Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 97 | 98 | (Page 99)

    0 0


     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    天皇杯準決勝『浦和レッズvs鹿島アントラーズ』がありました
     
    来年のACL出場の権利を得るため、そしてホーム埼スタでの決勝に進むために負けられない試合でしたが
     
    イメージ 1



    その結果は


    天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝
    2018年12月5日(水) 19:04キックオフ・茨城県立カシマサッカースタジアム

    浦和レッズ 1-0鹿島アントラーズ

    得点者 27分 マウリシオ
    入場者数 13,949人




     
    浦和はマウリシオのゴールで先制すると、その後両チーム激しい戦いとなりましたが、そのまま1-0で浦和勝利
     
    これで浦和はホーム埼玉スタジアムで行われる決勝に進出!ホームアドバンテージを生かせる状況が整いました
     
    今日の浦和はアウェイ鹿島スタジアムでの試合だったこともあり守備が中心となりましたが、GKの西川を中心に本当によく守りました!
      

    イメージ 2







    試合内容としては天皇杯に向けて温存した興梠・武藤・マウリシオを先発させましたが、そのマウリシオが貴重な先制点を決め1-0でリード!

    その後、興梠・武藤・青木と怪我で3人交代しましたが、交代出場の李・柴戸・阿部が与えられた役割を全うし、1-0で勝ち切りました

    今年途中から大槻組長・オズが監督なりましたが、我慢しながら多くの選手を使ったことが、ベンチメンバーを生かせるこの結果につながりました






      
    さて各種参戦お疲れ様でした

    これで中3日の9日に天皇杯決勝がありますが、今日のように果敢に試合に臨みホーム埼玉スタジアムでの決勝を選手・サポ・スタッフ全員の力結集し、総力戦で勝ち切り天皇杯優勝しましょう!
     

    そして昨年優勝したACLの舞台に戻りましょう!







    ではまた
     





    おまけ




    とにかく今年のACLチャンピオンの鹿島との決戦を制した浦和の選手に感謝ですし、水曜鹿島でのアウェイながら多くのレッズサポが駆けつけてくれたのはありがたかったです
     
    強豪鹿島相手との決勝をかけての試合でしたから、激しい試合になり怪我人がでるのは仕方がないですし、決勝は鹿島に勝ったからこそ、今いるメンバーで絶対に優勝しましょう
     
    そしてチーム全体で来シーズンのACL出場を勝ち取りましょう







    0 0



     
    "one for all、all for one"

    一人ひとりがチームのために己を捨て各々の責任を全うしてこそ初めて勝利がうまれてくる。
    そのために最も必要なものは勇気である。その勇気の源は使命感であり、仲間への連帯感
    使命感と仲間を信じる心から奇跡は生まれてくるのだ。

    "信は力なり"

    イメージ 1



     
     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    天皇杯決勝『浦和レッズvsベガルタ仙台』戦がありました
     
    ACL出場にためにも、そして国立建設中のため代替で行われるホーム埼スタ開催の天皇杯で優勝するチャンスを生かすためにも絶対に負けられない試合でしたが
     
    イメージ 2



     
    その結果は
     

    天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 決勝
    2018年12月9日(日) 18:04キックオフ・埼玉スタジアム
    浦和レッズ 1-0ベガルタ仙台

    得点者 13分 宇賀神友弥
    入場者数 50,978人
    この結果、AFCチャンピオンズリーグ2019の本大会からの出場が決定


     
     
     
    浦和はオズ監督になりフィットしだした3ボランチシステムで仙台を迎えましたが、全員が闘争心と規律を持って戦い
     
    ホームの圧倒的な後押しを受けて積極的に試合を展開し、宇賀神のゴールで得た先制点を全員守備で守りきり、1ー0で浦和が天皇杯制覇!
     
    浦和は全員がフォアザチーム仲間を信頼して戦ったからこその勝利で、激戦の準決勝鹿島戦同様まさに冒頭にある言葉のように『信は力なり』を体現し、みごと優勝をしてくれました

    イメージ 3




     
     
    今日私はスタジアムで観戦しましたが、5万人を超えるレッズサポ・仙台サポが集結しました!

     
    浦和は鹿島戦で怪我人を多く出し、まさに手負いの状況での試合でしたが、逆境になればなるほど選手もサポも団結しますが、今日の試合はまさにスタジアムが一体になっていました

    イメージ 4




      
    試合としては初めて決勝まで上がってきたベガルタ仙台の攻撃に肝を冷やす展開になりましたが、最後の部分で浦和選手が体を張ってブロックし堅牢な守備を築くと…

    宇賀神のスーパーミドルで得た先制点を最後まで全員守備で凌ぎそのまま1-0で勝利しました!
     
    浦和の選手が自分にあたえらていることを使命感を持ってひたむきに、勇気を持ってプレーしたことで勝利を呼び込みました!
     
    イメージ 5






    試合終了の瞬間はスタジアムから大歓声が上がり、私も周りの人たちと抱き合って喜びました!
     
    優勝セレモニーでは皆がトロフィーを掲げました
     
    イメージ 7




    一時期タイトルから遠ざかった時代がありましたが一昨年のルヴァン杯昨年のACL優勝、そして今年の天皇杯と毎年タイトルがとれるチームになったことは本当に嬉しいです


    イメージ 6




     
    さて各種参戦お疲れさまでした
     
     
    これで天皇杯優勝とともに、来年のACL出場決定と夢が広がりますし、Jリーグ、アジアに浦和レッズというチームの素晴らしさ世界に発信しましょう

     
    イメージ 8



    そして怪我をしながら出場した青木を含め、各選手は相当な疲れもあるでしょうから、来年はリーグ・ACL制覇のためにも、ゆっくり休んでほしいです




    ではまた
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
    本当に今日は勝って良かったですが、仙台も初優勝を目指して執念を見せていましたし、浦和は興梠・武藤・青木・柏木・マウリシオなど、怪我人をなんとかやりくりするなど、ギリギリの勝利でした
     
    そんな満身創痍な浦和の選手たちのモチベーションをあげさせたのは間違いなくオズ監督です!期中からの監督就任でタイトル獲得&ACL出場権獲得は凄すぎます!まさに『オズの魔法』でした
     
    これで来年はリーグ・ACLを平行して戦わなければならないですし、来年に向けてチームをさらに強くするべく、積極的な選手獲得をオズ監督とフロントが連携して進めてほしいです
     

    イメージ 9

     
     
     



     
     
    Mr.Tのツイッター

     

     
    連続小説「Rush In!」

     

older | 1 | .... | 97 | 98 | (Page 99)