Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 921 to 940 of 1967)
(showing articles 921 to 940 of 1967)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 45 | 46 | (Page 47) | 48 | 49 | .... | 99 | newer

    0 0

     
    一言感想 : 今回は勇太の中学時代の『中二病仲間』の智音が登場しましたが、また賑やかになりそうですね!
     
    あと戦闘シーンの作画は1話よりだいぶ良くなりましたが、Bパートの食卓を囲むシーンでは少し不安定になったようにも見えましたし…
     
    京アニには珍しい『1話:作画監督4人』に続く『3話:作画監督3人』だったのも気になるところでした!
     
    京アニにしては結構スケジュールが押しているのかな?
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    私的注目度6位: 中二病でも恋がしたい!戀 3話レビュー
     
    1期で大人気となった作品の2期目です!
     
     
    『第1回京都アニメーション大賞奨励賞』を受賞した作品のアニメ化の続編です
     
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:虎虎
    イラスト:逢坂望美
    監督:石原立也
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・総作画監督:池田和美
    アニメ制作:京都アニメーション
     

    キャスト
     
    富樫勇太:福山潤
    小鳥遊六花:内田真礼
    丹生谷森夏:赤千夏
    五月七日くみん:浅倉杏美
    凸守早苗:上坂すみれ
    七宮智音:長妻樹里
     
     
     
     
     
     
     
     
    1期で大人気になりましたし、キャラ人気も含め2期も問題ないと思いますし…
     
     
    『京アニクオリティ』を楽しみたいと思います
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さて、冒頭はいきなり勇太の『エロ夢』から! 
     
    六花を意識せずにはいられない勇太…
     
    まあ『恋人同士』ですし、仕方がないところですね^^;
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    そんなラブラブ状況の勇太と六花の前に現れたのは、中学時代に勇太の『中二病仲間』だった七宮智音!
     
    六花と同レベルの『中二病を拗らせた少女』の登場で一気に話が展開します!
     
    戦闘シーンも1話に比べると格段に良くなりました!
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    しかも智音の住んでいるところが勇太の上の部屋で、別れの挨拶で『鼻をつける』という行動を取る智音!
     
    このシーンに六花の『ジェラシー』は最高潮にw!
     
    まあ勇太も彼女の前で見せちゃいけないシーンですねw
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    さてそんなこんなで3話終了ですが、『キャラの可愛さ』がよく表現されていたと思います
     
    ただ今回作画監督は『池田晶子さん・高橋博行さん・門脇未来さん』の3人体制で『余裕を持ったスケジュール』が信条の京アニも少しスケジュールが厳しくなってきているのかなぁ…とも思いました 
     
    まあ京アニは『底力』がありますので何とかしてくれるとは思いますけどね
    (まあ戦闘シーンは1話より減るかもしれません)
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
     
    ではまた!
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば智音役の長妻樹里さん『たまこまーけっと』のかんな役でも出てましたね!
     
    今後も活躍期待してます!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 最高の『癒しアニメ』です!
     
      
    そして『この作品に何が求められているのか?』をスタッフが良く分かっているのが好感です!
      
    しかもキャラが可愛いですし、キャストも役に合っているのが素晴らしいと思います!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    未確認で進行形 3話レビュー
     
     
    『GJ部』の藤原監督、『CLANNAD、IS』の構成:志茂さん、『GJ部、ゆるゆり』の動画工房と、製作スタッフに魅力がある作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:荒井チェリー
    監督:藤原佳幸
    シリーズ構成・脚本:志茂文彦
    キャラデザ・総作監:菊池愛
    アニメ制作:動画工房
     

     
    キャスト
     
    夜ノ森小紅:照井春佳
    夜ノ森紅緒:松井恵理子
    三峰真白:吉田有里
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
    さて3話ですが、1,2話同様真白を中心としたいい意味での『のんびり』な展開に!
     
    ここらへんは『ゆるゆり』『GJ部』と同じような構成ですが、こういうまったりした展開が心地良いです!
     
    今回はギャグにもキレがあって笑えました♪
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    そして何といっても真白可愛すぎです!
     
    特にテレビの前で踊っている姿は『キュート』すぎて萌え死にそうでしたw
     
     
    『1家に1人』欲しいですね!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで3話まできましたが、私的に正直めちゃくちゃ『どストライク』の作品で嬉しいです!
      
    こういう『ノーマーク』だったのに面白い作品に出会えると嬉しいです♪
     
    今回ラストはシリアス展開でしたが、先々はほのぼのした作品になりそうですし、作画も綺麗ですし、今後の展開が本当に楽しみです
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    やっぱり真白の声は『中毒性』が高いです!
       
    改めて『インパクト』のある声って重要だなぁ…と思いました!
     
    そういえば『ゆるゆり』の京子役だった『大坪由佳』さんも一気にメジャーになりましたし、真白役の吉田有里さんもブレイクしそうな気がしますし楽しみですね!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    感想 : 今回優の姉の『美月』登場でしたが、優の部屋で『優と春香がイチャつくシーン』のあとを見たかったですw 
     
    しかも美月も『春香』を好きになってそうで『姉妹』で同じ属性っぽいのもいいですねw
       
    またいいキャラがでてきました!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    桜Trick 3話レビュー
     
    『まんがタイムきららミラク』に連載されている作品アニメ化です
     
    製作スタッフ
     
    原作:タチ
    監督:石倉賢一
    キャラデザ:坂井久太
    音楽:中西亮輔
    アニメ制作:スタジオディーン
     
    キャスト
     
    高山春香:戸松遥
    園田優:井口裕香
    野田コトネ:相坂優歌
    南しずく:五十嵐裕美
    池野楓:渕上舞
    飯塚ゆず:戸田めぐみ
     
     
     
     
     
     
     
    作者が描いた女の子同士がキスをする同人作品を見たきららの編集者から声をかけられたのが連載のきっかけのようで…
     
     
    あまりほかに類がない作品なので、そういう意味で注目してます!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて1話で『春香と優』、2話で『コトネとしずく』が同性同士でキスしあう『直球』な作品になりましたが…
     
    3話は『春香と優』に戻り、ことあるごとにキスし、優の姉の美月にまで見られますw
     
    この後どうなったんだろうw
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    あと最後のエンドカードは『マリア様が見てる』のひびき玲音さんでテンション上がりました!
     
    王道の『マリ見て』の絵はやっぱりいいですねぇ…!
     
    こちらも面白いので見たことがない人はぜひとも見てください!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    さて3話で2組『カップリング』できましたので、残りの『楓とゆず』ですかね?
     
     
    ってかこれでまた1組増えると『5分に1回はキスシーン』とかになりかねないなw
      
    いろんな意味で楽しみにしてますw
     
     
    イメージ 6
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    1話でも思いましたが、改めてこういう作品って声優さんのほうが気恥ずかしそうですよねw
      
     
    ぜひとも後ほど出るBDのコメンタリーかラジオ現場の様子を話して欲しいですw
     
    『製作現場の雰囲気』を見てみたい作品だなと素直に思いましたw
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    アキの『叱咤』
     
     
     
     
     
     
    『一人』じゃ出来ない競技なんだから…
     
     
     
     
     
     
    『パートナー』のことも考えなきゃダメっしょ! 
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて八軒が『乗馬のジャンプ』が出来ないために、馬に無理をさせてでも飛ぶ練習をしようとすることに怒ったアキの言葉から始まりましたが…
     
    注目度4位: 銀の匙 Silver Spoon 秋の巻3話レビュー
     
    鋼の錬金術師でおなじみの荒川弘さん原作で『マンガ大賞2012』受賞作品の変則2クール目です
     
    スタッフ
     
    原作:荒川弘
    監督:出合小都美
    脚本:岸本卓、
    キャラデザ・総作監:中井準
    音楽:村井秀清
    アニメ制作:A-1 Pictures
     
     
     
    キャスト
     
    八軒勇吾:木村良平
    御影アキ:三宅麻理恵
    駒場一郎:櫻井トオル
     
     
     
     
     
     
     
    原作から話題性抜群の作品ですが…
     
    『うさぎドロップ』脚本の岸本卓さんがどのように作り上げるのか楽しみです!
     
    あとは監督が伊藤監督から変更になってどんな風に作品が変化するのかも気になります
     
     
     
     
     
     
    そして『夜食テロ』と言われるほど『食材の美しさ』も魅力です!
     
    『孤独のグルメ』並の『夜食テロ番組』ですw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて3話は『新人戦』『エゾノー祭』など、イベントが目白押しの中…
     
    八軒達新人が初めて『馬でジャンプ』することになりましたが、八軒だけ飛べません…
     
    ショックを受ける八軒…
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そして八軒は『飛べるようになる』ために、馬に無理をさせてでも練習しようとしたところ…
     
    アキから『パートナーを大事にしろ!』と叱られ『険悪』な感じに…
     
    普段温和なアキが怒るシーンで、かなり迫力がありましたね…
     
     
    イメージ 4
     
     
    『自分本位』で考える八軒…ここは私も当てはまる部分があるので耳が痛い言葉でした…
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな八軒をアキが後日『乗馬クラブ』へ誘い、老若男女のいろんな人の実技を見せますが
     
    『馬のおかげ』と言う言葉に『パートナーあっての競技』だということを再認識する八軒…
     
    乗馬は『馬の能力が7割』と言われるほど『馬の能力を引き出す競技』ですので、今までの八軒のように『自分本位』では飛べないんですね…
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そうした経験を積んだ八軒は『馬を信じて』再びジャンプにチャレンジし、着地時に落馬しますがジャンプが出来ました!
     
    そしてアキ達が見ている風景と『同じ風景』を見れたことに感動します!
     
    『初めての体験』は人を成長させますし、これで八軒も一歩前進しました!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    さて、そんな3話でしたが今回は八軒が『馬を信じる心』の大切さに気づく心の動きが分かる内容で良かったと思いますし…
     
    こういう内容が『銀の匙』らしい話だと思いました!
     
    心に響く回でした
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    今後も1期同様、八軒達が『家畜や動物を通じて』生き方を学んでいく課程が丁寧に描かれていくと思いますし…
     
    何の目標もなくこの学校にやってきた勇吾が家畜や学校の人たちと触れ合うことで成長していく姿を見ていきたいと思います
     
    今後も『食』や『日本の農産物』について、改めて見つめなおす作品になりそうで期待してます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
    この作品は視聴者が普段体験できない『酪農』や『農業』を、何も知らない勇吾目線で見れて成長できるのが構図的に良いですし・・・
     
    直接生活に関わる『食』についての話なので、余計に引き込まれます!
     
    アニメでは珍しい『酪農高校モノ』で・・・そういう意味でも新鮮です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は片山実波メイン回でしたが、実波が『仮設住宅』に住む人達の『希望の星』になっている描写が描かれました
     
     
    そもそも『震災後の仮設住宅』の描写が出るアニメ作品って今までなかったですし、そういう意味でも興味深かったです
     
    そして仮設住宅で倒れたおばあちゃんを慕う実波の描写と『修羅場を乗り越えてきた』と語るおばあちゃんは『震災』というキーワードで繋がっていたと思いますし…
     
    『アイドル作品』という枠を超えた『震災復興』もテーマに取り入れた作品作りは興味深かったです
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ私的注目度3位: Wake Up, Girls! 3話レビュー!
     
     
    山本寛監督の久々の新作で、一番得意とする『アイドル』を題材にした作品です
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     

     
    近岡直さんのキャラデザも凄く良いですし…
     
    『ダンスシーン』にこだわりのあるヤマカンさんがどのように作ってくるのか非常に興味があります!  
     
    『アイマス』『ラブライブ』とアイドル作品が人気を博してますし、その流れに乗っていけるかも気になります
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて3話ですが地元のテレビ局で『料理レポート』『天気予報』のミニコーナーを持つことになった『Wake Up Girls!』ですが…
     
     
    紆余曲折ありながらも、着実に視聴率を稼ぎ、その成功によりミニライブを開けることに!
       
    実波の表現豊かな料理レポートも好調の要因になりました
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そんなトントン拍子で『ミニライブ』当日までやってきた『Wake Up Girls!』ですが…
     
    ライブ当日に美波のおばあちゃんが仮設住宅で倒れ、実波がライブに参加できなくなる事態に…
     
    辛い決断をする実波…そしてその話を聞いたメンバーは状況を理解し、何とか美波がいない分をカバーすることに
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    しかし、ここで倒れたおばあちゃんが『歌ってくれたほうが嬉しい』と実波をステージに送り出し…
     
    何とかライブに間に合った美波を含めた7人でライブが開けました!
     
    ライブ会場には『仮設住宅』に住む実波を応援する人達も来て声援を送っていました!
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    これで3話終了ですが、今回は実波と『仮設住宅』に住むおばあちゃん達との交流のお話でしたが…
     
     
    おばあちゃんが涙ぐむ実波に対して『いろんな修羅場をくぐってきたんだから』という言葉で送り出すシーンも震災を乗り越えることを連想される言葉で温かかったです!
     
     
    そして仮設住宅に住む人達の『太陽』として実波が描かれたのは『アイドル』という存在を考える意味でも興味深かったです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    今後も『アイマス』や『ラブライブ』とは違うアプローチの『アイドル作品』になりそうですし…
     
    ダンスシーンや音楽を含め、楽しみたいです!
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』なのも魅力ですし期待してます!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は『現在の仙台』がメインの舞台となっていますし…
     
    『震災の影響』『震災復興』に関しては避けては通れないキーワードですし… 
      
    だからこそ『震災を風化させない』ためにも話題性のあるこの作品には期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は1月25日(土)から上映開始の『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』のお話ですが 
     
    Mr.Tは『MOVIXさいたま』で行われた舞台挨拶で見てきました!
     
    テレビアニメ版アイマスが2011年12月に終了しましたが、満を持して劇場版登場です!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて早速レポですが、まずはパンフレットの紹介から!
     
    パンフレットには『スタッフ・キャストへのインタビュー』などが載っていて、非常に濃い内容になっていて読み応え十分!
     
    しかも外装もすごくセンスを感じるパンフでカッコいいです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    そして入場時には『原画風クリアファイル』がもらえました!
     
    こういう『劇場版ならではの特典』は嬉しいです!
     
    特典のセンスがあるのもこの作品らしいです
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さてここからは本編の内容を・・・と言いたい所ですが・・・
     
     
    本編見られていない人がいっぱいいると思いますので・・・今回は割愛です! 
     
     
    内容は見てのお楽しみです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ『Mr.Tのお気に入り』のシーンですが・・・
     
    終盤の皆でアリーナを見に行くシーンで、春香が皆の前で『全員で走り抜けたい』『誰一人欠けることなく皆でライブを成功させたい』という気持ちをストレートに伝える場面は心に響きました…
     
    そして春香だけでなく、キャラそれぞれの持ち味が発揮されている作品だった思いますし、そういう意味でファンを意思した作りになっているのも満足でした!
     
     
     
     
     
    上映後は『やよい役:仁後さん、亜美・真美役の下田さん、あずさ役のたかはしさん、小鳥役の滝田さん』アニプレのゆまさんが登場し舞台挨拶が行われましたが
     
    下田さんがたかはしさんの真似をしたりと終始和やかな雰囲気で会場も盛り上がりましたし…
     
    物語の感想としても、皆さん最後のライブのシーンは感動したと話をされていました!
     
    そして自分の演じるキャラに『役割』があり、それが劇場版でも生かされていたと語られていました!
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、そんな感じで舞台挨拶も盛況で終わりましたが、ぜひとも多くの人にこの映画を見て欲しいです! 
     
     
    映画版ならではの良さ生かされていますので楽しめると思います!
     
     
      
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここから先は『ネタバレあり』なので・・・
     
    映画を見た人だけ読んでください!
     
     
    見ていない方はまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回は『テレビ版アイマス』メンバーライブのバックダンサーとして『ミリオンライブ』のメンバーが新規に入ってくる展開でしたが…
      
    テレビアニメ版からの『変化』を持たせるためにミリオンライブ組を入れたようです!
     
    春香達の『765イズム』『ミリオンライブ組』にも身をもって知ってもらうことと、そうした新しい人たちとの中で成長する春香達を描きたかったようですね!
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そして『テレビアニメ版』の良さである『メンバーの絆』は今回の劇場版でも活かされてますし…
     
     
    皆が夢を持ち『同じ方向を向いて進んでいく』ことの素晴らしさ感じる作品で本当に最高でした!
      
    劇場版といえども『アイマス』の大事な部分はブレることなく守られているのが好感でした
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回思ったのが『京アニ』や『P.A.WORKS』のような『家族的な製作方針』の製作もありますが・・・
     
    今回のアニメアイマスのように『いろいろな人材を集めたアニメ作り』も面白いなぁと感じました!
     
    キャラの個性が強い『アイマス』だからこその製作布陣だったと思いますし・・・
     
    やっぱりこの作品は『製作スタッフに恵まれている』と改めて思いました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして私的に一番嬉しかったのがシリーズ演出高雄さんがパンフレットのインタビューに載っていたことです!
     
    今回も絵コンテや作画など幅広い活躍で錦織監督をサポートしていたようです!
     
    京アニのCLANNADからファンになりましたが、今後の製作作品にも期待してます♪ 
     
     
      
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は『美月と日和』が入れ替わる回でしたが…
     
    いつもの『ツンデレ妹』も、日和と入れ替わった後の『可愛らしい妹』も、それぞれ良さがあって良かったです!
     
    『王道妹キャラ二大要素』が同じ作品で見れるのも面白いですね!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ第1弾: 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 4話レビュー
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:松沢まり
    監督:畑博之
    キャラデザ・総作監:鈴木大
    シリーズ構成:倉田英之
    アニメ制作:project No.9 
     
     
    キャスト
     
    神前美月:橋本ちなみ
    神前夕哉:間島淳司
    寿日和:小倉唯
    桐谷雪那:金元寿子
     
     
      
     
     
      
    さて4話はなかなか夕哉との仲が進展せず困った日和が『可愛らしい妹キャラ』でポイントを稼ぐべく美月と入れ替わります!
     
    いつもの『ツンデレ美月』もいいですが、『可愛らしい美月』もまた魅力的です!
     
    よく笑う美月もいいですね!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    ただ夕哉としては『あまりにも変わりすぎた性格』のため『無理をしている』と思い…
     
    『いつもの美月でいい』と言うと、日和と再び入れ替わる美月…
     
    美月にとってはそのままでいいという言葉は『嬉しい言葉』でしょうね!
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    そんな感じで4話終了ですが、少しずつ『入れ替わりの弊害』が出てきているのも面白いですし…
      
    次回は『水着回』のようですのでそれも楽しみです!
     
    まあ1,2話でいい『掴み』でしたし、今後どんな『斜め上の展開』が待っているのかも楽しみです!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    シリーズの構成的にもまず『1,2話』で話題づくりのため飛ばして視聴者を確保し、その後物語を深めていくという手法は『アリ』だと思います!
     
    まずは『見てもらってナンボ』ですし、1,2話で掴みきれなかったらその後見てもらえないですからね!
     
    ずっと『飛ばしまくる』ことなんて出来ないですし、こういう『物語に抑揚をつけられる作品』『上手い作品』だと改めて思いました
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    感想 : 今回は桐崎が『友達を作るための努力』をしている描写が描かれましたが、そういう『素直』なところは好感が持てましたし…
      
    ただの『ラブコメ』ではないことも良く分かりました!
     
    『はがない』の要素も取り入れているんですね
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     ニセコイ 3話レビュー
     
    今期の『シャフト作品』ですが、どのようになるのか気になりますね
     
     
     
    スタッフ
    原作:古味直志
    総監督:新房昭之
    シリーズ構成:東冨耶子・新房昭之
    監督:龍輪直征
    キャラデザ・総作監:杉山延寛
    総作監:潮月一也、
    音楽:神前暁、
    アニメ制作:シャフト
     
     
    キャスト
    一条楽:内山昂輝
    桐崎千棘:東山奈央
    小野寺小咲:花澤香菜
    鶫誠士郎:小松未可子
     
     
     
     
     
      
    桐崎が『艦これの金剛』役の東山奈央さんなので、帰国子女キャラそのまんまなのも面白い趣向です!
     
    しかもウサギ耳型の髪飾り島風みたいで親しみやすいです!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて一条と桐崎が『親の都合』無理やりつきあうことになり前回『デート』をしましたが…
     
    に学校ではその事実が知れ渡り『恋人認定』されていましたw
     
    もう言い逃れできない状況w…まあ既成事実ですしねw
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そんな中、一条は小咲だけには誤解を解こうと2人きりで話をしますが…
     
    小咲が『鍵』を落とし動揺し逃げ去ってしまったので、一条は結局誤解が解けませんでした…
     
    鍵は一条が持っているペンダントに関係しそうなものですが、その場では何も触れられませんでした…
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    こうして学校で『恋人認定』された一条と桐崎ですが、一条は友達から『桐崎が女友達と仲良くしているのを見たことがない』と言われ、桐崎に会いに行くと…
     
    桐崎が『友達を作るためのノート』を作って『友達を作る努力』をしているのを一条は知ります…
     
    『帰国子女』でどうしても浮いてしまっている自分をどうにか変えようとしている桐崎…こういう素直な描写はすごくいいですね
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    そんな努力をする桐崎に対し、一条は同じく家柄上友達が出来にくかったことを伝え…
     
     
    同じようにノートを作って努力をしたことを桐崎に話し、友達作りの協力をすることに!
     
    桐崎も一条も『同じ境遇』なことを知り、お互い心の距離を近づけることができました
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    さてこれで3話終了ですが、『桐崎と一条』の心の距離が近づくエピソードは心に響きましたし…
     
     
    シャフトらしい『独特の感性の作品』でもあるので今後も楽しみです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが、私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 『JT(日本たばこ産業)&喫煙者』全否定だなオイw
     
      
    正直1,2話を見たときこの作品を『どう表現して良いのか迷って』いましたが、今回の『極論』ぶちまける手法で内容を理解できました!
     
    きっちり3話目で盛り返しました!
      
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ:『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』3話『煙に巻いて去りぬ』感想 
     
    『岡村天斎×星空めてお』という個性派スタッフのオリジナルアニメです
     
     
    製作スタッフ
     
    原作: hunting cap brothers
    監督: 岡村天斎
    シリーズ構成:星空めておTYPE-MOON)、岡村天斎
    キャラクター原案: 黒星紅白
    キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟
    音楽:加藤達也
    アニメーション制作: A-1 Pictures
     
    キャスト
     
    星宮 ケイト/ ヴィニエイラ様:久野美咲
    地紋 明日汰/ ドヴァー:花江夏樹
    鹿羽逸花 / プラーミャ様: 伊瀬茉莉也
    ナターシャ / ウーム教授:花澤香菜
     
     
     
     
     
    さて、今回は『喫煙者』撲滅運動がメインでしたが…
     
    喫煙者に対しての容赦ない『言葉攻め&徹底抗戦』はむちゃくちゃ面白かったですw
     
    これ『JT(日本たばこ産業)』の人が見たら卒倒しそうな内容だなw
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    確かにタバコを吸う人は『自分に害が及ぶ』だけでいいのですが、『副流煙』は吸わない人に対しての『罰ゲーム』みたいなものですからね!
     
    ヴィニエイラが言うように『煙をだすな!吸収しろ!』はまさに正論だと思いますw
     
    悪の結社の言い分ですが、ここは『よく言った!』と思いましたw
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    …ってヴィニエイラ役の久野さん『う○こ』とか言わせんなよw
     
     
     
     
     
     
    まあ結局は喫煙者は『征服ならず』でしたが、こういう『極論』をぶちかますアニメは嫌いじゃないですw
      
    こういうのって『原作付き』だといろんな『権利関係』があるので言い難い部分があると思いますが、そこは『オリジナルアニメ』だからこその良さだと思います!
     
    今回脚本が『岡村監督自ら』だったので、余計に『思い入れ』があるのかなと思いましたw
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    さてそんなこんなで3話終了ですが、テンポよく進んでいい感じでした!
     
    この作品は『日常の悪を征服すること』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
      
    どことなく『絶望先生』や『じょしらく』の久米田さんの『社会風刺』の作風にも似ている気がしますし、そういう意味でも楽しみです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    3話まで切らず見ててよかった^^;
       
    正直1,2話で『方向性』が良く分からない作品だなぁ…と思っていて『3話目も合わない』ようだったら切ろうと思っていたのですが、3話目で『逆転ホームラン』がでました!
     
    やっぱり3話までは見ないといけないなぁ…と改めて思いました!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回は仄の妹の多華宮霞が登場しましたが、この子は綾火と同じ『工房の魔女』家での護衛係なことが判明!
     
     
    ってか妹まで魔女とか…この世界どうなってるんだw?
      
    あと今期のアニメは妹のバリエーションが豊富に取り揃えてあるのが特徴的で面白いですねw
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    『水島努監督×J.C.STAFF』という『じょしらく』で見せた相性の良さが生かされそうな作品です!
     
    製作スタッフ
     
    原作:水薙竜
    監督・シリーズ構成:水島努
    脚本:水島努、横手美智子、吉田玲子
    キャラデザ:冷水由紀絵
    アニメ制作J.C.STAFF
     
    キャスト
     
    多華宮仄:小林裕介
    火々里綾火:瀬戸麻沙美
    多華宮霞:茅野愛衣
     
     
     
     
     
     
     
    『ガルパン』の水島努監督の新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『じょしらく』の時には最終回を当日に納品したくらい『こだわり』を持って作った『J.C.STAFF』を水島努監督も褒めていましたし、組み合わせとして面白そうです!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    さて4話は『クロノワール』の入れ知恵で綾火と主人公の多華宮仄が離れている登校時に仄を連れ去ろうとしますが…
      
    仄の妹の霞が『クマのぬいぐるみ』を駆使し塔の魔女たちをやっつけます!
     
    どうやら霞は『工房の魔女』で、綾火と離れ離れになっている仄の自宅や登校時を護衛する役のようです!
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    あと『巨大化したクマvs巨大化した白ウサ』の戦いですが…
     
    『プロレス&ボクシング』が混ざった戦い方をしてましたねw
     
    『スタン・ハンセン』や『毒霧攻撃』、あと『クロスカウンター』も入ってましたw完全に『趣味の世界』ですねw
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで4話終了でしたが、霞登場でまた賑やかになりそうです!霞役は茅野愛衣さんですがやっぱり上手いです!
     
      
    そういえば『水島努監督』作品の茅野さんの役は『ガルパン』の沙織役もそうですが『普段演じないような特殊キャラ』なのも面白いですw
     
    『クセのあるキャラ』なのが新鮮でいいです!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    あとは1話から4話連続で水島監督が『脚本』を担当していまして…
     
    いろいろな複線を張っていたのもよかったと思います
     
    『魔女達(ヴァルプルギス)の夜』も絡んできそうで今後の展開が気になります
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    あとラストの『塔の魔女反省会』が楽しそうでしたw
     
    完全に『部活』みたいになってますねw
     
    こういうゆるいところもギャップがあっていいですね
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

      
    感想 : 『ノラガミ』本当に面白いです!
     
     
    どんどん『新しい神』が登場したり、3話とうって変わって『コメディタッチ』の話もできたり、想像以上に『懐の深い作品』ですね!
     
    人気のクリエイター陣が製作しているだけあって本当にレベルが高い良作です!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ: ノラガミ 第4話レビュー
     
     
    スタッフ
     
    原作:あだちとか
    監督:タムラコータロー
    シリーズ構成:赤尾でこ
    キャラデザ:川元利浩
    総作監:川元利浩・山崎秀樹
    音楽:岩崎琢
    アニメ制作:ボンズ
     
    キャスト
     
    夜ト:神谷浩史
    壱岐ひより:内田真礼
    雪音:梶裕貴
    小福:豊崎愛生
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    今回は夜トがあまりの金欠に『お金を無心』すべく『小福』という神に会いに行くところからですが…
     
    出てきた神は『少女』で、お金も気軽に貸してしまうおバカキャラでした^^; 
     
    小福役は『豊崎愛生』さんでしたが、少し抜けているのが『けいおんの唯』っぽくていい感じですw
     
     
    イメージ 1
     
     
     
      
     
     
     
    その後『依頼』が来た夜トが現場に行くと、既に『飛び降り自殺』をしている最中の社会人に遭遇し…
     
    一緒に落ちながら『身の上相談』を受けると『付き合ったカノジョ』のせいで借金をするまでになったとのこと… 
     
    ってかこの落ちるシーン長すぎだろw!普通話している間に地上に落ちて死んでますよw
     
     
    イメージ 3
     
    あとこの位置だと雪音は絶対に見えてるなw
     
     
     
     
     
    で、携帯で撮った彼女の写真を見せてもらうと『小福』が写っており、夜トは『小福=貧乏神』であることを告げ…
     
    小福には大黒という旦那もいるので別れるように説得し、雪音を使い『縁切り』させ、自殺をやめさせることに成功します! 
     
    まあ『自殺する人間がカノジョを守り続ける』と言っても説得力0ですもんね^^;
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
    それから縁は『結ぶ』より『切る』方が難しいという言葉もありましたが…深い言葉ですね…
     
     
     
     
     
    最後は小福と大黒に顛末を伝え、帰る夜トと…
      
    小福がひよりに『夜ト』は『神の中では無名』のため、昔は数少ない頼ってくれる人のために『人斬り』もしていたと注意するように伝える描写がありました…
      
    『七福神』や『天神』のように皆に信仰される神もいれば『無名』の夜トのような『相手にされない神』もいる…
     
     
    イメージ 6
     
     
    神の世界もやおよろずですし『格差社会』で辛いんですね…
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで4話終了ですが、今回はコメディタッチの内容で見てて楽しかったですし…
     
    『神の格差』についても考えさせることが凄いと思いました!
     
    毎回『新しい気づき』があって本当に面白いです!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    そして作画が綺麗なのが良いですし、キャラデザも『カウボーイ・ビバップ』の川元利浩さんを起用し洗練されていて非常によく出来ていると思います!
     
     
    あと『岩崎琢』さんの音楽も聴いていてワクワクしますし、監督も『おおかみこどもの雨と雪』で副監督をされたタムラコータローさんですし…
     
    人気のクリエイター陣が製作してつくるとこんなに素晴らしい作品が出来るんだと改めて感動しました!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    今後も楽しみです 
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    今期のアニメは本当にレベルが高くて嬉しくなります!
     
    それはやはり『いい物を作って視聴者に届けよう!』という意識が高いアニメ作品が多いからだともいます
     
    これからもこういう作品が増えてくれることを期待してます!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    今回は訃報についてですが…
     
    平成26年1月27日に声優の永井一郎さんが急逝されました
     
    Mr.Tは仕事中に『Yahoo!トップページ』で訃報を知りましたが、声優界にとっては大きな損失になってしまいましたね…
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    ちょうど昨日大和田秀樹さん著書の『ガンダムを創った男たち。』を読んでいて、永井一郎さんのシーンもあり、それを含め記事にしようと思っていた矢先の出来事で言葉もありませんでした…
     
     
    永井さんといえば『ガンダムのナレーション』は特に有名でしたし、永井さんなくしてガンダムはここまで大きな存在にはならなかったと思います…
     
      
    誰一人欠けてもガンダムはここまで大きな作品にならなかったでしょうし、そういう意味でも辛いですね…
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
     
      
     
     
     
     
    『替えが効かない』独自の世界観を作り出せた数少ない素晴らしい声優でした
     
    永井一郎さんのご冥福を心よりお祈りいたします
     
     
    安らかにお眠りください
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        追記    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    声優界は大事な方を亡くしましたが…
      
    後に残った方々から是非とも『永井一郎さん』のような『替えのきかない声優』さんが生まれてくることを信じております
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

      
     
    今回は『リトルバスターズ』のお話です!
     
     
    『リトルバスターズ Refrain』BD1巻を秋葉原ソフマップで買ってきました
      
     
    BD1巻には本編1~2話『リトバスEX』朱鷺戸沙耶ルート 1話オーディオコメンタリーBDゲーム『西園美魚密室殺人事件?』収録されていてメチャクチャ特典豪華です!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    【BD1巻内容&特典】
     
    ■収録内容
    Refrain第1話~第2話+EX第1話収録

    ◆初回生産限定版仕様
    ・未放送「リトルバスターズ! EX」朱鷺戸沙耶ルート 第1話
    ・特製デジパック 2パッケージ仕様(RefrainとEXを別ディスク、個別パッケージにて収録)

    ◆初回生産限定版特典
    ・BDゲーム『西園美魚密室殺人事件?』(ビジュアルアーツ制作)
    →美魚からの、密室ミステリ。シナリオ:樫田レオ/描き下ろし原画:Na-Ga
    ・ブックレット
    ◆映像特典
    ・ノンテロップOP&ED
    ・オーディオコメンタリー
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゲームブランド『Key』製作作品のアニメ化2期ですが、とうとう『理樹達の秘密』が明らかに! 
     
      
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 河原木志穂
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
    リトバス1期は『リフレイン』への布石になっていましたし…
     
    『リフレイン』はイメージとしては『CLANNAD AFTER STORY』のように『Key作品の奥深さ』を見ることが出来ます!
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれて素晴らしい作品になりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、BD1巻ですが理樹役の堀江由衣さん鈴役のたみやすともえさん主役2人がオーディオコメンタリーを担当されていまして…
     
     
    ちょうど8話(真人回)のアフレコをした頃のオーディオコメンタリーだったようで、1話を見ると新鮮な感じだったようです! 
     
    確かにRefreinの後半は『クライマックスの連続』ですので、この1話は平和な感じで、とても同じ作品とは思えないくらいですよねw
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    あと1,2話と『来ヶ谷回』だったこともあり、来ヶ谷の可愛さを褒めてました!
     
    特に来ヶ谷が理樹に覆いかぶさるシーンは感動されてました! 
     
    やっぱり姉御は同性でも魅力的なんだなぁ…と再認識しました!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今回の目玉その①『テレビ未放送』『リトルバスターズ! EX』朱鷺戸沙耶ルートの第1話ですが…
     
    やっぱりアニメで動く沙耶はめちゃくちゃ可愛くて魅力的です!
     
    あと沙耶独特の『自虐的』なシーンは本当に面白いですw
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    沙耶役は櫻井浩美さんで、今では『Angel Beats!』のゆり役のほうが有名になりましたが…
     
     
    元は沙耶の演技が認められて『Angel Beats!』の主役のゆりに抜擢されている感じですし、なんだか不思議な感じですね!
     
     
    『卵が先かニワトリが先か』みたいな話になりそうですが、『Angel Beats!』のプロトタイプが沙耶ルートですし、やっぱり似ている部分はありますね
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    ちなみにEXはOPもEDも新規で作っていてビックリしました!
     
    しかもEDの『絵コンテ・演出』『あの花』の長井龍雪さんを起用していてメチャクチャ豪華です!
     
    特典なのに本気度がものすごいです!J.C.STAFFグッジョブです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    そして今回の目玉その②BDゲーム『西園美魚密室殺人事件?』ですが…現在プレイ中です!
     
    ってか今まで『BDゲームってやったことがないので凄い新鮮です!
     
    ちなみに今は『…恭⇔理リバカプ…』まで進んでますw詳しくはプレイしてみてくださいw
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    黒美魚ちんはやっぱり最高ですw樫田レオさんのシナリオですが良く分かってますねw
     
     
     
     
     
     
    これからじっくりBDプレイ&沙耶鑑賞したいと思います!
     
    是非とも多くの方に購入して欲しいです!オススメです! 
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとブックレットでは脚本の島田満さんのコメントが載っていまして…
     
    『Refrain』は1クールでまとめるにはかなりギリギリの容量だったので大変だったと書かれていましたが、本当に良く1クールで収めてくれたなぁとあらためて才能の素晴らしさに感服しました!
      
    Refrainは『物語のクライマックス』ですし、2クールになると少し間延びしてしまうことを心配していましたが、1クールで一気に駆け抜ける判断をしたのは大正解だと改めて思いました!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    一言感想 : 今回は丹生谷森夏の生徒会選挙凸守絡んだ話でしたがやっぱりこの2人はいいキャラですね!
     
    あと今回は涙を流すシーンといい、全体的に『京アニクオリティ』全開で最高でした!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    私的注目度6位: 中二病でも恋がしたい!戀 4話レビュー
     
    1期で大人気となった作品の2期目です!
     
     
    『第1回京都アニメーション大賞奨励賞』を受賞した作品のアニメ化の続編です
     
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:虎虎
    イラスト:逢坂望美
    監督:石原立也
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・総作画監督:池田和美
    アニメ制作:京都アニメーション
     

    キャスト
     
    富樫勇太:福山潤
    小鳥遊六花:内田真礼
    丹生谷森夏:赤千夏
    五月七日くみん:浅倉杏美
    凸守早苗:上坂すみれ
    七宮智音:長妻樹里
     
     
     
     
     
     
     
     
    1期で大人気になりましたし、キャラ人気も含め2期も問題ないと思いますし…
     
     
    『京アニクオリティ』を楽しみたいと思います
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    さて、今回は人気キャラの丹生谷森夏が生徒会選挙に出る話でしたが… 
     
    いつもは邪魔する凸守『モリサマ』姿を見て応援する展開に!
     
    ってか凸守洗脳されすぎだなw
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    で、最後は応援演説をする凸守ですが…
     
    洗脳をこじらせて『モリサマ賛美』しすぎて自滅^^;
     
    全校生徒に『モリサマ』の姿が晒されましたw
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんなこんなで4話終了ですが、『キャラの可愛さ』がよく表現されていたと思います
     
    やっぱり『凸サマ』は人気もありますし、絡むといい味でますね!
     
    あと作画も素晴らしかったです!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
     
    ではまた!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回は『小紅の魅力』が満載でしたね!
       
    特に真白が病気で動けない小紅に対し、ベットで体を拭いてあげるシーンは非常に良かったです!
      
    作画もすごく綺麗でしたし、病気で火照った小紅の描写など細部にまでこだわるのはさすが『動画工房』だと思いました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    未確認で進行形 4話レビュー
     
     
    『GJ部』の藤原監督、『CLANNAD、IS』の構成:志茂さん、『GJ部、ゆるゆり』の動画工房と、製作スタッフに魅力がある作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:荒井チェリー
    監督:藤原佳幸
    シリーズ構成・脚本:志茂文彦
    キャラデザ・総作監:菊池愛
    アニメ制作:動画工房
     

     
    キャスト
     
    夜ノ森小紅:照井春佳
    夜ノ森紅緒:松井恵理子
    三峰真白:吉田有里
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
    さて4話ですが、小紅が『白夜との過去話』を知ったことで体調を崩す場面からですが……
     
    紅緒や真白が介抱してあげることに!
     
    いつも小紅は家族のために尽くしていますので、その分『恩返し』的な感じで皆が小紅に尽くすシーンは心温まりますね
     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    そんな皆の介抱もあり元気になった小紅は『命の恩人』の白夜に改めて感謝をしさらに仲良くなります!
     
    完全に『ラブコメ』になってますが、物静かな白夜は何故か応援したくなるキャラです!
     
    真白といい白夜といい、非常に味のあるキャラですね
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 7
     
     
     
    そんなこんなで4話まできましたが、私的に正直めちゃくちゃ『どストライク』の作品で嬉しいです!
      
    こういう『ノーマーク』だったのに面白い作品に出会えると嬉しいです♪
     
    今回は比較的シリアス展開でしたが、今後はほのぼのした作品になりそうですし、作画も綺麗ですし、今後の展開が本当に楽しみです
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    小紅が寝込んでいるとき変わりに家事を行った紅緒の指に『絆創膏』がはってあるシーンは素晴らしかったと思います!
       
    『こういう細かいところを良く描いたなぁ』と感動しました!
     
    『神は細部に宿る』といいますが、スタッフからの『キャラへの愛情』を感じれるのが最高だと思いました!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    人気アイドルの『心構え』 
     
     
     
     
     
     
     
    1.休まない
     
     
     
     
     
    2.愚痴らない
     
     
     
     
     
    3.考えない
     
     
     
     
     
     
    最後.いつも感謝
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    さて『I-1クラブ』のプロデューサーが語る『ブラック企業』の経営者が好きそうな心構えの言葉からはじまりましたが…
     
     
    2014年冬アニメ私的注目度3位: Wake Up, Girls! 4話レビュー!
     
     
    山本寛監督の久々の新作で、一番得意とする『アイドル』を題材にした作品です
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     

     
    近岡直さんのキャラデザも凄く良いですし…
     
    『ダンスシーン』にこだわりのあるヤマカンさんがどのように作ってくるのか非常に興味があります!  
     
    『アイマス』『ラブライブ』とアイドル作品が人気を博してますし、その流れに乗っていけるかも気になります
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて4話ですが地元のテレビ局やラジオでミニコーナーながら自分達の番組を持つことになった『Wake Up Girls!』ですが… 
     
    人気絶頂『I-1クラブ』のメインメンバーながら『仙台に逃げた』と思われている島田真夢が活動を再開したことを知った東京のゴシップ紙が取材に来るなど、不穏な状況に…
       
    『有名人の凋落』はマスゴミのエサになりやすいですからね…
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そして『I-1クラブ』も仙台支店を作り、地元仙台のアイドル『Wake Up Girls!』を潰しに来ますが…
     
    『I-1』『弱肉強食』システムで、人気がなければ辞めさせられ、後から次々と新人が入ってくる『競争社会』が構築されていました…
     
    プロデューサーの白木もこのやり方で人気を取ってきたのでかなり強気ですが、まるで『ブラック企業』のような心構えの唱和は『人間味』を感じない怖いイメージでした…
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    唱和の最初ではなく、最後の4番目に『感謝』という言葉を持ってくるあたり『感謝なんてしてないんじゃないか』と思っちゃいます…
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後は『仙台支店』に来た『I-1クラブ』の志保と真夢が遭遇…
     
    『逃げた』と思っている志保と真夢がどのような話をするのか次回が気になります…
     
    志保役は『大坪由佳』さんですが、珍しい主人公の『ライバル役』として出てくるのも興味深かったです!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    これで4話終了ですが、今回は真夢の『I-1を辞めた理由』に絡んだお話でしたが…
      
    『競争原理』のアイドルユニットの『切捨て』のドライさは見てて辛いものがありますね…
     
    『成功するアイドル』は一握りでしょうし、その何百倍もの『夢破れたアイドル』がいるのは『競争』ですから当然でしょうけれど…
     
    そうした『夢敗れた』人たちにスポットライトが当たるような作品はほぼ皆無ですし、そういう意味でも興味深い作品です
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も『アイマス』や『ラブライブ』とは違うアプローチの『アイドル作品』になりそうですし…
     
    ダンスシーンや音楽を含め、楽しみたいです!
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』なのも魅力ですし期待してます!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    この先どんな展開になるのか続きがメチャクチャ気になります!
     
    『キャッキャウフフ』と楽しいだけのアイドルアニメではこんな『ハラハラする展開』は絶対に見れませんし、先の読めない展開は本当に面白いです!
      
    普段扱われることのない話だからこそ、期待てます!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
     
     
    丹精こめた作物
     
     
     
     
    それだけで人の心と体を満たし
     
     
     
     
    『幸せ』にしてくれる!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    何より『作物を育てる』ことが喜びなんだ!
     
     
     
     
     
    いつか君にその喜びを知ってもらえたら…
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    アニメ『のうりん』第4話
     
    畑耕作のセリフより
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『笑えない』と嘆く林檎に対し、耕作が『農業の厳しさと喜び』を伝え、林檎を笑わせることに成功する『のうりん』らしいシーンからはじまりましたが…
     
     
    私的注目度5位: のうりん 
     
    異色の『農業』を題材にしたラノベ、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:白鳥士郎
    原作イラスト:切符
    監督:大沼心
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラデザ:小野田将人
    アニメ制作:SILVER LINK.
     
    キャスト
     
    畑耕作:浅沼晋太郎
    木下林檎:田村ゆかり
    中沢農:花澤香菜
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回はまず『農園を荒らすサル対策』をすることになりいろいろ知恵を絞り…
     
    最終的に『吹き矢』でサルの動きを止める作戦にし、早速実行し捕まったのは『腕の怪我をしているサル』でした…
     
    腕を怪我をしているため満足にエサにありつけず、仕方なく農園のエサを食べていたようです…
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    そして本来なら『害獣』として殺処分しなければならないところ、良田が動物園で引き取ってもらえる段取りをつけてくれました!
     
    あと原作ではここで良田が本当に『害獣が悪』で『農園が良』なのかという議論があるのですがアニメでは省略されてましたね
     
    原作では良田は『森の管理(林業工学科)』の発展により『動物と農業の共存共栄』ができるはずだという持論を展開しますが、まさにその通りだと思いました
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、耕作は『林檎が喜べない体質』になったことを知り、いろいろな方法を試しても喜ばない林檎『どうしたら喜んでもらえるか』を考えながら眠ると…
     
    夢の中で『大地(ガイア)』が登場し『人間は大地(ガイア)に何をしてきたのか?』と問いかけられ…
     
    同時に『大地(ガイア)はもっと耕せと囁いている』といい去っていきます…
     
    この『大地(ガイア)』のくだりは『のうりん』を有名にした言葉ですが、原作では『人間は大地(ガイア)で農業をしてきた』と耕作が悟ります
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    そして耕作は『自分達』では林檎を喜ばすことはできないけれど、『農業』なら喜ばせられるのではないかと考えた末に…
     
    耕作は林檎を『ある農場』に連れて行きます…
     
    ここからは『原作1巻』の最後の『核心部分』に入ります
     
     
     
     
     
     
     
     
    その農場は『連作障害(同じ作物を作り生産に障害がでた土地)』『死んだ土地』でした…
       
    原作での説明では、この『死んだ土地』『指定産地制度の補助金(ある特定の作物を作ると補助金がもらえる)のため、単一作物毎年生産させようと『化学肥料と農薬を使いまくった』ため…
     
    土地を耕すミミズが死んでしまい、単一作物を作ったため特定の病原菌や害虫がたまりまくって『農薬と害虫と病原菌漬け』の土地になってしまった土地でした…
     
    しかし『補助金』により『安定した農業』ができることは農家にとっても大切なことであり、非常に難しい問題の末、結果として生まれた土地であると説明がありました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしそんな『死んだ土地(ガイア)』にしたのが人間であれば、逆に『土地(ガイア)を生き返らせる』ことが出来るの人間ということで…
     
    田茂農林高校では『7年』かけてトマトを作るまで生き返らせたことを林檎に伝える耕作…
     
    7年…一度死んだ土地(ガイア)を生き返らせるのは本当に根気のいる作業だと実感します…
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後はその『生き返った土地のトマト』を林檎に食べさせると喜んで食べてくれました!
     
    そして冒頭の言葉のように『農業で人を喜ばすことが出来る』ことを実感した耕作と、原作にあった特に印象的な言葉として…
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    見てもらいたかったんだ
     
     
     
     
     
     
     
    どれほど病み疲れても
     
     
     
     
     
     
     
     
    必ず元に戻るってことを
     
     
     
     
     
     
     
     
    という部分はリンクしてすごく心に響きました…
      
    普通は『良い面』だけがクローズアップされますが…
     
    この作品は『裏の部分』『真実の部分』もきちんと描かれているのが人気の秘密だと改めて感心しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんなこんなで4話終了ですが、これぞ『のうりん』らしい話で素晴らしかったと思います!
     
    そしてあくまでこの作品は『ライトな農業』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
      
    あとはところどころ今回のように『農業の現状』を混ぜてくると思いますので、そういうところだけ『キッチリ』伝えてくれればいいと思います!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tが原作1巻を読んだとき一番印象に残ったのが今回の部分『ただのラノベ』ではないと驚いたのを今でも思い出します!
     
    必ず原作やアニメを見た方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
     
     
    そして『ラノベベース』ですので読みやすいですし…是非とも原作も多くの人に読んで欲しいです!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    感想 : 今回はラブコメ王道の『倉庫に2人』のシュチュエーションでしたがメチャクチャ面白かったです!
      
    やっぱりこの演出は『ラブコメには外せない』ですし、2人の距離が近づくのが良く分かる上手い描き方だったと思います!
     
    『奇抜』も面白いですが『王道だからの良さ』を再認識しました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     ニセコイ 4話ビュー
     
    今期の『シャフト作品』ですが、どのようになるのか気になる作品です!
     
     
     
    スタッフ
    原作:古味直志
    総監督:新房昭之
    シリーズ構成:東冨耶子・新房昭之
    監督:龍輪直征
    キャラデザ・総作監:杉山延寛
    総作監:潮月一也、
    音楽:神前暁、
    アニメ制作:シャフト
     
     
    キャスト
    一条楽:内山昂輝
    桐崎千棘:東山奈央
    小野寺小咲:花澤香菜
    鶫誠士郎:小松未可子
     
     
     
     
     
      
    桐崎が『艦これの金剛』役の東山奈央さんなので、帰国子女キャラそのまんまなのも面白い趣向です!
     
    しかもウサギ耳型の髪飾り島風みたいで親しみやすいです!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて一条と桐崎が『親の都合』無理やりつきあう展開の中、一条を好きな小野寺を思い、友人のるりが『一芝居』打ち『一条の家で勉強会』をすることになりますが…
     
    ただその勉強会は『一条と桐崎は付き合っている』という前提の下…
     
    一条は『小野寺が好き』、小野寺は『一条が好き』、桐崎は『小野寺と女友達になりたい』という複雑な思惑が絡み合う勉強会でしたw
     
    まあ『三角関係』によくあるパターンですw
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そんな状況で『一条と桐崎』の仲を進展させたい組員が『倉庫』に2人を呼び出し押し込めてしまいます!
     
    密室状況で『男女が2人』という『王道シュチュエーション』の出来上がり!
     
    『王道中の王道』ですが、それでもこういう展開は見てて気持ちが盛り上がります!
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    で、当然(?)のごとく『キスをする直前』で倉が開き、小野寺にそのシーンを見られる一条w
     
    一条は小野寺に見られ泣きますが、桐崎は逆に一条との心の距離を一気に縮めました!
     
    桐崎のこういう素直な描写はすごくいいですね
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんな4話でしたが王道の『リタフニコウソクイイタ』←はやっぱり萌えます!
      
    ここの描き方で『作品の色』が見えますが、ニセコイは『CLANNAD方式』でしたね!
     
    ってか一条が『アマガミ』の『膝裏キス』のような変態紳士行動を取らないで良かったですw
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 8
     
    …ってか改めてアマガミは『伝説レベル』変態ラブコメ(褒め言葉)と思い知らされますw
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『桐崎と一条』の心の距離が近づくエピソードになりましたし…
     
     
    シャフトらしい『独特の感性の作品』でもあるので今後も楽しみです!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが、私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    実は『超古代ウド川文明とウクライナ』は繋がっている!
     
      
    『な…何だって―――!
     
     
    という『MMR的展開』でした^^;…ナターシャの過去も含め味わい深い話でした
     
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ:『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』4話感想 
     
    『岡村天斎×星空めてお』という個性派スタッフのオリジナルアニメです
     
     
    製作スタッフ
     
    原作: hunting cap brothers
    監督: 岡村天斎
    シリーズ構成:星空めておTYPE-MOON)、岡村天斎
    キャラクター原案: 黒星紅白
    キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟
    音楽:加藤達也
    アニメーション制作: A-1 Pictures
     
    キャスト
     
    星宮 ケイト/ ヴィニエイラ様:久野美咲
    地紋 明日汰/ ドヴァー:花江夏樹
    鹿羽逸花 / プラーミャ様: 伊瀬茉莉也
    ナターシャ / ウーム教授:花澤香菜
     
     
     
     
     
    さて、今回は前回の『喫煙家撲滅』という身近な話題から一転『超ウド川文明』が登場する『超展開』でしたが^^;…
     
    ウクライナで孤児になったナターシャがこの文明でケイトに助けられ、世界征服の一員になった経緯が語られました!
     
    『特殊な子供→親が心配し変なもの(宗教等)に肩入れ→子供道連れ』という結構ありがちなシナリオでしたがそういうことだったんですね…
     
    イメージ 4
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    あと『ロリナターシャ』『苺ましまろ』のアナにそっくり
     
    やっぱりこういうキャラは人気が出ると思います!
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    で、今回の最後は『ロボ子』が敵を殲滅しますが…
     
    『ミサイル発射シーン』は見応えがありました!
     
    『発射や爆風の演出』は見ていて感動しました!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんなこんなで話終了ですが、前回は喫煙者撲滅というかなり『極論』の話だったこともあり、比較的落ち着いた内容でした!
     
    あとあくまでこの作品は『日常の悪を征服すること』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
      
    どことなく『絶望先生』や『じょしらく』の久米田さんの『社会風刺』の作風にも似ている気がしますし、そういう意味でも楽しみです!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば最近『小保方さん関連』『リケジョ(理系女子)』なる言葉が流行りだしてますが…
       
    よく考えると今回のナターシャしかり、『はがない』の『理科』しかり、昔からアニメでは一つのジャンル(マッドサイエンティスト含)として確立してましたよね!
     
    時代がアニメに追いついてきた感がありますし、そういう意味でも今後の理系キャラも期待したいところです! 
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は『綾火vsメデューサ』のバトルシーンがありましたが凄い迫力で鳥肌モノでした!
     
     
    それもそのはず、脚本:水島努さん、絵コンテ:『コードギアス』監督の谷口悟郎さん、演出:『禁書目録・超電磁砲』演出の桜美かつしさんと、ものすごいラインナップでビビりましたw
     
     
    改めてトップクリエイターが集まって作品を作ると良いものが出来るんだなぁ…と実感できた回で、何度でも見たい素晴らしい回でした!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    『水島努監督×J.C.STAFF』という『じょしらく』で見せた相性の良さが生かされそうな作品です!
     
    製作スタッフ
     
    原作:水薙竜
    監督・シリーズ構成:水島努
    脚本:水島努、横手美智子、吉田玲子
    キャラデザ:冷水由紀絵
    アニメ制作J.C.STAFF
     
    キャスト
     
    多華宮仄:小林裕介
    火々里綾火:瀬戸麻沙美
    多華宮霞:茅野愛衣
     
     
     
     
     
     
     
    『ガルパン』の水島努監督の新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと『じょしらく』の時には最終回を当日に納品したくらい『こだわり』を持って作った『J.C.STAFF』を水島努監督も褒めていましたし、組み合わせとして面白そうです!
     
     
    イメージ 2
     
    ちなみに私的には『クロノワール』推しです♪
     
     
     
     
     
     
     
    さて本題ですが、5『綾火と仄』の関係が仄の母から語られ…
      
    どうやら『仄の母』と『綾火の母』が高校時代相思相愛で、同性のため結婚できないので『自分達の子供を結婚させる』という約束をしていたことが発覚!
     
    同性愛の究極系ですw同性婚をはるかに超える『ディープ』な関係でしたw
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、綾火の豪邸に向かう2人ですが、最上階には『塔の魔女』の『メデューサ』が待ち構えており一気にバトルへに突入しますが…
     
     
    綾火はメデューサの能力『石眼石手』により石化してしまいます…
     
    いつも無敵の綾火が石化…一気にピンチに…
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    そんなピンチに仄は最終手段の『クロノワール』からもらった『封印をとく飴』を食べると…
      
    エヴァーミリオンなる悪魔が登場し、建物ごとメデューサを吹き飛ばします!
     
    さらに強力な謎の戦力が登場!
     
     
    イメージ 7
     
    ちなみにエヴァーミリオン役はMr.Tの大好きな『能登麻美子』さんでテンション上がります!
     
     
     
     
     
     
     
    その後エヴァーミリオンに対し仄が『綾火の石化を解除して欲しい』とお願いすると…
      
    『仄の目を潰す』ことで助けることを伝えると、仄は躊躇なく『それで綾火が助かるなら』と即答!
     
    この仄の『無垢な心』…私の穢れた目には眩しすぎます…
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    そんな純真な仄に対しエヴァーミリオンは『綾火への愛は本物』なことを確かめると、キスをすることで解除できると伝え…
      
    同時に仄に『綾火を少しでも疑っている心』があったから綾火は石化したんだと忠告して去っていきます…
     
    パートナーとして『綾火の強さ』に少し戸惑っていた仄の心につけ込まれたんですね…
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    その後、仄が綾火の『ほっぺにキス』をして目覚めさせ、綾火はメデューサと再戦し、今度は『強い心』をもった仄により石化は防がれ…
      
    綾火はメデューサを倒すことに成功します!
     
    ここのバトルシーンカッコよかったです!鳥肌モノでした!
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
    最後はメデューサも学校に居座ることになり…
     
    綾火は仄に『お返しのキス』をします!
     
    あれだけのバトルが一気に『学校生活』に戻るのも面白いですw
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで5話終了でしたが、理由云々よりとにかく面白かったです!
      
    毎週日曜『ウィッチクラフトワークス』を見るのが楽しみになってます!
     
    半沢直樹以来の『日曜日が待ち遠しい』状況になっている自分がいます!
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
    あとは1話から5話連続で水島監督が『脚本』を担当していまして…
     
    これって『全話脚本が水島監督』なのかな?
     
    あまり『監督がテレビアニメで連続で脚本を書く』ってないパターンなので、斬新で面白いです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    来週も楽しみです! 
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    あとやっぱり『J.C.STAFF』は『禁書目録・超電磁砲』を扱っただけあって戦闘シーンの描き方がどんどん進化してますね!
     
    過去の作品により『経験値が蓄積』されていることを実感します!
     
    作画も全然崩れませんし、こういうところが『過去ヒット作を作った経験と強み』だと思いますし今後も期待してます!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

older | 1 | .... | 45 | 46 | (Page 47) | 48 | 49 | .... | 99 | newer