Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1161 to 1180 of 1962)
(showing articles 1161 to 1180 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 57 | 58 | (Page 59) | 60 | 61 | .... | 99 | newer

    0 0

     
      
     
    今回は『ヤマノススメ』のお話ですが
        
    2クール目13話の前に今回特番が放送されました
     
    あおい役の井口さんと楓役の日笠さんが『ヤマノススメバス』に乗って都内を回っていました
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、2クール目も『癒し枠』です
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯
    黒崎ほのか:東山奈央

    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は井口さんと日笠さんがバスに乗って2期1クール目の思い出話をしていましたが…
     
    日笠さんは『楓のお姉さんらしさ』、井口さんは『あおいの富士登山挫折』について語られていました
     
    私的に楓の『経験者だからこその含蓄のある言葉』は非常に胸に響くので納得しました
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    あとあおいは富士登山挫折をしてしまいましたが『山に登るのが好き』という気持ちを忘れずに持っていてくれたのは嬉しかったです
     
    これであおいも精神的に成長しましたし今後に期待です
     
    この作品は登山初心者のあおいが登山を経験することで『成長していく』のが見えるのが本当に素晴らしいと思います!
     
    イメージ 3
     
     
     
    そして2クール目に出てくるほのか役の東山さんが登場しました!
     
    ここで東山さん登場するんですね!2クール目も楽しめそうです
     
    写真好きということで、また個性的なメンバーが増えそうですね
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    そんな特番話でしたが秋葉原までバスが出張してきていたんですね!
     
    かなり目立ちますし、こんど飯能に行くときに見てみようと思います!
     
    飯能でラッピングバスというのも地元を意識していていいと思います
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    あと登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれることを期待すると共に、登山初心者の方にも『山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    感想 : どんな作品か詳しい内容を知らずに見ましたがけっこう面白かったです!
      
    ってか先生役の津田美波さんって『ゆるゆり』の結衣のボーイッシュなイメージがあるので、甘えるシーンとか新鮮で感動しちゃいました!
     
    いろんな声を出せるのはさすが声優さんだなぁ…って思わず思っちゃいました
     
    イメージ 1
     
     
     
    デンキ街の本屋さん 第1話レビュー

    キャスト
    ひおたん:高森奈津美
    先生:津田美波
    腐ガール:竹達彩奈


    スタッフ
    原作:水あさと
    監督:佐藤まさふみ
    監修:森脇真琴
    シリーズ構成:ふでやすかずゆき
    キャラデザ・総作監:國行由里江
    音楽:ポニーキャニオン
    アニメ制作:シンエイ動画
     
     
     
    人気漫画作品のアニメ化ですがコミック・同人専門店が舞台というのも面白そうです
     
    あとアニメ製作がドラえもんでおなじみの『シンエイ動画』というのも斬新で気になります!
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『秋葉原と思われる場所のコミック・同人専門の本屋』を舞台にした内容で…
     
    Aパートは『都条例』関係、Bパートは先生を中心とした『コミケ』関係になってました
     
    都条例の視察する女性もエ○本が好きという展開も斬新でしたw
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    あとBパートでは先生が実は主人公の海雄が好きな絵師さんだったということでコミケ直前で困っている先生を助ける話でしたが…
     
    甘える先生がいい感じでしたし、好きな絵師さんのために頑張る海雄にも感情移入できました
     
    やっぱり好きな絵師さんには純粋に頑張って欲しいですからね!Mr.Tもコミケで好きな絵師さんに差し入れをするのもそういう意味もあります
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    それからドラえもんに代表されるシンエイ動画の『作画の安心感』はいろんな意味で驚きでした
     
    京アニやシャフトのような高度な演出や作画はないですが、『安心感のある作画』は健在で、やっぱり昔からアニメを作ってきた歴史の賜物だと思います
     
    なんかホッとする作画なんですよねえ…こういうのもいいですね
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    今後も暫く視聴します
     
     
     
    ではまた!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    あとヒロインのひおたん役の高森奈津美さんの声って金元寿子さんに似ているなぁ…って思っちゃいました
     
    非常に可愛い声ですし、放課後のプレアデスのすばる役でしたが今後も楽しみです
     
    今期はアニメの本数が多いですし、いろんな声優さんの声が聞けそうなのでそれも楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
      
     
    今回は『ヤマノススメ』のお話ですが
        
    『ヤマノススメ×石井スポーツ』コラボグッズ第二弾の『ボトル&マグカップ』を買って来ました!
     
    数量限定ということもあって買えるかドキドキしていましたが、買えて良かったです…
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、2クール目も『癒し枠』です
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯
    黒崎ほのか:東山奈央

    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回はヤマノススメとコラボしている石井スポーツが『山でも使える便利なコラボグッズ』の第2弾として『ボトルとマグカップ』を発売しましたが…
     
    実用的なこともさることながら非常に良品で、『Natural Spirit チタニウム製 ダブルウォールカップ』は世界有数の金属加工地である新潟燕三条の職人さんの手ひとつひとつ丹念に製造された特注品です
     
    ナルゲンボトルも本来研究用業務の規格品として開発したもので軽くて丈夫と非常に利便性があります!こういうこだわりのグッズはファンとして本当に嬉しいです
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そして私的に嬉しかったのが『赤のボトル』がメチャクチャカッコいいことです!
     
    早速出かけるときに使ってみたいと思います『レッズ』と同じ色なのも嬉しいです!
     
    あまりに気分が高揚したのでレッズの『ミニタオルマフラー』を巻いちゃいました!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    こういう日常的に使えるコラボグッズは大歓迎です!
     
    今後も『実用的かつセンスを感じるグッズ』を期待しています!
     
    いろんなシーンで使えそうですので使うのが楽しみです
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    そしてアニメも『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    あと前も書きましたが、登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれる作品になることを期待すると共に、登山初心者の方にも『是非山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
    そして今日『石井スポーツ』で見かけた『ポスター』『山登り10訓』というものがあり非常に共感したのでご紹介します
     
    是非とも登山される方にはこの内容を守って欲しいと思います!
     
    まさに今の状況こそ必要な訓示だと思いますし多くの人に知って欲しいと思います
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    戦闘シーンの迫力といい、背景の美しさといいTVアニメのレベルではないです…さすがufotableの本気は恐ろしい… 
      
    『Fate/Zero』『空の境界』と名作を世に送り出しているufotableの本領発揮です!
     
    凜もメチャクチャかわいいですし感動しまくりでした!こういう作品を待っていました!
     
     
    イメージ 1
     
    この凜の照れながらの笑顔が最高でした!
     
     
     
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回は『1時間番組』にしてきました!
     
    理由としては『凜のアーチャー召喚~セイバー登場』までを一区切りとして一気に見てもらいたいからのようですね 
     
    これは『Fate/Zero』でも同じく初回を1時間にして英霊召還までしたのと同じで『初見の人にも分かりやすく』なっていて良いと思いました
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    あと凜メインだけあって非常に可愛く描かれているのがいいですね!
     
    凜はいろんな表情を見せてくれるのが魅力です!
     
    ufoの人物の描き方は本当に上手いと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    そして戦闘シーンは『凄い!』としか言えません!
     
    TVアニメなのにハイクオリティな作画で感嘆の言葉しか出ませんでした…
     
    本当に素晴らしい仕事だと思います! 
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    さて今回は導入部分ということもあり1時間かけて世界観の紹介の形となりましたが…
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
     
    先々の展開も期待してます♪
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
    それにしても『作画』が本当に綺麗ですね・・・
     
    特に凜がランサーから逃げるシーンで、アーチャーに助けられた凜が、加速度で走ってしまうところとか『細かいところまで描いているなぁ…』と感動しました…
     
    こういう細かい動きが入ってくるのが『リアリティ』にもつながりますし、ufoの細部までこだわった作品作りは健在だと思いました
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だった凜や桜やイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    『Fate/Zero』は虚淵風味で『濃いアニメ』でしたが、その違いも面白いと思います!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
     
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第27節『浦和レッズvs徳島ヴォルティス』戦がありました!
     
    優勝のためにも、最下位の徳島に対し何としても勝ち点3を取りたい試合でしたが…
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    その結果は
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第27節
    2014年10月5日(日)14:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    浦和レッズ 2-1徳島ヴォルティス
    得点者:
    33分 衛藤 裕(徳島)
    41分 柏木陽介
    63分 那須大亮

    入場者数:23,294人
     
     
     
    台風接近による大雨でピッチコンディションが最悪の状況の中…
     
    浦和は先制されるものの柏木の華麗なFKとセットプレーからの那須の気迫のゴールで逆転し勝ちました!
     
    先制されながらもしたたかに勝つ今年の浦和は頼もしく感じました!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    さて今日はスタジアムで観戦しましたが、台風が近づいていることもあり大雨の中でのプレーになり…
     
    水溜りでボールが止まってしまう最悪のピッチコンディションでした…
     
    埼スタって水はけがいいって聞いていたのですが、今回は仕方がなかったです…
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    今日の浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』で…
     
    前節から1週間空いたこともあり、休養十分なベストメンバーでした
     
     
     
    今日の布陣
     
     
     
              興梠
     
     
         柏木         
     
     
       宇賀神            平川
     
     
           阿部    鈴木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
     
    さて試合開始ですが浦和が得意とする『パス回し』水溜りが出来るほどの雨のため使えず  
       
    そのかわりにトップの興梠と李ロングボールを入れるなど、浦和はいつもと戦術を変えてきました
     
    臨機応変に対応できるのが浦和の強みです!一昔前のイングランドサッカーを見ているようでした
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして試合は浦和優位で試合が進みますが、一瞬の隙を突かれ徳島に先制されてしまいます…
      
    前節のC大阪戦もカカウの個人技でやられましたが、この試合も同じような形でやられてしまいました…
      
    非常に厳しい試合展開に…
     
     
     
     
     
     
    しかし前半のうちに柏木のFKで1-1の同点に追いつくと、後半那須がFKから逆転弾を入れてそのまま2-1で浦和が勝ちました!
      
    那須もナイスゴールでしたが、前半の柏木のFKのゴールはチームを救う得点だったと思います!
      
    柏木のゴールは先制された後のスタジアムの嫌な雰囲気を一気に明るくしました!
     
    イメージ 4
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    優勝のためには連敗しないこと大事でしたし、きっちり徳島に勝ったのは素晴らしかったです!
     
    残り7試合とラストスパートの時期になってきましたし、今後も期待したいです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
    そういえば2位鹿島・3位川崎がそれぞれ負けたため、1位の浦和と2位との勝ち点が7まで広がりました
     
    去年の浦和は常に首位を追いかける厳しい展開でしたが今年の浦和は首位にいることで余裕を感じることが出来ます
     
    去年の浦和がそうでしたが、2位以下は『負けられない』というプレッシャーがあるので、そういう意味でも勝ち点差7浦和の優勝に向けて大きな意味を持ちそうです
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    あと徳島より台風の中、さいたまスタジアムまで来られた徳島ファンお疲れ様でした
     
    ってか台風接近で飛行機が欠航になっていますが、徳島に帰れるのかな?
     
    そして徳島には大スポンサーの『大塚製薬』がついていますし、今後も期待しています
     
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
    Keyの名作『Kanon』のメインライターとして活躍していた久弥さんが『sola』以来のアニメ作品で戻ってきました!
      
    OPにKanonと同じくI'veの高瀬さんを起用されたり、物語も『Kanon+sola+あの花』私的に大好きな路線で1話から感動しました!
     
    Kanonという『泣きゲーの先駆的作品』を麻枝准さんと作られた久弥さんの本領発揮になりそうです
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    私的注目度5位: 天体のメソッド 1話レビュー

    キャスト
    古宮乃々香:夏川椎菜
    水坂柚季:豊崎愛生
    椎原こはる:佳村はるか
    戸川汐音:小松未可子
    ノエル:水瀬いのり
    水坂湊太:石川界人
     
    スタッフ
    監督:迫井政行
    原案・脚本:久弥直樹
    キャラ原案:QP:flapper
    キャラデザ・総作監:秋谷有紀恵
    アニメ制作:Studio 3Hz
     
     
     
    ゲーム会社『Key』のシナリオライターとして『麻枝准』さんと双璧をなした『久弥直樹』さんが『sola』以来の久しぶりにアニメ作品に参加されるということで期待の作品です!
     
    Kanonなどの名作に関わった久弥さんですが、solaも非常に情緒的で良かったですし期待です!
     
    麻枝さん、虚淵さん、田中ロミオさんとゲームシナリオライター出身者がアニメ作品で活躍されていますので久弥さんにも期待です
     
     
     
     
      
     
      
    で、早速レビューですが今回は主人公の乃々香が北海道に引っ越してきたところから始まりますが…
     
    そこでノエルという天体望遠鏡がある場所に住んでいる少女に出会います
     
    ノエルが生霊なのか生身なのかまだ分かりませんが不思議な少女…なんとなくKanonの月宮あゆを思い出すような少女です…
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そして物語は過去に遡り、乃々香が昔この町に住んでいて、5人の友達と天体望遠鏡がある場所で遊んでいる描写と、引っ越すためこの町を出て行く話が描かれます…
     
    乃々香は昔この町にいたんですね…そして『昔の仲間達』とまた出会う展開まはまさに『あの花』のようです
     
    こういう過去の描写をうまく織り交ぜることで物語りに深みを持たせるのは久弥さんの脚本の上手いところだと思います
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    その後ノエルが乃々香の部屋の掃除を手伝いますが…
     
    乃々香が母の写真のガラスをノエルが割ってしまったと勘違いしてノエルを怒って家から追い出してしまいます…
      
    乃々香にとって母は特別の存在なのがこの描写で分かります 
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    最後はガラスを割ったのは父であることを知りノエルを怒ってしまったことを後悔した乃々香がノエルに謝りに行きますが…
     
    過去の記憶から『天体望遠鏡』がある場所を思い出し、そこに行くとノエルが待っていて『信じていた』というノエルと…
     
    ノエルは『約束を果たすためにここにきた』という言葉で1話が終了
      
    『約束』とは何なのかこれから明かされると思いますがこの『現実+ファンタジー』が入り混じる話はKey作品のようで本当に楽しみです
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は乃々香とノエルの再会が描かれましたが1話から物語に入り込みやすい展開にしたのはさすが久弥さんでした!
     
    『昔の仲間に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルを組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    OPもEDも凄くいい曲ですし、solaの時もOPEDが良かったですが音楽も今後楽しみです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
    やっぱり私的にこういう作品が大好きなんだと再認識しました…
     
    作画も綺麗ですし、キャラもかわいいですし、音楽もいいですし、脚本もいいですし…全てが申し分のない1話だったと思います
     
    solaも『情緒的』でしたし、この作品にも『sola』という言葉が入っているのも繋がりを感じますし本当に楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    感想 :  マスケット銃を出す少女って『まどか☆マギカ』のマミをイメージしているんですかね?
      
    全体的に『説明メイン』だったのであまりインパクトはない回でしたが、これから動き出すんですかね?
     
    『京アニクオリティ』は健在でしたが、もっと動きがあるシーンが今後増えるといいなぁ…と思いました
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度4位: 甘城ブリリアントパーク 
     
     

    キャスト
    可児江西也:内山昂輝
    千斗いすず:加隈亜衣
    ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ


    スタッフ
    原作:賀東招二
    原作イラスト:なかじまゆか
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:志茂文彦
    キャラデザ:門脇未来
    音楽:光宗信吉
    アニメ制作:京都アニメーション
     
     
     
    今期の京アニは久しぶりのTBSでの放送で期待が高い作品です!
     
    シリーズ脚本も『CLANNAD』の志茂さんですし安定して楽しめそうな作品です
     
    『Free』が人気ですし、この作品次第で京アニの作品作り(女性向けに特化?)も変わってきそうですし気になりますね
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『古びた遊園地・甘城ブリリアントパーク』を舞台にした内容で…
     
    主人公の西也は突然表われたヒロインのいすずに遊園地に連れてこられ『案内』をされます
     
    すべてのアトラクションが死んでいる状況…夢の国とは真反対ですね…
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そして遊園地の支配人のフルーランザという少女が表われ自分達は『魔法の国・メープルランド』から来ており、あと3ヶ月で25万人集めないとパークは閉園し行き場所を無くすと言われ…
     
    西也に支配人になるように依頼し、フルーランザが西也に魔法を授けるためキスをします
     
    けっこう強引な展開で『支配人』になる西也…今後この寂れた遊園地を立て直していきます

    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんな1話でしたが、非常に静かなスタートでした
     
    ただやっぱり京アニだけあって『作画の素晴らしさ』は健在で、ここは京アニブランドのなせる業だと思います
     
    あと京アニには珍しい裸のシーンも出てきてビックリしましたし、意外性を楽しみたいと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    今後も視聴します
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    ただ世界バレーの関係で放送日が火曜早朝に変更になっちゃったのは1話として辛いですね^^;
     
    予約録画変更していない人は1話見逃しちゃったんじゃないかな?
     
    そういう意味でもTBSにはもう少し対応を良くして欲しかったと思いました
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    『天体のメソッド』のEDを何回も繰り返してみているMr.Tです!
      
    この作品のEDはfhanaが奏でる『星屑のインターリュード』が名曲ですし、作画も素晴らしいです
     
    特にノエルのこの笑顔今年No.1のヒットと言っていいほど最高す!
     
     
     
     
     
     
      
    で、EDを作られた方を調べたら江畑諒真さんという方で、どこかで見たことある名前だなぁ…と思っていたら…
     
    『まどか☆マギカ』の1話の作画監督だったんですね!どうりで上手いはずだ…
     
    エンディングアニメーションの絵コンテ・演出・作画監督・原画を全て担当しているというのですから素晴らしい才能ですね!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    あとfhanaですが『ウィッチクラフトワークス』のOPもそうでしたが良曲が多いですね!
     
    やっぱり良作には良曲が欠かせないのを改めて感じました!
     
    ヴォーカルはtowanaさんですが澄んだ声の中にも力強さがあって素晴らしい歌手ですね
     
     
     
     
      
     
     
    そして脚本の『久弥直樹』さん繋がりですが『sola』OP『colorless wind』ED『mellow melody』もいい曲ですので是非とも聴いてみてください!
     
    solaはOPもEDも素晴らしかったですし、今でも聞いているくらいです
     
    久弥さんの関わるアニメ作品はOPEDに名曲が多いです!『Kanon』もOP『Last regrets』、ED『風の辿り着く場所』は素晴らしい曲ですよね
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    アニメも1話から久弥さんらしい『余韻』を残す展開でしたし…
     
    『昔の友人に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルを組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    音楽も含めて今後も楽しみです
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
    アニメ1話でも書きましたが私的にこういう作品が大好きなんだと再認識しました…
     
    作画も綺麗ですし、キャラもかわいいですし、音楽もいいですし、脚本もいいですし…全てが申し分のない1話だったと思います
     
    solaも『情緒的』でしたし、この作品にも『sola』という言葉が入っているのも繋がりを感じますし本当に楽しみです
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は久しぶりにあおい達の地元飯能の『名栗の蛍』回でしたが、埼玉ローカルネタで最高でした!
     
    名栗がアニメで放送されるのは今後もうないでしょうし、飯能は良い宣伝になっていますね!
      
    『らき☆すた』で鷲宮が人気になったり、『あの花』で秩父が人気になったりと、埼玉の魅力を紹介してくれる作品は嬉しいです!
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    2014年夏アニメ:ヤマノススメ セカンドシーズン第13話レビュー!
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、今期の『癒し枠』として期待できそうです
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯


    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて13話ですが、今回は久しぶりにあおい達の地元飯能の名栗の蛍を4人で見に行く回でしたが…
     
    あおいとひなたは子供の頃一緒に蛍を見に行った際に『謎の生物』を見たようで、特に不安を感じます
     
    子供の頃のひなたは泣き虫だったんですね
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    ただ実際名栗に着いて蛍を見ると4人の周りを囲むように蛍が光だします!
     
    非常に幻想的な雰囲気で癒されます…
     
    名栗の蛍は埼玉では結構知られていますが、飯能にとっては全国的に良い観光PRになりますね
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    最後はひなたとあおいが子供の頃に見た謎の生物が明かされ…
     
    ここなが子供の頃に母に作ってもらった着ぐるみの蛍を着た姿で2人に会っていたことが原因だと判明!
     
    15分でちゃんとオチがつけられるのもさすがでした
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    そんな13話でしたが、飯能の良いPRになりました!
     
    作画も凄く綺麗で2クール目も期待できそうです!
     
    あとEDに1期の『スタッカート・デイズ』を入れてきたのも驚きましたし来週以降も期待してます
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
        
    『ヤマノススメ×石井スポーツ』コラボグッズ第二弾の『ボトル&マグカップ』を買って来ました!
     
    実用的なこともさることながら非常に良品で、『Natural Spirit チタニウム製 ダブルウォールカップ』は世界有数の金属加工地である新潟燕三条の職人さんの手ひとつひとつ丹念に製造された特注品です
     
    数量限定ということもあって買えるかドキドキしていましたが、買えて良かったです…大切にします!
     
     
     
     
     
     
     
    あと前も書きましたが、登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれる作品になることを期待すると共に、登山初心者の方にも『是非山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
    そして以前『石井スポーツ』で見かけた『ポスター』『山登り10訓』というものがあり非常に共感したのでご紹介します
     
    是非とも登山される方にはこの内容を守って欲しいと思います!
     
    まさに今の状況こそ必要な訓示だと思いますし多くの人に知って欲しいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    フェルミ推定 :実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算すること
     
    今回は西也が今後『問題がある遊園地の改善』していく内容になるのが分かりましたが、フェルミ推定を知っているなど問題解決スキルを持っていることが明かされましたね
     
    流れ的には『京アニ版・もしドラ』みたいかな?今後どのようにこのダメ遊園地を立て直すのか楽しみです
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度4位: 甘城ブリリアントパーク 
     
     

    キャスト
    可児江西也:内山昂輝
    千斗いすず:加隈亜衣
    ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ


    スタッフ
    原作:賀東招二
    原作イラスト:なかじまゆか
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:志茂文彦
    キャラデザ:門脇未来
    音楽:光宗信吉
    アニメ制作:京都アニメーション
     
     
     
    今期の京アニは久しぶりのTBSでの放送で期待が高い作品です!
     
    シリーズ脚本も『CLANNAD』の志茂さんですし安定して楽しめそうな作品です
     
    『Free』が人気ですし、この作品次第で京アニの作品作り(女性向けに特化?)も変わってきそうですし気になりますね
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『古びた遊園地・甘城ブリリアントパーク』を舞台にした内容で…
     
    主人公の西也は突然表われたヒロインのいすずに遊園地に連れてこられ『支配人代行』をさせられることに
     
    支配人のフルーランザとのキスで『相手の心が読める魔法』を授けられる西也…
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そして遊園地は甘城企画との契約で『5年連続で50万人を下回る』場合には経営権を甘城企画に委譲することになっており、今年が5年目で、9か月経ってもいまだに25万人しかいない状況…
     
    経営状況としても冒頭の『フェルミ推定』では1家族4人で約8万を使ってくれないと採算が合わない状況…そして普通に考えればあと3か月で25万人を呼べる状況でははありません…
     
    あまりに無計画な状況を見て西也は支配人代行を断ります
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    その後フルーランザが職員全員を集め3か月後に閉演すると伝えると皆うなだれてしまいますが、その状況を見かねて西也が『3か月で経営を立て直す』と啖呵をきり経営管理することになります!
     
    西也は『この遊園地に来る客はバカだ!』と言ったときに職員が『お客をバカにされて怒りを持った』のを見て『まだ脈がある』ことを認識したようです
     
    こういう『細かいところ』を瞬時に見抜くのも経営能力があるのがわかります
     
     
    イメージ 4
     
     
    確かに『怒り』『本気じゃないと生まれない』ですからね
     
     
     
     
     
    さてそんな2話でしたが、落ち目の遊園地を立て直す『経営改善アニメ』になりそうでリーマンのMr.Tとしても勉強になりそうな作品ですし…
     
    京アニの美しい作画も含め先々楽しみです!
     
    あと前回京アニには珍しい裸のシーンも出てきてビックリしましたし、意外性を楽しみたいと思います
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    最初に思っていたのと違って非常に面白そうな題材ですね
     
    『フェルミ推定』など出てくるアニメとは思いませんでした!
     
    最近の京アニは『動きがある作品』が多かったですが、こういう落ち着いた作品も上手いですし今後も楽しみです
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    感想 : 『アニメ業界の製作現場』を描く作品ですが、アニメ業界って大変なんですね…
      
    P.A.WORKSは『働く人を描くアニメ』、水島努監督は『アニメ現場の内情を描きたい』という流れでオリジナルアニメができたと思いますが、リアルな作品』になりそうで期待です
     
    『バクマン』のアニメ製作版みたいな感じになりそうですし、絵柄もいいですし期待できそうです
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度3位SHIROBAKO 
     
     

    キャスト
    宮森あおい:木村珠莉
    安原絵麻:佳村はるか
    坂木しずか:千菅春香
    藤堂美沙:野麻美
    今井みどり:大和田仁美

    スタッフ
    原作:武蔵野アニメーション
    監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラクター原案:ぽんかん⑧
    キャラデザ:関口可奈味
    アニメ制作:P.A.WORKS
     
     
    『ガルパン』の水島努監督のオリジナル新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『Angel Beats』でも綺麗な作画を見せてくれた関口可奈味さんがキャラデザで期待です
     
     
     
     
     
     
    さて1話冒頭は主人公のあおいが高校時代の『アニメーション同好会』にいた時から始まり…
     
    『仕事』ではなく『夢』を形にするアニメに無限の可能性を感じているあおい達が描かれます
     
    アニメの製作の大変さ形になる面白さを両方感じる時期でキラキラしています
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    その後2年半が経ち、社会人としてアニメ会社に就職したあおいは『日々の仕事』に追われる日々…
     
    7年ぶりの元請作品のアニメ化のために奔走します
     
    希望して就職したものの、期待と矛盾の狭間で揺れます
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    そんな中、無事1話放送したと思ったら3話で作業に支障が出てしまい急遽4話の作画監督だった瀬川に依頼し、何とか作ってもらえたものの…
     
    最後はその瀬川が倒れてしまう描写…
     
    1話のつまずきが後に連鎖していく…リーマンのMr.Tにはこの流れが痛いほど伝わってきます…
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さてそんな1話でしたが、アニメ業界の光と影がいきなり出てきました
     
    水島努監督ですので『思い切った作品』を作ってくると思いますし、ぜひとも『アニメ業界の問題提起』になるような作品になるように期待したいですし…
     
    同時に『アニメ業界はやりがいがある』ことを示してほしいと思います
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    今後も視聴します
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    私的にこの作品を見て思ったのが、大変な仕事だけど『やりがいがある』からこそ多くの人が頑張れるんだろなぁ…ということでした
     
    あとリーマンのMr.Tとしては、自分の仕事が『いったい会社としてどんな成果になっているのか』が見えずらいですが、アニメでは『クレジット』で自分の仕事の成果がはっきり見れるのは羨ましいです
     
    しかも自分が関わった作品は一生残りますし、やりがいという意味では一番見えやすい業界なのかもと思いました
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今日のまとめ(2014/10/11)
     
     
     
     
     
     
     
    『ノイタミナ・サイコパス2』放送開始
     
    2期は朱が主人公ですが、1話のラストで朱が犯人に対して
     
     
     
     
    社会が必ず正しいわけではない
     
     
     
     
     
    だからこそ私達は正しく生きなければならない
     
     
     
     
     
     
    というシーンは良かったです!
     
    朱らしい『信念』を持ったようで今後が楽しみです
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    キャスト
    常守朱:花澤香菜
    宜野座伸元:野島健児
    霜月美佳:佐倉綾音
    東金朔夜:藤原啓治
    雛河翔:櫻井孝宏

    スタッフ
    監督:塩谷直義
    シリーズ構成:冲方丁
    企画監修:本広克行、虚淵玄
    脚本:熊谷純
    キャラ原案:天野明
    キャラデザ:浅野恭司、
    音楽:菅野祐悟
    アニメ制作:タツノコプロ
     
     
    あと製作がIGからタツノコプロになりましたが全然問題ないですね
     
    タツノコプロは『ガッチャマンクラウズ』『ピンポン』で能力の高さを見せてくれているので『サイコパス』も楽しみです
     
    あとEDはMr.Tが好きな『EGOIST』ですが良い曲でしたしCDが楽しみです!
     
     
     
     
     
     
     
    『ノイタミナ・四月は君の嘘』放送開始
      
    ノイタミナらしい『音楽』を題材にした作品ですが、まさか『ラピュタ』のパズーが吹く『ハトと少年』が出てくるとは思いませんでした!
     
    作画もバッチリですしテンポもよいですしこの作品は人気が出そうです
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    四月は君の嘘  


    キャスト
    有馬公生:花江夏樹
    宮園かをり:種田梨沙
    澤部椿:佐倉綾音
    渡亮太:逢坂良太
    井川絵見:早見沙織
    相座武士:梶裕貴

    スタッフ
    原作:新川直司
    監督:イシグロキョウヘイ
    シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
    キャラデザ・総作監:愛敬由紀子
    音楽:横山克
    アニメ制作:A-1 Pictures
     
     
    あと音楽が『じょしらく』の横山克さんで、ヒロインに同じく『じょしらく』のマリー役の佐倉綾音さんが出ているのが何だか嬉しいです
     
    たまにじょしらくのBGMっぽい曲がかかるのも面白いです!ってか佐倉さんはサイコパス2にも出ていますしノッてますね!
     
    イメージ 3
     
     
      
     
     
     
    アギーレジャパン初勝利!
     
    サッカー日本代表のアギーレジャパンは新潟でジャマイカ戦を行い1-0で初勝利しました!
     
    GKに西川が先発起用されて完封してくれました!これで川島とのレギュラー争いでお互い切磋琢磨して日本のGKのレベルをどんどん上げて欲しいです
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    それにしても秋アニメ多すぎです!1話全部見きれないよ…
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    今日は『第2回アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)』レビュー
     
    11、12日と2日間さいたま市のソニックシティで行われます
      
    地元でこうしたアニメのお祭りが開催されるのは嬉しいです!
     
    イメージ 1
     
     
     
    今回は物販やラッピングバスの展示が行われていまして、まずは『ヤマノススメ』ラッピングバスを見学!
     
    特番でも井口さん達が乗っていましたがかなり凝っているのが直に感じられて良かったです!
     
    車内も作品に関連する写真があったりとヤマノススメファンにはたまらないバスですね!
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    その後は物販会場へ行きまして、アニメの舞台となった秩父や飯能のブースを見てきました!
     
    各ブースとも作品にまつわる商品が販売されていました!
      
    いろいろ見てみましたが各地域とも『アニメとのコラボ』が上手くいっているのが良く分かりました 
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
    絵馬にはキャストの方々のコメントが載っていました!
     
     
     
     
     
    そして物販も終わり13時からは『アニメ・マンガの聖地サミット』に参加してきました
     
    埼玉にゆかりのある作品紹介や、聖地として有名になった地域の方々の話を聞ける機会だったので楽しみにしてました
     
    会場には大勢の方がいまして、関心の高さが伺えました
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
    さて13時になりまず第一部の『埼玉のゆかりのあるアニメ・マンガ作品』の紹介が始まりまして…
     
    タレントの小新井さん、北海道大学の山村教授、神川町の島田副町長が、ランキング形式で各自発表します!
     
    です
     
     
     
     
     
     
    小新井さんのランキング
      
     
     
     
    1位  らき☆すた(鷲宮)
    2位  ジュエルペット・きらデコッ!(大宮)
    3位  おおきく振りかぶって(浦和)
    4位  クレヨンしんちゃん(春日部)
    5位  トライブクルクル(埼玉)
     
     
     
     
    と、やっぱりらき☆すたが1位でした!
     
    3位のおお振りは放送後、モデルとなった浦和西高校の倍率が上がったとのことでアニメの影響が強いことが見えたようです(ちなみにエースをねらえ!も浦和西高校がモデルのようです)
     
    あと『銀の匙』の影響で北海道の酪農高校の倍率も上がったようです
     
      
     
     
    山村教授のランキング
     
     
    1位  ルパン三世・カリオストロの城(埼玉)
    2位  かってに改蔵(埼玉)
    3位  となりのトトロ(狭山)
    4位  翔んで埼玉(埼玉)
    5位  枯野の宿(羽生)
     
     
     
     
    と、カリオストロの城が一位!銭形警部の埼玉県警を率いていたのが印象的だったとのこと!
     
    トトロは狭山丘陵がモデルとなっていますが宮崎駿監督『作品のモデルとなった場所を特定させる』のは珍しいとのことで、名前を特定することで狭山の自然を守りたいという願いがあったそうです
     
    あと翔んで埼玉は『埼玉ネタ』が豊富のようで機会があれば見てみたいですw
    (紹介された作中の『埼玉県民は西友に行け』というネタは笑えましたw
     
     
     
     
     
     
     
    島田副町長のランキング
     
     
     
    1位  あの花(秩父)
    2位  クレヨンしんちゃん(春日部)
    3位  ほしのこえ(埼玉)
    4位  ルパン三世&ウルトラマン(埼玉)
    5位  瀬戸の花嫁(埼玉)
     
     
     
     
     
    とのことで、あの花が1位に!元々あの花の製作行政担当として関わっていたものの、放送直前に別部門へ異動になったことを悔しがっていました^^;
     
    あとクレヨンしんちゃんは世界中で放送されていてスペインでも人気があり、スペインで日本の行きたい場所のランキングで『1位京都、2位東京、3位春日部』となったそうです
     
    オバマ大統領よりしんちゃんのほうが世界では知名度が高いそうでワールドワイドですね!
     
    あと『新海誠監督』は埼玉に住んでいたことがあるらしく、作品に埼玉の描写が出てくるのはその影響ではないかとのことです(秒速5センチでも埼玉出てましたね)
     
     
     
     
     
    そんな感じで第一部終了!
     
    3人が会場から退場すると会場から大きな拍手で起きました
     
    普段聞けないような話題を聞けて新しい発見が出来ました
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
    そして第2部『アニメ舞台地の現状』として
     
     
     
    茨城県大洗町・常盤さん: ガルパン(上野から特急を使い85分)
     
     
    久喜市鷲宮・島田さん : らき☆すた(大宮から40分) 
     
     
    富山県南砺市・山口さん : 恋旅・true tears(H27.3 北陸新幹線が開通後、東京から高岡経由で140分)
     
     
    埼玉県秩父市・中島さん : あの花(池袋から特急を使い80分) 
     
     
     
    という『大成功の聖地』から来た皆さんの作品作りの裏側を聞くことが出来ました
     
    大洗の常盤さんはとんかつ屋さんと言ったほうが分かりやすいかな?
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
    まずは『放送後の街の反応』について4人が話しますが
     
     
     
    南砺・山口さん : trur tears
     
    富山でtrue tearsが放送されていなかったので、いきなり人が一杯来てビックリした。TV放送開始までP.A.WORKSが南砺にあることを知っている街の人は少なかった。
     
    そして看板などを撮るアニメファンのマナーが良く地元の人たちに受け入れられたのも大きかった
     
     
     
    大洗・常盤さん : ガルパン
     
    放送が始まったとき放送局が『東京MX』で大洗で見れず、BS11やバンダイHPから見れるが年配の人が多く、見る手法が限られていたので街の反応を心配した。
     
    ただ元々サーフィンの町で、商店街を水着で歩くような場所だったので、最初ガルパンファンは『軍服』の人もいたが、そうした水着の免疫があったので商店街の人は軍服でも普通に受け入れられる下地があった
     
    戦車に目が行きがちのため、役所への説明も『戦車がボール』みたいなもので乙女が嗜むスポーツですと言って理解してもらった
     
     
     
    秩父・中島さん : あの花
     
    フジテレビ系列で全国ネットだったが、町の中心の年配の人は22時には寝てしまうのでノイタミナまで起きておらず、市民の反応はほとんどなかった。
     
    ただ2011年の震災後に放送になったため、一般の観光客は震災後に秩父へ来ない状況の中、逆にあの花を見た若い人たちが秩父に来るようになったことで街の人たちが一目置くようになった
     
    あと秩父は元々お祭りが盛んのため、イベントが受け入れられやすい下地があった
     
     
     
    鷲宮・島田さん : らき☆すた
     
    アニメの放送後に聖地巡礼が起きていることに地元の人がビックリした
     
    まだ聖地巡礼というものがそれほど盛んではない状況で、アニメファンというと『いろいろ問題があるのではないか?』という誤解を持っている人たちがいた
     
    ただ幸いにも町のお偉いさんがアニメに理解がある人だったことで、そういう誤解を解いて回ってくれたり、鷲宮に訪れるアニメファンのマナーが良いので地元の人たちの心象が変わって好意的になった
     
     
     
     
    と、各地さまざまな反応があったようですが、4名共通することとしては『ファンのマナーが良かった』『放送後にこれほど反響が起きるとは思わなかった』というのが印象的でした
     
    やっぱり最後は『人』ですので、アニメファンが聖地を大切にすることや、マナーが良いというのは聖地巡礼の成功と地元の方の理解のためには欠かせないことだと再認識しました
     
     
     
     
     
     
     
    そして『潮目が変わった』こととして
     
     
    秩父・中島さん : あの花
     
    龍勢祭りに『あの花の龍勢』を上げようと実行委員会で話し合われたが、伝統ある龍勢祭りで特別扱いできないということで『上げる順番』をくじで決めたが、一番盛り上がる『13時』をあの花が奇跡的に引きあて、会場もファンが大勢来て盛り上がったことで、次年度は『あの花に13時の枠を取る』という話になった
     
    8万人から11万人と3万人増えたのは『あの花効果』で、だからこファンとスタッフは『もちつもたれつ』の関係なんだと思う
     
     
     
    鷲宮・島田さん : らき☆すた
     
    伝統の土師祭で、それまで見るものだったが、らき☆すた神輿で『参加するもの』に変わってから大きな盛り上がりを見せた。
     
    最初は掛け声も恥ずかしそうにしていたが、掛け声が『らき☆すた風』になった瞬間に大変な盛り上がりになった
     
    鷲宮のコンセプトはそうした祭りに参加することで『主役になれる街』
     
     
     
     
    南砺・山口さん : trur tears、恋旅
     
    true tearsは意図的に行政や街は参加していなかった。恋旅では『後編を見るために南砺に来てください』という形式になっていて、舞台を巡って楽しんでもらう趣向になっている。
     
    見るだけでは『良い作品だったね』で終わってしまうが、実際に来てもらうことで実際に舞台を感じて欲しい。南砺は首都圏や京阪から遠いからこそ、来てくれたときに楽しんでもらうようにしたい
     
     
     
    大洗・常盤さん : ガルパン 
     
    放送前はどれくらいの規模になるのかわからないためコソコソ準備をやっていた。ただあんこう祭で大勢の人が集まったことで手ごたえを掴んだ。
     
    町の人たちはキャラを良く知らないのでパネルをバンビジュにお願いして作ってもらい、お店において名前を知ってもらうところからスタートした。ただ店に来るガルパンファンがお店の人にキャラのことを説明してくれることも助かった
     
    ほしいもを食べる会長のパネルのお店は水産店だが、キャラの影響でほしいもを置くようになったりと変化がでている
     
    缶バッチは業者に頼んで大量生産するのではなく手作りで作っている。今や20万個製造しており、その収益をまた町に還元できるのも良い循環になっている
     
     
     
    と、各地『手ごたえ』を掴んだのはいろいろな場面のようですが、秩父の話は非常に感動的でしたし、13時のくじを引いたのも『運命』だったのかもですね 
      
    南砺の『遠いからこそできること』や大洗の『ファンとお店の人の親睦』でいろいろ変化が起きることも非常に興味深かったです
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後は『聖地に方程式なし』という言葉と『ファンの心を掴むための何かとは?』という最後の問いに対し…
      
    南砺・山口さん : trur tears、恋旅
     
    『地域が温かくファンを迎える体制作り、おもてなしの心』が大切で、ファンには地域を好きになってほしい
     
    大洗・常盤さん : ガルパン 
     
    『遊びの心』が大切だと思う。遊びとは楽しむことで、ファンも町の人も楽しむことが大事だと思う
     
     
    秩父・中島さん : あの花
     
    『ファン・制作会社・地元』という三角関係が大切でファンには秩父を好きになってほしいし、あの花スタッフで秩父を舞台にした新しいアニメを作ると言う話なので、また盛り上げていきたい
     
     
    鷲宮・島田さん : らき☆すた
     
    ファンと地元の『WINーWIN』の関係が大切。鷲宮に行けば充実した気分になれると思ってもらえると嬉しい
     
     
     
    という『聖地が出来あがる上での大切な考え方』を皆さんが言われ、時間になり対談終了!
     
    終了後は会場から大きな拍手で起きました
     
    普段聞けないような話題を聞けて最高でした!
     
     
     
     
     
     
    さて今回は皆さんの熱いトークが聞けて大満足でした!
     
    非常に有意義な祭で最高でした!明日も開催されていますので是非とも多くの方に参加して欲しいです
     
    今後もこういうイベントにどんどん参加したいと思います!
     
    イメージ 13
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
    ちなみに今日の戦利品ですが、主にポスター類でした!
     
    今回の祭りとコラボした秩父と飯能のポスターと飯能のヤマノススメのポスターは買えて良かったです!
     
    埼玉とゆかりのある作品ですのでこれからも応援していきます!
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    あと今日一番ビックリしたのが来年4月にテレ玉『浦和の調神社』にまつわるアニメを放送するとのことです!
     
    『調神社』は狛犬ではなく狛兎がいることで有名ですがどんな作品になるのか気になります!
     
    ツキが上がる神社としても有名ですので期待したいと思います
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
    セイバーvsランサーの戦闘シーン凄すぎる!ここまでハイクオリティな戦闘シーンをテレビアニメで出した会社はないんじゃないかな?
      
    前回のアーチャーvsランサーも素晴らしかったですが『Fate/Zero』『空の境界』と名作を世に送り出しているufotableの本領発揮です!
     
    2週連続で1時間放送ですし、ufoがこの作品に大きな力を入れているのが良く分かりました!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回も『1時間番組』にしてきました!
     
    理由としては『士郎&桜サイドのストーリー~セイバー登場』までを一区切りとして一気に見てもらいたいからのようですね 
     
    前回は凜サイドのストーリーを1時間でしたが、これでさらに『初見の人にも分かりやすく』なっていて良いと思いました
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    さて士郎サイドですが大河と桜が一緒に食事をする日常のシーンから!
     
    士郎の養父の切嗣との知り合いで士郎の保護者的な立場の大河と、とある事件をきっかけに1年前から士郎の料理を作りに来ることになった桜!
     
    日常は非常に和やかです。あとFate/Zeroではダークエンドになってしまった桜が明るくなっているのがZeroとのつながり的に嬉しいです!
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そして前回とリンクし、士郎がアーチャーとランサーの試合を見てしまったため、ランサーに殺されそうになりますが…
     
    偶然召還したセイバーに窮地を救ってもらうことに!
     
    ここで士郎がセイバーのマスターになった経過が分かります
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    その後『セイバーvsランサー』の戦闘シーンになりますが『前回より凄い戦闘描写』になっていて鳥肌モノでした!
     
    TVアニメなのにハイクオリティな作画で感嘆の言葉しか出ませんでした…
     
    前回でも凄かったのにそれを凌駕する…本当に素晴らしい仕事だと思います! 
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    最後はランサーの必殺の槍『ゲイ・ボルグ』をセイバーがかわしたたためランサーは撤退
     
    入れ替わるようにアーチャーと凜が登場し、士郎がセイバーを獲得したことを知る凜…
     
    本来凜が望んでいたのはセイバーでしたが、偶然士郎が召還したことでまた展開が発展しそうです
     
     
    イメージ 13
     
    イメージ 8
     
     
     
    さて今回は士郎側の導入部分ということもあり、前回の凜側と同じく1時間かけて世界観の紹介となりましたが…
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
     
    桜にも今後どのような未来が待っているのか気になります
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    あと士郎の養父として登場した切嗣が正義感が強過ぎる士郎に対して『人を救うことの本質』を語るシーンで…
     
     
     
    士郎、誰かを救うということは、誰かを助けないということなんだよ
     
     

    いいかい?人間の手で救えるものはね、自分が肩入れした側のものだけなんだ
     
     
     
     
    というのは『Fate/Zero』でも描かれた切嗣の辛い経験も含めての言葉でもあり重みがあります…
     
    結局10年前のZeroで全てが失われ絶望した切嗣『唯一の希望』となった士郎に、そのことを知ってほしかったようですね
     
     
    イメージ 14
     
    イメージ 15
     
    イメージ 16
     
     
     
     
    そしてその言葉は『まどか☆マギカ』の7話で杏子がさやかに対して伝えた言葉にもリンクしますが
     
     
     
     
    私の祈りが家族を壊しちまった…
     
    他人の都合を知りもせず勝手な願い事をしたせいで、結局誰もが不幸になった 
     
    そのとき心に誓ったんだよ!
      
    もう二度と他人のために魔法を使ったりしない! 
     
    この力はすべて自分の為に使い切るって!
     
     
     
    奇跡ってのはタダじゃないんだ!
     
    希望を祈れば、それと同じ分だけの絶望を撒き散らされる
     
    そうして差し引きをゼロにして世の中のバランスは成り立ってるんだよ!
     
     
     
     
     
    という言葉がありましたが、まさにFate/Zeroを書かれた虚淵さんの言葉とリンクする部分だと思います
     
    奥が深い言葉だということと同時に、真実の言葉だと思います
     
     
    イメージ 17
     
     
     
    そんな10年前の切嗣の思いも含め、この作品が出来上がっていると思うと『Fate/Zero』との繋がりが興味深いですし…
     
    先々の展開も期待してます
     
    ではまた!
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
    あと今回から正式にOPEDが入りましたが、これも非常に綺麗でufoのセンスを感じました!
     
    そしてEDにはKalafinaufo作品に欠かせないアイテムが揃いました!
     
    OPEDも映像とリンクした描写が心に響きます…
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だったイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    あの小さかったイリヤがここまで成長したのはなんだか新鮮でした!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は7年前から空中に浮かんだ円盤にまつわる話でしたが豊崎さん演じる柚季が良い味を出していて面白かったです
      
    そして円盤を追い出すことを誓い合う乃々香と柚季が親交を深まる描写と、ノエルから『もう少しだけ待って』という言葉が出るなど、今後円盤がキーになる作品なのが見えました
     
    円盤を中心に徐々に物語が動きだします
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度5位: 天体のメソッド 2話レビュー

    キャスト
    古宮乃々香:夏川椎菜
    水坂柚季:豊崎愛生
    椎原こはる:佳村はるか
    戸川汐音:小松未可子
    ノエル:水瀬いのり
    水坂湊太:石川界人
     
    スタッフ
    監督:迫井政行
    原案・脚本:久弥直樹
    キャラ原案:QP:flapper
    キャラデザ・総作監:秋谷有紀恵
    アニメ制作:Studio 3Hz
     
     
     
    ゲーム会社『Key』のシナリオライターとして『麻枝准』さんと双璧をなした『久弥直樹』さんが『sola』以来の久しぶりにアニメ作品に参加されるということで期待の作品です!
     
    Kanonなどの名作に関わった久弥さんですが、solaも非常に情緒的で良かったですし期待です!
     
    麻枝さん、虚淵さん、田中ロミオさんとゲームシナリオライター出身者がアニメ作品で活躍されていますので久弥さんにも期待です
     
     
     
     
      
     
      
    早速レビューですが今回は主人公の乃々香が初めて学校に行きますが…
     
    そこで7年前から浮かぶ円盤を嫌う柚季に出会い、乃々香は強引に反対運動に参加させられるハメに…
     
    かなり天然な少女の柚季…ちなみに柚季役は豊崎愛生さんですが、久しぶりに『けいおん!』の唯っぽい声で演じられていて私的に嬉しいです!
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    その後『島まで行って円盤を追い出してくる』という無茶を言い出す柚季を止める乃々香の描写と…
     
    柚季が円盤を嫌いな理由が『円盤のせいで花火が上がらなくなった』ことを知った乃々香は、柚季のために一緒に円盤を追い出す仲間を探すことに!
      
    乃々香の過去の描写で母と一緒に花火を見たシーンが入るなど、うまく過去と現在を織り交ぜることで物語りに深みを持たせるのは久弥さんの脚本の上手いところだと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    その後『円盤を追い出す仲間』としてノエルに声をかける乃々香と…
     
    『もう少しだけ待って』という意味深な言葉をいうノエル…
      
    ノエルと円盤に関連性がありそうなのがこの言葉からも分かりますが、これで仲間集めは3人
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    さて今回は乃々香と柚季の交流が描かれましたが柚季のキャラクターが立っていました!
     
    そして『昔の仲間に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルと円盤を組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    OPもEDも凄くいい曲ですし、solaの時もOPEDが良かったですが音楽も今後楽しみです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    前も書きましたが『天体のメソッド』のED『星屑のインターリュード』は何回も繰り返して見るど素晴らしいです!
      
    fhanaが奏でる曲は良い曲が多いですし、作画も素晴らしいです
     
    特にノエルのこの笑顔今年No.1のヒットと言っていいほど最高す!
     
     
     
     
     
     
      
    あと、EDを作られた方を調べたら江畑諒真さんという方で、どこかで見たことある名前だなぁ…と思っていたら…
     
    『まどか☆マギカ』の1話の作画監督だったんですね!どうりで上手いはずです…
     
    エンディングアニメーションの絵コンテ・演出・作画監督・原画を全て担当しているというのですから素晴らしい才能ですし、今後も期待したいアニメーターさんでした
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    今回は『ばらかもん』のお話です!
     
    渋谷マルイで今日まで『ばらかもん展』が開催されていたので行ってきました!
     
    私的に大好きな作品だったのと、素晴らしい書道を見たかったので行ってきました!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    『ガンガンONLINE』に連載作品のアニメ化です
     
    製作スタッフ
     
    原作:ヨシノサツキ
    監督:橘正紀
    シリーズ構成・脚本:ピエール杉浦
    キャラクターデザイン:まじろ

    音楽:川井憲次
    書(劇中):原雲涯
    アニメーション制作:キネマシトラス
     
    キャスト

    半田清舟:小野大輔
    琴石なる:原涼子
    山村美和:古木のぞみ
    新井珠子:大久保瑠美
    木戸浩志:内山昂輝
    久保田陽菜:遠藤璃菜
    ケン太:木村聖哉
    新井明彦:潘めぐみ
     
    この作品は2008年に読みきりで連載され、反響が大きかったため『ガンガンONLINE』で月1連載したもののようで…
     
    単行本は累計200万部突破している人気作品です
     
     
     
     
     
    この作品は私的にまったくノーマークでしたが1話を見てファンになりました!
     
    久しぶりに作品を見ながら自然と涙が出てきました…あと、なる役の原涼子ちゃんの演技も素晴らしかったです
     
    なんだかノイタミナの『うさぎドロップ』最初に見たときと同じ感覚で良作でした
     
     
     
     
     
     
     
    まずは『題名』がお出迎え!
     
    非常に絶妙なバランスで書かれて入れる書で、目を引きます!
     
    題名で見慣れているはずですが、見れば見るほど和む書です
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    次に1話で清舟が書いた『楽』を発見!
     
    清舟は『楽』という作品を作るほどこの島の生活に楽しみを見出していったシーンが数多く描かれましたが、その気持ちがわかるような書でした
     
    ホンモノの書は見る者の心を揺さぶります…本当にいい字ですね…
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    続いて最終回に出てきた清舟の『大切な人リスト』の書が飾られていました!
     
    この文字は実際に書かれていたんですね!すべての文字に感謝の気持ちが入っているようで楽しくなる書です
     
    こういう賑やかな書もまた味があっていいです
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    続いて『鼓動』という字が飾られていました!
     
    この字を見ていると、まさに字が飛び出してきそうな勢いを感じる作品で感動しました!
     
    躍動感のある字で見てて気持ちが高ぶります
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
    その他にも『極』や『名簿』がかかれた書もありました
     
    非常に達筆で見ているだけで心が落ち着きます
     
    こういう書に触れる機会を作ってくれたばらかもんに感謝です
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    続いて『アニメ制作関連』ですが、台本が置いてありました!
     
    しかも台本の表紙が凝っていて各話とも台本が魅力的で見入ってしまいました!
     
    こういう普段見れないものを見る機会があるのはファンとしてうれしいです!
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
    その他にもなるの原画清舟の真剣な顔の絵があったりとアニメを見た人が楽しめる内容になっていました!
     
    スタッフに愛されている作品だったんだと思えるような、非常に生き生きとした絵でした!
     
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
     
    そういえばBD1巻を買ったときに特典橘監督が書かれた1話の絵コンテも付いて来ましたが絵コンテから非常に味のある絵で惹きこまれました!
     
    あとブックレットにはシリーズ脚本を担当されたピエール杉浦さんのコメントが載っていましたが…
    作品のポイントを3つ挙げていて『1.書道のダイナミックさ』『2.方言』『3.なるのかわいさ』と言われていましたが、まさにその通りだと共感できました!
     
    脚本・絵コンテ含め、この作品の良さを上手く引き出していたと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな形で見学終了!ファンとして多くの書とアニメ関連資料を見れて面白かったです!
     
    来年2月にはファンイベントもありますし…
     
    作品としても素晴らしいので是非とも多くの方に今後もこの作品を応援してほしいと思います!
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、ここからは今回会場で買ってきたものの紹介ですが…
     
    『和紙のファイル、キャラデザイン入りクッキー、手ぬぐい』です
     
    和紙のファイルというのはいいセンスですね
     
     
    イメージ 12
     
     
     
    そしてクッキーですがメチャクチャ凝ってます!
     
    今まで見たことがないほどきっちり色つきでクッキーの表面にキャラが書かれていて驚きました…
     
    これ食べるのもったいないくらいの完成度です
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
    このなるは可愛すぎです!食べたくないなぁ…
     
     
     
     
    ただ食べないと賞味期限もあるのでもったいないですし、せっかくなので以前買ってきたヤマノススメのカップにお茶を入れて食べようと思います!
     
    壁には和紙のクリアファイルの『極』をポスター風に貼ってみました!
     
    ちょうど部屋に飾るのにぴったりのサイズで、和紙なのもグッドでした!
     
    イメージ 15
     
     
     
     
    それにしてもこの作品は心に響く言葉の宝庫でした!
     
    3話では清舟に対し『上ばっかり見る』のではなく『下を見て地道に進む』ことと『自分より優れた人には道を譲って、無理せず自分の歩幅で歩く』という内容のセリフにはグッと来ました…
     
     
     
     
     
    今後ぜひとも日テレには『土or日の夕方に再放送』して欲しいと思います!
     
    こんないい作品を深夜の視聴者だけのものにするのはもったいないです!多くの人に見てもらえる時間に再放送したらもっと反響が大きくなると思うので検討して欲しいです
     
     
     
     
     
                 リンク集      
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     

    0 0

     
     
    今日サッカー日本代表はシンガポールのナショナルスタジアムでブラジル代表と対戦しましたが0-4惨敗しました
     
    アギーレ監督はブラジル相手でも来年1月開催の『アジアカップに向けての人選の試合』としてFW小林悠、MF森岡亮太、MF田口泰士と3人の国際Aマッチ初先発選手を起用しましたが、はっきり言ってブラジルに対して失礼な選手起用でした
     
    ブラジルを相手にできるなんて数年に1回あるかないかのせっかくのチャンスなのに国際Aマッチ初先発3人出す時点でナンセンスすぎてガッカリしました…
     
    イメージ 1
     
     
    その選手起用で1点差くらいの僅差で負けたならまだしも、7割くらいの力しか出していないブラジルに4点取られているんじゃ目も当てられないよ…
     
     
     
     
     
     
    しかもアンカーに田口を起用していましたが、細貝とか海外でそのポジションで実績を持つ選手を使わない理由がまったく分かりません…
     
    失点は簡単なスルーパスを通されたものですし、DFの連携が全然上手くいっていないのも見ていて辛かったです…
      
    アンカーが不安定な上に、4バックに慣れていない塩谷がDFラインにいるため、DFが機能していない状況でした
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    正直今回の試合を見ても『日本人の特徴』を生かしているとは思えませんでしたし、アギーレ監督に4年間日本代表を任せて本当にいいのか疑問だけが残る試合でした…
     
    4年後を見据えて戦うためにも、もし日本サッカーに合わない監督なら早めに変えて欲しいです
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
    あとブラジルが強いとはいえ川島は点を取られすぎです…
     
    前回完封した西川を使わずにベネズエラ戦でファンブルした川島を今回アギーレ監督は使ってきましたが、正直今日の試合では川島はまったく当たってませんでした…
     
    こういう強豪の試合だからこそ『GKの好守でチームを盛り上げる』ことが大事でしたが、今日の試合を見るかぎりでは早めにGKは世代交代が必要なのではと思わざるをえませんでした…
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     

    0 0

     
    今回は久しぶりに霧ヶ峰の車山への登山回でしたが富士登山でマイナスイメージになっていたあおいが復活しました
     
    そして『思い出の山』が谷川岳ということも判明しました!
      
    これで次の登山する山も決まり、新しい展開になりますね
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    2014年夏アニメ:ヤマノススメ セカンドシーズン第14話レビュー!
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、今期の『癒し枠』として期待できそうです
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯


    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて14話ですが、今回は久しぶりに避暑のため登山をすることを提案するひなたですが、前回富士登山で母に心配をかけたあおいは頼みづらいと言うと
     
    ひなたはあおいの母も連れていこうと提案します
     
    たしかに同行であればあおいの母も心配もないですね
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そしてあおいの母はその提案を了承してくれたことで山の選定をしますが、ひなたの父が『霧ヶ峰』を推薦しそこに行くことに!
     
    霧ヶ峰は登りやすい山ということで、初心者のあおいの母でも登れるちょうど良い登山になりました
     
    そして登山経験豊富なひなたの父も『同行』することに!
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
    楓はお天気お姉さん風の服が似合いますね!
     
     
     
     
     
    霧ヶ峰に着くと車山に登るルートを行くことになりますが、途中の景色を見て『思い出の山』のことをあおいとひなたが思い出し…
     
    ひなたの父がその山は『谷川岳』のことだと告げると2人は『今度は谷川岳へ行く』ことを決めます!
     
    とうとう思い出の山の名前まで辿り着きました
     
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そんな14話でしたが、霧ヶ峰登山であおいが富士登山のマイナスイメージの整理がついたようでよかったです!
     
    あと今回『あおいの母』『ひなたの父』が出てきましたが、家族を交えた交流というのもいいですね!
     
    クール目のEDは前回もそうでしたが1期の『スタッカート・デイズ』になりそうですね!この曲も良い曲なので嬉しいです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    それと山頂での『インスタントラーメン』ですが男の料理っぽくてよかったです!
     
    こういうところで食べる食事は美味しいんですよねぇ…
     
    見ててお腹が減る描写でしたね!あとあおいとひなたが仲良く食べる姿も良かったです!
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば10月11,12日と『第2回アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)』がさいたま市のソニックシティで行われました!
      
    地元でこうしたアニメのお祭りが開催されるのは嬉しいです!
     
     
     
     
    もちろん『ヤマノススメ』も特集されていましてラッピングバスも見学できました!
     
    特番でも井口さん達が乗っていましたがかなり凝っているのが直に感じられて良かったです!
     
    車内も作品に関連する写真があったりとヤマノススメファンにはたまらないバスです楽しかったです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        
    それから『ヤマノススメ×石井スポーツ』コラボグッズ第二弾の『ボトル&マグカップ』を買って来ました!
     
    実用的なこともさることながら非常に良品で、『Natural Spirit チタニウム製 ダブルウォールカップ』は世界有数の金属加工地である新潟燕三条の職人さんの手ひとつひとつ丹念に製造された特注品です
     
    数量限定ということもあって買えるかドキドキしていましたが、買えて良かったです…大切にします!
     
     
     
     
     
     
     
    あと前も書きましたが、登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれる作品になることを期待すると共に、登山初心者の方にも『是非山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
    そして以前『石井スポーツ』で見かけた『ポスター』『山登り10訓』というものがあり非常に共感したのでご紹介します
     
    是非とも登山される方にはこの内容を守って欲しいと思います!
     
    まさに今の状況こそ必要な訓示だと思いますし多くの人に知って欲しいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     

    0 0

     
     
    感想 : この作品見れば見るほど『水島努監督のガルパン製作』を自虐しているようにしかみえないんですけどw
      
    『オリジナルアニメでこだわりすぎ』とか『総集編はもう嫌だ』とかまさに水島努監督のことですね!
     
    木下監督も水島努監督っぽい感じですし、終始大笑いしながら見てましたw
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 13
     
     
    そういえばガルパンは1クール中2回総集編で、2回目の総集編のラストは『ジャンプの打ち切り作品』みたいな終わり方で1クールで放送し切れなかったと言う伝説をつくりましたからねw
    (変則1クールというものすごい形態のアニメになってましたw)
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位SHIROBAKO 
     
     

    キャスト
    宮森あおい:木村珠莉
    安原絵麻:佳村はるか
    坂木しずか:千菅春香
    藤堂美沙:野麻美
    今井みどり:大和田仁美

    スタッフ
    原作:武蔵野アニメーション
    監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラクター原案:ぽんかん⑧
    キャラデザ:関口可奈味
    アニメ制作:P.A.WORKS
     
     
    『ガルパン』の水島努監督のオリジナル新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『Angel Beats』でも綺麗な作画を見せてくれた関口可奈味さんがキャラデザで期待です
     
     
     
     
     
     
    さて2話ですが、4話作画監督の瀬川が疲労で倒れる描写からスタートでしたが、ただの立ちくらみと判明…
     
    これで4話の製作が切羽詰った状況に…
     
    あと、あおいが瀬川を看病しながら『頑張りすぎて体壊したら元も子もないですから!』って言うセリフも『お前達が無理させてるじゃん!』って思わず突っ込んじゃいましたw
     
    イメージ 4
     
     
     
    その後、瀬川のヘルプを遠藤に頼みに行くと『瀬川さんは俺のこと嫌いないんじゃないか?』と不信感を持っていることで断ろうとしますが…
     
    あおいが『瀬川が遠藤のことを気にかけていた』と伝えると急『素直』になりヘルプをすることを了承する遠藤!
     
    ここは凄いリアルな展開だなぁ…って思っちゃいました!やっぱり気にかけてもらえると『やってみるか』と思いますからね!それが人情ってものです
     
    イメージ 5
     
    あおいもストレートに言うところがプラスに働いた場面だと思います 
     
     
     
     
    一方4話では監督が『あるぴんの描写と設定』にこだわりを持ち、作画からリテイクをかけようとしますが『製作が押している』という状況の中で他のスタッフと衝突し…
     
    結局あおいが『何をするにしてもキャラの再設定が必要』ということでスタッフを全員集め議論します!
     
    このシーンでは『こだわりのせいで前作が大変なことになった』と言うシーンがありますが、水島努監督がガルパンを2回も総集編にしたことを言っているのかなぁ…と思っちゃいましたw
     
    イメージ 6
     
     
     
    ってかあおいの仕切る能力は監督以上ですね!
     
     
     
     
     
    最後はスタッフ全員の『あるぴん像』を出し合い、キャラに命を吹き込みます!
     
    よく良いアニメやマンガは『キャラが勝手に動き出す』という話を聞いたことがありますが、キャラに愛情があるからこそ、生きているような錯覚になるのかなぁ…と思う描写でした
     
    監督の独断も必要ですが、私的にはこういう『皆で決めあう』という家族的な製作会社のほうが好きだなぁ…
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    さてそんな2話でしたがキャラへの愛情を感じる内容でよかったです!
     
    あとアフレコの時に出てきた声優さんがいわゆる中の人的な『茅野愛衣さんん・伊藤静さん・中原麻衣さん』に顔がそっくりだったのもこだわりがあってよかったです!
     
    茅野さんとかアニメにするとあんな感じなんだなぁ…って嬉しくなっちゃいました
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
    今後もどんな自虐(?)がでるのか楽しみしますw
     
     
     
    ではまた!
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    そういえばキャラの表情で木下監督が力説していましたが、なんだか分かる気がしました!
     
    というのも『京アニ・CLANNAD』の『18話・逆転の秘策』の杏の椋の本気の泣き顔は今でも覚えているほど魂がこもっていました!
     
    その当時Mr.Tはアニメをほとんど見なくなっていましたが、たまたま見たこの顔の『本気度』『アニメって凄い!』と思い、再びアニメの世界に戻ってきたこともあり『人の心に訴えかける何か』ってやっぱり大事だと思いました
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今回は西也支配人代行の『初指導』の回でしたが、集客を増やすためにいろんな手を打ってきましたね!
     
    料金の値下げや水着動画配信など、とにかく『お客に来て貰うこと』が大切なことがわかります!お客が来なければフードパークやお土産屋などの高収益部門にお金が落ちないですからね
     
    あと水着のシーンは魅せ方が抜群でしたが、今回の絵コンテ・演出にCLANNAD監督の石原立也さんだったので納得でした!良い仕事しますね!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度4位: 甘城ブリリアントパーク 
     
     

    キャスト
    可児江西也:内山昂輝
    千斗いすず:加隈亜衣
    ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ


    スタッフ
    原作:賀東招二
    原作イラスト:なかじまゆか
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:志茂文彦
    キャラデザ:門脇未来
    音楽:光宗信吉
    アニメ制作:京都アニメーション
     
     
     
    今期の京アニは久しぶりのTBSでの放送で期待が高い作品です!
     
    シリーズ脚本も『CLANNAD』の志茂さんですし安定して楽しめそうな作品です
     
    『Free』が人気ですし、この作品次第で京アニの作品作り(女性向けに特化?)も変わってきそうですし気になりますね
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『古びた遊園地・甘城ブリリアントパーク』を舞台にした内容で…
     
    主人公の西也は突然表われたヒロインのいすずに遊園地に連れてこられ『支配人代行』をさせられることに
     
    支配人のフルーランザとのキスで『相手の心が読める魔法』を授けられる西也…
     
    イメージ 2
     
     
     
    そして遊園地は甘城企画との契約で『5年連続で50万人を下回る』場合には経営権を甘城企画に委譲することになっており、今年が5年目で、9か月経ってもいまだに25万人しかいない状況…
     
    そんな状況で西也は支配人代行初日にまず『臨時休業』し、キャストに清掃をさせた上で部長会議で…
     
    1.営業時間の延長
     
    2.定休日の全廃
     
    3.完全無料(のちに30円に変更)
     
     
     
    3つの集客対策を打ち出します!
     
    特に3の完全無料は『一番強いカンフル剤』ですが、一度お客が安い価格の旨味を知ってしまうと、少しでも値段が上がると拒否反応を示す可能性がある『諸刃の刃』ですが、西也はとにかく『集客』を大前提にします…
     
    確かに甘城企画とは『人数の縛り』しかないですからね
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    その後いすずやラティファに水着を着せて動画配信など集客を狙う西也ですが、西也も動画を見ただけで来る人は1%と知った上で…
     
    それでも1,000人の来場客を1,001人にするだけの価値があると説明します
     
    たかが1名とはいうものの、その積み上げが最後にものを言いますので出来る手段は何でもする西也の考えはさすがだと思いました
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さてそんな3話でしたが、落ち目の遊園地を立て直す『経営改善アニメ』になりそうでリーマンのMr.Tとしても勉強になりそうな作品ですし…
     
    京アニの美しい作画も含め先々楽しみです!
     
    あと前回京アニらしい美しい作画の水着もいいですし、今後も期待したいと思います
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    前作『Free!』で男の水着姿を描いたかと思えば、今回『甘ブリ』で女性の水着姿も描ける…さすが京アニですね!
     
    男女お互い『喜ぶ理由』が分かるようになっていて面白いですw
     
    こういう幅広い能力が京アニの素晴らしさだと思いますし今後も楽しみです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

older | 1 | .... | 57 | 58 | (Page 59) | 60 | 61 | .... | 99 | newer