Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 781 to 800 of 1962)
(showing articles 781 to 800 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 38 | 39 | (Page 40) | 41 | 42 | .... | 99 | newer

    0 0

     
    感想 : 今回は『ウェディング姿』の桐乃『タキシード姿』の京介が手をつなぐシーンがラストでしたが・・・
     
    これって『単行本最終巻12巻』のラストと連動していて驚きました
     
    ここら辺は『上手いなぁ・・・』と思うと同時に、単行本を読んだ分、切なくなっちゃいました・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度4位: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第10話『俺の妹がウェディングドレスを着るわけがない』レビュー!
     
    1期でも人気を博した『伏見つかさ&かんざきひろ』コンビのラノベの続編が登場!
     
    製作スタッフ
    原作:伏見つかさ
    原作イラスト:かんざきひろ
    監督:神戸洋行
    シリーズ構成:倉田英之
    キャラデザ:織田広之
    アニメ制作:A-1 Pictures
    キャスト
    高坂桐乃:竹達彩奈
    高坂京介:中村悠一
    黒猫:花澤香菜
    沙織・バジーナ:生天目仁美
    田村麻奈実:佐藤聡美
    新垣あやせ:早見沙織
    来栖加奈子:田村ゆかり
     
     
     
     
     
     
    2期は桐乃が帰ってくるところから始まりますが・・・
     
    公式HPでは2期は『全16話&原作最後までアニメ化』とのことですので楽しみです!
     
    かなり気合を入れているアニメですので期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は久々に『あやせ・加奈子』が登場しましたが・・・
     
    桐乃が大好きなメルルの祭典『メルフェス』を中心に話が進みます
     
    久々にあやせの登場でしたが、相変わらず容赦なしですねw
     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    ただメルフェス当日に桐乃が撮影の仕事が押してメルフェスに行けないと言うメールを京介が見ると・・・
     
    『メルル痛チャリ』を借りた京介が桐乃の仕事場に駆けつけます!
     
    妹思いなのは分かりますが・・・よく捕まらなかったなw
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    そして会場まで桐乃はウェディングドレスのまま自転車の2人乗りになりますが・・・
     
    京介との2人乗りにうれしそうな表情をする桐乃!
     
    黄昏時のシーンですが絵になりますね
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    最後は会場に着いたウェディングドレスの桐乃を京介が手を取って席まで誘導するシーンで終了!
     
    アニメだけだと『感動するシーン』ですが、これを単行本を読んだ後に見ると凄く切ないシーンなんですよねぇ・・・
     
    単行本の最終巻の発売と意図的に合わせた回になっていたと思います
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて10話終了ですが前回に続き、桐乃がメインでしたが、京介にどんどん惹かれていく桐乃が描かれてましたね
     
    桐乃がどんどん素直になっていくのが見れるのは嬉しいです
     
    桐乃好きは前回と今回は大満足だと思います!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとは桐乃が京介を好きなことが今回わかりましたし、『兄妹愛』をどのように描いていくのかも気になりますね・・・
     
    『ヨスガノソラ』みたいな逃避系の形もありますし、どんな展開になるのかも興味深いです
     
    単行本最終巻では結論が出ているのですが、最後までアニメ化をするということなので『アニメ版』をどういう最終回にしてくるのかますます興味深くなりました!
     
     
     
     
     
     
     
    今後の展開に期待です
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、単行本最終巻12話を見ましたが、『賛否両論ありそうなラストだなぁ・・・』という展開だったことだけお伝えしておきます
     
    正直『兄妹愛』難しい題材ですし、『ラノベ原作』だとあまり『破滅系』には出来ないでしょうからねぇ・・・
     
    ヨスガは『ヨスガの世界感』があっての、あの『穹ルート』ですからねぇ・・・
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    あと『ヨスガノソラ』の最終回にも言いましたが、『穹ルート』で印象的だったのがラストの『奈緒と委員長の会話』で・・・
     
    それは『視聴者への製作者側からの兄妹愛に関する投げかけ』になってまして・・・
     
     
     
    内容ですが・・・
     
     
     
    兄妹愛擁護派
     
    奈緒 : ハルちゃんにとってはコレからが戦いだよね・・・でも私にはハルちゃんが間違っているとは言い切れない・・・
     
    奈緒 : だって『誰かを好きなる気持ち』は止められないもん!だから幸せになれるって信じてあげたい・・・
     
     
     
     
    兄妹愛否定派
     
    委員長 : 気持ちさえあれば良いんですか?気持ちだけでしちゃっていいんなら・・・私だってやりたいこといっぱいあります!
     
     
     
     
     
     
     
    両方の意見を出すことで『どっちが合っていて間違っているかは視聴者に任せます』という形なのかと思いましたが・・・
     
    この問題に『正解』はないんですよね・・・
     
    色々考えさせられる話ですし・・・『俺妹』の単行本ラストは伏見つかささんも悩んだ末の結論でしょうからそれは尊重したいと思います!
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連

    0 0

     
     
    チェインバーが語る『人類の尊厳』
     
     
     
     
    マシンキャリバーは人類が人類たりうる『唯一の拠り所』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    文明によって生み出された『純粋知性の結晶』
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    そしてヒディアーズはその知性すら克服することで・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    生命体としてのひとつの『極服』に到達した
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    故に、貴官は当機と共に『人類の尊厳』を懸けて戦わなければならない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    根幹を同じくするものとの争いにおいて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『敗北』は、即『滅亡』を意味する!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてレドがヒディアーズは『元々人間』だったことを知り、戦意喪失してしまうところで・・・
     
    チェインバーが『知性を持った人間だからこそ自分が生み出された』と、自分の存在意義を語り、故に知性をもった人類の尊の重要性をレドに伝える・・・
     
    『哲学的な考え方』が語られるシーンから始まりましたが・・・
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度1位翠星のガルガンティア第10話『野望の島』レビュー!
     
    『監督:村田和也×シリーズ構成:虚淵玄×製作:Production I.G』という豪華製作陣が魅力のアニメが始動!
     
    製作スタッフ
     
    原案 : 村田和也・虚淵玄(ニトロプラス)
    監督 : 村田和也
    シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
    キャラクター原案 : 鳴子ハナハル
    アニメーションキャラデザ・総作画監督 :  田代雅子
    アニメーション制作 : Production I.G
    音楽 : 岩代太郎
     
    キャスト
     
    レド : 石川界人
    エイミー : 金元寿子
    チェインバー : 杉田智和
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて10話ですが、序盤は前回レドが大量のヒディアーズを倒し中心地の施設の中にある『過去の遺物』のデータを解析し・・・
     
    『クジライカ=ヒディアーズ』は前人類が『氷河期』を乗り切るための『適用形態』となった姿だということを知ってしまった後が描かれます・・・
     
    『敵』だと思っていたヒディアーズは、同じ『人間』・・・衝撃的な展開です
     
     
     
     
     
     
     
    しかも、隠されていた事実を知り落ち込むレドの前に現れたヒディアーズに対し・・・
     
    チェインバーは『敵』と認識し握りつぶしてしまうシーンをフラッシュバックするレド・・・
     
    チェインバーの行動は『人類銀河同盟』上は正しいことですが、事実を知ったレドにとっては『人殺し』にしか見えなくなっている状況・・・辛いですね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなレドの心境の変化について知る由もないピニオン達は、『過去の遺産』をどんどん掘り起こし・・・
     
    外部の船団に『遺産の領有』を宣言した上で、近づいてくる敵を『遺産の力』でなぎ払い、恭順するものは仲間に引き入れます!
     
    チェインバーがある上に、遺産を活用し、ピニオンの船団はどんどん強力になって行きます
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    一方戦意喪失のレドは『戦う意味』を見失ってしまいますが・・・
     
    チェインバーは『知識を有し自分達を作り上げた文明を追求する人類』と、『文明を放棄して生命体としての極限を目指したヒディアーズ』との『生存戦略を懸けた戦い』であることをレドに伝えます・・・
     
    とても分かりやすい表現でしたが、当然チェインバーにとって見れば『自分達の存在意義』を守るためにも、ヒディアーズ殲滅を目的にするしか方法がないですからね・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    ラストは1話で離れ離れになった友軍のクーゲル中佐のマシンキャリバーを乗せた船団が登場!
     
    今度は『自軍』との戦いに巻き込まれるレド・・・
     
    ますます難解な局面になっていきそうで、先の展開が読めない流れに惹き込まれます・・・
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    さてこれで10話終了ですが、今回はチェインバーがレドに『戦う意味』を問うシーンが印象的でしたし・・・
     
    『人類の尊厳』に関していろいろ考えさせられる内容でした・・・
     
    人と機械の違うものの、チェインバーは感情がないので『戦う意味』を簡潔に理解しているのも優秀な支援プログラムだと感心しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それからMr.Tは『1,2話先行上映会』に参加しましたが、その中で『キャストトークショー』が行われまして杉田さんが言ってましたが・・・
     
    監督から言われたのが、レドは戦闘しか知らない男だけれど、この船団に来てどう変わってくのかが主軸にあるとのことでたが・・・
     
    まさに今回はレドの『戦う意味』が変わってくる展開ですので・・・来週以降のレドがどんな行動を取るのか気になりますし
     
    そしてレドとチェインバーの関係もどうなるのか気になりますね
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』ですし・・・
     
    次回もメチャクチャ楽しみです
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    あと本作品は『ラピュタ』『ナディア』と同じく『過去の遺物』が登場する話ですが・・・
     
    前作品が『科学は使い方によっては有用にもなるし、破滅に繋がる』という戒めの考え方で展開されましたが・・・
     
    ガルガンティアはそれ以前に『人類が知識を有するか放棄するかの生存戦略の違いの戦い』で展開されるのが興味深いです
     
    今までの王道作品と扱うものは同じでも『視点が違う』というのが見てて新鮮な驚きですし、悩むレドに感情移入できて惹き込まれる魅力なんだと思います
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集                 
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     

    0 0

     
    感想 : 今回は上条が『ミサカ妹』の秘密を知る回でしたが・・・
     
    錯乱気味の美琴といい、狂気に走る一方通行といい、絶望のミサカ妹といい・・・ゾクゾクする展開でした!
     
    今回絵コンテ・演出は『石川健介』さんでしたが、全体の『負の感情』を上手く表現されていて、非常に興味深かったです!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度2位: とある科学の超電磁砲S第13話『一方通行(アクセラレーター)』レビュー!
     
    1期大好評だった『超電磁砲』が帰ってきました!
     
    製作スタッフ 
    監督:長井龍雪
    シリーズ構成:水上清資
    キャラデザ:田中雄一
    アニメ制作:J.C.STAFF
     
    キャスト
    御坂美琴:佐藤利奈
    白井黒子:新井里美
    初春飾利:豊崎愛生
    佐天涙子:伊藤かな恵

     
     
     
     
     
     
     
    さて、前回美琴が『クローン計画』阻止のため今度はは『組織』を狙わず『ツリーダイアグラム』を改ざんして計画を阻止しようとしましたが、既に壊れていることを知り絶望する美琴は・・・
     
    錯乱気味になり、引継ぎ施設を片っ端から破壊していくことに・・・
     
    望みをたたれ、ひとつずつ破壊していくしかない美琴・・・辛いですね・・・
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    一方ミサカ妹と一緒に行動する上条は途中でミサカ妹とはぐれますが・・・
     
    ミサカ妹に『危険』が迫っていることを感じ取り追いかけます
     
    悪い予感を感じる上条
     
     
     
     
    そしてミサカ妹は今夜も一方通行にやられます・・・
     
    ミサカ妹がどんな攻撃をしても、まったく効かない一方通行・・・
     
    殺されることが運命のミサカ妹・・・
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    最後はミサカ妹が殺害されたと思われる現場に着く上条と・・・
     
    毎日こうした『出会いと別れ』を繰り返す妹達と遭遇し『異変』に気づく上条・・・
     
    大勢の妹達と遭遇し、問題を認識する上条・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さて、これで13話終了ですが上条が『妹達』の問題に迫る話で、ここから上条も交えての妹編の核心に進んでいきますね・・・
     
    美琴の苦しみをやっと理解できた上条・・・今後の展開も気になります
     
    期待してます!
     
    イメージ 5
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回美琴の表情が『いつものやわらかい表情』ではなく『憂い』を意識していたようですごくよかったですし・・・
     
     
    絵コンテ・演出の石川健介さんの凄さを感じました・・・
     
    こういう表情も見ることが出来るのもファンとしては嬉しいですし、今後も期待してます
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                   リンク集           
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     

    0 0

     
     
    感想 : タロットを使って敵と戦うというのは一昔前の『カードキャプターさくら』が有名ですが・・・
     
     
    本作は同じくタロットを使うものの、『ダークサイド』を前面に押し出していて・・・昨今の流行である『まどか☆マギカ』の世界観を意識している感じがしました!
     
     
    『なのは』監督で『魔法少女モノの魅力』を良く知る草川啓造さんが監督をされていますし・・・
     
     
    魔法少女モノの『新旧王道の掛け合わせ』の内容で、どんな化学反応が起きるのか楽しみなオリジナル作品になりました
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     幻影ヲ駆ケル太陽 第1話『太陽の黒点』レビュー
     
    『なのは』監督の草川啓造さんが監督の魔法少女モノのオリジナルアニメで、OPがLiSAさん、舞台は長崎と、非常に気になるアニメです
     
     
    スタッフ
    監督:草川啓造
    構成・脚本:伊藤美智子
    キャラ原案:あかつきごもく
    キャラデザ・総画監:友岡新平、
    音楽:加藤達也
    アニメ制作:AIC
     
    キャスト
    太陽あかり:門脇舞以
    星河せいら:喜多村英梨
    月詠るな:徳井青空
    白金ぎんか:巽悠衣子
    エティア・ヴィスコンティ:遠藤綾
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、早速レビューですが今回は1話ということで、登場人物の描写物語の構成が描かれましたが・・・
     
    まず主人公は『太陽あかり』という少女で、タロット占いに評価が高い子のようです
     
    どうも親が死んでしまっているようで『ワケあり感』がありますね・・・ちなみにあかり役は門脇舞以さんで、今期は同じく魔法少女モノの『イリヤ』も主人公ですね!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    そして物語はあかりが謎の敵に殺されかける展開になりますが・・・
     
    タロットが光ると、そこからあかりの『分身』が現れて敵を倒し・・・
     
    敵を倒した後には同居していた『冬菜』が死んでいました・・・
     
    敵はどうやらあかりを嫉妬した冬菜が生み出したもののようですが、何故敵が現れるのかや、何故冬菜が死んでいたのかなどは、これから明かされそうですね
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    最後は冬菜がいなくなっても気づかない冬菜の両親の描写と・・・
     
    その後、あかりが占いをしている場所に火事が起こり、火事の原因である敵を倒すため前と同じく『あかりの分身』があらわれますが、今度の敵は強いためで劣勢になり負けそうになり・・・
     
    そこへ謎の少女達が加勢し、あかりを助けます・・・
     
    冬菜の両親が何故冬菜が死んだことに気づかないのかや、現れた少女達もこれから明かされると思いますが、謎が謎を呼ぶ怒涛の展開でした
     
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    今回はこれで終了ですが1話にしてだいぶ進展しましたね
     
    いろいろな謎が1話から出てきましたが、これからそれも明かされていくのだと思います
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    今後も気になる作品ですし・・・
     
    オリジナルアニメでもありますので・・・先の読めない展開を楽しみたいと思います!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
    そういえば『まどか☆マギカ』のさやか役で出ていた『喜多村英梨』さんが出ているのもなんだか興味深いですね!
     
    『魔法少女モノ&キタエリキャラ』って、『フラグ』立ちまくりな気がするのは私だけですかね^^;・・・
     
    キタエリさんのキャラがどんな結末を迎えるのかも気になります!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッタ
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    結論  : 期待以上の出来栄え!文句なし!
     
     
    他のアニメ作品に『ホンモノとは何なのか?』を見せ付けてくれました・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、あまりに面白すぎて『感嘆の言葉』しか出ないMr.Tですが^^;・・・
     
    私的注目度3位: <物語>シリーズセカンドシーズン第1話『つばさタイガー其ノ壹』レビュー!
     
    『シャフト×西尾維新×新房昭之』が贈る超人気シリーズです
     
    製作スタッフ
    原作:西尾維新
    総監督:新房昭之
    監督:板村智幸
    キャラデザ・総作監:渡辺明夫、
    音楽:神前暁
    アニメ制作:シャフト

    キャスト
    阿良々木暦:神谷浩史
    戦場ヶ原ひたぎ:斎藤千和
    八九寺真宵:加藤英美里
    神原駿河:沢城みゆき
    千石撫子:花澤香菜
    羽川翼:堀江由衣
    忍野忍:坂本真綾
     

     
     
    さて早速レビューですが、今回は羽川がタイガーの怪異を見つけるところから話が展開されますが・・・
     
    それに起因して羽川家が火事になり、羽川は忍野がいた『学習塾跡の廃墟』で暮らすことに・・・

     

    元々家族とは疎遠で、人を頼ることが出来ない羽川は、一人で廃墟へ・・・
     
    イメージ 2
     

     
     
     
     
     
    ただ、そんな羽川を心配して、泣きながら羽川を諭すひたぎの姿がありました・・・
     
    ひたぎの『必死な姿』って珍しいですが、それだけ羽川のことを大事に思っていたのが良く分かる描写でグッときました・・・
     

     
    ひたぎの純粋な気持ちが良く現れてていたシーンです・・・
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    結局ひたぎは羽川を自分の家に連れて行きますが・・・
     
     

    2人で会話をするうちに、羽川は『ひたぎの献身さ』、ひたぎは『羽川の柔軟さ』に気づきます
     

     

    これもひたぎが徹夜で自分を探してくれるほど心配してくれたことに対し『ルールは必要ない』と思えるようになったからですね
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    最後は一緒にお風呂に入ることになりますが・・・
     
     
     
    ひたぎから『暦が今でも好きか?』と聞かれると、素直に『好き』という羽川・・・
     

     

     

    お互い好きな人が同じだからこそ・・・通じ合うところがあるのかもですね
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    さて面白すぎてあっという間に1話終了でしたが・・・
     
    やっぱり『高い次元で面白い』ですね!
     

    『これが売れる作品なんだよ!』というのを見せ付けられた感じでした・・・
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ私的には早く撫子を見てみたいんですけど^^;

     

    来週もメチャクチャ楽しみです!
     
     
     
     
     
     

     

    ではまた!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それにしても『期待以上の面白さ』で最高でした・・・
     
     

    期待の高いハードルを『簡単に越えちゃう作品』って貴重です!

     
    久しぶりに『30分ってこんな短かったんだ・・・』と感じさせてくれるアニメです♪
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    あと西尾維新さんの文章を『面白くアニメ化』できるのは『シャフト』しかないのもよく分かりました!
     
     
     

    いわゆる『紙芝居』のシーンを有効に使いながら『力を入れるシーンはこだわる』など、そういう『メリハリ』がこの作品を支えているんだと思います!
     
     
    あと『空の境界×ufo』『化物語/偽物語×シャフト』『AIR/CLANNAD×京アニなど・・・
     
    いかに作風にあったアニメを作れるアニメ製作会社を『マッチング』させられるかが大事なんだなぁ・・・と改めて思いました!
     
     
    イメージ 8
     

     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    結論 : 『テンポ良し、作画良し、ディープさ良し』・・・メチャクチャ面白かったです!
     
    『ガルパン』『じょしらく』と、いろんな意味で『濃い』作品を作る『水島努』監督らしい1話で最高でした!
     
     
    しかもMXは『化物語→げんしけん二代目』の流れなので、今回内容的にツボでしたw・・・ってかひたぎの画像が普通に出てましたが・・・権利的によく出せたなw
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ヤバイ・・・土曜夜がアツすぎるw
     
     
     
     
     
     
    2013年夏アニメ私的注目度4位: げんしけん二代目
     
    第1話『道のむこう、約束の場所』レビュー
     
    『オタク』目線で描かれる異色作品の続編が登場!
     
    製作スタッフ
    原作:木尾士目
    監督・音響監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラデザ:谷口淳一郎
    アニメ制作:Production I.G
    キャスト
    萩上千佳:山本希望
    吉武莉華:上坂すみれ
    矢島美怜:内山夕実
     
     
     
    『げんしけん』自体がかなり『ディープ』なオタクの話で独特な作品ですが・・・
     
    『二代目』を『ガルパン』の水島努監督が製作するのは意外性があって面白いですね!
     
    水島監督がどんな作品を作ってくるのか楽しみです
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    さて、早速レビューですが『二代目』ということで、笹原から会長職を引き継いだ荻上『新人勧誘に奮闘』する描写から!
     
    笹原との会話で『自分らしい勧誘』ということで、公衆の面前で絵を描く荻上!
     
    荻上の髪型はやっぱり『筆』ですよねwちなみに荻上役は『じょしらく』の手寅役の山本希望さん!東北訛りもいい感じです!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    そしてそのパフォーマンスに魅了されて入部した『莉華・美怜』の腐女子2人と、もう一人女性が入部しますが・・・
     
    その女性は実は『男の娘』の波戸賢二郎でした・・・
     
    『腐女子&男の娘』・・・濃いメンバーですねw
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    その後荻上の家で『新歓』が行われますが・・・
     
    一発で波戸の女装を見抜く咲など、懐かしい旧メンバーも揃い盛り上がります!
     
    しかも咲を見て赤くなる斑目など・・・いろんな思いが入り混じります
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    最後は波戸が着替える場所がないことが問題になり・・・
     
    大学から徒歩5分の斑目の家の合鍵を借り、そこで着替えることに!
     
    斑目も良く分からない中で男の娘に鍵を貸してしまいましたw
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    今回はこれで終了ですがところどころに『パロディ』を入れてくるのがスパイスが効いてていいですね!
     
    特にスーの『間違ったアニメ解釈』とかがツボなんですよねぇ・・・
     
    『化物語』から『ジブリ』までいろんな知識がごっちゃになっているのが面白いですw
     
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
    リアル忍・・・いいですね・・・(遠い目)
     
     
     
     
     
     
    今後もオタク心を揺さぶる作品になることを期待してます!
     
    『水島努監督』の手腕に期待です!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
    今回水島努監督が絵コンテでしたがやっぱり上手いですねぇ・・・ファンのツボを良く知ってます!
     
    あと1期とキャストが変わって、確かに最初は『違和感』があったのは事実ですが・・・
     
    それを吹き飛ばすくらい面白かったのと、新キャストの方の声がキャラとあっているのが素晴らしいと思います!
     
    水島努監督作品は『ガルパン』『じょしらく』とメインどころに『あまりメジャーな声優は使わない』イメージがありますが、それを踏襲しているのも『こだわり』だと思いました
     
    イメージ 11
     
     
     
     
    あと、私的には笹原のような『成功者のオタク』だけでなく、斑目のような『人生うまくいかない不器用なオタク』にも焦点を当ててくれているのがこの作品の良さだと思いますし・・・
     
    実際大半のオタクは『斑目型』だと思いますし・・・そういう意味でも、今後の『斑目』の展開も楽しみにしてます!
     
    イメージ 3
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッタ
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は浦和レッズとJリーグのお話ですが、6日に国立競技場で行われた『甲府vs浦和』の試合後に・・・
     
    Jリーグが進めようとしている『2シーズン制』の反対の横断幕が掲げられました
     
    サポーターが『態度』で反対の意思を示しましたが、翌日の主要マスコミの記事は『完全黙殺』・・・
     
    日本のマスコミの『隠蔽体質』はいつまでたっても変わりませんね・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    『2ステージ制』『現行のタイトルの価値を落とす』ことに繋がりますし・・・
     
    本来のJリーグの理念である『ホーム&アウェイ』の重要性が生かされる『1シーズン制』を辞める理由なんてないです!
     
    『勝ち点1』の重みはシーズン通して初めてわかりますし、目先の放送権料やスポンサー収入のために、Jリーグの理念を壊したら何のためにJリーグが出来たのかわからなくなります・・・
     
     
     
     
     
     
     
    是非とも『1シーズン制』を継続してほしいと思いますし・・・
     
    サポーターの声を聞いてくれるJリーグという組織であってほしいです!
     
    日本プロ野球のように『一部の権力者』ですべてが決まるような腐敗した組織にはなってほしくないです・・・
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    ちなみに日本プロ野球の『統一球』問題ですが、今回のレッズのように、プロ野球ファンが抗議を行っているのを聞いたことがないのですが・・・
     
    同じく『黙殺』されてるのかな・・・
     
    もしくは野球ファンが何を言っても結局『一部の権力者の意向』で決まる日本プロ野球だから諦めてるのかな・・・
     
     
    Jリーグはそうなってほしくないです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
     
     
    結論 : まったく、『ロウきゅーぶ!』は最高だぜ!
     
     
    いろんな意味で『挑戦』しているアニメで本当に面白いです!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    2013年夏アニメ 私的注目度2位: ロウきゅーぶ!SS 第1話レビュー!
     
    1期大好評だった『ロウきゅーぶ』が帰ってきました!合言葉は『まったく、小学生は最高だぜ!』
     
    製作スタッフ 
    原作:蒼山サグ
    原作イラスト:てぃんくる
    総監督:草川啓造、
    監督:柳伸亮
    シリーズ構成:伊藤美智子
    キャラデザ:野口孝行、
    音楽:渡辺剛
    アニメ制作:project No.9

    キャスト
    湊智花:花澤香菜
    三沢真帆:井口裕香
    永塚紗季:日笠陽子
    香椎愛莉:日高里菜
    袴田ひなた:小倉唯
    長谷川昴:梶裕貴
     

     
     
     
    もうこの作品は多くを語る必要はないですし、何も心配してません!
     
    『ロウきゅーぶ』らしい『ファンを魅了する展開』にしてほしいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
    あと大人気期間限定ユニット『RO-KYU-BU!』が復活してOP『Get Goal!』を歌うことが決定!
     
    さらに9月29日にさいたまスーパーアリーナでライブを開催するのも決定しているようです!
     
    そういえば1期のライブ行きましたがメチャクチャ楽しかったですし・・・さいたまスーパーアリーナに『小学生は最高だぜ!』が響き渡ると思うと・・・胸熱ですw
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は続編ということもあり、登場人物の紹介から!
     
    何といっても新規でも入りやすいのがこの作品の良さですよね!
     
    しかもバスケのポジションで大体の性格や能力が分かるのもスポーツアニメの良いところです
     
    ちなみに『SLAM DUNK』で対比するとこんな感じです!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    あとは1期で驚かされましたが、ひなたの『低い姿勢のカットイン』から『リバース・ショット』など・・・
     
    難しいシュートをきちんと描いてくるのもこの作品の凄さです!
     
    今回が初見ただの『ロリアニメ』だと思ってる方は甘く見ないほうがいいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回は『花火大会』にメンバー全員で行くことになりますが、智花だけが父親の反対で行けない中・・・
     
    智花の母親がこっそり智花を連れ出して昴に託す展開に
     
    美人で優しい母親ですね・・・あと昴は信用されているようです
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    そして暫く昴と智花は一緒に露天を楽しみますが・・・
     
    智花が『トイレ』が我慢できず動けなくなったところをお姫様抱っこする昴!
     
    昴は役得ですねw・・・ってか『咲』でも同じような展開だったのを思い出しちゃいましたw
    (このときは和がの・・・ry
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    最後は智花の父親が登場し智花をつれて帰ろうとしますが・・・
     
    自分に親切にしてくれた昴が智花のコーチと知り、智花のバスケを了承する父・・・
     
    これで智花はバスケに専念できます!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    さてこれで1話終了ですがツッコミどころ満載で面白かったです!
     
    ってか・・・ひなたの描写が狙いすぎですねw
     
    どこまでが限界なのか試しているとしか思えませんw
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    そして1期でもお話しましたがこの作品は・・・
     
    今後の『地方放送局メイン』のアニメの模範なるアニメだと思います!
     
    予算などがキー局より限られる『地方局メイン』のアニメで『どうしたら面白いアニメを作れるか?』というとことをよく研究しているアニメだと思います!
     
     
     
     
     
    しかもスタッフのこだわりがすごいですし・・・
     
    次回も期待して待ってます♪
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
    ロウキューブ2期始まりましたが・・・
     
    期待作でプレッシャーもあったでしょうが・・・きちんと期待に答えてくれている内容でした!
     
    バスケシーンも含めスタッフの皆さん『グッジョブ』ですし、楽しんで製作してほしいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    桂馬の描く『理想』
     
     
     
    さらば現実『リアル of クソゲー』よ!
     
     
     
     
     
     
     
    そして・・・ただいま!
     
     
     
     
     
     
     
    『World of ギャルゲー!』
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    さて『桂馬の描く理想』から始まりましたが・・・
     
     
     
    2013年夏アニメ私的注目度6位: 神のみぞ知るセカイ 女神篇 第1話レビュー
     
    3期目を迎える『ギャルゲー好き』の桂馬が主人公のアニメですがとうとう女神編へ!
     
    製作スタッフ
     
    原作:若木民喜
    監督:大脊戸聡

    シリーズ構成:倉田英之
    キャラデザ:渡辺明夫
    音楽:松尾早人
    アニメ制作:マングローブ

     
    キャスト
    桂木桂馬:下野紘
    エルシィ:伊藤かな恵
    ハクア:早見沙織
     
     
     
    1期、2期とも安定した面白さのある作品ですが・・・
     
    ギャルゲーの知識だけで解決する桂馬と、エルシィのコンビがまた見れるのが嬉しいです!
     
    あとOPがいつも神懸っていて、ELISAさんやLiaさんが歌っていましたが、3期は誰が歌うのかも楽しみです!
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    さて1話は『1期+2期+OVA』の復習と、かのんが女神の『アポロ』を目覚めさせる展開になりましたが・・・
     
    TVアニメのみでOVAを見ていない人は、2期EDでちょっこっと出てた天理、3期は普通に出てきて驚いている人がいると思います^^;・・
     
    ちなみに『女神篇』ですが・・・
     
     
     
    ・女神とは『ユピテルの姉妹』を宿した宿主の少女たち
     
    女神と宿主の娘は別々の記憶を保有
     
    ・そのため駆け魂攻略後の地獄側の記憶改ざんを免れており『桂馬と恋をし、キスをした』記憶を持つ
     
    ・自らの意志で天理に入ったディアナを除き、何者かの意志で意図的に桂馬の周囲にいる女子に『ダミーの駆け魂をつけられた上で』宿っていた
     
    ・駆け魂同様にヴァイス封印時に消耗し回復していないせいで本来の力には程遠い
     
    ・しかし宿主が『愛の力』を得ることでそれぞれの持つ女神の力を発揮することが出来る
     
     
     
     
     
    と、かのんが桂馬に告白したことにより女神のアポロが力を得たことになります
     
    なので、 女神篇は桂馬とキスをしたことを覚えている女神を宿す少女を探す展開になります
     
    TVアニメ編ではここまで深い展開ではなかったので3期目でやっと『核心』に入ってきました
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    次回は今回ラストに『女神のアポロの存在を察知した悪魔側の刺客』の襲撃を受けた後が語られそうですが・・・
     
    どんな展開になっていくのか気になります
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    ではまた!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ    
     
     
     
     
     
     
    あと3期のOPですが多分歌われているのはハクア役の『早見沙織』さんのようですね!きれいな歌声で惚れ惚れします!
     
    2期ではELISAさん&Liaさんのコラボでしたが、ELISAさんが声の治療、Liaさんがご出産なので今回早見さんが歌われることになったのかもしませんね
     
    早見さんの歌声も魅力的ですし、神のみOPは本当に神懸ってます!
     
     
    イメージ 1
     
     
    あと歌詞ですが1期2期とも内容が深く、いろいろな考察が出ていますが
     
    今回の3期もまた『深い内容』のようでして・・・
     
     
    Look up at the sky
    空を見上げてごらん

    like a bird without wings
    翼のない鳥のようだろ

    If you want to fly, feel your breeze release yourself
    もし飛びたいのなら 君の持つ力を出してごらん

    Why do you sigh?
    どうして溜息なんかついてるんだい?

    Just count your blessings
    君の幸せを数えてごらん

    Every time you try
    どんな時でも頑張ってみれば

    what something believe yourself
    自分自身を信じられるさ


    My mission is gonna be a tough one
    ボクのミッションは強くなること

    I know it's not a game any more
    わかってるさ これはゲームなんかじゃない

    I swear that I'll never fail again
    ボクはもう二度と失敗はしない

    Cause don't wanna regret any more
    どんな悲劇も起こさない


    Can you hear I'm calling you
    ボクの声が聞こえるかい

    I just wanna feel you
    キミは無事なのかい

    Don't forget to remember
    忘れちゃいけない

    so please remember

    だから覚えていてくれ

    I hear you are calling me
    君の叫びが聞こえるよ

    I want you to feel me
    ボクを感じて欲しい

    You know I won't surrender
    ボクが諦めないのはわかってるだろ

    never surrender
    決して諦めないよ


    My mission i got to execute
    ボクのミッションはやり遂げること

    I know it's not a game any more
    わかってるさ これはゲームなんかじゃない

    I swear that I'll never fail again
    ボクはもう二度と失敗はしない

    Cause don't wanna regret any more
    どんな悲劇も起こさない

    Secret of the Goddess God only knows
    神のみぞ知る隠された女神
     
     
     
    と、女神篇の展開を暗示している歌詞になってますね!
     
    あと早見さんの歌い方がいい意味『聞き取りやすい英語の発音』なので、聞き取れない英語がないので助かります!
     
    ますますOP買いたくなっちゃいました♪
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は浦和レッズのお話ですが、今日埼玉スタジアムで・・・
     
    Jリーグ第15節浦和レッズvsFC東京戦』がありました!
     
    前節『甲府戦』に勝ちきり勢いにのって望んだ試合でしたが・・・
     
     
    結果ですが・・・
     

     
    2013Jリーグ DIVISION1 第15節
    2013年7月10日(水)19:35キックオフ・埼玉スタジアム

    浦和レッズ 2-2FC東京
    得点者
    11分 三田 啓貴(FC東京)
    56分 長谷川 アーリアジャスール(FC東京)
    81分 興梠 慎三
    86分 原口 元気

    入場者数:25,638人
     
     
     
     
    FC東京に2点先制され、通常なら完全な『負け試合』になるところを・・・
     
    浦和が『地力』を見せ、苦しい時間帯にもかかわらず同点まで追いついてくれました!
     
    今回負けるのと引き分けるのでは連戦の残り試合のモチベーションに影響してきますし・・・
     
    何より選手達から『浦和のプライド』を感じることが出来て引き分けながら感動しました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて早速レポですがMr.Tは埼玉スタジアムに見に行きましたが・・・
     
    週の半ばながら、2万人を超えるサポが集まってくれました!
     
    前節の甲府戦から4連戦なのと、真夏のような暑さの中、『チームの地力』が試される試合になりました
     
     
     
     
     
     
     
     
    今日の和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』でした
     
    今日の布陣
                興梠
          
            柏木       原口
         梅崎            平川
        
             阿部     鈴木
         
          槙野    那須    森脇
         
                 加藤
    SUB : 
    GK 山岸
    DF 山田(暢) 坪井 永田
    MF 宇賀神 マルシオ 関口
     
     
     
     
     
     
     
    さて試合ですが、『浦和のポゼッションサッカー』に対抗し、FC東京はきっちり守った後にスキを突く『カウンター&サイド攻撃』とくっきり戦術が分かれ・・・
     
    あとは暑さのせいもあり、レッズの選手のパスの精度が落ち気味のため、余計にFC東京のカウンターがはまる展開に・・・
     
    攻守の入れ替わりが早い試合に・・・
     
     
     
     
     
     
    結局FC東京の戦術にハマッてしまい、2点を先制され『負け試合』になりかけたところ・・・
     
    ミシャ監督が運動量が落ちた両サイドをメンバーチェンジし、宇賀神と関口を入れてサイドを活性化させ、DFの那須も積極的に前線に顔を出しリズムをつかむと・・・
     
    それに連動するようにボールが回りだし、興梠と原口がFC東京のゴールをこじ開け同点に追いつきました!
     
    ホームで無様な試合を見せられないという『浦和のプライド』を見れた試合で、同点に追いついて見せた選手の気合に感動しまくりでした・・・
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そのまま浦和が勝ちきるかと思いましたが・・・
     
    最後の最後で攻めきれずに2-2の引き分け終了・・・
     
    途中出場の関口のミドルが入っていたら劇的な勝利でしたが、惜しかったです・・・
     
     
     
     
     
     
     
    それと関口は今回結果は出ませんでしたが
     
    サイドが生命線のミシャサッカーには欠かせないピースですし、今後の活躍に期待してます
     
    今年は『那須・興梠・関口・森脇』と代表レベルの選手を補強しましたが、いい補強をしたと思います
     
     
     
     
    さて、各種参戦お疲れ様でした!
     
    これから川崎F、横浜FMとの試合が続きますので、『総合力』で勝ちきってほしいですし・・・
     
    そしてまた面白い試合を見せてくれることを期待してます!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Jリーグが進めようとしている『2シーズン制』ですが、実行委員会で『見送り』となりました!
     
    サポーターが声を上げたからこその『暴挙の阻止』で、本当に良かったと心から思いましたし・・・
     
    サポーターの意見が反映されるJリーグという組織で本当に良かったです・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    『2ステージ制』『現行のタイトルの価値を落とす』ことに繋がりますし・・・
     
    本来のJリーグの理念である『ホーム&アウェイ』の重要性が生かされる『1シーズン制』を辞める理由なんてないです!
     
    『勝ち点1』の重みはシーズン通して初めてわかりますし、目先の放送権料やスポンサー収入のために、Jリーグの理念を壊したら何のためにJリーグが出来たのかわからなくなります・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとは『収益改善』に向けてもっといろんなことを検討してほしいと思います!
     
    サポーターが出来ることがあれば改善に参加しますし、いろんな人の意見を聞いてJリーグをもっと魅力的にしてほしいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
    感想 : 男性向けアニメなら江と天方先生の水着シーン一気に盛り上がりそうですが・・・
     
    『腐』向けのアニメで女性2人の水着姿があるのかなぁ・・・
     
    逆にもし女性陣2人が水着になったときの、『腐』の反応も気になるところです・・・
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    ジェラシー的なものがあるのかな?
     
     
     
     
    2013年夏アニメ: 『Free!』第2話レビュー!
     
    今期の『京都アニメーション』は第2回京都アニメーション大賞奨励賞作品の水泳アニメです!
     
    製作スタッフ

    監督:内海紘子
    シリーズ構成:横谷昌宏
    キャラデザ:西屋太志
    音楽:加藤達也アニメ
    制作:京都アニメーション/アニメーションDo
     
    キャスト
    七瀬遙:島信長
    橘真琴:鈴木達央
    松岡凛:宮野真守
    葉月渚:代永翼
    竜ヶ崎怜:平川大輔
    松岡 江:渡辺明乃
    天方美帆:雪野五月

     
     
    『京アニで男性メイン作品』ということで巷では早くから話題になっていましたが、『腐ree!』だの『腐(ry』だの言われているように・・・
     
    ターゲットが完全に『腐』向けです!
     
    とうとう京アニも商品売り上げに貢献する『腐争奪戦』に本格参戦ですね
     
     
     
     
     
     
    さて1話小学生のスイミングクラブでの優勝以降、水泳から遠ざかっていた主人公たちが再会する展開でしたが・・・
     
    今回は『水泳部』を設立する話でした!
     
    部を作るのは『ラノベの王道』になりつつありますね!
     
    イメージ 2
     
     
     
    あとは男性が好むアニメの定番の女性キャラの『お風呂&水着シーン』すが・・・
     
    このアニメはまったく逆のことが起きてますね!
     
    『出来るだけ裸を見せる』ためなのかな?
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    最後は整備されていなかったプールを直して水泳部を設立!
     
    やっとスタートラインにたつことが出来ました!
     
    来週は眼鏡男子が登場のようですね
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    今後も『怖いもの見たさ(?)』江と天方先生の水着回が出ることを祈って暫く視聴しますw
     
    ではまた!
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    とかが脱ぐシーンを見て、江のように女性は深夜に大歓喜してるんでしょうねぇ・・・(遠い目)
     
    そうなると夏コミはこのままでいくと『黒子』と『Free!』で占められそうですねぇ・・・
     
    黒子に続けるか・・・そういう意味でも興味深いですw
     
     
    イメージ 8
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    『銀の匙』の意味
     
     
     
     
     
    ヨーロッパでは生まれてくる子供に・・・
     
     
     
     
     
     
    『銀のスプーン』を贈るんだって! 
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
    その子が・・・
     
     
     
     
     
     
     
    『食べるのに一生困らないように』って
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    さて人にとって『食』とは『生きること』と同義という言葉から始まりましたが・・・
     
    2012年アニメ私的注目度1位: 銀の匙 Silver Spoon 第1話レビュー!
     
    鋼の錬金術師でおなじみの荒川弘さん原作で『マンガ大賞2012』受賞作品です
     
    スタッフ
    原作:荒川弘
    監督:伊藤智彦
    脚本:岸本卓
    キャラデザ・総作監:中井準
    音楽:村井秀清
    アニメ制作:A-1 Pictures
     
    キャスト
     
    八軒勇吾:木村良平
    御影アキ:三宅麻理
    駒場一郎:櫻井トオル
     
     
     
    原作から話題性抜群の作品ですが・・・
     
    『ソードアート・オンライン』伊藤智彦監督『うさぎドロップ』脚本の岸本卓さんがどのように作り上げるのか楽しみです!
     
    『アニメファン』だけでなく、一般の人もファンが多い作品ですので楽しみです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    1話の内容としましては北海道に所在する大蝦夷農業高等学校(通称:エゾノー)に主人公の『八軒勇吾』が入学することろから始まりますが・・・
     
    農業に従事することを目指す『農家の子供』が多く通う学校に戸惑う勇吾・・・
     
    勇吾は札幌の進学校から来ましたが、農業や酪農とは無縁の生活だったため夢を持っていない状況・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    ちなみに同級生には『馬術部所属』のアキをはじめ、個性的なメンバーが揃いました
     
    皆将来、方向は違えども『食』を通して働くことを目指す仲間達・・・
     
    しかも劇中ではその『食』の根幹となる『TPP』や『体細胞クローン』など『専門性』の高い話も出るなど、普通の高校ではありえないような日常が語られます・・・

     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そして勇吾は『卵』がどのように作られているのかを知り、『拒否反応』を示しますが・・・
     
    最後は『食』を見つめなおし、受け入れて食べることで『美味さ』を実感します・・・

     
    消費者がスーパーなどで買うものは『綺麗なもの』ですが、それを生み出すにはどれだけの手間と努力があるかを・・・こういうシーンで改めて感じます・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これで1話終了ですが、番組中に良く出る『フィクションです』というテロップですが・・・
     
    この作品では『酪農については、食と命に関わるテーマとして事実に基づいた表現を心がけています』という言葉にしており、アニメ製作側の『真摯な対応』を感じますし・・・
     
    今後も『食』や『日本の農産物』について、改めて見つめなおす作品になりそうで期待してます
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!

     
     
     
     
     
     
     おまけ 

     
     
     
     
     
    この作品は視聴者が普段体験できない『酪農』や『農業』を、何も知らない勇吾目線で見れて成長できるのが構図的に良いですし・・・
     
    直接生活に関わる『食』についての話なので、余計に引き込まれます!
     
    アニメでは珍しい『酪農高校モノ』で・・・そういう意味でも新鮮でした!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    あとこの作品で繋がったのが、11日にテレビ東京で放送された『カンブリア宮殿』で、『フラガール』の舞台としても有名な福島県にある『スパリゾートハワイアンズ』の経営について特集されてましたが、その中で社長が・・・
     
    経営改善のために『年間4億円かかる国内フラガール養成学校』より、『海外のプロを年間1億円で連れてくる』ほうが3億円コストダウンできると言われたが・・・
     
    『見ている人が感動するのはどちらなのか?』を考え国内の養成学校を存続させたからこそ、東日本大震災にも負けないフラガールを育て上げられたという言葉が印象的でした・・・
     
     
    福島復興のために、日本人フラガールが一生懸命踊るのを見て感動した人も多いと思いますし・・・
     
    もしコストだけ海外から呼んだフラガールに変えていたら、震災後皆残ってくれたかと思うと考えさせられますね・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    だからこそ、自民党が進めている『TPP』により、安い農産物を安易に海外から輸入し・・・
     
    産地の北海道が壊滅することが・・・
     
    本当に『日本のためになるのか?』を考えるきっかけになるアニメになると思います
     
     
     
     
     
     

                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
    Liaさん関連 

    0 0


     
    上条の『覚悟』
     
     
     
     
     
    あぁ!間違っている!
     
     
     
     
    こんなもんのために・・・誰かが傷つくなんて・・・
     
     
     
     
     
    けど、お前のやり方じゃ・・・
     
     
     
     
    お前が救われない!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    だから・・・退かない!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    さて上条が美琴を心配しているからこその『覚悟』を見せるシーンからはじまりましたが・・・
     
    とある科学の超電磁砲S第14話『約束』レビュー!
     
    1期大好評だった『超電磁砲』が帰ってきました!
     
    製作スタッフ 
    監督:長井龍雪
    シリーズ構成:水上清資
    キャラデザ:田中雄一
    アニメ制作:J.C.STAFF
     
    キャスト
    御坂美琴:佐藤利奈
    白井黒子:新井里美
    初春飾利:豊崎愛生
    佐天涙子:伊藤かな恵

     
     
     
     
     
    さて、美琴が『クローン計画』阻止のため『ツリーダイアグラム』を改ざんして計画を阻止しようとしましたが、既に壊れていることを知り絶望する美琴は・・・
     
    自暴自爆になり、施設を片っ端から破壊していくことに・・・
     
    自分のせいでミサカ妹達が今日も殺されることを悔やむことしかできない美琴・・・
     
    イメージ 3
     
     
    一方上条は美琴の寮に行き、美琴が持っているぬいぐるみの中にあった『クローン計画の中身』を知り・・・
     
    美琴に『危険』が迫っていることを感じ取り追いかけます
     
    悪い予感を感じる上条
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    そして一人たたずむ美琴の元に上条が行くと・・・
     
    冒頭の言葉のように、クローン計画を阻止するために一方通行と戦おうとする美琴を説得し・・・
     
    弱い自分が一方通行に勝てば演算が狂うので、美琴に『一方通行を倒す』と約束して替わりに戦うことに!
     
    自分の罪を背負い込んでしまう美琴を『非暴力』で押さえ込む上条・・・男ですね・・・
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    さて、これで14話終了ですが上条が美琴を真剣に想っていることが見れる回で胸にグッときました・・・
     
    美琴の苦しみを理解し、助けた上条・・・今後の展開が気になります!
     
    期待してます!
     
    イメージ 7
     
     
     
    ではまた!
     
     
       おまけ   
     
     
    次回とうとう『上条vs一方通行』のバトルになりますね!
     
    2期のバトルシーンはかなり凝っているので今からバトル楽しみです!
     
    予告で『ふざけた幻想をぶち壊す!』の決め台詞もでましたし、期待してます!
     
    イメージ 8


    0 0

     
     
    今回は『空の境界』のお話です!
     
    今日7月13日(土)から『空の境界』俯瞰風景3D上映開始されますが・・・
     
    その上映に先駆けて7月12日(金)の夜に行われた“テアトル新宿”での完成披露前夜祭に参加してきました!
     
    スタッフの方のトークもあるということで、空の境界ファンのMr.Tはメチャクチャ楽しみにしてました♪
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    早速レポですが、劇場入場時に『限定色紙』をもらえました!
     
    武内崇さん水彩画風の式の絵と、奈須きのこさんのサインですが、味があって凄く良いです!
     
    せっかくなので俯瞰風景の作品内容と合わせて『ハーゲンダッツ・ストロベリー』と一緒に撮りました♪
     
     
    イメージ 11
     
     
     
    俯瞰風景見た後だと、無意識的ハーゲンダッツ食べたくなりますねw
     
     
     
     
     
     
    続いてパンフレットとグッズを購入!
     
    まずはパンフレットですが、こちらの紙に入ったパンフは『複製原画』などがついてくる魅力的な内容になってます!
     
    やっぱりufoのグッズのセンスは抜群です!
     
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
    またグッズでは『原画集・メモ帳』をゲット!
     
    これも俯瞰風景の原画がふんだんに使われている内容になっていて素晴らしいです!
     
    ファンなら両方買ったほうが良いと思います!
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてここからは前夜祭の内容ですが、最初に舞台に
     
    俯瞰風景監督 : あおきえい
     
    キャラデザ : 須藤友徳
     
    ufotable代表 : 近藤光
     
    アニプレックス : 高橋祐馬
     
     
     
    の4名で空の境界の製作について話がでましたが・・・
     
    あおきえい監督が3Dに関して『凹凸』を強く感じ取れる内容になっていて、見てて面白い映像になっているので楽しんでくださいと言ってました
     
    近藤さんも言ってましたが、昔から構想があったそうで3Dを試してみたかったとのことで、それが映像化されて喜ばれていました
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    それから『俯瞰風景』の通常の初回舞台挨拶もテアトル新宿で、約5年前に行われたとのことで、皆感慨深そうでした・・・
     
    その5年前の時も劇場に来たと手を上げられている方が劇場の1/3くらいいたのも驚きました!
     
    5年経っても大勢のファンがいる作品で・・・本当に幸せな作品だと思います!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    あと初出し情報としては・・・
     
     
    1.『空の境界 未来福音』上映日は『9月28日』
     
     
    2.同時上映として武内崇さんのコミケで発売された漫画を『未来福音extra chorus』として同時上映
     
     
    3.主題歌はもちろん『梶浦由記&Kalafina』
     
     
     
     
    とのことで、発表後の須藤さんの制作秘話として・・・
     
    梶浦さんと『未来福音』の最初のスタッフ打ち合わせを行った時に『既に曲ができているから聞いてみて』と言われ驚いたのと、聴いた曲が『作品にピッタリだった』とのことでした!
     
    梶浦さん仕事速いですね!あと祐馬さんも言ってましたが『昔からのプロジェクト』なので『意思疎通がきちんと出来ている』のが強みだと思います!
    (ちなみに下のパンフ絵も初出しです)
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
    また同時上映の武内崇さんの漫画の映画化『作画のタッチ』を未来福音より『武内崇さんの絵に近づけている』とのことで・・・
     
    原作の武内崇ファンの方も楽しめる内容になっているとのことです!
     
    近藤代表が褒めてましたが、須藤さんがキャラデザを描き分けているようで・・・すごい才能ですね!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    あとトークショー終了後に流れた映像で『ufoリメイク』『Fate/stay night』が製作されることが決定!
     
    『リメイク』でいうと『京アニ』の『Kanon』を思い出しますが・・・会場は大盛り上がりでした!
     
    期待していた展開なので楽しみです!
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして本編上映ですが、3Dの特徴を生かした『キャラや風景の遠近感』が強く表現されて不思議な感覚がたまりませんでした!
     
    元々『空の境界』自体が『空間の描き方や演出』が上手い作品なので、それがさらに洗練されている感じで楽しかったです!
     
    あと梶浦由記さんの音楽は劇場で聴くとさらに魅力的になりますね!戦闘シーンにかかる『メインテーマ』も何度も聞いてますが、鳥肌モノでした!
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    ぜひとも多くの人にこの映画を見て欲しいです!
     
    3D&映画版ならではの良さ生かされていますので楽しめると思います!
     
     
     
     
    ではまた!
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
    今回『空の境界・俯瞰風景』は5年ぶりの上映とのことでしたが、全然色あせないどころか、新しい魅力を発見した作品になりました!
     
    こういう『名作』がどんどん生み出されるような日本のアニメ業界になってほしいですし・・・
     
    TVでも30分単位構成ですが劇場版をみれますので、まだ見たことがない方は是非とも楽しんでほしいと思いますし、『未来福音』も期待してます!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
                 リンク集           
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    自分への『救いの欠如』
     
     
     
     
     
     
     
    『嫌いなもの』があるっていうのは
     
     
     
     
     
     
    『好きなもの』があるのと同じくらい、大切なことじゃない!
     
     
     
     
     
     
    それなのにあなたは・・・
     
     
     
     
     
     
    何でもかんでも『受け入れちゃう』じゃない?
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    ねぇ羽川さん、あなた本当に・・・
     
     
     
     
     
     
    阿良々木君のこと、好きだったの?
     
     
     
    イメージ 2
     
     

     
    さて、ひたぎが羽川の『何でも受け入れてしまう性格』に対し・・・
     
    本人が気づいていない『相手に合わせる』だけで『自分の意思がない』ことへの自覚を促し・・・
     
    阿良々木への好きという気持ちも『阿良々木に合わせているだけじゃないか?』と疑問を投げかける場面からはじまりましたが・・・
     
     
     
    私的注目度3位: <物語>シリーズセカンドシーズン第1話『つばさタイガー其ノ貳』レビュー!
     
    『シャフト×西尾維新×新房昭之』が贈る超人気シリーズです
     
    製作スタッフ
    原作:西尾維新
    総監督:新房昭之
    監督:板村智幸
    キャラデザ・総作監:渡辺明夫、
    音楽:神前暁
    アニメ制作:シャフト

    キャスト
    阿良々木暦:神谷浩史
    戦場ヶ原ひたぎ:斎藤千和
    八九寺真宵:加藤英美里
    神原駿河:沢城みゆき
    千石撫子:花澤香菜
    羽川翼:堀江由衣
    忍野忍:坂本真綾

    さて早速レビューですが、前回羽川がタイガーの怪異を見つけたことに起因して家が火事になり、紆余曲折あってひたぎの家に暫く居候することになりましたが・・・
     
    前回のラストで語られていたように・・・本当に羽川とひたぎが一緒にシャワーを浴びて、一緒の布団に寝ていました!

    ひたぎと羽川はこの1晩で、だいぶ心の距離を近づけられましたね
     
    イメージ 10
     

     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    しかし、次の日の夜に『ブラック羽川』が出現し、主を苦しめるタイガーの怪異と対峙し『これ以上主に害をなすと殺す』と告げますが・・・
     
     
    タイガーは『羽川が自分を見た時点でどうしようもない』と冷たく突き放します・・・
     

     
     
    どうやらこのタイガーが見える時点で羽川はかなり問題を抱えているということですね・・・
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
    結局何も出来ないまま帰宅してきた『ブラック羽川』と、起きていたひたぎが『初対面』しますが・・・
     
     

    ひたぎがブラック羽川と握手をして、何かが起こった後、朝になり普通に羽川が起きます・・・
     

     

    疲れているひたぎ・・・何があったかは、また後で語られそうですね
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
    最後は羽川の作る朝食に『味付けがない』ことで、羽川が『偏食の逆』のような『何でも受け入れてしまう性格』なことを見抜き・・・
     
    何でも受け入れてしまう羽川だからこそ『自分の意思がないこと』の問題を羽川に認識してもらおうとするひたぎ・・・
     

    いくら優秀でも『何でも受け入れてしまう人間』は、結局『自分を持っていない』ということであり、抱え込みすぎていずれ『破綻』してしまう・・・危うい状況です・・・
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回もあっという間に2話終了でしたが・・・
     
    今回羽川の『性格』に対してひたぎが『親友』として自覚を促すシーンは考えさせられました・・・
     

    そういえば昨日の『超電磁砲14話』で上条が言うところの『お前が救われない』という感じを、『西尾維新風』に言うとこんな感じなのかなと思っちゃいました・・・
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後タイガーが羽川に対しどんな行動をとるのか気になりますし・・・

     

    来週もメチャクチャ楽しみです!
     
    イメージ 7
     
     
     

     

    ではまた!

     

     

     

     
    イメージ 4
     
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     おまけ 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
    そういえばタイガーとブラック羽川の戦闘シーンはカッコ良かったですね!
     
     

    シャフトらしい『シャープな動きと演出』が心をくすぐられます!

     
    戦闘シーンもどんどん進化してますね!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    あと西尾維新さんの文章を『面白くアニメ化』できるのは『シャフト』しかないのもよく分かりました!
     
     
     

    いわゆる『紙芝居』のシーンを有効に使いながら『力を入れるシーンはこだわる』など、そういう『メリハリ』がこの作品を支えているんだと思います!
     
     
    あと『空の境界×ufo』『化物語/偽物語×シャフト』『AIR/CLANNAD×京アニなど・・・
     
    いかに作風にあったアニメを作れるアニメ製作会社を『マッチング』させられるかが大事なんだなぁ・・・と改めて思いました!
     

     
    イメージ 8
     
     
     
     
     

     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    トラウマの『果て』
     
     
     
     
     
    『女装』するようになって・・・
     
     
     
     
     
     
     
    『腐男子』の自分を『客観的』に見れるようになったんです!
     
     
     
     
     
     
    例えば斑目先輩の家の鍵をもらったじゃないですか!
     
     
     
     
     
     
     
    後輩が『女装』するために、先輩の家を貸してもらういう名目で鍵を受け取る・・・
     
     
     
     
     
     
    それを俯瞰して、今の私は・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    『波戸×斑』・・・アリだな!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、波戸がトラウマをこじらせて・・・
     
    とんでもない方向へ進んでいるのが分かる描写から始まりましたがw
     
     
     
     
     
     
     
    2013夏アニメ私的注目度4位: げんしけん二代目
     
    第2話『俺の脚を越えてゆけ』レビュー
     
    『オタク』目線で描かれる異色作品の続編が登場!
     
    製作スタッフ
    原作:木尾士目
    監督・音響監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラデザ:谷口淳一郎
    アニメ制作:Production I.G
     
    キャスト
    萩上千佳:山本希望
    吉武莉華:上坂すみれ
    矢島美怜:内山夕実
     
     
    『げんしけん』自体がかなり『ディープ』なオタクの話で独特な作品ですが・・・
     
    『二代目』を『ガルパン』の水島努監督が製作するのは意外性があって面白いですね!
     
    水島監督がどんな作品を作ってくるのか楽しみです
     
     
     
     
    さて、早速レビューですが今回は『荻上』の作品が雑誌に載ることになりますが・・・
     
    コミフェスと雑誌掲載作品が重なるため、『げんしけん』メンバーで早く仕上げるため、荻上の家で手伝いをすることに!
     
    メンバーは荻上のほかに『スー・莉華・美怜・波戸』一見全員女子メンバーとなりますが、この中に一人『女装男子』がいる状況w
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    手伝い後、美怜の家で『懇親会』をすることを提案する莉華と、一緒についてきた波戸の3人で飲み明かしますが・・・
     
    美怜は酔いつぶれた波戸を見て、あまりに綺麗さに嫉妬すると共に、波戸が『本当に男』なのか確かめると・・・間違いなく男だった模様w
     
    真実を見てしまう美怜w
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
    その後も荻上の家で『手伝い』が行われますが、波戸に対し美怜が『何故女装癖』なったのかを聞くと・・・
     
    波戸から、学生時代に『腐男子』であることを『カミングアウト』したところ、学校で迫害を受け、トラウマになっていることを告白されます・・・
     
    だからそのころの『男の自分』を捨て、『女装癖』に・・・迫害という意味では荻上とダブるところがありますね・・・
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    しかし最後は『トラウマ』よりも『かわいい自分に気づいた』ことで、好き好んで『女装』するようになったようですw
     
    しかも冒頭の言葉のように波戸が『斑目』を狙っているのが判明w
     
    斑目も良く分からない中で男の娘の波戸に鍵を貸してしまいましたが・・・ピンチですねw
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    ってか、またもや後輩から『受け対象』とされる斑目w・・・
     
    荻上の本といい、斑目は2次元ではモテモテですw
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
    今回はこれで終了ですがテンポが良くて面白いです!
     
    あと『特殊な趣味』な故の『世間の厳しい目』というのはこの作品『根幹』となっているのも、見てて興味深いです
     
    『俺妹』のように『ライトなオタク』ではなく、『ディープ』すぎる内容なのでそれがまた興味をそそられます
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後もオタク心を揺さぶる作品になることを期待してます!
     
    『水島努監督』の手腕に期待です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
    そういえば今回の絵コンテ・演出『畑博之』さんで・・・
     
    『ガルパン』の2話と7話の絵コンテ・演出をされていた方です!
     
    なので波戸の豹変っぷりを見て、ガルパン2話の優花里が『パンツァーハイ』になったシーンを思い出しちゃいましたwやっぱり『二面性』のあるキャラは面白いですねw
     
    ガルパン同様、水島努監督が1話の絵コンテや演出を務め、2話めは畑博之さんが絵コンテ演出がとなってますが、水島努監督作品繋がりのスタッフが集まるのは面白ですね
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    あと、前も書きましたが、私的には笹原のような『成功者のオタク』だけでなく、斑目のような『人生うまくいかない不器用なオタク』にも焦点を当ててくれているのがこの作品の良さだと思いますし・・・
     
    実際大半のオタクは『斑目型』だと思いますし・・・そういう意味でも、今後の『斑目』の展開も楽しみにしてます!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッタ
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    今回は2013年夏アニメ『私的1話評価』について!
     
    ほぼ2013夏アニメが出揃いましたので、1話を見た段階で私的に評価をランク付けしてみました♪
     
     
     
     
     
    ランク基準 : 5段階評価
     
     
    5点 : 期待以上の傑作
    4点 : 次回が気になる良作
    3点 : 普通に面白い
    2点 : もなく不可もなく
    1点 : う~ん・・・
     
     
     
    ランク表
     
     
    5点: 物語シリーズ(2nd)、ロウキューブSS、ダンガンロンパ、空の境界
     
    4点: 神のみ(女神篇)、銀の匙、幻影ヲ駆ケル太陽
        たまゆら(2期)、げんしけん(二代目)
     
    3点: サーバント×サービス、シンフォギアG、Free!、
        ステラ女学院C3部、プリズマ☆イリヤ、ガッチャマンクラウズ
     
    2点: 恋愛ラボ、私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
        BROTHERS CONFLICT、ローゼンメイデン
        きんいろモザイク、神様のいない日曜日
     
    1点: 上記作品以外
     
     
     
     
     
    という感じに!
     
    まあ、1話はつかみがいいに越したことはないですからね!
     
     
     
     
     
     
    さて、ここからは評価毎の簡易レビューですが・・・
     
     
     
    5点 : 4作品
     
    〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
    ロウきゅーぶ!SS
    ダンガンロンパ
    空の境界
     
     
     
    期待されながら、期待以上に面白い作品ということで素晴らしい作品群です!この4作品は自信を持ってオススメします!
     
    あと異種としてゲーム派生の『ダンガンロンパ』は面白い作風です!音楽も耳に残る独特の音楽なのも惹かれますし、さすが『岸監督』といったところでしょう
     
    正直ゲームとサントラCD買いたくなりましたし、別に正直アニメが売れなくても、私のようにこれでゲームを認知して買ってもらう『アニメ化がゲーム販促』みたいな新しい『アニメ活用法』というのも面白いです
     
     
     
     
     
     
     
     
    4点 : 5作品
     
    神のみぞ知るセカイ 女神篇
    銀の匙
    幻影ヲ駆ケル太陽
    たまゆら~もあぐれっしぶ~
    げんしけん 二代目
     
     
     
    ここは見てて続きが気になる良作だと思います!上手くいけば5に上がる可能性を秘めています
     
    5は『全方向に面白い』傑作ですが、4は『原作ファンを大事にしている作品』というイメージがありますし、これから『新規』にどのようにアプローチしていくかで売り上げや評価が変わりそうな感じがします
     
    5、4までは最後まで見ると思いますしレビューもしていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
     
    3点 : 6作品
     
    サーバント×サービス
    戦姫絶唱シンフォギアG
    Free!
    ステラ女学院高等科C3部
    プリズマ☆イリヤ
    ガッチャマン クラウズ
     
     
    ここは『見る人を選ぶ作品』『一部キラリと光る演出や内容がある』というイメージですね
     
    好きな人は好きだけど、感性が合わない人は見ないような感じで、5、4よりさらに『マニア度』が高い作品群なんですよね
     
    ただ『サーバント×サービス』のOPとか映像が面白かったりしますし・・・見るべきところがあるという意味では今後も楽しめる作品群です
     
     
     
     
     
     
     
     
    2点 : 6作品
     
    恋愛ラボ
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
    BROTHERS CONFLICT
    ローゼンメイデン
    きんいろモザイク
    神様のいない日曜日
     
     
     
    ここら辺は正直『HDにとりあえず撮ったもの』を流し見して載せているだけで、あまり感想はありません・・・
     
    ただ『爆発力』を期待した『私がモテ・・・』は、1話を見て『原作のテンポが生かされていないなぁ』・・・とガッカリしたのは事実です・・・
     
    面白い目線の作品なので期待してたんですけどね・・・素材がもったいないなぁ・・・
     
     
     
     
     
    1点 : ・・・察してください
     
     
     
     
     
     
     
     
    のような形になりました!
     
    正直夏アニメは、3点以上が15作品あるため見るのが大変です^^;
     
    Mr.Tは1話で大体『俯瞰』で総合的に面白いか見て、『3話』で継続視聴の最終判断をしていますが、今回はバラエティに富んでいて面白い作品が多いですので先々が楽しみです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとせっかくなので『夏アニメヒロイン・ベスト5』を発表します!
     
     
    5位(同率) : 松岡 江(Free!)
     
    この作品を見続ける『唯一の理由』といっても良いです!フェチ具合も最高ですw
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    5位(同率) : 千早 恵(サーバント×サービス)
     
    この『達観』した感じの落ち着きが私的にタイプです!しかも『コスプレ好き』という2面性は面白いです!(左側です)
     
    イメージ 2
     
    ・・・ってかお前ら仕事しろよw
     
    (この作品は公務員をディスってるようにしか見えんなw・・・まあ実態はこんな状況なんでしょうけどw
     
     
     
     
     
     
    4位 : 波戸(げんしけん 二代目)
     
    ・・・異論は認めません!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    3位 : 戦場ヶ原 ひたぎ(物語シリーズ 2nd)
     
    羽川との会話メインですが、だからこそひたぎの『女性らしさ』『暦に感化されている』のが見えるのが面白いです!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    2位 : 両儀 式(空の境界)
     
    式の魅力は『儚さ』と『強さ』の境界線にいる『危うさ』だと思いますし、だからこそ感情移入できます・・・人の持つ弱さが見えるキャラはやっぱり人間的な魅力があります
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    1位 : 湊 智花(ロウきゅーぶ!SS)
     
    理由はいまさら語る必要はないでしょう!『かわいいは正義』です!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    さてこんな感じで『私的BEST5』を作ってみましたがいかがでしたでしょうか?
     
    他にも素晴らしいヒロインがいますしそういうキャラは今後ご紹介します♪
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ  
     
     
     
     
    今回のランキングで『私の好きな作品やヒロインが入ってないじゃない!』と言われる方が大勢いると思いますが^^;・・・
     
     
    ってかあくまで私的な感想ですのでそこはご容赦ください!
     
    そして今後『化ける作品』がでてくることを期待してます!
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    感想 : 『FRANCE』というユニを着て街中を歩く少女がフランス代表のわけがないw
     
    いきなり新キャラのミミ登場ですが、とうとうフランス人まで出てきちゃいましたw
     
    しかもバスケの本場のアメリカ代表じゃないところに、原作の蒼山ザクさんの『ヨーロッパ系ロリへのこだわり』を感じますw
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    2013年夏アニメ 私的注目度2位: ロウきゅーぶ!SS 第2話レビュー!
     
    1期大好評だった『ロウきゅーぶ』が帰ってきました!合言葉は『まったく、小学生は最高だぜ!』
     
    製作スタッフ 
    原作:蒼山サグ
    原作イラスト:てぃんくる
    総監督:草川啓造、
    監督:柳伸亮
    シリーズ構成:伊藤美智子
    キャラデザ:野口孝行、
    音楽:渡辺剛
    アニメ制作:project No.9

    キャスト
    湊智花:花澤香菜
    三沢真帆:井口裕香
    永塚紗季:日笠陽子
    香椎愛莉:日高里菜
    袴田ひなた:小倉唯
    長谷川昴:梶裕貴
     

     
     
    もうこの作品は多くを語る必要はないですし、何も心配してません!
     
    『ロウきゅーぶ』らしい『ファンを魅了する展開』にしてほしいと思います!
     
     
     
     
     
    あと大人気期間限定ユニット『RO-KYU-BU!』が復活してOP『Get Goal!』を歌ってます!
     
    さらに9月29日にさいたまスーパーアリーナでライブを開催するのも決定しているようです!
     
    そういえば1期のライブ行きましたがメチャクチャ楽しかったですし・・・さいたまスーパーアリーナに『小学生は最高だぜ!』が響き渡ると思うと・・・胸熱ですw
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は昴の父・銀河がフランス人のミミを連れて日本に帰ってくるところから!
     
    ミミをバスケの出来る環境の日本に連れてきたようです!
     
    ただミミを連れてくるあたり、さすが昴の父だけりますねw
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    その後、ミミがチームを作りたいということで・・・
     
    『ミミ・竹中姉妹・かげつ・雅美』と智花達に関係するメンバーを集め『5年生チーム』を作ります!
     
    これで対戦相手ができて、智花達もモチベーションが上がります!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    そして『6年生対5年生』の試合になりますが・・・
     
    コンビネーションのある6年に対し、個の能力は高くても『チームプレー』が出来ずに点差が開く5年生チーム・・・
     
    ミミが味方のパスをカットするなど協力体制がまったくない5年生
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    最後は5年生チームを立て直すため、昴の父・銀河が現れ5年生の臨時コーチを買って出ます!
     
    今まで指示のないまま動いていた5年生チームですが、コーチを迎えてこれからが勝負です!
     
    面白くなってきました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで2話終了ですが2話もツッコミどころ満載で面白かったです!
     
    ってか・・・相変わらずひなたの描写が狙いすぎですねw
     
    どこまでが限界なのか試しているとしか思えませんw
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そして1期でもお話しましたがこの作品は・・・
     
    今後の『地方放送局メイン』のアニメの模範なるアニメだと思います!
     
    予算などがキー局より限られる『地方局メイン』のアニメで『どうしたら面白いアニメを作れるか?』というとことをよく研究しているアニメだと思います!
     
    イメージ 8
     
     
     
    しかもスタッフのこだわりがすごいですし・・・
     
    次回も期待して待ってます♪
    ではまた!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
    ロウキューブ2期始まりましたが・・・
     
    期待作でプレッシャーもあったでしょうが・・・きちんと期待に答えてくれている内容でした!
     
    バスケシーンも含めスタッフの皆さん『グッジョブ』ですし、楽しんで製作してほしいと思います!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『ガルパン』のお話ですが、15日にガルパンの舞台である大洗で行われた『大洗 海開きカーニバル』に行ってきました!
     
    3月24日に行われた『海楽フェスタ』以来、約4ヶ月ぶり2回目の大洗への『聖地巡礼』です!
     
    また大洗に行きたいと思っていましたが・・・再び大洗に帰ってきました!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    さて今回の『大洗・海開きカーニバル』ガルパンとコラボしてまして・・・
     
    10式戦車の展示
     
    ○訓練支援艦『てんりゅう』の艦内見学
     
    ○中村桜×女性自衛官 ガールズトークショー
     
    ただいま大洗&さようならてんりゅうトークショー渕上舞(西住みほ役)・中上育実(秋山優花里役)・中村桜(佐々木あけび役)
     
     
    などが行われました!
     
    ガルパンに関する行事がたくさんあって、地元に愛されているのが良く分かりました!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    さて、まずは『大洗駅』に着きますと、前回3月に行った時にはまだテレビで『最終回』が放送されていませんでしたので、大洗女子がどうなるかわからない状況でしたが・・・
     
    実際に優勝したことで、のぼりなどあらゆる場所に『優勝おめでとう』の文字が並んでました!
     
    ここまで本気でやってくれると、ファンとして嬉しくなっちゃいます♪
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    その後会場に着くと、まず自衛隊が持ってきてくれた『10式戦車』が目に飛び込んできます!
     
    前回は74式でしたが、今回は最新鋭の『10式』を陸上自衛隊が持ってきてくれましたが、こちらもカッコ良かったです!
     
    ただガルパンでも描かれてますが戦車はそれぞれの良さがあるのが魅力ですし、74式も古くても味がありますし、こうして比べることができること自体『大洗&ガルパン』あってこその企画で嬉しかったです!
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    <参考:前回の74式>
     
     
     
     
     
    ちなみに、午後に『渕上さん&中上さん&北海道経由のファン』が乗ってきた『さんふらわあ』が、停泊している訓練支援船『てんりゅう』の横に並んだので・・・
     
    『てんりゅう・10式・さんふらわあ・パネル』を一緒に撮ることができ、かなりカオスな写真が取れましたw
     
    ものすごく不思議な光景で・・・日本じゃないみたいでしたw
     
     
    イメージ 10
     
     
    『戦車・自衛艦・客船・パネル』全部揃うのは・・・日本ではこの瞬間だけでしょw 本当に行って良かったです!
     
     
     
     
     
    あと会場には『優勝旗』がはためいてました!
     
    これを作っちゃう大洗の機転が凄いと思います
     
    受身じゃなくて積極的に作品に関わろうとする姿勢が素晴らしいと思いました!
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
    次に商店街に飾ってあるガルパンキャラのパネルを見つける『ガルパンまちなかかくれんぼ』に3月以来2回目の参加!
     
    どのお店も工夫をこらして個性的でユーモアもあり、2回目でもその『変化』楽しかったです!
     
    あとお店の方々も気さくな方が多くて、雰囲気としては3月以上に活気があったのが印象的でした!
     
     
     
     
     
     
     
    さてここからは写真をメインにしようかと思いますが・・・
     
    前回3月に来た時から、かなり変わっていて・・・
     
    来るたびに新しい楽しみが増えていきます!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    まずは知波単学園の『西絹代』が追加!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    生徒会長のお店はファンがいっぱい来てて『交流の場』になってました!
     
     
     
    イメージ 13
     
    OVA決定で2階にいたアンチョビが1階目立つ場所に!出世しましたねw
     
     
     
    イメージ 15
     
     
    新しく導入されたレンタルサイクルの『優花里』と一緒に撮影♪
     
     
     
    イメージ 12
     
    ケイのお店はサンダースの後援会員になってましたw
     
     
     
     
     
     
    あと大洗神社に寄って、参拝と『痛絵馬』を見学!
     
    皆さんセンスが良いですし、『ガルパン愛』を感じます!
     
    見ているだけで幸せな気分になります!
     
     
    イメージ 18
     
    イメージ 17
     
    イメージ 16
     
     
     
     
    その後は会場に戻って『てんりゅう』の艦内見学!
     
    普段こうした自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    こういう自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できます
     
     
    イメージ 19
     
     
    イメージ 20
     
     
     
    そして15時30分からガルパンイベントでしたが・・・メチャクチャ大勢の方々がステージを見学しに来ていて、キャストの皆さんも驚いてましたし・・・
     
    渕上さんと中上さんは北海道で戦車に乗ったとのことでテンションが高く、中村さんも14日に『てんりゅうの一日艦長』をするなど、どんどん3人が『戦車やミリタリーの造詣』が深くなっていくのが良く分かりました
     
    そして杉山Pも言われてましたが、ガルパンと大洗と自衛隊が上手く連携が取れているのが今回のイベントで実感しました!
     
     
    イメージ 21
     
     
     
    あと新情報として杉山Pより『劇場版は大洗は必ず出る』ということと、『アンチョビ』登場のOVA絵コンテ担当ですが『凄い人』を起用しているとの話です!
     
    劇場版でも大洗が出るのは嬉しいですね!あとOVAは誰が絵コンテかは明かされていませんが・・・どういう方なのか今から楽しみです!
     
    ガルパン好きのスタッフがどんどん集まっているようで、そういう意味でも良いことですね♪
     
     
     
     
     
     
    またこのイベントを象徴する出来事として、『てんりゅう』が出航する際に・・・
     
    イベントを途中で止めて、皆で手を振って感謝の気持ちを伝えたのも凄くよかったです!
     
    海上自衛隊の皆さんにも『ガルパンファン』の気持ちが届いてくれると嬉しいですけどね
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    さて今回は2回目の『ガルパン』聖地の大洗に行ってきましたが・・・地元の方々も温かく、楽しめました!
     
    アニメの舞台の雰囲気を味わえますし・・・とても落ち着いた町ですので何度来てものんびり出来るのが良いと思いました!
     
    夏休みにもなりますし、ぜひともお時間がある方は大洗へ!
     
     
    イメージ 4
     
     
    そして『ファンディスク&OVA&劇場版』を楽しみにしてます!
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
    アニメは売り上げも大事だと思いますが・・・『けいおん!』や『らき☆すた』のように・・・
     
    舞台になった場所に『聖地巡礼』がおきることで地域振興することもできるんですよね!
     
    それは売り上げだけは計れない『地域への貢献』になりますよね
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    そして聖地巡礼は経済的にも地域活性に繋がりますしぜひとも増えていて欲しいですけれど・・・
     
    『マナーを守った聖地巡礼』にしないといけないですね!
     
    その土地にはもちろん実際に生活している人もいるわけで、そこは気をつけないといけないですし・・・そういうことを守った上で今後も今以上に楽しんでもらいたいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    『人と家畜』の関係
     
     
     
     
    自分と違う種族、価値観、生まれ育ち・・・
     
     
     
     
     
     
    『未知の物』と出会ったからこそ、得られるものがあります
     
     
     
     
     
     
    ですから我々人間は・・・
     
     
     
     
     
     
    一人では見ることが出来ない
     
     
     
     
     
     
     
    『この景色』を見せてくれる家畜に感謝し、
     
     
     
     
     
     
    日々お世話をするのです
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて馬術部顧問の中島先生が家畜の世話を疎かにした勇吾『人と家畜との繋がり』を説く場面から始まりましたが・・・
     
    2012年アニメ私的注目度1位: 銀の匙 Silver Spoon 第2話レビュー!
     
    鋼の錬金術師でおなじみの荒川弘さん原作で『マンガ大賞2012』受賞作品です
     
    スタッフ
    原作:荒川弘
    監督:伊藤智彦
    脚本:岸本卓
    キャラデザ・総作監:中井準
    音楽:村井秀清
    アニメ制作:A-1 Pictures
     
    キャスト
    八軒勇吾:木村良平
    御影アキ:三宅麻理
    駒場一郎:櫻井トオル
     
     
     
    原作から話題性抜群の作品ですが・・・
     
    『ソードアート・オンライン』伊藤智彦監督『うさぎドロップ』脚本の岸本卓さんがどのように作り上げるのか楽しみです!