Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 121 to 140 of 1962)
(showing articles 121 to 140 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 5 | 6 | (Page 7) | 8 | 9 | .... | 99 | newer

    0 0

    緒花の自信 
     
     
     
     
     
     
     
     
    どなたでも大丈夫です!
     
     
     
     
     
     
     
     
    皆さんにちゃんと『おもてなし』をしたんですから! 
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて・・・『緒花の自信から始まりましたが・・・花咲くいろは』第9話『喜翆荘の一番長い日』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
    しかも『P.A.WORKS 10周年作品』ということでかなり力が入ってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は前回8話の『走り出す』の続編になってまして・・・
     
     
    『女将の病気』や『旅館の取材』という出来事に緒花や旅館の従業員各自奮闘していく話になります!
     
     
    物語を大きく動かしてきました!前回8話の内容はこちら
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    まずは前回の続きで緒花が休んでいる徹を見つけるために式場内を探すところから!
     
     
    ただ式場内が広くなかなか見つかりません・・・
      
     
    『ジェスチャー』などをして必死に徹を探す緒花・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
      
     
     
    徹が見つからず時間だけが過ぎ落ち込む緒花ですが・・・ 
     
    そんなときに孝一から電話があり・・・緒花が今の方法でいいのかと『悩み』を相談すると・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
    孝一 : 上手くいくんじゃないか?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    孝一 : だってお前ちゃんと物を考えて動いたことって・・・今まであったか?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    孝一 : それでも今まで何とかなってきたろ?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    孝一 : 緒花が『それが一番』だって信じてやったことなら何とかなるんだよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    孝一 : これだってきっと!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と・・・緒花を長年見てきた孝一だからこその指摘と励ましで緒花を勇気付けます!
     
     
    緒花を信じる言葉・・・いいですね・・・
     
     
    この言葉に緒花は励まされ徹探しを再開します!
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてやっと徹を見つけだした緒花ですが・・・
     
     
    見つけた安心感で倒れかけます・・・
     
     
    しっかりしていそうな緒花もまだ高校生ですからね・・・プレッシャーも相当なはずです・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、徹のバイクで旅館に戻ることになりますが・・・
     
     
    『せっかくの友人の結婚式を途中で切り上げさせることになった』ことを緒花が徹に謝ると・・・
     
     
     
     
     
     
    徹 : お前が『それが一番』だって思って俺のところに来たんだろ?ならいいさ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    徹 : お前が俺のことをそう思ったんなら・・・必ず上手く行かせてやるからさ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と緒花が『自分を頼ってきてくれた』ことを喜んでいる徹!
     
    それは前回緒花に頼まれて出勤してきた菜子も言ってましたが・・・『誰かに頼りにされる』って嬉しいことなんですよね!
     
     
    あとこの徹の言葉って・・・実はその前に『孝一』が言っていることと一緒なんですよね!
     
     
     
    そう考えると『菜子と徹』『徹と孝一』という『繋がりと連続性のある脚本』は・・・さすが浦畑脚本だと思いました!
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして颯爽と喜翆荘に帰る徹と緒花と・・・
     
     
    旅館が満員で緒花に会えずに帰ることになった孝一が擦れ違います・・・
     
     
    この『擦れ違い』のシーンは構図が最高でしたし・・・挿入歌とも相まって鳥肌モノでした!PAやりますね!
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
    イメージ 16
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花と徹が帰ってくると一気に遅れを取り返し・・・
     
     
    緒花が前回掲げた『平等の対応』でもてなします!
     
     
    緒花の想いが・・・皆を動かします!
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、翌朝緒花は『母と娘の2人連れ』の部屋宿泊御礼の挨拶に行くと・・・
     
     
    実はノーマークだったこの2人が取材班だったことが判明!
     
     
    しかし冒頭の言葉にあるように『誰もを平等にもてなす喜翆荘』を実践したことで好評価となります!
     
     
    イメージ 18
     
     
     
    イメージ 19
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後は『喜翆荘従業員全員』退院した『女将』を皆で迎えます!
     
     
    皆で『おかえりなさい!女将さん!』と言う言葉が・・・胸にグッときました・・・
     
     
    これは反則ですね・・・感動で鳥肌が立ちました・・・
     
     
     
    イメージ 20
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで9話終了ですが、8話とあわせて緒花の『葛藤と成長』が見えるストーリーで最高でした! 
     
     
    そして緒花だけでなく『喜翆荘』の人々が『変わっていく』姿も見せてくれた『浦畑達彦』さんの脚本はさすがの一言です・・・
      
     
    『ARIA』『ストパン』『咲』『Aチャンネル』など数々の人気作品の脚本を経験されているだけあって・・・次の展開への『魅せ方』が本当に上手かったです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の題名が『喜翆荘の一番長い日』でしたが・・・これって『さだまさし』さんの『親父の一番長い日』という曲に掛けていると思いました!
     
     
     
    そう思ったのも『女将がいない喜翆荘』の長い一日というのもありますが・・・
     
     
    『さだまさし』さんの『親父の一番長い日』の歌詞
     
     
     
     
     
     
    娘の選んだ男に 間違いはないと
     
     
     
     
    信じていたのも やはり親父だった
     
     
     
     
     
     
     
    という歌詞があるのですが・・・これは『孝一や徹』『緒花が一番と思ったのならそれでいい』と信頼した部分とすごく似ているなぁと感じたからです・・・
     
     
    『信じる』ことの大事さを・・・今回の『題名』と『さだまさしさんの曲』に掛けてきたのだと私的に思いました!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次回は徹と緒花がいい感じ』になってきそうですし・・・先々気になります!
     
     
     
    おでこで熱を計るとは・・・『徹×緒花』フラグ立ちまくりですねw(爆)
     
     
    同時に『民子激怒フラグ』もw(爆)
     
     
     
    イメージ 21
     
     
     
     
     
     
    来週も楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今までも作画素晴らしかったですが・・・ぜんぜん作画レベルが落ちないPAの作画力は本当にすごいですね・・・
     
     
    自分達の強みを知っているからこその『丁寧な作画』は好感が持てます! 
     
     
    徹に『あ~ん』をして食べさせた民子の嬉しさや緒花に見られて驚きの場面とか・・・細かい描写も最高でしたw
     
     
     
    イメージ 22
     
     
    イメージ 23
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと緒花の目が『トロン』としている描写色っぽいですねぇ・・・(遠い目) 
     
     
    これは緒花ファン歓喜ですよね♪(爆)
     
     
    しかも眼に『徹がうっすら映ってる』んですよねぇ・・・こういうところもPAらしいです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それからいわゆる『モブキャラ』のかわいさも・・・素晴らしいですね! 
     
     
    PA気合入れすぎwもちろんグッジョブです♪(爆)
     
     
    モブにも愛情を込めるPAは尊敬です!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとは孝一に熱い視線を向けるこの眼鏡っ子が・・・絶対にキーマンになりますよねw
     
     
    ってか今後『緒花が孝一に会いに帰ってきたら・・・眼鏡っ子と孝一が・・・』の展開が見えるんですけどw
     
     
    そうなると『ドロドロ展開』になりそうですし・・・『岡田マリーさんのフィールド』に入ってきそうですのでそれも楽しみです♪(爆)
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    桂馬が語る『ギャルゲーの本領』
     
     
     
     
     
     
     
     
     リアルの呪縛から解き放たれた『2D女子』達は・・・理想の領域へと旅立つ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    女子という可能性の『拡張』!完全なる理想の『追求』強く新しい『力』
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    足りないDは『Dream』で超える!
     
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ・・・さて『桂馬のギャルゲー愛の叫び』から始まりましたがw・・・『神のみぞ知るセカイⅡ』
     
    FLAG8.0『はじめての☆おつかい』、8.5『3人でお茶を』レビュー♪
     
     
    今回は『ギャルゲー回&ハクア回』の2本立てです!  
      
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですがAパートは久々の『ギャルゲー』回!
     
     
    冒頭の言葉にあるように・・・桂馬の『ギャルゲー談義』が繰り広げられます!
     
     
    いわゆる『2Dのドット絵から・・・本当に進化しました・・・
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『限定版の説明』もする桂馬!
     
     
    限定版とか魅力的ですからねぇ・・・後で欲しいと思っても買えなかったりプレミア付いたりしてますからね・・・
     
     
    消費者心理をくすぐりますw
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、Aパートのオチとしては『限定版のゲーム』を桂馬の代わりに買うことになったエルシィが・・・ 
     
     
    『アニメDVD』を買ってしまいます^^;
     
     
    ドジなエルシィ^^;・・・まあそこがかわいいんですけど♪(爆)
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてBパートは『ハクア』登場! 
     
    前回の駆け魂狩りの反省文を書くために桂馬の家に来るハクア!
      
    相変わらずのツンデレキャラです♪
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
    ハクアは反省文の代わりに模型で行動を把握していきますが・・・
     
     
    ハクアが桂馬の模型に『Hな指示』をしたため・・・模型では『モザイク』がかかる行為をしてますw
     
      
    地上波TVアニメで普通のモザイクかかるの・・・初めて見たなw
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかもテレるハクアは桂馬に『理不尽ビンタ』を食らわせますw
     
    ハクアの指示なんですけどねw・・・桂馬も踏んだり蹴ったりですw
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局そのままハクアは帰りますが・・・エルシィはハクアが『桂馬に会いに来た』ことを察知し嫉妬w
     
     
    ドジなエルシィでも・・・こういうことには敏感なですね!
     
     
    ここは『アクマといえども女の子』だということに気づかせてくれます!
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は2本立てでしたが・・・ハクア可愛かったです♪ 
     
     
    やっぱり早見沙織さんの声は良いです! 
     
     
    『俺妹』のあやせや『神のみ』のハクアなどのツンデレキャラから『エデンの東』の咲のような正統派美少女まで演じられるのはさすがです!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして次回はとうとう『長瀬純先生』登場!『愛生』さんの出番です!
     
     
    メチャ人気出そうで・・・『神のみ』もさらに盛り上がりそうです♪
     
      
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    次回以降も楽しみにしてます♪
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回の予告絵が『懐かしい構図だなぁ』と思ったら・・・ 
     
     
     
    『同級生』などを手がけた『竹井正樹』さんでした!
     
     
     
    今回『ギャルゲーの本領』を話す回でしたし・・・まさに『神のみ』らしいチョイスで最高です♪
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと竹井さんはゲームだけでなくいろんなアニメの原画参加をされてまして・・・ 
     
     
    『マクロスF』5話にも参加しててエンドロールにも乗ってます!
     
     
    5話は『ランカが才能を開花させた回』で・・・まさに『マクロス』って絵ですよね!
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も幅広い活躍期待してます♪ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    京介の本心 
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺は・・・お前が居ないと寂しくてイヤなんだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    文句あるか!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『桐乃に熱く語りかける京介』から始まりましたが・・・俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
     
    最終回第15話『俺の妹がこれで最終回なわけがない』レビュー♪
     
    テレビとは別ルートの15話がweb配信開始です♪ 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回のweb版14話は黒猫が『ゲーム研究会』で『赤木瀬菜』と友情を育む話でした! 
     
    ってか黒猫役で人気絶頂の花澤香菜さんが・・・
     
     
     
     
     
    オナニー作品がつまらないと言うのなら・・・
     
     
     
     
     
     
    『超凄いオナニー』をみせつけてやるだけよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    って叫んでましたねw
     
    1ヶ月以上前の話ですが・・・衝撃的だったのを覚えてますw
     
    黒猫の時の花澤さんの弾けっぷりは最高でした♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は最終回ということですが・・・京介が桐乃からのメールで異変に気づくところから! 
     
     
    京介はあやせにも聞いてみますが・・・留学以降連絡がないといいます・・・
     
     
    不安になる京介・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
    そんな京介に黒猫は『自分を助けてくれたことを感謝』するキスをし・・・
     
    桐乃の元に行くように背中を押します!
     
     
    黒猫らしい愛情表現ですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後京介は家に帰ると・・・父親も桐乃から異変のメールが来たのでアメリカに行くと言い出すところに遭遇し・・・
     
    京介が『自分が行く!』と父に話すと・・・許可されます・・・ 
     
    桐乃のためならどこへでも行く・・・同じ血が流れている証拠ですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして京介がアメリカに着き桐乃の部屋に行くと・・・桐乃が部屋で落ち込んでました・・・ 
     
     
    桐乃曰く甘えを捨てるために『誰かに勝ったら日本に連絡』という縛りを入れたのですが・・・
     
    結局誰にも勝てなくて連絡が出来なかったことを京介に告げ・・・泣き出します・・・
     
     
    桐乃らしい真面目な考えですが・・・それが逆に呪縛になってしまったんですね・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
      
     
    そんな桐乃を見た京介は冒頭の言葉で桐乃を説得し・・・日本に連れ帰ります!
     
    大好きな兄の言葉だからこそ・・・桐乃は納得し日本に帰ります・・・
     
    素敵な兄弟愛ですね・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    最後は日本に帰国した桐乃を黒猫と沙織が出迎えます!
     
    この3人のショットは・・・見ててホッとします・・・
     
    今後も3人仲良く『オタクライフ』です♪
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は最後の最後で桐乃主役回でしたね!
     
     
    京介の熱い言葉も良かったですし・・・綺麗にまとめてきました♪
     
     
    最初は『桐乃と京介の物語』でしたので・・・最後はそこに落ち着いた感じでした!
     
     
     
     
     
     
     
     
    是非とも2期を放送して欲しいです!
     
     
    今後の展開に期待です♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    ではまた! 
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回の最終回はすごくいい出来でよかったのですが・・・欲を言えば・・・ 
     
     
    やっぱりTVシリーズで放送して欲しかったなぁ^^;
     
     
    放送間隔が1ヶ月間は長いですね^^;・・・今後他のアニメもできるだけTVで収まるように放送して欲しいですw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は『Angel Beats!』のお話です♪ 
     
     
    今日6月1日は『Girls Dead Monster starring LiSA TOUR 2010 Final -Keep The Angel Beats!-』『Live BD/DVD』発売日ですが・・・Mr.Tにも届きました♪
     
     
    待ちに待ってました!メチャクチャ嬉しいです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてまず『P.A.WORKS』描き下ろし特製BOXですが・・・メチャクチャカッコイイです!
     
     
    このBOXだけでも買った甲斐があると言っていいほど感動します♪
     
     
    最初に見ただけで鳥肌立ちました!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    で、BOXをあけますと・・・
     
     
    LiSAさんのサインが出てきます♪
     
     
    これもメチャクチャ嬉しいです!あと『スタッフPASS』もカッコイイです!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    でそれから『BD/DVD』の他にブックレットが付いてきますがこれもいい感じです♪
     
    ライブの写真が載ってます♪ってかMr.Tも映ってましたw
      
    それも感動しました♪
     
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回収録されているライブは渋谷AXの最終公演ですが・・・
     
    Mr.Tも参加しましたが最高のライブでした♪
     
    特設サイトの写真すごくいいですよね!LiSAさんとファンの距離の近さがよく現れてます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも麻枝さんやLiSAさんの『オーディオコメンタリー』付きです! 
     
    コメンタリー付きの『LiVE BD/DVD』はファンとしてはメチャクチャ嬉しいですのでグッジョブです!
     
     
    これからライブを見ますので・・・またコメンタリーの内容とかお伝えできればと思います♪ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    是非ともあの感動と興奮を皆さんにも味わって欲しいです!
     
     
    皆さんも買ってみてください♪ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今ライブBD見始めてますが・・・
     
     
    最初のPVから鳥肌モノです・・・
     
     
    特にLiSAさんが校舎でバットを持っているシーンユイとシンクロして涙が出そうでした・・・買ってよかった・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    あとBDのライブ映像を初めて見ましたが・・・
     
    本当に映像が綺麗ですねぇ・・
     
    サイリウムやステージの光が鮮やかに映っていて見ていて気持ちいいです♪
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、せっかくなので今後のKey&麻枝さんのスケジュールを確認しますと・・・
     
     
     
     
     
     
    2011年6月
     
    1日
     
     
    『Girls Dead Monster starring LiSA TOUR 2010 Final -Keep The Angel Beats!-Live』
     
    BD/DVD発売
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    24日
     
     
    『Key+Lia Best 2001-2010』
     
    CD発売日
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『Rewrite』
     
    ゲーム発売日
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    発売日未定
     
    ゲーム版『Angel Beats!』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と・・・Key関連目白押しですね!
     
     
    鍵っ子には楽しみが増えますね!
     
     
     
     
     
     
      
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    「Rewrite」関連 
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は『今後の日本』についてのお話です 
     
     
    まず今日国会で菅総理が震災対応の一定の目処後に『辞任の意向』を表明しました!
      
     
    内閣不信任決議案が可決の見通しとなったため・・・民主党分裂を避けるために菅総理は総理の座を手放すことに!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
      
    そんな中、Mr.Tは今年の5月29日の記事で・・・
     
      
    原発対応の悪さを含め『首相の座にしがみ付く菅総理』は日本の美徳である『潔さ』が微塵も感じられない行為で嘆かわしいですし・・・
     
     
    まずは菅総理の『自主的な辞任』から日本は始まって欲しいなぁと心から思います・・・
     
     
    と書きましたが・・・本当にそうなるとは思いもしませんでした!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    もちろん被災地の方々のことを考えれば不信任決議案を出している場合ではないのは確かですが・・・
     
     
     
    『原発対応』が後手後手にまわり・・・しかも政府と東電が『責任の擦り付け合い』までしている菅内閣のままでいいかといったら・・・やっぱりNOです!
     
     
     
    ってかこの緊急時に『不信任決議案』を出さなければならないほど問題がある内閣の方が・・・本来問題なんですけど・・・
     
     
    誰もそこを厳しく追及しないんですよね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、私的に今回の『菅総理の辞任の意向』は先に繋がる話だと思いました
     
     
     
    それは『菅総理辞任後』の復興内閣の絵として・・・
     
     
     
    1.被災地救済のための与野党を超えた『超党派内閣』を作る(次回総選挙までの期間限定
     
     
     
     
     
    2.自民党から経験のある議員に内閣に入ってもらうことで現在の民主党議員の人材不足や経験不足を解消する
     
     
     
     
     
     
    3.首相は『超党派&有事』なこともあるのでシンボル的な意味も込めて・・・あえて今の政党のトップではなく・・・
     
     
     
     
    ・国民の人気がある田中眞紀子さん
     
     
    ・若きリーダーの石原伸晃さん
     
     
     
    など国民や海外に『日本は変わっていく』ことを目に見える形で押し出した首相にする
     
     
     
     
     
    『今までの規制にとらわれない新しい考え方』の内閣を作りだすのも・・・この有事には私的にアリだと思っているんですけどね
     
     
     
    もう今回の『菅総理の辞任』で『与野党ノーサイド』です!
     
     
    これ以上与野党いがみ合ってても被災者には何の特にもなりません!
     
     
     
     
     
     
     
    いずれにしても・・・菅総理辞任後の動きに用注目です!
     
     
    今後は菅政権のような『隠蔽』がまかり通るような政府にしてはいけないです! 
     
     
    注意深く見守っていきましょう
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      追記  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ・・・ひとつ気になっているのがこの期に及んで・・・ 
     
     
    枝野官房長官が『菅総理の辞任は正式決定ではない』とか言ってますね・・・ 
     
     
     
    これが本当ならまさに『国家的詐欺』ですね・・・国民を愚弄するのもいい加減にして欲しいです!
     
     
     
      
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあこんな嘘を言う内閣だからこそ不信任決議案が出たことを・・・
     
    まったく反省していなんですね・・・あまりにアホらしくて笑えます・・・
     
      
     
     
    被災地の皆さん・・・この言葉が本当なら今の政権はここまで腐ってるんですよ!
     
     
    もしコレが本当なら・・・日本は終わりますね・・・
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    仁太の葛藤
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    めんまを失ったことで・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    めんまのかあちゃんは俺達を憎み続けて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなるは自分を責め続けて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゆきあつも、きっとつるこも、ぽっぽだって・・・みんな罪悪感の中で救われずに・・・ 
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なのに俺にはめんまが見える
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺だけがめんまに救われて
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なんて・・・なんて不公平・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて仁太の『自分だけがめんまを見えること』への葛藤から始まりましたが・・・
     
    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第8話『I wonder』レビュー♪  
     
     
     
    春のノイタミナ枠『C』と同じくオリジナルアニメです!
     
    監督は『とらドラ』『超電磁砲』の長井龍雪さんで期待の作品です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、仁太達はめんまの夢だった『夢花火』を中止させためんまの両親のところへ行きますが・・・ 
     
     
     
     
     
    めんまをダシにして楽しんでいる』
     
     
    めんまが仲間はずれにされている』
     
     
    メンマだけが時間が止まっている』
     
     
     
     
     
     
    など・・・めんまの母が『めんまを無くした辛さ』をずっと抱えていることを知ります・・・
     
     
    仁太達を責めるめんまの母・・・辛いですね・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、仁太は『周りに迷惑をかけている』と感じ『自分ひとりで何とかする』と言う思いに至りますが・・・
     
     
     
    そんな仁太に鳴子は『こういうことやめよう』と言うと・・・昔から『仁太が好きだ』と伝えます・・・
     
     
    鳴子は本心を仁太に伝えます・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうした中、めんまの母や鳴子の言葉から・・・仁太は冒頭の言葉にあるように『自分だけがめんまを見える理由』を考えします・・・ 
     
     
    結局『めんまが見えるのが仁太だけ』なのが問題ではあるんですよね・・・
     
     
    でもそれには意味があると考える仁太・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、つるこの家に『仁太の家から無言電話がかかってきた』ことで基地に集まるメンバー達と・・・ 
     
     
    最後は『めんまのノート』にめんまが字を書くことで・・・メンバーは『仁太の言っているようにめんまはいる』ことを知ります!
     
     
     
    これで皆めんまがいることを信じることに・・・この『めんまの意思』はターニングポイントですね!
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『仁太の葛藤』『めんまの意思』などが描かれた回でした!
     
     
    それぞれの葛藤が描かれました・・・ 
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    今後めんまの存在に気づいた鳴子たちは・・・どんな行動をとっていくのか・・・
     
    そして『めんまの本当の希望』は何なのか・・・先が気になります!
     
     
     
     
    次回以降も楽しみです♪ 
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばこの作品ってよく『涙』が出てきますが・・・純粋さが出ていていいですね・・・ 
     
     
    普段見ているアニメではここまで涙が出てくる作品ってあまりないので興味深い演出です 
     
     
    それだけ『本当の気持ち』で語っていることを『涙』は証明しているんですけどね!
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    最後はみんなが報われることを願ってます・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    トオルの説教
     
     
     
     
     
     
     
    人様の家ではしたない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    こんなイヤらしい娘に育てた覚えはないよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何だ!この『けしからん乳』は!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回はエロ本を見ながらの『トオルの説教』から始まりましたがw
     
     
    『Aチャンネル』第9話『プレゼント Abstract art』レビュー♪
     
     
    『咲』製作スタッフが集結しているアニメです!
     
     
     
    『咲』では『かわいい女の子をカッコよく』描いてましたが・・・Aチャンネルは『まったり感』がすごくいいですよね!
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回は『ハロウィン』回!
     
     
    ハロウィンにちなんだお菓子作りが描かれます♪
     
     
    この作品は『季節の移り変わり』を感じれるアニメです!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、るんとユー子はハロウィンのお菓子を作ります! 
     
     
    ただ、るんが片手で卵を割ろうとしたら殻ごと破壊w
     
     
    基本ドジ設定ですねw 
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その頃トオルとナギはお菓子が出来るまで本屋で暇つぶしをしますが・・・
      
     
    ユー子に似たキャラのエロ本をナギが見つけて2人で興奮してますw
     
     
    後で冒頭のネタとして使われますw・・・それとトオルとナギの2ショットは普段見れないので新鮮ですw
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、るんとユー子のお菓子作りに戻ると・・・こんどはボールに溜めた卵を丸ごとユー子にぶっ掛けるるんw 
     
     
    ここまで豪快だと気分がいいですw
     
     
    まるごと頭からかけるものすごいですけどねw
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこともありるんとユー子はお風呂に入ることに!
     
     
    サービスショットですね♪
     
     
    スタッフはユー子の生かし方を知ってます♪(爆)
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は皆で仲良くお菓子タイム♪
     
     
     
    この4人が集まるとホッとします・・・
     
     
    あと顔を赤くするシーンとかは・・・やっぱり『咲』を思い出しちゃますw
     
     
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回もゆるふわな内容で癒されました♪
      
     
    ゆっくり見れるのがこの作品のいい所ですよね♪ 
     
     
    週末の疲れた心と体が癒されるアニメです♪
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
    あと今頃気づいたのですが・・・
     
    今回の『Abstract art』といい、題名の英訳って・・・全部最初の文字が『A』縛りなんですね! 
     
     
    こういう細かいところも好感です♪
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪ 
     
      
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『Aチャンネル』『ファンイベント』があるようですね!
     
     
    8月21日に日本青年館で行われるようです♪ 
     
     
    ファンお方は是非とも参加してみてください!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    Mr.Tです!
     
     
    既に過ぎてしまいましたが・・・皆様に支えられて全体訪問者数が『50万人』を越えました! 
     
     
    思い起こせばブログを始めたのが2008年8月11日で・・・
     
     
     
    それからは基本コンセプト
     
     
     
    のんびり
     
     
    毎日更新
     
     
    好きなことを好きなだけ書く
     
     
     
    を守りながら・・・本当に好き勝手なことを書かせてもらっています!
     
     
     
    そんな当ブログですが・・・3年経たずに訪問者50万人を迎えることが出来ましたのも、ひとえに皆さんの応援の賜物です!
     
     
    皆さんの支えあっての当ブログです!
     
     
     
     
     
     
     
    さて訪問者50万人記念イラストですが・・・
     
     
    CLANNADの智代を描いてみました♪
     
     
    誰にしようか考えたのですが・・・このブログのコンセプトである『真摯さ』を一番表せるのは智代だと思って描いてみました!
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて現在の私のブログの構成ですが・・・
     
     
    1.麻枝さんKey関連
     
    2.歌手のLiaさん
     
    3.アニメ感想
     
    4.絵師さん紹介イラスト
     
    5.浦和レッズサッカー
     
    6.政権や震災などの時事関連
     
     
     
    のほぼ6つの柱で成り立ってます!
     
    現在はKey関連アニメ感想がメインになってます
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中で、今回はMr.Tのような『個人ブログに求められていること』を考えてみたいと思います
     
     
     
    といいますのも今や『ツイッター』などの『簡易サイト』がある中で『ブログの価値は何なのか?』を一度整理してみようかと思ったからです
     
     
     
    数々のコミュニケーションツールがある中で『ブログはどういうところが強みであり弱みなのか』を改めて考えてみたいと思いました
     
     
     
     
     
     
     
    まず参考にさせていただいたのが『琥珀色の戯言』というブログの管理人『fujipon』さんの書かれた・・・
     
     
    『個人ブログの現在、そして、たぶん未来』という記事です! 
     
     
    今はプライベートモードになっていて見ることが出来ないのですが・・・この方の書かれている記事は深い内容です!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    で、この記事で『fujipon』さんに共感できた内容としては・・・
     
     
     
    読み手の『求めるもの』
     
     
     
      
    ・多くの人は、個人のブログに『この人は、どう感じたのか?』ということしか求めていない
     
     
     
     
     
    ・みんなの時間が有限である以上、より洗練されたものに人が流れていくのは、しかたがない面はある
     
     
     
     
     
     
     
    書き手の『考え方』
     
     
     
    ・僕たちは、『自分のこと』しか書けないんですよ、基本的には
     
     
     
     
     
     
    ・それでも、僕自身は、今後、個人ブログが生き残る道があるとすれば、それはまさに『自分のことを書く』しかないと思う
     
     
     
     
     
     
    という言葉でしたが・・・とても感銘を受けました!それはMr.Tもブログを書く上で心がけている・・・
     
     
    できるかぎり『自分の意見を出す』ということに似ているからでした!
     
     
    自分の意見が投影されるからこそ・・・ブログは『個性や意思』を生み出すと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてなにより大事だと思っているのは『自分が楽しんで書く』ことです!
     
     
    個人ブログの利点として『何者にも束縛されない』ことですし・・・自由に自分の思ったことを書くことが、結果多くの方々に共感してもらえると信じてます
     
     
    そして書いた記事にコメントやTBが付くと・・・やっぱり嬉しいですし、同時に他の方々の意見も参考になるのがブログの良いところだと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとMr.Tの信念としては『積み重ねこそ大事』だということです
     
     
    基本的に記事を書く上で『その作品の前の作品』も同時に取り上げたりしているのですが
     
     
    それは今の作品を作る上で、その前の作品の影響は大きいですし、前の経験はその人を絶対に伸ばしていると考えているからです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    例えばアニメ『Aチャンネル』は『咲』という作品のスタッフが集まっていますが・・・間違いなく咲という作品から多くのものを吸収していますし・・・
     
     
    『咲』で得た経験をさらに『Aチャンネル』で生かすことで・・・『他の作品にはない魅力』になるんですよね
     
     
    だからこそ、その前の作品も同時に紹介することで・・・さらに面白さが増すことをMr.Tとしては考えて記事を作ったりしてます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    逆に『まどか☆マギカ』の脚本を書かれた虚淵玄さんのように・・・Mr.Tとしてほとんど情報がない方が出てきた時には・・・
     
     
    過去の作品の傾向を調べて皆さんにご紹介したりすることも『自分のためにもなるし、他の方のためにもなる』ので積極的に取り入れてます!
     
     
    何事も『知らないことを知る』のは面白いんですよね!それに『繋がり』がつけばさらに楽しさ倍増になります!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その考えから行けば『山本寛監督』は監督経験はまだ少ないですし・・・ 
     
     
    『フラクタル』の経験を生かしてもっと大きな監督になって欲しいと心から思ってます!
     
    ってかこの経験を生かしてこそのヤマカンだと思います!
     
     
    『フラクタル』がどう評価されようと『涼宮ハルヒ』の演出を含め『過去の実績』は揺るがないですし・・・今後の活躍を期待してます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、個人ブログに話を戻しますが・・・今後もMr.Tは『自分の意見』を書いていこうと思います!
     
     
    読まれる方の中には『これは自分の意見とは違う』という方もいるかと思いますが・・・
     
    そういうものを含めて『こういう考え方の人間がいるんだ』と思ってくれれば幸いです
     
     
    『面白くないものを迎合して面白いと書く』ことは絶対にしません!今後も『Mr.Tらしい視点』で真摯にブログを続けていこうと思います!
     
     
     
     
     
     
     
    そしてこのブログやMr.Tに何かご意見がありましたらコメント欄に書いてください!
     
     
    このブログはどなたにも開かれているブログでありたいとと思いますので・・・今後ともよろしくお願いします!
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても・・・ここまで多くの方が訪問されるブログになると思っていなかったので・・・正直驚いているのが実態です^^;
     
     
    それ故にもっと多くの記事を取り上げたい反面・・・リーマンとして『時間的制約』があるのも事実なんですよね・・・
     
     
    これは個人ブログをされている方は全ての方が悩んでいるところだと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なので『一記事一記事に出来る限りの意見と情報』を入れて皆さんにお届けしていきたいと思います!
     
     
    そして訪問された方に『ここに来て良かった』と思えるブログを作っていきたいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     

    0 0

    菜子の優しさ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その人が『いらない』ってことじゃなくて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『必要』だから『その人の分もみんなが働く』ってことで・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だから本当に『早く帰ってきて!』
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて・・・緒花を励ます『菜子の優しい言葉』から始まりましたが・・・花咲くいろは』第10話『微熱』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
    しかも『P.A.WORKS 10周年作品』ということでかなり力が入ってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが今回は緒花が倒れるところから! 
     
    今までの疲れが一気に出てしまいます・・・
     
     
    8,9話と緒花が駆けまわっていましたので・・・その反動ですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、緒花はベットで一日休養することに・・・ 
     
    ベットに寝るものの・・・顔を赤らめ目が虚ろな緒花・・・
     
    普段の元気の良い緒花からは想像も付かない弱り具合です
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
      
     
     
    そんな緒花のために徹はお粥を作ってきますが・・・
     
     
    緒花の色っぽさに目を奪われる徹w
     
     
    ふいに見せる緒花の色っぽさ・・・徹の動揺はよく分かりますw
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
      
     
     
     
     
    しかも徹は『おでこ』で熱を計ります!
     
     
    ってか『おでこでする必要ない』ですよね・・・ってことは完全に徹は緒花を狙ってます!
     
     
    徹うらやましすぎw
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな緒花ですが自分が休んでも回る旅館を見て・・・
     
     
    『自分の価値は何なのか?』と思い悩みます・・・ 
     
     
    弱気になる緒花・・・らしくないですね・・・
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして看病に来た民子と菜子が緒花を励ますと・・・感極まって泣き出す緒花・・・ 
     
     
    そんな中、菜子は『緒花の携帯メールの言葉』見て緒花の涙を理解し・・・冒頭の言葉で優しく語りかけます! 
     
     
    菜子の優しさが良く出てますよね・・・
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後は緒花の夢の中に出てきた孝一に・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : 私・・・ここが好き!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : 喜翆荘が好き!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : 喜翆荘のみんなが好き!
     
     
     
     
     
     
    と告げると・・・夢の中の孝一は消えてしまいます・・・
     
     
    多分『緒花の弱さ』がこの夢を見させたんでしょうけれど・・・喜翆荘の皆の優しさがその夢を覚まさせてくれたんですね・・・
     
     
    夢や現実を対比させるなど・・・面白い演出でした!
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで10話終了ですが『自分の価値』について考えさせられるシナリオでした・・・
     
     
     
    『自分は必要とされているのか?』というテーマは誰しも一度は考える深い悩みですが・・・
     
     
     
    緒花が辿り着いた『大好きなみんながいるから自分はここに存在できる』という答えはとても清清しかったですし・・・
     
    心が温かくなりました!
     
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
    それに今回は『緒花の可愛さ』を上手く引き出してましたし・・・
     
     
    脚本を担当された『true tears』監督を務めた西村ジュンジさんの良さが出てました!
     
     
    この作品は『P.A.WORKS』歴代の作品に携わった方々がいろいろな役で出てくるのが面白いですね!
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    さて次回は『緒花の母再登場のようですが・・・どうなるんですかね?
     
     
    緒花を連れて帰ろうとしてるのかなぁ・・・すごく気になります!
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもぜんぜん作画レベルが落ちないPAの『作画力』は本当にすごいです!  
     
     
    しかも料理が綺麗です!・・・PA気合入れすぎwもちろんグッジョブです♪(爆)
     
     
    京アニもそうですが・・・こういう細かいところに愛情を込めるのは尊敬です!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと恋の行方ですが・・・今回は『徹×緒花』のフラグが立ちまくってましたねw
     
     
    ってことは・・・このまま行くと・・・
     
     
     
      民子 →×   
     
               ↓
     
                緒花 →×← 孝一
     
                        ↑
     
                      めがねっ娘
     
     
     
    と・・・『徹×緒花』『孝一×めがねっ子』となるので・・・民子だけ報われませんねw
      
     
    ここが今後どうなるのかが気になりますね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか『岡田マリーさん』はいつ戻ってくるんですかね?
     
    こうした恋愛関連はマリーさんのフィールドですので・・・楽しみです!
     
     
    あと『ホビロン!』に次ぐ新しい『造語』も・・・期待してます♪
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    純の考える『理想』
     
     
     
     
     
     
     
     
    先生ね・・・プロレスが大好きなんだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今は総合格闘技のほうが人気なんだけど・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    格闘技は『現実の強さ』を追っている!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    でもプロレスは『理想の強さ』を追ってるんだよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    カッコイイよね!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ・・・さて『純の考える理想』から始まりましたがw・・・『神のみぞ知るセカイⅡ』
     
    FLAG9.0『2年B組長瀬先生』レビュー♪
     
     
    今回から教育実習生の『長瀬純』登場!とうとう愛生さんの出番ですね♪  
      
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが教育実習生で桂馬の学校に来ることになった純ですが・・・
     
     
    自己紹介時に『ゲームに没頭』す桂馬を見て驚きますw
     
     
    まあよく考えれば桂馬は完全に問題児なんですよねw
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな桂馬を何とか更正させようと意気込む純ですが・・・
     
     
    『いい先生になろう』とする心に・・・駆け魂が入り込みます・・・
     
     
    これで純も桂馬の攻略対象に・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、当然のごとく純から『駆け魂反応』が出たためエルシィと桂馬が対応を考えますが・・・ 
     
    桂馬曰く『先生と生徒』の関係になると攻略が大変になるので『学校では話さない』ということに・・・
     
    今までの同年代の攻略とは違いますからね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ『桂馬を更正させる』ことに燃える純は桂馬を追いかけ・・・
     
     
    追いかけられる途中で一緒に倒れるなど・・・『教師と生徒フラグ』が勝手に進行^^;
     
      
    桂馬の思い通りに行きません・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は桂馬が『自分は問題児』だから追い掛け回してくると気づきますw
     
     
    ってか今頃気づくなよって話ですけどねw
     
     
    今回は今までのようにはいかなそうです・・・
     
     
      
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて長瀬純回の序盤でしたが・・・オトナっぽい声の愛生さん良かったです♪
     
     
    今回の愛生さん『けいおん!』の唯のような可愛い声より声を抑え目にしていましたね!
     
     
    幅広く演じられるのはさすがです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして次回以降も純がいっぱい出てくるので楽しみです! 
     
    愛生さん効果もありメチャ人気出そうで・・・『神のみ』もさらに盛り上がりそうです♪
     
      
     
     
     
     
     
     
    次回以降も楽しみにしてます♪
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばこの作品は脇役の声優さんも豪華で・・・ 
     
     
    二階堂先生役は『攻殻機動隊』の草薙素子役の田中敦子さんです!
     
     
     
    カッコイイ声で大好きな声優さんです!オトナになろうとしている純との対比もまた面白いですね
     
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか二階堂先生に実力派の田中敦子さんを充てているということは・・・二階堂先生が活躍するために『3期まで放送』しないといけないですので・・・ 
     
     
    なんとなく『3期は決定路線』かなぁって気もしますねw
     
     
    前回の天理の挿絵も含め・・・神のみに対する『サンデーの本気』を見てみたいです♪
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    2期最後に『3期決定』の発表があることを期待してます♪ 
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回はLiaさんのお話です♪ 
     
     
    今日ヤマハから歌声合成ソフトの『VOCALOID3』が開発され、楽曲制作ソフトの『VOCALOID3 Editor』が9月に発売と発表されましたが・・・
     
     
    同時に、対応歌声ライブラリにLiaさんの声が加わると合わせて発表がありました!
     
     
    これ凄いですね!・・・ミクみたいにLiaさんに自分の歌を歌ってもらえたら最高ですね!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってかMr.Tは正直ボカロについて詳しく分かっていないのですが^^;・・・
     
     
    あの『Liaさんの美しい声』を使って自分の曲を作れる時代になったんですねぇ・・・
     
     
    技術の進歩の凄さを感じます・・・
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばLiaさんが日記でこの件に触れてましたが・・・ 
     
    やっぱりそういうことだったんですねぇ・・・納得です♪
     
     
    なんとなく『ボーカロイド×Lia』って察しがつきましたがw
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    確かに今現在『ボーカロイド=初音ミク』などが真っ先に思い浮かびますが・・・
     
     
    今後は『ボーカロイド=Lia』という時代になるかもですね!
     
     
    それ以外にも『喜多村英梨』さんの声もあるようですし・・・今後は多種多様なボーカロイドが生まれそうで楽しみです♪
     
     

       

     

    イメージ 7

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    いずれにしても買ってみたくなりました♪ 

     
     
    特にLiaさんファンには自分の曲をLiaさんに歌ってもらえたら最高ですよね!
     
     
    こういう楽しみ方もあるんですね!新しい情報が出ましたらまたご連絡します♪
     
     
     
    ではまた!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばLiaさんの日記を見ていましたら・・・
     
     
    4月2日に開催された『石川智晶さん主催のチャリティライブ』でLiaさんが歌われた新曲『きみはひとりなんかじゃないよ』のCD化が決定したとの情報が入ってました!
     
     
    ライブで聴きましたがすごくいい歌でCD化を希望していたのでメチャクチャ嬉しいです♪
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさんから『東日本大震災』で被災された方々へのメッセージとして作られた曲で・・・とても温かい曲ですので・・・ 
     
     
    是非とも多くの人に聞いて欲しいです!
     
     
    今後発売の情報がでましたらご連絡します!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今後もLiaさんの楽曲を楽しんでいきたいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    ゆきあつの本気の想い
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺は娘さんが・・・芽衣子さんが好きでした!
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    芽衣子さんの為に何かしたいんです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺も『過去に生きた者』だから!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『めんまを想うゆきあつの願い』から始まりましたが・・・
     
    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第9話『みんなとめんま』レビュー♪  
     
     
     
    春のノイタミナ枠『C』と同じくオリジナルアニメです!
     
    監督は『とらドラ』『超電磁砲』の長井龍雪さんで期待の作品です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、めんまの存在を確かめるために皆で『めんまの作った蒸しパン』を食べることになりますが・・・
     
     
    ポルターガイストのような光景に皆が驚きます・・・ 
     
     
    女性陣が特に怖がってますね^^;
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、花火作りを花火職人にお願いしても断られるため、ゆきあつと知利子がめんまの父親に直談判し・・・ 
      
    父親の前で土下座して許しを請うゆきあつ・・・
     
     
    土下座までするとは・・・ゆきあつのめんまに対する想いはホンモノだったんですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『ゆきあつの本気の願い』が功を奏し、花火職人も製作OKを出したため花火作りを開始する一同ですが・・・
     
     
    仁太一人がめんまと楽しんでいる光景を見かねて・・・違う場所に移動した鳴子とゆきあつがいい感じになります・・・
     
     
    お互い『フラれた者同士』なので・・・親近感があるのかもですね・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしその光景を知利子は見てしまいます・・・
     
     
    今まで一途に想ってきたゆきあつが鳴子仲良くしている光景・・・内心穏やかではないでしょうね・・・
     
     
    だんだん『岡田マリーワールド』が展開されてきますね^^; 
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は夜一人で歩いていためんまが川に落ちているのを見つける仁太・・・ 
     
     
    昔をフラッシュバックさせる仁太・・・これって『めんまの死因』と関係ありそうですね・・・
     
     
    このシーンは最終回に『本当のめんまの過去』で語られるでしょうね・・・ 
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は皆が『めんまの存在』を確認する回でしたが・・・
     
    『めんまの存在が分かった故の葛藤』も描かれましたね・・・ 
     
     
    先週もそうですが・・・ゆきあつは辛そうです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後めんまの存在に気づいた鳴子たちは・・・どんな行動をとっていくのか・・・
     
    そして『めんまの本当の希望』は何なのか・・・先が気になります!
     
     
     
     
    次回以降も楽しみです♪ 
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても今回も鳴子可愛かったですね♪
     
    この作画陣は『鳴子LOVE』が多いんでしょうねw
     
    作画にを感じます♪
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『ゆきあつ×鳴子』にしてくるとはマリーさんさすがですね! 
     
     
    ってか知利子が一人浮いちゃってて可愛そうですけどね^^;
     
     
    知利子の立場って『花咲くいろは』の民子に似てきたなw
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか知利子にどんな結末が待っているのか・・・それも目が離せませんね! 
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

      
     
     
     
    本人がつらいと思って歌う謳は
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    聞いている人にもつらく伝わるわ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    歌うための技術はもちろん必要だけど
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何より大事なのは『歌うことが大好きだ』という気持ち!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    アリスちゃんの謳をアリスちゃん自身が好きになってあげなくて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    他の誰が好きになってくれるというの?
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    アニメ『ARIA The ORIGINATION』第9話『そのオレンジの風につつまれて』
     
    『アテナ・グローリィ』セリフより
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
    さてMr.Tが『川上とも子さん』の演じるキャラクターのセリフの中で『一番大好きなセリフ』から始まりましたが・・・
     
     
    平成23年6月9日に声優の川上とも子さんが急逝されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
     
     
    Mr.Tは仕事中に『Yahoo!トップページ』で訃報を知りましたが・・・あまりにも悲しすぎてその後仕事になりませんでした・・・ 
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
    Mr.Tは川上とも子さんの演じるキャラが大好きだったので・・・訃報は最初信じられませんでした・・・
     
     
    思い返せば・・・数ある川上とも子さんが演じられたキャラクターでも特に印象に残っているのは・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    『AIR』 神尾観鈴
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『Kanon』 倉田佐祐理
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『CLANNAD』 幻想世界の少女
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『ARIA』 アテナ・グローリィ
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『少女革命ウテナ』 天上ウテナ
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    など・・『替えが効かない』独自の世界観を作り出せた素晴らしい声優さんでした・・・
     
     
    間違いなく川上とも子さんはMr.Tを『アニメの世界』に誘ってくれた声優さんの一人です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして川上とも子さんの訃報を知り家に帰ってきてMr.Tは・・・
     
     
    久しぶりに川上とも子さんが初めて主演を演じた『少女革命ウテナ』劇場版パンフレットを出してみました
     
     
    1999年夏に公開された作品です
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その中に川上とも子さんのインタビューがあるのですが『川上さんの人柄』を表す言葉がいっぱい載っていて・・・
     
     
     
     
     
    オーディション時
     
     
     
     
     
     
    川上 : キャラクターを理解する前にオーディションが終わってしまい・・・『これは失敗した、絶対に落ちた』と思っていた
     
     
     
     
     
     
     
    川上 : ところが決まったと連絡が来たので、
    『間違いに違いない』
    『間違っていると教えてあげなくちゃ、本当に受かった人がかわいそうだ
    とスタジオまで足を運んだ
     
     
     
     
     
     
     
    と幾原監督に『間違っている』と会いに行ったそうです・・・
     
    こういう所に川上さんの『真摯さや優しさ』が出てますよね・・・
     
     
     
     
     
     
     
    そして幾原監督に会いに行った川上さんとの会話で・・・
     
     
     
     
     
     
     
    川上 : 私がウテナなのは何かの間違いじゃないですか?私がオーディション時に演じたウテナ『すごくカッコ悪かった』と思うのですが・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    幾原 : 確かにそうだ。他の人の演じたウテナはどれもカッコイイ、そんな中で一人だけ私のズッコケたウテナが混ざっていて・・・
     
    それが妙にお人よしそうで、妙に人間くさい感じだった。
     
     
     
     
     
     
    幾原 : だからお前に決めたんだ
     
     
     
     
     
     
     
    という流れでしたが・・・川上さんの良さを幾原監督が見抜いていたからこその採用だったんだと感銘しました・・・
     
     
    当時新人の川上さんきちんと評価してくれる人がいたことは・・・川上さんにとって本当に幸せだったでしょうね・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて最後になりますが、川上とも子さんのインタビューの最後に語られている想いで締めたいと思います
     
     
    川上さんの想い
     
     
     
     
     
    『きっかけ』ってとっても大事な鍵だと思うんです
     
     
     
     
     
     
    このウテナという作品が、私の演じたウテナの生き方が、私の心を動かす『きっかけ』になったように・・・
     
     
     
     
     
     
    観た人の心を動かす何らかの『きっかけ』になってくれたら本当に嬉しいです
     
     
     
     
     
     
     
     
    今は何も変わらなくても、何年か先にでもこの映画のことを思い出してくれたらと思います。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    人間は死ぬまで成長し続ける生き物だと私は信じたいです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    川上とも子さんの演じられた作品は永遠に皆の心に残ります!
     
    本当にありがとうございました!
     
     
    川上とも子さんの冥福を心よりお祈りいたします
     
     
    安らかにお眠りください
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        追記    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    声優界は大事な方を亡くしましたね・・・ 
     
     
    佐祐理の『あははっ』という声に元気をもらっていたMr.Tとしては本当に悲しいです・・・
     
     
    特に初期のKey作品にはなくてはならない声優さんでしたよね・・・
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    あとKanonのラノベ新刊『佐祐理編』でしたが、帯にはKeyの麻枝准さんが『あの冬の日は色褪せず、まだここに在る』と書かれていますが・・・
     
     
     
     
    佐祐理を演じられた川上とも子さんも永遠に色褪せずに皆の心に残ると信じています!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
     
    ひとりで、気ままに生きる
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    耳なじみのいいフレーズだよ・・・カッコイイ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だけど、それはえらく身勝手
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ひとは、ひとと関わって、社会の中で生きているってことを、どっかで忘れてしまっている
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    自由?・・・おいおい!なんて無責任な言葉なんだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    自由な国?・・・・おいおい!そんな言葉でひとをたぶらかしちゃいけないよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここまでは自由にやっていいけど・・ここからは自由ではありませんと・・・ちゃんと言わないと!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『何で自分の思う通りにできないの?』って言う人がいるけど・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    できないよ!ひとは、社会の中で生きているんだから。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『水曜どうでしょう』ディレクター 藤村忠寿
     
     
    著書『けもの道』より
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『本当の自由の意味』についての言葉から始まりましたが・・・
     
     
    『水曜どうでしょう』の『藤村D』でおなじみの藤村忠寿さんが4月22日に出版された『けもの道』という本についてお話を!
     
     
    『一地方のD』から今や『全国区』の有名人になり・・・とうとう本も出してくれました!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この本はいわゆる『作り手側』からの考え方で書かれていて・・・著書の中で興味深かったのが・・・
     
     
     
    『お客と番組作りの関係』が語られていて藤村Dの持論としては・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    僕はね、誤解しないんでほしいんだけど、お客さんの意見はあまり聞かない。むしろ、聞いてはダメだと思っている
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    HPに書き込まれている感想はすごく見ているけど、ちょっと俯瞰で見て、雰囲気を感じ取る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうすれば『自分達の味が変わってないか?』という一番大事なところが確認できる
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    作り手が客の意見を聞いて『言われたとおりに直して』いたら・・・
     
     
     
     
    『お前は何を信じて作っているんだ?』
     
     
     
    『お前の味はどこにあるんだ?』
     
     
     
     
    って思ってしまう
     
     
     
     
     
     
     
     
    味を守るのは、僕ら自身
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と語っていましたが、やっぱり人気作を作る方々の考えは『信念』があるんだと感じました・・・
     
     
    そして『ものづくり』に関わる方々ならこの言葉はすごく深く感じ取れると思います
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから『藤村D』らしい言葉として
     
     
    『計画通りに行かなかった時』の考え方で・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    目の前で起こることに対処していけば、何の問題もない
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    計画通りに行かないことを不安に思う必要などまったくない
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なんなら最終的に目的地に着かなくてもいいんだから
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だって行き先はもともと、どこでも良かったんだから
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    という言葉はまさに『どうでしょう』の根幹に流れる言葉だと思いました・・・
     
     
    こういう柔軟な考え方が出来るようになればリラックスできるようになりますよね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    正直この本はどんな『癒しの本』や『哲学書』より『人間味のある温かい本』であり・・・
     
     
     
    『ものづくり』をしている方々には『こういう見方があるんだ!』と気づかしてくれる本だと思います!
     
     
     
    冒頭の言葉もそうですが・・・『今まで藤村Dが生きてきた中で感じたこと』を上手く表現しています!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    是非とも多くの人に読んで欲しいです!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばこの本の中で『オリジナリティ』についても語られていて・・・
     
    藤村Dは・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
    よく『真似ではなく、新しい発想で考えよう』なんていうけど、そもそも言葉の使い方が間違っている
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『新しい発想』ではなくて、『そこに自分の感性を出す』と言うことでしょうと
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    つまりね。『新しさ』とは『それまでとは見方が違う』とか、あるいは『捉えた角度が違う』ということで。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    既にあるものをまず真似る。それを自分なりの感性で動かす。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それが『オリジナリティ』と呼ばれ、他人から見ると『新しい』といわれる
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    と語られていましたが・・・まさに的を得ていると思いました!
     
     
    そう思ったのは大人気になったオリジナルアニメ『まどか☆マギカ』で顕著でしたが・・・
     
     
    脚本の虚淵さんが『魔法少女の物語』を藤村Dが言うように『今までと違う見方で作った』からなんですよね!
     
     
     
    『魔法少女モノ』というのは『やり尽くした感』があった中で『虚淵さんの感性』で違う目線を加えたことで・・・
     
    『新しい魔法少女』としてこの作品が捉えられたのが・・・まさに藤村Dが言っていることとリンクしたので驚いてます・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この本を読んでいると『時代の先を見る力がある人』っていうのは・・・
     
     
    共通点があるんだなぁと思いました・・・ 
     
     
    『いろんな見方』ができる本だと思います!
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    母と娘の『仕事論』 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : 『仕事』だからって我慢してたんだよ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : なのにこんな『誰かを傷つける仕事』のために・・・私は我慢してたの?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    緒花 : ずっと・・・ずっと・・・我慢してたの?『こんな仕事』のために!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    皐月 : そうよ!私は『こんな仕事』を続けてきた・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    皐月 : 『こんな仕事』でアンタを育ててきた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    皐月 : 綺麗な・・・『人に胸張れる立派な仕事』だけが『仕事』だって思ってる?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    皐月 :  アンタから見たら・・・そうね母さんから見ても『私の仕事はくだらない』かもしれない・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    皐月 : それでもそれなりに必死こいてんの!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて・・・母と娘の『仕事論』から始まりましたが・・・花咲くいろは』第11話『夜に吼える』レビュー♪
     
     
    昨年Keyの麻枝さんが脚本を手がけた『Angel Beats!』を製作したP.A.WORKSの最新作です♪
     
    しかも『P.A.WORKS 10周年作品』ということでかなり力が入ってます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが冒頭は雑誌のランキング結果が発表され・・・
     
     
    喜翆荘は0点中5点という『平均』の結果に・・・
     
     
    自信あった緒花は愕然とします・・・ 
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも『湯乃鷺温泉全体』も低調な評価な上に『近くに巨大温泉旅館』が出来るとのこと・・・
     
     
     
    旅館組合も危機感を募らせます・・・
     
     
     
    緒花も盗み聞きしますが一大事ですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
      
     
     
    そんな状況を打破したい緒花は東京の出版社に行って『評価の改善』を決心! 
     
     
    一度決めたら一直線な緒花らしい考え方です
     
     
    しかも『ぼんぼる』という新造語まで出てきますw
     
    この時点で『今回の脚本はマリーさん』だと気づきましたw
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    さて、緒花が出版社に行くと『編集プロダクションのライター』が書いた記事だと知り・・・そのライターに会いに行くと・・・ 
     
     
    なんとライターは緒花の母の皐月でした!
     
     
    まさかの展開ですねぇ・・・
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして緒花と皐月は話し合いますが・・・冒頭の言葉にあるようにお互い平行線に・・・ 
     
     
    2人の会話は『仕事をする意味』を考えさせられますね・・・ 
     
     
    『理想と現実』は違いますしね・・・どんな仕事でも『仕事は仕事』・・・これは深い話ですね・・・
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、緒花が取った行動は・・・ 
     
    母の会社の前で座り込んで『抗議』! 
     
    ここまでやる主人公もすごいですw
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、緒花は東京に出てきたこともあり孝一のことを思い出し・・・孝一の働いている本屋に会いに行きますが・・・
     
     
    以前登場した『めがねっ娘』と孝一が仲良くしているシーンを見てしまい・・・ショックでその場から立ち去る緒花・・・
     
     
    あちゃぁ・・・鉢合ちゃったか^^;
     
    しかも孝一の袖を掴むあたり・・・かなり手強い『めがねっ娘』ですねw
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『袖を掴むシーン』って・・・
     
    『Angel Beats!』で奏と音無のシーンでも同じようなシーンがありましたよね!
     
    女性のこういう仕草って・・・何だか『キュン』ときます^^;
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてその後、去った緒花を追いかけた孝一が『めがねっ娘』からは告白されたが『YES』とは言っていないと緒花に告げます・・・
     
     
    でも『No』とも言ってない・・・いわゆる『キープ』ってヤツですかw
     
    孝ちゃんやるなぁw(爆) 
     
     
     
     
    ただ『断らない』ってことは、緒花にとっては『最悪の結論』ですね^^;
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこともあり・・・孝一と別れた後、緒花は雨の中『何をするにも中途半端な自分』に嫌気がさし泣き叫びます・・・
     
     
    『恋愛や仕事の葛藤』を吼える緒花・・・つらいですよね・・・
     
     
    緒花の苦しみが痛いほど伝わってきます・・・
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしそこに『徹と民子』が駆けつけます!
     
     
    どうやら緒花を心配して2人とも東京に出てきたようです!
     
    また話が急展開しそうですね・・・
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで11話終了ですが『緒花の恋愛感と仕事感』が揺れる回でした!
     
     
     
    しかも『緒花と孝一とのすれ違い』も出してくるとは・・・さすがの『岡田マリーワールド』でした!
     
     
    さらに次回予告で『緒花VSめがねっ娘』!
     
    こういう『恋愛ドロドロ展開』を書かせたら・・・マリーさんは天下一品ですね♪
     
     
     
    イメージ 19
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回以降は『1クール目の山場回』でしょうから・・・ 
     
    次回も脚本を担当されるであろうマリーさんには期待してます! 
     
    ってかこれ本当ハッピーエンドになるのか?^^;・・・そこも気になりますw
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば前回書きましたが・・・『徹×緒花』に続き今回は『孝一×めがねっ娘』のフラグが立ちまくってましたねw
     
     
    なので・・・このまま行くと・・・
     
     
     
      民子 →×   
     
               ↓
     
                緒花 →×← 孝一
     
                        ↑
     
                      めがねっ娘
     
     
     
    現実になりそうですw
      
     
    ってか孝ちゃんモテモテやなw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか『岡田マリーさん』はどう決着つけるんですかねw
     
     
    こうした恋愛関連はマリーさんのフィールドですので・・・楽しみです!
     
     
    あと『ホビロン!』『ぼんぼる』に次ぐ新しい『造語』も・・・期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     
     
     

    0 0

     
    純と桂馬の『ゲームの価値観』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    純 : ゲームより大切なものもある・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    純 : 結局『ゲームは作り物』よ!現実の代わり』にはならないわ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    純 : だから君も『ゲームの中に逃げこんで』ないで・・・『現実の中でちゃんと生きて』いかなきゃ!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    桂馬 : お前・・・何にも分かってないな・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    桂馬 : 僕がリアルから逃げてゲームをやっていると思ってたのか?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    桂馬 : お前の勝手な基準で・・・人を見るんじゃない!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ・・・さて『純と桂馬のゲームの価値観』から始まりましたがw・・・『神のみぞ知るセカイⅡ』
     
    FLAG10.0『スクール☆ウォーズ』レビュー♪
     
     
    教育実習生の『長瀬純』中盤編愛生さんの出番が続きます♪  
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが教育実習生で桂馬の学校に来ることになった純は・・・
     
     
    実習期間中に何とか桂馬を更正させようと躍起になります!
     
     
    やる気に満ち溢れる純!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その頃桂馬は純攻略方法として『互換フラグ』を使おうと試みます
     
     
    純を恋愛以外で頭をいっぱいにさせて・・・どこかのイベントで『恋愛に変換させる』という内容です!
     
     
    そして純は『親しみ』の属性があるので・・・とにかく『怒らせる』ことを決めます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな2人が取る行動は・・・
     
     
     
    『桂馬はゲームに没頭
     
     
    『純はゲームを購入
     
     
     
    とお互い『ゲーム』で繋がります! 
     
     
    ここまでは純の方が桂馬に近づいていっている感じです
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかし冒頭の言葉にあるように『ゲームの本質』を理解していない純『ゲーム=自分』の桂馬怒らせてしまいます・・・
     
     
    純も言いすぎですが・・・本当は純を怒らせなければいけない桂馬自身が怒っていると言う矛盾・・・
     
      
    桂馬の思い通りに行きません・・・
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、桂馬は純を攻めるのをやめて二階堂先生を攻略することに!
     
     
    上下関係を使って純を落とそうとします!・・・が、二階堂先生のレベルは高すぎて攻略は難しい状況に・・・
     
      
    まあ普通に考えたら純以上のハードルなんですけどね^^;
     
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    純はといえば・・・『熱血教師ぶり』に生徒が『温度差』を感じていることを知ります・・・
     
     
    自分がいいと思ってやっていることが生徒には伝わらない・・・辛いですね・・・
      
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、二階堂先生を攻略中の桂馬は最後に二階堂先生と純を繋げる『バスケット』というキーワードを見つけます! 
     
     
    どうやら2人は元々チームメートだったようですね!
     
     
    これで攻略の『鍵』が見つかりました!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて長瀬純回の序盤でしたが・・・『熱血教師』になろうとする純には試練の回でしたね・・・
     
     
     
    題名の『スクール☆ウォーズ』自体が『熱血教師』の代表的な名前ですので・・・それともかかっているようでした!
     
     
    問題児を更正させてラグビーで全国優勝させるという内容で当時大人気の学園ドラマですが・・・なかなかこうはいかないですよね・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次回は桂馬が純をどう攻略していくのか楽しみです! 
     
     
    そして愛生さん効果もあり純も人気出そうで・・・『神のみ』もさらに盛り上がりそうです♪
     
      
     
     
     
     
     
    次回以降も楽しみにしてます♪
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばこのままいけば純で2期終了ですが・・・ 
     
     
    『3期』の情報ってまだないんですかね?
     
     
    これからが『神のみ』の面白くなってくるところなんですけどね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ぜひ2期最後に『3期決定』の発表があることを期待してます♪ 
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は『僕は友達が少ない』のお話です
      
     
    TBSでアニメ化が決定しましたが・・・脚本は浦畑達彦さんが担当することに決まりました!
     
     
    『はがない』のアニメ脚本は浦畑さんですか!これはMr.Tとしては嬉しいです♪
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    といいますのも浦畑さんの脚本で・・・
     
     
    『咲』
     
     
    『ストパン』
     
     
     
    などの『少女が大勢出てきて絡んでいく作品』最も浦畑さんの特徴を生かすことが出来ると思っているので・・・『はがない』にはもってこいの脚本家です! 
     
     
     
    そして平坂読さんの『独特な世界観』を浦畑さんが上手く『アニメ脚本』へアレンジして『アニメでも楽しめるはがない』にしてくれることを期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    また音楽も『けいおん!』の『Tom-H@ck』さんが担当しますしこれも期待です!
     
     
    どんな音楽を聞かせてくれるのかも期待してます! 
     
     
    なんといってもオリコン創設から43年目にして初めてキャラソンでウィークリー1位を取った『GO! GO! MANIAC』を作った方ですからね!
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてキャラで注目しているのは・・・なんといっても小鷹役の木村良平さんです!
     
     
    木村さんは『エデンの東の滝沢』のような2枚目『Angel Beatsの日向』のような3枚目も演じることができる方なので・・・いいチョイスだと思います♪ 
     
     
    この作品って小鷹の演技一つで変わってきそうですので・・・それも楽しみです♪
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    今後も情報が出たら載せます♪
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても浦畑さんがいろんな脚本を担当をしてくれるのは素直に嬉しいです♪
     
     
    今期であれば
     
     
     
    『Aチャンネル』(シリーズ構成・脚本)
     
     
    『花咲くいろは』(脚本)
     
     
     
     
    10月は
     
     
     
    『境界線上のホライゾン』(シリーズ構成・脚本)
     
     
    『たまゆら』(脚本)
     
     
     
     
    放送日未定
     
     
     
     
    『僕は友達が少ない』(シリーズ構成・脚本)
     
     
     
     
     
     
     
     
    綺麗に仕事が繋がってます!
     
     
    ってかこれを見ると同時期に『一つがシリーズ脚本』『一つが脚本参加』二本構成になってますね
     
     
    これなら無理がなく理想的ですね
     
     
     
     
     
     
     
     
    さらに特徴的なのが
     
     
     
    『咲』以来の小野学監督とのタッグの『Aチャンネル』や『ホライゾン』
     
     
    『ARIA』以来の佐藤順一監督とのタッグの『たまゆら』
     
     
     
    など・・・過去の作品から繋がりがある監督の作品に参加されているんですよね!
     
     
    こうした『実績』が積み重なって・・・より良い作品が出てくるんだと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから『はがない』の放送開始は来年の4月くらいですかね? 
     
     
    キャラクターがすごく良いですし・・・ある意味『同人誌』的にも一時期の『俺妹』や『まどかマギカ』並の作品になりそうですね!(爆)
     
     
     
    俺妹やまどかマギカの同人誌の数もすごいですが^^;・・・それに並ぶくらいのジャンルになりそうです!
     
     
     
      
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    『あなる×ゆきあつ×つるこ』
     
     
     
     
     
     
     
    ゆきあつ : めんまが成仏しても、はっきりしないで迷ったまま・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゆきあつ : ずっといないはずのめんまに負け続けて・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゆきあつ : それでいいのかよ!お前!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなる : ・・・つるこにはわからないよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなる : 好きな人に『永遠に振り向いてもらえない気持ち』なんて!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 20
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    つるこ : わかるわよ!私はゆきあつが好きだから!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    つるこ : ゆきあつはずっとめんまを追い続けてきた・・・その姿を私はずっと・・・
     
     
     
    イメージ 21
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    つるこ : 永遠なんて分からないわよ!めんまが成仏したらゆきあつは・・・私を選ぶことは絶対にない!
     
     
     
     
     
     
     
     
    つるこ : めんまが成仏してもその代わりは・・・安城さん!あなたなんだから!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなる : 違う・・・違う!!代わりなんて・・・ゆきあつそんなこと思ってないよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなる : それに私だって・・・いくら辛くたってゆきあつと付き合ったりしない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あなる : じんたんが好きなんだもん!代わりなんていないんだもん!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    つるこ : そうよ!代わりなんていないんだから・・・だからめんまを成仏させなきゃ!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『あなる・ゆきあつ・つるこ』それぞれの想いから始まりましたが・・・
     
    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』第10話『花火』レビュー♪  
     
     
     
    春のノイタミナ枠『C』と同じくオリジナルアニメです!
     
    監督は『とらドラ』『超電磁砲』の長井龍雪さんで期待の作品です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、めんまを成仏させる花火を打ち上げる日の前日にぽっぽが『パーティー』を開くことを決めますが・・・
     
     
    各自様々な想いが交錯します・・・ 
     
     
    ここでは皆が『めんまの成仏』に対して意思統一できているわけではないことが見えますね・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    で、最終的には皆が集まりパーティー開始!
     
    最初はスピーチ代わりにノートを見せるめんま!
     
    完全に明日でお別れのような形ですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、パーティーではゆきあつの入れ知恵であなるが『昔を再現する』と言い・・・
     
    『めんまのことを好きか?』と再度仁太に聞くと・・・
     
      
    子供の頃とは違い『めんまを好きだ』と言う仁太!
     
     
    不器用ながら仁太はやっと本当のことが言えましたね・・・
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな仁太を見てパーティー終了後・・・『仁太以外』の皆それぞれ・・・ 
     
    冒頭の言葉にあるように『上手くいかない心情』を吐露します・・・
     
     
    『好きな人に振り向いてもらえない同士』なので・・・親近感があるのかもですね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    方や、仁太とめんまは腕を組むなど・・・ラブラブです♪
     
     
    しかも仁太には『めんまに消えて欲しくない』という気持ちも芽生え始めてます・・・
     
     
    成仏させる必要があるのかを考えはじめる仁太・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて花火当日、準備をしていると・・・ 
     
    髪をバッサリ切ったつるこが登場・・・
     
    完全に『失恋』の影響ですよね・・・こういうところが細かい演出で引き込まれます・・・
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後は皆で打ちあがった花火を見上げます!
     
     
    この花火のシーンはEDの『secret base』の入り方といい、それまでのセリフや流れといい・・・鳥肌が立ちました!
     
     
    そして仁太の『このままめんまに残って欲しい』という気持ちが残ったまま打ちあがった花火・・・
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ・・・そのせいなのかめんまは打ち上げ花火後も残ってしまいます・・・
     
     
    花火が成仏をさせるための道具ではなかったということですね・・・
     
     
    仁太の『このままめんまに残って欲しい』という気持ちがそうさせたのかもですね・・・
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『めんまを成仏させるため』に再結成した『超平和バスターズ』のメインイベントである花火打ち上げ回でしたが・・・
     
     
    結果的にめんまは『成仏』できませんでしたね・・・ 
     
     
    これって『Angel Beats!』で最後に奏が去らなかったVerみたいだなw・・・すごい不思議なラストでした・・・
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
    そうなると・・・今後成仏できなかっためんまを絡めて皆がどんな行動をとっていくのか・・・
     
    そして『めんまの本当の希望』は何なのか・・・気になります!
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪ 
     
     
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても今回もゆきあつはかなりイッてましたねw
     
     
    めんまのカツラを愛でる場面はすごかったですw
     
    幸せそうなゆきあつを見ていると『各自の幸せの価値観ってちがうんだなぁ』と思わずにはいられませんでした・・・
     
     
    イメージ 19
     
     
     
     
     
     
     
    そして『あと1話で本当にまとまるのか?』というところも出てきましたねw 
     
     
    皆が幸せで最後締めくくってくれると嬉しいんですけどね!
     
     
    ってか各自どんな結末が待っているのか・・・それも目が離せませんね! 
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    トオルの気持ち
     
     
     
     
     
     
     
    同じところを受けるつもりだよ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    るんちゃんが行くところなら・・・どこでも!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『トオルの気持ち』から始まりましたが・・・
     
     
    『Aチャンネル』第11話『たんじょうび Allow me』レビュー♪
     
     
    『咲』製作スタッフが集結しているアニメです!
     
     
     
    『咲』では『かわいい女の子をカッコよく』描いてましたが・・・Aチャンネルは『まったり感』がすごくいいですよね!
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回は『トオルの誕生日&受験思い出』回!
     
     
    誕生日にまつわることや受験時の思い出が語られます!
     
     
    この作品は『季節の移り変わり』を感じれるアニメです!
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、トオルは夢の中でるんが卒業してしまうシーンを思い浮かべます・・・ 
     
     
    大好きなるんが遠くへ行ってしまうような夢・・・
     
     
    なんだか切ないですね・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、登校時に皆が合流して『るんの高校受験時』の話題になり・・・
      
     
    るんは頭の良いトオルと『二人三脚』で合格したことを思い出します!
     
     
    そして冒頭の言葉にあるようにるんが良い所にいかないと『トオルも同じ学校に来てしまう』ので・・・
     
     
    るんの母がそこを気にしてるんを頑張らせたシーンも私的に良かったですw 
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなトオルですが誕生日ということもありるんからケーキをプレゼントされます! 
     
     
    しかも4つのうち2つが『わさび入り』という特殊ケーキw
     
     
    わさび入りは明らかに色が違いますw食べさせられたのはいつの間にか『オチ担当』のユー子w
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    そして『もう一個のわさび入りケーキ』を食べた『るんの苦悶の表情』凄すぎです^^;
     
    苦しさが伝わってきますw
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、放課後の学校帰りに昨年の『トオルの受験した時』の話になりますが・・・
     
     
    今度はるんがトオルのためにケーキを作ったりと応援していました!
     
     
    トオルは照れていますが・・・すごく嬉しかったでしょうね・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後はるんが高校卒業したらまた離れ離れになってしまうことを思い出して寂しくなるトオルですが・・・
     
     
    昔の自分達の幻影を見て・・・いつまでも2人の仲は変わらないことを確認するトオル! 
     
     
    『るんとトオルの絆』が感じ取れる場面で・・・すごく切なくて良いシーンでした・・・
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回もゆるふわな内容で癒されました♪
      
     
    ゆっくり見れるのがこの作品のいい所ですよね♪ 
     
     
    週末の疲れた心と体が癒されるアニメです♪
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    また癒しの中にもラストのように感動させることが出来るのもこの作品の魅力だと思います!
     
     
    特に『るんとトオル』の深い絆を見て・・・ふと『咲』の『かじゅモモ』思い出しました!
     
     
    この2人も『お互いを大切に思っている』シーンがいっぱいありますし・・・こういう『絆が見えるコンビの話』は私的に大好きです!
     
     
      
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
    イメージ 18
     
     
     
     
    次回も楽しみです♪ 
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば『Aチャンネル』ももうすぐ最終回なんですね・・・
     
     
    はじめは『咲』スタッフが揃った作品だから見ましたが・・・今ではこの4人のキャラがすごく好きなりました! 
     
    『けいおん!』もそうですが・・・キャラに個性があると物語の幅が出ますよね!
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
    最後はどんな風に終わるのか・・・脚本の浦畑達彦さんのアニメの『締め方』にも期待してます!
     
     
    『咲』や『ストパン』のように『今後も続きそうな終わり方』が一番理想だと思いますが・・・そこも期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    今日はJリーグ16節
     
     
    浦和レッズvs清水エスパルス戦がありました!
     
     
    『サッカー王国』同士の戦いとしてJ創設時から宿命の試合でしたが・・・
     
     
     
     
    その結果ですが・・・
     
     
     
     
    2011Jリーグ・ディビジョン1 第16節
    浦和レッズvs清水エスパルス 
    2011年6月18日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム

    試合結果
    浦和レッズ1-3清水エスパルス
    得点者:24分 ボスナー(清水)、64分 高原(清水)、80分 梅崎、86分 ボスナー(清水)
    入場者数:31,921人
     
     
    レッズが3点取られて負けました・・・
     
     
    4月24日の名古屋戦以来・・・リーグ戦では2ヶ月勝ててない状況です・・・
     
     
    梅雨で雨が降る中、応援してきたサポにはつらい試合でした・・・
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    今回はサッカー王国同士の戦いということで注目していたのもありますが・・・それ以上に楽しみだったのが・・・ 
     
     
     
    かつて浦和に在籍していた『小野伸二』『永井雄一郎』『高原直泰』が清水にいたからでした!
     
     
    レッズで一緒に戦ってくれた選手だけあって今は敵ながら愛着があります・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて試合ですが前半は清水は小野と高原が出場し、一進一退の攻防で面白い展開でしたが・・・ 
     
     
    ボスナーのFKが直接決まり0-1でリードされます・・・
     
    特に雨が降っていたので若いGKの加藤には難しい処理のFKになってしまいましたね・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    後半にも高原のゴールで0-2と突き放されますが・・・
     
     
    浦和は途中出場の梅崎のゴールで1-2と1点差まで詰め寄ります!
     
     
    意地を見せだした浦和の反撃開始!
     
     
     
     
     
     
     
     
    そのままイケイケの浦和が攻め立て・・・マゾーラのドリブルを清水がPA内で倒してPK獲得!・・・かと思いきやレフェリーが取ってくれず・・・
     
     
    逆に清水に不可解なFKを与え・・・そのFKがまたボスナーに決められて1-3となり万事休す・・・
     
     
    レフェリーのジャッジで左右される試合になってしまいました・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、雨の中各種参戦お疲れ様でした!
     
     
    あのマゾーラのプレーがPKなら同点に追いついていたと思うのでジャッジに泣きましたが・・・
     
     
    その前に鹿島戦同様『ホームで2点取られる』事態に問題があることをレッズの選手には肝に銘じて欲しいです!
     
     
    何で最初から攻められないのかなぁ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特にエジミウソンからまったく得点のにおいがしないのは悲しいです・・・
     
     
    もう年なのかなぁ・・・決定機を決められないし正直スタメン外したほうが良いと思うんですけどね・・・
     
     
    このまま不調のエジを出し続けるのはベンチの選手にも影響が出ますね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて気持ちを切り替えて次節6月22日(水)はホームでの『アビスパ福岡戦』です! 
     
     
    ここはなんとしてでも勝たないといけないですね!
     
     
    選手は連戦でキツイと思いますが頑張ってください!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回は清水戦でしたが『小野・高原・永井』みな出場しました!
     
    昔からのレッズサポのMr.Tとしては・・・なんだか懐かしい感じがしました・・・ 
     
    試合には負けましたが・・・ノスタルジーを感じる試合でした・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    特に1998年に小野伸二が新人でレッズに加入した時は、今レッズで監督をしているペトロと一緒にプレーしているんですよね!
     
     
    この時の伸二の上手さは衝撃的でした・・・ 
     
     
    当時Mr.Tは初めて『日本人でこんなに上手い選手がいるんだ!』と驚いたのを覚えています・・・
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    そして1998年の浦和レッズのメンバーは今回の試合にいっぱい出てくれていたんですよね! 
     
     
    この時には『Mr.レッズ』の福田正博もいましたし・・・あの『FCバルセロナのTD』をした『チキ・べギリスタイン』もプレーしてましたので思い入れが強いです!
     
    攻撃的ボランチと言われた福永もいましたし・・・今見てもワクワクするメンバーです!
     
    この時は伸二のパスにペトロが走りこむとかあったんですよねぇ・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういう所も含めて・・・今回の試合は感慨深かったです・・・
     
     
     
    ただ昔から一緒に戦ってきたペトロを負けたままで監督を辞めさせるわけには行かないですし・・・
     
    是非ともレッズには今後勝ち進んで欲しいです!
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     

older | 1 | .... | 5 | 6 | (Page 7) | 8 | 9 | .... | 99 | newer