浦貴博さんの『fate/zero』に登場するのを楽しみにしてました!
     
     
    1期からずっと『絵コンテ』などで出てきていなかったので気になっていたのですが・・・
     
    とうとうこの物語上重要な場面で『絵コンテ・演出』として出してきました!
     
    『適材適所』のufotableスタッフ陣ですね!
     
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
    次回以降どうなるのか・・・見ものです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『虚淵玄さん特集』で話をしましたが・・・
     
    『刺激物』として『Fate/Zero』は他の作品とは一線を画す作品にしたかったと言ってましたが何となく分かってきた気がします!
     
     
    奈須きのこさんの原作に『虚淵さんの特徴』重なっている作品ですし・・・今後も『刺激物』として楽しみたいです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
      
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 『赤の宥』『哭きの憧』・・・
     
     
    阿知賀の選手はバケモノかw!
     
     
    玄の『ドラ集中能力』といい・・・異次元集団すぎですw
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
      
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次々と阿知賀の選手の能力が明らかになってきましたが^^;・・・
     
     
     
    2012年春アニメ私的注目度4位: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第6『奪回レビュー

     
    『女子高生×麻雀』という異色のジャンルを切り開いた『咲』の外伝が登場!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作 : 小林立
    コミック原作 : 五十嵐あぐり
    監督 : 小野学
    助監督 : セトウケンジ
    シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦
    キャラデザ・総作監 : 佐々木政勝
    制作 : Studio五組
    音楽製作 : ランティス
     
     
    キャスト
     
     
    高鴨 穏乃 : 悠木 碧
    新子 憧 : 東山奈央
    松実 玄 :花澤香菜
    松実 宥 : MAKO
    鷺森 灼 : 内山夕実
    赤土晴絵 : 進藤尚美
    園城寺 怜 : 小倉唯
    清水谷 龍華 : 石原夏織
    江口セーラ : 能登有沙
    船久保浩子 : manami
    二条 泉 : 松永真穂
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何といっても製作スタッフが1期と同じなのが強みです♪
     
     
    あと脚本がほぼオリジナルになりそうですので・・・そういう意味でも脚本の『浦畑達彦』さんにも期待です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて6話はIHの2回戦の次鋒戦で玄の姉の宥登場
     
    玄の負け分を取り返そうと闘志を燃やす宥!
     
    ちなみに宥は寒がりでいつもマフラーをつけてます! 
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて宥の牌譜を見て研究した各校は宥の能力を『中と萬子』が集中する能力と思い、玄同様狙い撃ちをしてきます!
     
    玄も『ドラ集中能力』を狙い撃ちされました・・・姉妹だけあって能力に関連があるようです
     
    宥も苦戦になりそうな予感・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ宥の能力は実は『温かい赤』が混じる牌が集まる能力で・・・
     
    『中と萬子』だけを警戒していた各校を逆に仕留めます!
     
    宥もなかなかやりますね!だから寒がりなのかw
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな次鋒の宥の勢いに乗り、今度は中堅戦に憧が登場!
     
    で、憧の能力は偏りのある能力者『玄と宥』とは別の『哭き』の能力!
     
    『哭きの竜』ならぬ『哭きの憧』です♪
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その憧が『哭き』を遺憾なく発揮し、今までの負け分をどんどん挽回していきます!
     
    センスの良さも相まって各校止められません!
     
    安定した戦いぶりの憧!
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしそんな絶好調の憧相手に闘志むき出しなのは常勝『千里山女子』の江口セーラ!
     
    バカツキの憧と真っ向勝負してきます!
     
    なので他の2校が完全に降りに入ったので一気に阿知賀が2位に浮上!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ラストは副将戦の灼が登場するところまで!
     
    1位の千里山は抜けましたが・・・2位に阿知賀が入れるかが鍵ですね!
     
    そしてまた驚くような能力に期待してます♪ 
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    さてこれで6話終了ですが、テンポがいいですね♪ 
     
    今後も楽しみです♪
     
     
    ではまた!

     

     
     
    イメージ 9
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     
     
    やっぱり『能力』があると面白いですね♪
     
    こうやって見ていくと麻雀って実力も運も必要ですし・・・いろんな能力つくれるのが良く分かりました!
     
     
    ただ『ムダヅモ』みたいに『燕返し』からの『天和』とか出てくるとマズイので底まで行かない程度に能力バトル楽しみにしてますw 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

older | 1 | .... | 22 | 23 | (Page 24) | 25 | 26 | .... | 99 | newer