Attn! Always use a VPN when RSSing!
Your IP adress is . Country:
Your ISP blocks content and issues fines based on your location. Hide your IP address with a VPN!
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 281 to 300 of 1962)
(showing articles 281 to 300 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 99 | newer

    0 0

    今回は2011年秋アニメ私的注目度2位『Fate/Zero』第7話『魔境の森』レビュー♪
     
     
    奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作:虚淵玄/TYPE-MOON
    監督:あおきえい
    キャラ原案:武内崇
    キャラデザ:須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作:ufotable
    音楽:梶浦由記
     
    OP : 『oath sign』 LiSA
    ED : 『MEMORIA』 藍井エイル

     
    キャスト
     
     
    衛宮切嗣:小山力也
    セイバー:川澄綾子
    アイリスフィール:大原さやか
    遠坂時臣:速水奨
    アーチャー:関智一
    言峰綺礼:中田譲治
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品の注目といえば何といっても・・・
     
     
     
     
    TYPE-MOON×ufotable×あおきえい×梶浦由記×岩上敦宏×虚淵玄
     
     
     
     
     
    『空の境界』&『まどか☆マギカ』スタッフが揃っていることです!
     
     
    こうした『実力派コラボ』で生み出される作品がみれるのは嬉しいですね♪
     
     
    このメンバーで期待するなというほうが無理なくらい豪華なメンバーです! 
     
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが冒頭は卑劣な事件を繰り返す『キャスター討伐』が発令!
     
    しかし切嗣は悪行を重ねるキャスターとセイバーとは戦わせない方針・・・
     
    そんな切嗣にセイバーは『自分を侮辱している!』と罵ります・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    またアイリは前回ホテルごとランサーとマスターのケイネスを破壊して殺したがはずが・・・
     
    セイバーの腕の呪いが完治しないことで『ランサーたちはまだ生きている』ことも気にしてます・・・
     
    あの爆破で生きてるのか・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなことを話しているうちにキャスターがセイバーを訪ねてやってきます!
     
     
    しかもすぐに出てこないと子供達を一人ずつ殺していくと言うキャスター・・・ホンモノのワルですね・・・
     
    これでキャスターと対峙せざるを得なくなったセイバー・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そのキャスターですが『宝具』の魔術書を使い無限に魔物を召喚できるため手負いのセイバーは苦戦しますが・・・ 
     
    そこに前回ビル爆破で死んだと思われていたランサーが登場しセイバーは共闘します!
     
     
    ここらへんの『駆け引き』が面白いですね! 
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は『切嗣とケイネス』のマスター同士の戦いも勃発!
     
    ケイネスは前回殺されかけてる分怒ってます!
      
    追い詰められる切嗣・・・ピンチですね・・・
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『キャスターvsセイバー&ランサー』の戦闘もあり『マスター同士の駆け引き』も面白かったです!
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
     
     
    先々の展開も期待してます♪
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
       
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもライダー陣営は相変わらず面白いですねw
     
    『ギャグ要員』として大事なポジションですw
     
    一服の清涼剤的な存在ですね♪
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうそう!あと今回は前回同様『空の境界』第二章『殺人考察(前)』監督野中卓也さん絵コンテ・演出回でしたが・・・
     
     
    『日常の中の非日常』を独特な雰囲気で描く印象深い回でした!
     
     
    ってか『空の境界』の監督『1スタッフ』として使えるんですから贅沢ですよねぇ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    できれば1~3話で野中さんを演出等で使ってあげればよかったのになぁ・・・
     
    今後も期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は2011年秋アニメ私的注目作品未来日記6話『マナーモード』レビュー♪
     
     
    『時空王』に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲームでサスペンス作品です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作・構成協力:えすのサカエ
    シリーズ構成:高山カツヒコ
    キャラデザ:平山英嗣
    総作監:平山英嗣・岡田万衣子
    アニメ制作:アスリード
    音楽:加藤達也
     
     
     
    キャスト
     
     
    天野雪輝(1st) :富樫美鈴
    我妻由乃(2nd) :村田知沙
    火山高夫(3rd) :土門仁
    来須圭悟(4th) :田中正彦
    豊穣礼佑(5th) :真田アサミ
    春日野椿(6th) :仙台エリ
    戦場マルコ(7th) :関智一
    美神愛(7th) :桑谷夏子
    上下かまど(8th) :今野宏美
    雨流みねね(9th) :相沢舞
    月島狩人(10th) :平松広和
    ジョン・バックス(11th) :土師孝也
    平坂黄泉(12th) :川原慶久
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    冒頭は『ユッキーの母・礼亜』が久々に家に戻ってくるということで・・・
     
     
    由乃が手馴れた感じでユッキーの家に『不法侵入』して家事をすることに♪
     
     
    普通に『犯罪行為』ですが由乃に自覚はないです^^;
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    で、ユッキーは母に気づかれないように由乃を部屋の押入れにかくまいますが・・・
     
    由乃は母に会いたいため押入れから出たがりますw
     
    この由乃の目は相変わらずヤバイですねw
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局母の礼亜に由乃の存在がバレたこともあり、3人で食事をすることに!
     
     
    もちろん礼亜は由乃を恋人だと思い込み気に入ってしまいます!
     
     
    ただユッキーにとって由乃は『恋人ではなくストーカー』なんですけどね^^; 
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後由乃は泊まっていくことになりますが・・・
     
    相変わらず何かを企てている由乃・・・
     
    この目・・・ゾクゾクしますねw
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後には豊穣礼祐という子供が登場しますが・・・
     
    この子は5thのようです!
     
    今度は子供か・・・またヤバくなりそうですね・・・
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回で5thが登場しましたがメチャクチャ面白い設定と演出ですし今後どうなっていくのかが気になります!
       
     
    今後も『ヤンデレ由乃』の動向が楽しみです!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもユッキーにプライバシーがないのが笑えますw
     
    デウスやムルムルにはトイレシーンを見られるわ・・・由乃にはトイレットペーパーが切れているのを知られるわ・・・こんな生活嫌だよw
     
    どんだけトイレシーン見られてるんだよw
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとこの作品は日曜の夜にゆっくり見れるのが嬉しいです!
     
    それに『ダーク&ちょいエロ』なのも深夜アニメらしいです♪
     
     
    他のアニメ作品とかぶらない良い枠でもありますし今後も期待です!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は『一騎当千 集鍔闘士血風録』イベント上映&舞台挨拶レビュー♪
     
     
    舞台挨拶には孫策役の浅野真澄さんと関羽役の生天目仁美さんが来てました! 
     
     
    『一騎当千』は2003年からアニメ放送され、2010年の4期まで続き、今回新作OVAとして製作された作品をイベント上映してくれました!
     
     
     
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    ・原作:塩崎雄二
    ・監督:久城りおん
    ・脚本:倉田英之
    ・キャラクターデザイン:りんしん
    ・総作画監督:石橋有希子
    ・制作:アームス
    ・音楽:高梨康治
     
    ・主題歌 : 『FATE ~on the way~』
    歌:MAI&AMI/作・編曲:ヒロイズム
     
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    ・孫策伯符(CV:浅野真澄)
    ・呂蒙子明(CV:甲斐田裕子)
    ・周瑜公瑾(CV:日野聡)
    ・劉備玄徳(CV:真堂圭)
    ・関羽雲長(CV:生天目仁美)
    ・張飛益徳(CV:茅原実里)
    ・諸葛亮孔明(CV:門脇舞以)
    ・趙雲子龍(CV:浅川悠)
    ・陸遜伯言(CV:高橋美佳子)
    ・夏侯淵妙才(CV:喜多村英梨)
    ・許褚仲康(CV:武田華)
    ・曹仁子孝(CV:斎藤千和)
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『一騎当千』新作ということと『舞台挨拶』があるので『シネ・リーブル池袋』に行っていました!
     
     
    内容は皆さんご存知だと思いますが『三国志×学園モノ×バトル×エロ』ととても分かりやすい内容ということもあり多くのファンがいる作品です!  
     
     
    ある意味『視聴ターゲットを絞りやすい』作品でもあるのでマーケット的にも2003年から今まで続くのは納得の作品です! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回は舞台が『京都』!
     
    そこへいつものメンバーが集まりバトルへと発展していく内容でした!
     
    あと『OVA』なので『エロ方面全開』かと思ってたのですが、しっかり『バトル』を描いてきたのが好感でした!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それとこの作品の良い所として『OPED』にメジャー歌手じゃないけどいい曲が揃っている点があると思うのですが・・・
     
    今回の作品のバトル中にかかる曲がMr.Tの大好きな・・・
     
     
     
    一騎当千 Dragon Destiny
    OP『HEART&SOUL』 歌 - 雁行真依
     
     
     
    一騎当千 Great Guardians
    OP『No×Limit!』 歌 - 亜美
     
     
     
     
    だったのが私的にとても嬉しかったです♪
     
    この2曲すごくいい曲なのでぜひとも皆さんにも聞いて欲しい曲です♪
     
     
    しかも『一騎当千 集鍔闘士血風録』の主題歌もいい曲だと思ったらこの2人のデュエットだったんですね!それも『一騎当千ファン』には嬉しいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、上映後孫策役の浅野真澄さんと関羽役の生天目仁美さんが挨拶で登場!
     
    どうやらこのOVAで『一騎当千50本目』の記念だそうで息の長い作品になりましたね!
     
    (1期13話+2期12話+3期12話+4期12話+新規OVA50本)
     
    この作品が多くの人に愛されている証拠ですね!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    あと一騎当千の思い出として2人が語ってたのが・・・
     
     
     
      
    浅野 : 初めて主役を演じた作品で思い出深い作品
     
     
     
     
    浅野 : 1期から見てくれている人が会場に多くいたのが嬉しい!
     
     
     
     
     
    生天目 : オーディションで受けた関羽役は自分より地声が低い呂蒙役の甲斐田裕子さんより低い声が求められたので落ちたと思ったら受かっていたので驚いた!
     
     
     
     
    生天目 : なので最初は甲斐田さんと『役逆かもね?』と言っていたが、こうして皆さんに慣れてもらったのが良かった
     
     
     
     
     
     
    と言ってました!2人ともこの作品にいろんな感情を持っているようです!
     
     
     
    それにこの作品って長いシリーズだけあって『参加当初脇役』だった声優さんで・・・
     
    今では人気絶頂になっている『斉藤千和さんや喜多村英梨さんや茅原実里さん』などが今のアニメ作品では演じないようなキャラを演技をしているのも面白いです!
     
    これも長いシリーズならではの面白さです♪今じゃ茅原さんが関西弁キャラを演じるのはほとんどないですからね^^;
     
     
     
     
    そんなこんなで上映会と舞台挨拶終了!
     
    とても楽しめました!今後も一騎当千シリーズが続くことを願ってます!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
       
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと私的に『一騎当千』でも『三国志』でも一番好きな武将は『趙雲子龍』なので・・・
     
    きちんと趙雲に見せ場を作ってくれて嬉しかったです!
     
    カッコいいですよねぇ・・・これだけでも見に行った甲斐がありました♪
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    涯が語る『仲間の意味』
     
     
     
     
     
     
     
     
    みんなの命を背負って・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    何の重みも感じずにいられると思うか?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    俺は鈍感でありたくない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    みんなの気持ちに答えたい!
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて涯が集に対し葬儀社のリーダー』としてのメンバーへの重圧と希望を語る部分から始まりましたが・・・
     
     
    2011年秋アニメ私的注目度1位:『ギルティクラウン』第6話『檻』レビュー♪
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:荒木哲郎
    シリーズ構成:吉野弘幸
    副シリーズ構成:大河内一楼
    キャラ原案:redjuice
    アニメキャラ:加藤裕美
    総作監:矢萩利幸・門脇 聡
    アニメ制作:Production I.G 6課
    音楽:澤野弘之
    OP: 『My Dearest』 ryo(supercell)
    ED: 『Departures』 EGOIST
     
    キャスト
     
     
    桜満 集:梶 裕貴
    恙神 涯:中村悠一
    楪いのり:茅野愛衣
    篠宮綾瀬:花澤香菜
    ツグミ:竹達彩奈
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は製作スタッフもキャストも豪華『キービジュアル』も素晴らしかったので期待してました!
     

    1,2話先週試写会にも行ってきましたが『500人限定』応募は5,000人以上いたそうで『当選確率10倍』だったそうです!
     
    皆が期待しているのを肌で感じてきました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     
     
     
    さて6話を早速レビューですが、今回は『再対地攻撃衛星ルーカサイト』制御作戦!

     
     

    凄まじい破壊力のこの兵器を制御するためにコントロールルームを強襲することに!
     
    涯達にとって避けては通れない軍事行動となります・・・
     
     

     
     
     

     

     

     

     

     

    そしてこの作戦の要となる『ルーカサイトをコントロールするコアの停止』には、集と城戸の『重力』を操るヴォイドが不可欠となりますが・・・
     

    そのコアまで2人を辿り着かせるために『3人に1人は犠牲』になる試算に集は戸惑います・・・
     
    多くの人を犠牲にすることとそうした作戦を平然と言ってのける涯に苦悩する集・・・
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしその後冒頭の言葉にあるように涯にも『仲間に対する重圧と希望』があることを知った集は・・・
     

    この作戦を決行することを決めます!
     
    涯も仲間を思っている気持ちを知ったからこその集の行動ですね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     

     
     
     
     
     
     

    さて作戦が決行され集がコントロールルームに辿り着きますが・・・
     
    ダリル・ヤンの暴走によってコアは破損・・・制御を失ったルーカサイトが東京へと落下をはじめます!

     
    制御が任務だった集達ですがこれで作戦変更を余儀なくされます・・・
     
     

     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     

     

     
     
    この状況で東京への落下を防ぐために集はいのりのヴォイドで巨大な銃を作り・・・

     

    その銃を命中させ危機を脱します!
     
    迫力の発射シーンです!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     

    イメージ 5
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    最後は涯と集が互いに健闘をたたえあいます!

     
    2人の気持ちがどんどん近づいていきます・・・
     
    EDも『涯・集・いのり』とどんどん増えていってますね!
     

      
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで6話終了ですが涯の本当の気持ちなど各キャラの本心が出てきてますね!
     

      

    あといのりのヴォイド抽出シーン出てきた女子高生など気になりますね!
     
    EDにも出てきてましたし・・・次回以降もいろんな見方が出来そうで楽しみです!
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
     
    久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクします!
     
    今後もメチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばエンドカードは『センコロール』監督の宇木敦哉さんでしたね!
     
     
    豪華なラインナップで嬉しいです!
     

    次回以降どんな方が書かれるのか楽しみです! 

     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

    今後も当ブログでは『ギルティクラウン』を特集していきたいと思いますのでよろしくお願いします!
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    アイリの読心
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『人間の心』って・・・不思議よね!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれから『死地』に赴くはずのアイリ笑顔を見せて舞弥に『人間の心』について語るところから始まりましたが・・・
     
    今回はは2011年秋アニメ私的注目度2位『Fate/Zero』第8話『魔術師殺し』レビュー♪
     
     
    奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作:虚淵玄/TYPE-MOON
    監督:あおきえい
    キャラ原案:武内崇
    キャラデザ:須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作:ufotable
    音楽:梶浦由記
     
    OP : 『oath sign』 LiSA
    ED : 『MEMORIA』 藍井エイル

     
    キャスト
     
     
    衛宮切嗣:小山力也
    セイバー:川澄綾子
    アイリスフィール:大原さやか
    遠坂時臣:速水奨
    アーチャー:関智一
    言峰綺礼:中田譲治
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品の注目といえば何といっても・・・
     
     
     
     
    TYPE-MOON×ufotable×あおきえい×梶浦由記×岩上敦宏×虚淵玄
     
     
     
     
     
    『空の境界』&『まどか☆マギカ』スタッフが揃っていることです!
     
     
    こうした『実力派コラボ』で生み出される作品がみれるのは嬉しいですね♪
     
     
    このメンバーで期待するなというほうが無理なくらい豪華なメンバーです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが城から逃げるアイリ綺礼が来るのを察知し・・・
     
    護衛の舞弥と同じ思いのアイリは切嗣に会わせないために魔術で戦うことに!
     
    綺礼と切嗣の2人を合わせると間違いなく『死闘』になるのを理解している2人だからこそ食い止めようとします・・・
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その頃切嗣とケイネス』のマスター同士の戦いは押されていた切嗣が賭けに出て・・・
     
    切嗣が起源弾を放つとケイネスは戦闘不能に・・・
      
    ケイネスが強力な魔術師だからこそ効果絶大な弾・・・これでケイネスもフェイドアウトですね・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『キャスターvsセイバー&ランサー』戦ですが・・・
     
    セイバーが切り開いた道をランサーが後追いしキャスターの『宝具の魔術書』を槍で傷つけると魔物が消えます!
     
    宝具頼みのキャスターの弱点ですね・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局キャスターは逃亡・・・ランサーも手負いのケイネスを助けに行き去ります・・・ 
     
    そしてこれで戦闘終了のためアイリに迫っていた綺礼も去ります・・・
     
    アイリは重傷を負いますが切嗣の指示で『体内に重傷を回復できる能力』を予め仕込んでおいたのが功を奏します・・・
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで終了ですが『キャスターvsセイバー&ランサー』の戦闘シーンや切嗣とケイネス』のマスター同士の戦いなどアクション多めの回でしたね!
     
    ただ思ったよりキャスターがあっけなく負けたのが拍子抜けでしたがw
     
    もう少し頑張れよキャスターw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと冒頭のアイリの『笑顔の理由』ですが、普通であれば『死地』に赴く時に笑顔なんて見せないはずですが・・・
     
     
    それでもあの場面でアイリが『笑顔』だったのは自分と同じく舞弥も『切嗣の為に命を厭わない』という『人の心や絆』が見えたからかなぁ・・・と思いました・・・
     
     
    そういえば『空の境界』式が『万物には全て綻びがある』と言ってましたが『人の心』も完璧ではないからこそ・・・
     
     
    そこに『魅力もあり欠点もある』ことを『不思議』と言う言葉で表現したのではないかと感じることができたシーンでした・・・
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものですね!
     
     
    先々の展開も期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回の『アイリと綺礼の戦闘シーン』のBGM『空の境界』のBGMっぽくてすごくよかったです!
     
     
    こういう『女性ヴォーカルの綺麗なハーモニー』がある曲のほうが私的に好きなんですよねぇ♪
     
     
    『梶浦由記さんならではの曲』って感じで良かったです!
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    それと今回の製作スタッフですが・・・
     
    各陣営の動きが活発だったこともあり
     
     
     
     
     
    絵コンテ
     
    あおきえい (『Fate/Zero』監督 『空の境界』第1章監督)
     
     
    絵コンテ クリーンナップ
     
    平尾隆之 (『空の境界』 第5章監督)
    高橋タクロヲ (『空の境界』第1,2,5,7章 作画監督)
    三浦貴博 (『空の境界』 第6章監督)
     
    演出
     
    あおきえい (『Fate/Zero』監督 『空の境界』第1章監督)
    野中卓也 (『空の境界』第2章監督)
    恒松圭 (『Fate/Zero』監督補佐)
     
    作画監督
     
    高橋タクロヲ (『空の境界』第1,2,5,7章 作画監督)
    碇谷敦 (『Fate/Zero』キャラデザ)
    茂木貴之 (『Fate/Zero』6,7話 作画監督)
    白井俊之 (『Fate/Zero』原画)
    須藤友徳 (『Fate/Zero』キャラデザ 『空の境界』キャラデザ)
     
     
     
     
     
    『空の境界』の監督4人(あおき、野中、平尾、三浦)を含む総動員での製作だったようですね!
     
    これをみるだけでも『今回の大事さ』がよくわかります!
     
    そして相変わらず豪華な布陣です!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『分割2クール』のようですが・・・
     
    どこらへんで一回区切るんですかね?
     
    8話まできてまだ誰も死んでいないですし・・・1期で最初に死ぬのは誰かも気になります!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は2011年秋アニメ私的注目作品未来日記7話『留守応答』レビュー♪
     
     
    『時空王』に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲームでサスペンス作品です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作・構成協力:えすのサカエ
    シリーズ構成:高山カツヒコ
    キャラデザ:平山英嗣
    総作監:平山英嗣・岡田万衣子
    アニメ制作:アスリード
    音楽:加藤達也
     
     
     
    キャスト
     
     
    天野雪輝(1st) :富樫美鈴
    我妻由乃(2nd) :村田知沙
    火山高夫(3rd) :土門仁
    来須圭悟(4th) :田中正彦
    豊穣礼佑(5th) :真田アサミ
    春日野椿(6th) :仙台エリ
    戦場マルコ(7th) :関智一
    美神愛(7th) :桑谷夏子
    上下かまど(8th) :今野宏美
    雨流みねね(9th) :相沢舞
    月島狩人(10th) :平松広和
    ジョン・バックス(11th) :土師孝也
    平坂黄泉(12th) :川原慶久
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    冒頭は三日間預かる事になった幼児で5thの豊穣礼佑が由乃とユッキーを殺しにかかるところから!
     
    幼児ながらやることは大胆ですね・・・
     
    逆に子供だからこそ『遊びに近い』のかもしれませんけどね・・・
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    ただ色々な妨害があり5thの思うように行きません・・・
     
    しかも5thの未来日記は『絵日記』なので『一日3回しか情報を知りえない』という融通の利かなさも欠点です・・・
     
    この点でもユッキーと由乃の所有する未来日記が強いのが分かりますね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    そんな5thですが『毒ガス』勝負を仕掛け2人を追い込むと・・・ 
     
    5thの思惑通り毒ガスを吸い込み意識朦朧のユッキーと、ユッキーを助けるために5thの罠と知りながら解毒剤を奪いに行く由乃・・・
     
    ユッキーのために命を厭わない由乃・・・
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    その後由乃も毒ガスに蝕まれ『5thの勝利』かと思いきや・・・
     
    由乃を助けるために最後の力を振り絞って出てきたユッキーの助けもあり5thを殺す由乃・・・
     
    ユッキーのためなら子供だろうと容赦なしの由乃・・・
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    で、最後は本来『敵』のはずの9thのみねねが2人に解毒剤を使って助けます!
     
    何故助けたのか・・・また謎が深まります・・・
     
    今度の展開に影響しそうです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『自称エリート』の豊穣礼佑メイン回でしたが・・・
     
    自分で『エリート』って言ってるので『本当のエリートなヤツ』なんていないんですけどね^^;
     
    まあ生い立ちも含め『恵まれなかったから』こそその反動で『エリート』に憧れた成れの果てのようで・・・少しかわいそうなキャラでした・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてメチャクチャ面白い設定と演出ですし今後どうなっていくのかが気になります!
       
     
    今後も『ヤンデレ由乃』の動向が楽しみです!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもこの作品は日曜の夜にゆっくり見れるのが嬉しいです!
     
    それに『ダーク&ちょいエロ』なのも深夜アニメらしいです♪
     
     
    他のアニメ作品とかぶらない良い枠でもありますし今後も期待です!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は『アニメとマーケティング分析』についてのお話の3回目です!
     
     
    『マーケティング』はアニメの世界に限らず『ビジネスでは重要なファクター』ですので・・・ 
     
     
    『このブログならでは』の『マーケティング方式』を考察してみます!
     
     
     
     
     
     
     
    過去2回のレビュー
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、まずは今回『何でこの特集を組んだのか?』の説明ですが・・・
     
     
    『Yahoo』のトップページで押井守監督が『今のアニメ』について語っているのを見たからです!
     
     
    記事では押井監督としては今のアニメを『先人のコピーのコピーのコピー作品』『オタクの消費財』と語っていましたが・・・
     
     
    客観的な『マーケティング分析』の目線では今のアニメはどうなっているのかを過去1.2回と同じように検証してみようと思ったからです!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて3回目の今回は『製品ライフサイクル』での検証ついてお話しようと思います!
     
     
    『製品ライフサイクル』は1、2回目同様普通の企業でも取り入れている『マーケティングの基礎手法』ですが・・・
     
    今回もアニメに当てはめてみます! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『製品ライフサイクルって何?と思われる方がいるかもしれませんが・・・
     
     
    要はアニメで言えば『現在のアニメのライフサイクルがどの位置にいるのか?』を確認し、今後の展開を考えていくとうことです! 
     
     
    こうすれば客観的に流れを見ることが出来ます!
     
     
     
     
     
     
     
    さてその『ライフサイクル』ですが4つの分類があり・・・
     
    図で表すと下記のようになるのですが・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    その4つの分類それぞれの特徴をピックアップしますと・・・
     
     
    1.導入期
     
    市場 : 小さい
    売上・利益率 : 小さい
    強豪 : ほとんどいない
    マーケティング目標 : 市場の拡大
    マーケティングの重点 : 製品認知
     
     
     
     
    2.成長期
     
    市場 : 急成長
    売上・利益率 : ピーク
    強豪 : 増加
    マーケティング目標 : 市場浸透
    マーケティングの重点 : ブランド
     
     
     
     
     
    3.成熟期
     
    市場 : 低成長(限られた市場の取り合い)
    売上・利益率 : 維持or低下
    強豪 : 多い(各社特徴を持った競争)
    マーケティング目標 : シェア維持
    マーケティングの重点 : 差別化
     
     
     
    4.衰退期
     
    市場 : 低下
    売上・利益率 : 低下
    強豪 : 減少
    マーケティング目標 : 生産性の確保
    マーケティングの重点 : ライン縮小・マニア確保
     
     
     
     
     
    というのが特徴なのですが・・・先にお話しました『今のアニメ産業』を4つの分類に照らし合わせますと
     
    『今のアニメ産業』は『3.成熟期』にいるのではないかと思います
     
     
    そして『押井監督』が『攻殻機動隊』などメインを張っていた時期アニメ産業がピークを迎えた『2.成長期』だと思います 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なので『マーケティング的』には『成長期と成熟期を同列に語るのは意味がない』ということが『ライフサイクル』という目線から分かります
     
     
    ですのでここで議論すべきことは『成熟期』に入ってしまったアニメ業界を・・・
     
    次の『衰退期』に移行させずに『新規顧客を開拓』し、再び『成長期を生み出すにはどうしたらいいのか?』を議論すべきなんだと考えます!
     
     
    『押井監督』の危惧は本来ここにあるんだと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ押井監督が危惧している『今のアニメはオタクの消費財』と言う言葉に現れているように、
     
    私的にアニメ産業が『衰退期』を迎える『予兆』を感じるているのも事実で・・・
     
     
     
    1.安易な『エロ・ハーレムもの』が乱立している
      
    どの作品とは言いませんが『手っ取り早くアニメオタクを抱え込もう』という製作者サイドの意図が見え隠れ・・・
    *特にラノベのアニメ化にはこういう作品が多いです・・・
     
     
     
     
     
     
     
    2.一般人が見れない『深夜帯』の放送の増加
       
    放送時間自体が『一般向け』を意識していないので新規の顧客が増えない(完全にアニメオタク向け)
     
     
     
     
     
     
    と、今のアニメ作品がいわゆる『アニメオタク』向けに特化している点など課題を出してみましたが・・・そうなってくると成長するための要素としてはそれを逆手にとって・・・
     
     
     
     
      
    1.骨太なオリジナルアニメの拡充
     
    『Angel Beats!』『まどか☆マギカ』の出現から見直され始めた『骨太なオリジナルアニメ』の拡充による新規視聴者の獲得
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2.減少した夕方や22:00~0:00の時間帯のテレビアニメを増やす
     
    これで一般視聴者にもアニメを見てもらえる機会が増える
     
    *ここはTBSをはじめテレビ局としてもテレビアニメの収益の割合が年々大きくなってきているので、そろそろテレビ局に価格面での協力を依頼してもいいのではないか?
     
     
     
     
     
     
     
    3.『劇場版』などテレビアニメ以外の可能性
     
    劇場版であれば『入場チケット&グッズ&BD』と製作側もいろいろな展開が出来ますし・・・
     
    シネコンとしても『需要の見込めるorリピートの多い』アニメ作品はありがたいお客さんでしょうし、こうした新たな流れが今後どんどん生まれていく可能性がある
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    などが再びアニメ業界を成長させるキーワードだと思います
     
    ただ『これが正解!』というのはないのでそこが難しいんですけどね・・・
     
     
    まだまだキーワードはいくつもありそうです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『ライフサイクルとアニメ業界』についていろいろ考察してみましたが・・・
     
     
    やっぱりアニメ業界を再び成長期に持っていくためには『作品の内容が良い』ことも重要ですが・・・
     
    いかに一般視聴者層に『アニメを見てもらって価値を認識』してもらえるかが重要だと思います!
     
     
     
    Mr.Tも『アニメを取り上げるブログ』として今後も微力ながら『面白いと思った作品』を紹介してその作品の販売に寄与できたら嬉しいです♪
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
        おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
    あと『押井監督』が『今のアニメ』を批判的に語っているのは『今の作品は製作者の主張が反映されていない』という精神面を批判しているところもあると思います・・・
     
     
    私的に見ても原作サイドやテレビ局サイドに『飼いならされて大人しい』アニメ作品が多いような気がしてなりません・・・
     
     
    その作品を通して『視聴者に何を伝えたいのか?』をきちんと意識して製作してほしいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     

    0 0

     
    涯が語る『亞里沙のヴォイド』
     
     
     
     
     
     
     
     
    弱い自分を覆う臆病者の盾・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それが供奉院亞里沙・・・君のヴォイドだ!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて涯が『亞里沙の本当の姿』を語る部分から始まりましたが・・・
     
     
    2011年秋アニメ私的注目度1位:『ギルティクラウン』第7話『輪舞』レビュー♪
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:荒木哲郎
    シリーズ構成:吉野弘幸
    副シリーズ構成:大河内一楼
    キャラ原案:redjuice
    アニメキャラ:加藤裕美
    総作監:矢萩利幸・門脇 聡
    アニメ制作:Production I.G 6課
    音楽:澤野弘之
    OP: 『My Dearest』 ryo(supercell)
    ED: 『Departures』 EGOIST
     
    キャスト
     
     
    桜満 集:梶 裕貴
    恙神 涯:中村悠一
    楪いのり:茅野愛衣
    篠宮綾瀬:花澤香菜
    ツグミ:竹達彩奈
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は製作スタッフもキャストも豪華『キービジュアル』も素晴らしかったので期待してました!
     

    1,2話先週試写会にも行ってきましたが『500人限定』応募は5,000人以上いたそうで『当選確率10倍』だったそうです!
     
    皆が期待しているのを肌で感じてきました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     
     
     
    さて7話を早速レビューですが今回から日常回に戻ります!

     

    ただ学校ではGHQに連れ去られた噂で集の周りが騒ぎますが・・・新キャラで生徒会長の『供奉院亞里沙』の助け舟もあり普通の学園生活に戻れました!
     
    亞里沙役は『マクロスFのシェリル役』でおなじみの遠藤綾さんですが、面白そうなキャラです!
     
     

     
    イメージ 2
     
     

     

     

     

     
     

     

    で、家に帰った集は・・・
     
    母の春夏と久しぶりに会います!
     
    春夏も新キャラですがいきなり下着姿で登場でびっくりしましたw
     
     
     

    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか天真爛漫な姿の春夏を見ていると『エヴァのミサトさん』を思い出しちゃいました♪
     
    こういう天真爛漫な女性が出てくるのは面白いですね!
     
    後に出てきますが春夏はヴォイド研究をしているようですのでまた色々と絡んできそうです!
     
     
     

    イメージ 3
     
     

    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてここまでは日常ですが、この後『反GHQ組織のパーティー』が船上で行われることになり涯と集がその船に乗り込み・・・
     

    初めて亞里沙と涯が出会います!
     
    この時亞里沙は涯に好意を持ちますが涯は亞里沙を道具としか見てない様子・・・つれないですね・・・
     
     
     

    イメージ 5
     
     

     

    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    その頃GHQは『反GHQ』のこの船をミサイルで破壊しようと何発もミサイルを打ちますが・・・
     
    集が亞里沙の『盾』のヴォイドを使いミサイルを全て防ぎます!

     
    音楽にシンクロさせての戦闘シーンはいい感じですね♪こういうのがアニメならではの演出で最高です!
     
     
     

    イメージ 12
     
     
     

     

    イメージ 7
     
     

     

    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     
     
    最後は集や涯の活躍もあり『反GHQ』の供奉院グループは涯達『葬儀社のパトロン』になり武器を供給することを決めます!

     

    これで亞里沙も涯達の仲間になります!
     
    それと『後盾』的な存在が見せるのは面白いですね!かなり練られた構成だと思いました!
     
     
     
     

    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで7話終了ですが新キャラの亞里沙や春夏は魅力的ですし・・・
     
    『日常と非日常』のバランスが絶妙な回でした!
     
    ギルクラの各キャラの良さが出ていた回だと思います♪
     
     
     

    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     

      

    それもそのはず今回から脚本が『大河内一楼』さんに代わったこともあり・・・
     
    6話までの吉野さんとはまた違った『脚本の魅力』があったからだと思います!
     
     
    『コードギアス』では脚本の主担当と副担当が逆の立場でしたが面白い組み合わせですね!
     
     
     

    イメージ 16

     
     

    イメージ 17

     

     
     
     

     
     
    あと最後春夏が見ていた『3人の写真』がまた先への伏線になりそうです・・・
     
    集の回想でよく出てくるこの女の子はいったい誰なんですかね・・・
     
    伏線の張り方が上手いですね・・・すごく気になります・・・
     
     
     

    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうした伏線も含め久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクします!
     
    今後もメチャクチャ楽しみです♪
     
     
     

     

    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういば亞里沙のお風呂シーンも含め『サービスシーン』が多かったですね♪
     
    いろんな要素がミックスされて面白い構成のアニメで最高です!
     

    次回以降もメチャクチャ楽しみです♪

     
     
     

    イメージ 13
     
     
     
     

    イメージ 10
     
     
     
     

     

     

     

    今後も当ブログでは『ギルティクラウン』を特集していきたいと思いますのでよろしくお願いします!
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    陽毬の『心の闇』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『いらない子供』だから・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    多分最初は可愛がられたんだよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    でも可愛いが『消費』された・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だから捨てられたの・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    選ばれないということは・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    死ぬことなの!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて、『捨てられていた猫に対し陽毬が『心の闇の部分』を語る所から始まりましたが・・・
     
     
    2011年7月放送開始アニメ『輪るピングドラム』第20話『選んでくれてありがとう』レビュー♪
       
     
    この作品はオリジナルアニメ『劇場版ウテナ』以来の幾原監督の作品です!
     
     
     
    幾原監督の『斬新な構成』が大好きなMr.Tにとっては『待ってました!』の期待の作品です♪  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レビューですが、今回は今まで秘密にされていた『陽毬と晶馬の出会い』が語られました
     
    今の『高倉家』へと繋がる話です・・・ 
     
    とうとう物語の核心へと迫っていきます
     
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて冒頭は晶馬達の父・剣山が『今の世界は間違っていると語る場面からで・・・
     
    『競争社会・弱者無視』を糾弾する剣山・・・
     
    その世界を正すために『集団テロ』を決行する剣山・・・
    言っていることは分かりますし理想は高いですがやることは結局テロ・・・
    犯罪ですし許されるものではないですね・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その頃子供の晶馬は外で遊んでいるとその団地に住む陽毬を見つけます!
     
    ただこの頃の陽毬は今のように目に正気がないです・・・
     
    明らかに何か問題がありそうです・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後も陽毬を見つけて声をかける晶馬ですが・・・ある日2人は捨て猫を見つけます・・・
     
    晶馬は可愛いといいますが・・・陽毬はこの猫を見て冒頭のように『選ばれなかった存在』と切り捨てます・・・
     
    普通の子供の思考ではない陽毬・・・
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ晶馬はミルクをあげたり可愛がるとそれまで冷たかった陽毬が猫を可愛がりはじめます!
     
    晶馬のおかげで『子供の心』を取り戻す陽毬・・・
     
    すごく温かな気持ちになる場面ですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    しかしその幸福は長くは続かず、マンションの管理人によって猫は処分されてしまいます・・・
     
    その現実を見せ付けられ愕然とする晶馬と・・・せっかく心を開きかけた陽毬は再び心を閉ざすことに・・・
     
    『ルール』によって2人の希望は打ち砕かれます・・・
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして次の日陽毬は『こどもブロイラー』へ行くと書置きを晶馬に残し消えてしまいます・・・
     
    書置きは『母に捨てられた』ことや『晶馬と遊べたことを感謝』する内容・・・切ないですね・・・
     
    だから陽毬は捨て猫と自分を重ねていたんですね・・・
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな陽毬を晶馬は『自分の家族』として連れ帰ります!
     
    なので陽毬と晶馬と冠葉は『血の繋がっていない兄妹』だったんですね・・・
     
    そういうことだったんだ・・・
     
     
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで20話終了ですが・・・『陽毬と晶馬の出会い』の核心回でした!
     
    これで『高倉家の内情』がわかりましたが・・・ラストで『剣山や冠葉』がまた何か行動を起こしていきそうな流れでしたね・・・
     
    次回が気になります!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回は『ウテナ』で作画監督をされていた林明美さんが『絵コンテ・演出』をされていましたが『幾原ワールド』を上手く表現していましたね!
     
    さすが『ウテナ』の時から幾原作品を制作しているだけあって構成も面白く引き込まれました!
     
    温かくも切ない展開を生かしてましたね!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして以前から書いてますが以前幾原監督がインタビューで語っていましたが『12年ぶりの新作』を作るにあたりとしては『サブテーマ』がり・・・
     
     
     
     
     
    娯楽作品ですし、基本的には純粋にキャラクターを楽しんでもらいたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
    その上でサブテーマとして『自分がなぜこの作品を作ろうと思ったか?』ということですよね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちょっとだけ言うと『自分の世代』『この作品の主人公』のような十代半ばの子供達とは『断絶』があると感じているんです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それが何かを明らかにした上で『お互いをつなぐ希望になるような作品』にしたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最終的に上手くいくかわかりませんが、自分がこの作品を作る理由はまさにそこにあります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とのことで『幾原監督世代と若い世代との融合』がこの作品のサブテーマとしてあるようですが・・・
     
     
    私的な想定では今の高校生以下にはほぼ記憶がないであろう16年前に起きたこうした『テロ事件』を知ってもらい風化させないことと・・・
     
    それを乗り越えていく苹果達遺族の話主犯の子供たちである晶馬達の話幾原監督風にアレンジしていく感じになりそうですね
     
    こういう目線でアニメを見るとまた違った見方がありそうです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いずれにしても『これまで誰も見たことがないような作品を目指す』といわれているほどの意欲作ですし・・・ 
     
     
    今後の展開も期待してます!
      
     
    このアニメの『行き着く先』をさらに見届けたくなりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その目線でいくとそして以前ご紹介しました『試運転マニュアル』ですが・・・
     
     
    そこに『運命日記』と『生存戦略』の関連性について書かれている内容もリンクしてくるかな? 
     
    この本はこの作品を見るのに重要なアイテムのようです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、前回もご紹介しましたが、そこには『運命』と『生存戦略』について書かれていて・・・
     
     
     
     
    運命 : 本人の意思には関係なく、その人生を左右する『超自然的な力』
     
     
     
     
     
    生存戦略 : 一般的に生命の進化の過程で身に付けた『生き抜くための術』
     
     
     
     
    となっていて一見相反するようにも見えますが・・・
     
    共通点としては『あらかじめ決められた抗いがたい力』ということのようです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここでこの件についていろいろ考察しますが・・・
     
    高倉家と苹果は『運命』を違う解釈で捉えていて・・・
     
     
     
     
    高倉家 : 『運命』は陽毬の命を奪ってしまう憎いもの
     
     
    苹果 : 『運命』は幸せになるための絶対必要なもの
     
     
     
     
     
    という風に同じ『運命』でも捕らえる人によってはぜんぜん価値が変わってしまいます・・・
      
     
    『運命』は全てにおいて平等ではないですからね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中で『この4人が出会った理由』『事件の関連性』と分かりましたが・・・
     
     
    今回渡瀬も語っていた『ピングドラム』が何かですが・・・まだ分かりません・・・
     
      
    今後も考察していたいと思います!
     
      
     
     
     
     
    『オリジナル作品』って先が見えない面白さがあるのが魅力ですが・・・
     
    それ以外にもこうして『視聴者に先の展開を考えさせる』ことで『視聴者の考えも進化させる』という魅力があるんじゃないかと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    11月25日に『Kalafina LIVE TOUR 2012 “After Eden”』東京ドームシティホールで開催されました! 
     
     
    Kalafinaメインのライブは『梶浦由記』さんのライブ『Yuki Kajiura LIVE vol.#7"FICTION"』inNHKホール以来のだったので楽しみにしてました♪
     
    Mr.Tも仕事が終わった後に開演前に駆けつけました!
     
     
     
      
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レポですがMr.Tは会場で『パンフレット(新聞?)とライブBD』をゲット♪ 
     
    パンフレットは『Kalafina』についてよく分かる内容になっていて貴重です! 
     
    価格も500円とリーズナブルでいい感じです♪中身もしっかりしてます!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回のコンサートは今年9月発売された3枚目のアルバム『After Eden』の楽曲をメインに・・・
     
    『空の境界』などの梶浦さんのアニメ曲などの歌が歌われました♪
     
    様々なジャンルの音楽をKalafinaが歌ってくれました♪
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    で、すべての曲が良かったですが・・・
     
     
    私的には何といっても『アンコール』後の
     
     
     
     
    oblivious

    snow falling
     
    Symphonia

     
     
     
    構成が最高でした♪ 
     
    特にアンコール後にKalafinaが再登場する時の『空の境界』を髣髴とさせる雰囲気がもう鳥肌モノ!
     
    しかも『生演奏&生の歌声』・・・もう言うことなしですね・・・ 
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ラストの『Symphonia』のハーモニーといい・・・本当に素敵なライブでした♪
     
     
    心から癒されました・・・ 
     
     
    今後もKalafinaのライブに参加しようと思います♪
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもKalafina最高!
     
    美しい3人のハーモニーが心地よかったです・・・ 
     
    時間があっという間に過ぎてしまうほど・・・魅力溢れるライブでした♪
     
     
     
     
     
     
    ちなみにKalafinaのライブは年明け以降にもあります!
     
    こういう実力派グループがいるから日本のアニメは強いです!
     
    ぜひとも皆さんもライブに参加してみてください♪ 
      
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
      
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今日は2011Jリーグ第33節『浦和レッズvsアビスパ福岡』の試合がありました!
     
     
    浦和レッズの『J1残留』をかけた絶対勝ちが必要な試合でしたが、結果は・・・
     
     
     
      
    2011Jリーグディビジョン1 第33節

    アビスパ福岡vs浦和レッズ
    2011年11月26日(土)
    17:33キックオフ
    レベルファイブスタジアム

    試合結果
    アビスパ福岡 1-2浦和レッズ

    得点者:32分 岡本英也(福岡)・45+2分 柏木陽介・63分 マルシオ リシャルデス
    入場者数:17,177人
     
     
     
     
     
     
     
    『アウェイ福岡&先制点は福岡』という苦境を跳ね除けて逆転勝ち!『J1残留』が決定的となりました
      
    というのも降格圏内の16位甲府と15位浦和の勝ち点が『甲府残り2試合で6差』まで広がったため、甲府の勝ち点が浦和を上回ることがなくなり・・・
     
    もし勝ち点で甲府と浦和が並んでも『得失点差が17点差』と浦和が圧倒的に有利なため残留は決定的です! 
     
    そういう意味でも本当に今日の浦和の勝利は『値千金』でした・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とりあえず、まずはJ1残留を決めてくれた堀監督に『ありがとう』と言いたいです! 
     
    シーズン終盤に『J1残留争い』という苦しい状況で、本来なら誰も受けたくないような重責を急遽監督を引き受けてくれた堀監督は男です・・・
     
     
    これも堀監督が『浦和ユースの監督』かつての教え子で今はトップチームの『山田直・濱田・原口』などを育て上げた実績がものをいいました!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただこのメンバーでこの順位じゃもちろん不満ですし・・・
     
    まずは次節J最終戦のホーム埼玉スタジアムで『柏の優勝阻止』をして・・・
     
    天皇杯で優勝してACLに行くことがこれからの目標ですね!
     
    今日の勝利でもう『J1残留』の呪縛やプレッシャーはないですし・・・ノビノビプレーして欲しいです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと遠く福岡まで駆けつけたレッズサポータに感謝です!
     
    今日は福岡に行けず家のテレビで観戦してましたが・・・画面に映るゴール裏のサポーター心強かったです!
     
    本当に浦和は多くの人に愛されているクラブだと再認識しました!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とにかく次節最終戦では『柏の優勝阻止』といきましょう!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とうとう次節で最終節ですが『J1の優勝争い』も『J2のJ1昇格争い』も面白いですね! 
     
    特にJ2は今日札幌が勝ったので『あと2つのJ1への切符』を・・・
     
    『札幌・徳島・鳥栖』の3チームが争う大混戦になってます! 
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして徳島は『四国初のJ1チーム』を目指して・・・
     
    明日ホームで『3位徳島vs2位鳥栖』の上位直接対決が行われます!
     
    これはJリーグファンにはたまらない好ゲームになりそうでどちらが勝つのか面白そうです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     

    0 0

     
    ライダーが語る『ウェイバーの弱さの魅力』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いいんだよそれで!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    こんなもの見せられて『眉一つ動かさないヤツ』がいたら・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    余がぶん殴ってくれるわ!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『キャスターのアジト』に潜入したウェイバー人が大量に惨殺されているころを見て動揺し涙ぐむ姿をライダーが『それでいい』と慰めるところから始まりましたが・・・
     
    今回はは2011年秋アニメ私的注目度2位『Fate/Zero』第9話『主と従者』レビュー♪
     
     
    奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作:虚淵玄/TYPE-MOON
    監督:あおきえい
    キャラ原案:武内崇
    キャラデザ:須藤友徳・碇谷敦
    アニメ制作:ufotable
    音楽:梶浦由記
     
    OP : 『oath sign』 LiSA
    ED : 『MEMORIA』 藍井エイル

     
    キャスト
     
     
    衛宮切嗣:小山力也
    セイバー:川澄綾子
    アイリスフィール:大原さやか
    遠坂時臣:速水奨
    アーチャー:関智一
    言峰綺礼:中田譲治
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこの作品の注目といえば何といっても・・・
     
     
     
     
    TYPE-MOON×ufotable×あおきえい×梶浦由記×岩上敦宏×虚淵玄
     
     
     
     
     
    『空の境界』&『まどか☆マギカ』スタッフが揃っていることです!
     
     
    こうした『実力派コラボ』で生み出される作品がみれるのは嬉しいですね♪
     
     
    このメンバーで期待するなというほうが無理なくらい豪華なメンバーです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、早速レビューですが冒頭は前回瀕死の重傷を負ったケイネスに対し・・・
     
    妻のソラウがランサーのマスターの権限と令呪を自分に与えるようにケイネスに伝えます・・・
     
    しかも与えなければ『ケイネスの腕を切り落とす』とまで言って脅しをかけるソラウ・・・
     
    前回の献身なアイリと対極をなす恐ろしい女性ですね・・・
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局ランサーのマスターを継承したソラウですが、ランサーが『主君はケイネスのみ』と言いソラウを拒もうとするところを・・・
     
     
    ソラウは『聖杯の力を獲得しケイネスを助ける手助けをしてほしい』とランサーに言うと・・・ランサーは承諾します・・・
      
    完全にソラウの嘘ですけどね・・・純粋なランサーはソラウの言葉を信じてしまいます・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    またセイバー陣営ですが、切嗣はあくまで単独行動・・・
     
    セイバーを重要視していない様子の切嗣・・・こちらは主従関係がうまくいってないですね・・・
     
    アイリが2人の間を取り持っているからなんとか続いている関係でギクシャクしてますね・・・
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてその頃ライダー陣営はウェイバーが川沿いの魔力の痕跡をたどり・・・
     
    『キャスター陣営のアジトを特定』し殴りこみをかけることに!
     
    戦いたくてウズウズしているライダー!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただキャスターは不在な上に冒頭にあるように『惨殺現場』を見たウェイバーは動揺し涙をながしますが・・・
     
    そしてそんな自分をライダーはバカにすると思っていたウェイバーですが・・・『それでいい!』と逆に慰めてくれたことに驚くウェイバー・・・
     
    ここはライダーが『ウェイバーの弱さの魅力を理解している』興味深いシーンだったと思います!
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    結局最後はアサシンがキャスターのアジトに登場し引き下がるライダー陣営!
     
    キャスターのアジトを消滅させ炙り出す作戦のようです・・・
     
    そしてこでウェイバーは『アサシンは死んでいない』ということを知ります・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで終了ですが『ランサー&ライダー&セイバー陣営』メイン回でしたね!
     
    戦闘シーンはほとんどなかったのですが『各陣営』の動きがうまく描かれてましたね!
     
    特に『ライダー陣営』の絆の深さが見れました!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものですね!
     
     
    先々の展開も期待してます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回の作画監督『空の境界』第三章『痛覚残留』監督小船井充さんでしたが・・・
     
    各陣営の動きを上手く引き出してました!
      
    ってか本当に豪華な製作陣ですよね・・・
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『分割2クール』のようですが・・・
     
    どこらへんで一回区切るんですかね?
     
    1期で最初に死ぬのは誰かも気になります!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は2011年秋アニメ私的注目作品未来日記8話『新機種』レビュー♪
     
     
    『時空王』に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲームでサスペンス作品です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    原作・構成協力:えすのサカエ
    シリーズ構成:高山カツヒコ
    キャラデザ:平山英嗣
    総作監:平山英嗣・岡田万衣子
    アニメ制作:アスリード
    音楽:加藤達也
     
     
     
    キャスト
     
     
    天野雪輝(1st) :富樫美鈴
    我妻由乃(2nd) :村田知沙
    火山高夫(3rd) :土門仁
    来須圭悟(4th) :田中正彦
    豊穣礼佑(5th) :真田アサミ
    春日野椿(6th) :仙台エリ
    戦場マルコ(7th) :関智一
    美神愛(7th) :桑谷夏子
    上下かまど(8th) :今野宏美
    雨流みねね(9th) :相沢舞
    月島狩人(10th) :平松広和
    ジョン・バックス(11th) :土師孝也
    平坂黄泉(12th) :川原慶久
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて冒頭は新しい学校へ登校することになったユッキーと由乃ですが・・・
     
    ここでユッキーは『日野日向』『野々坂まお』の2人の女性と友達に!
     
    最初から出来すぎな展開ですけどね^^;
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    その後前の学校にもいた高坂王子と由乃の合わせて5人で事件現場に向かうことになったのですが・・・
     
    ここで10thの月島狩人の仕業と思われる狂犬群が登場し日向が殺されます・・・
     
    いきなり非日常へと繋がっていきます・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    そんなピンチに『秋瀬或』が登場し皆を建物に避難させます!
     
    探偵になることを目標にしているという秋瀬ですが・・・また謎キャラ登場です・・・
     
    秋瀬役は石田彰さんですが・・・『エヴァのカヲル』といい、『ピングドラムの多蕗』といい・・・
     
    こういう『陰陽のある美少年脇役キャラ』を演じさせたら右に出るものはいないですね!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後逃げ込んだ建物に狂犬が集まり窓を破りそうな状況で・・・
     
    ユッキーはやむを得ず未来日記を使用し割れる窓ガラスを特定して人を配置させ難を逃れます!
     
    緊急時とはいえ人前に未来日記をさらしてしまうユッキー・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    で、最後は皆助かったものの・・・生きていた日向はユッキーを人質に秋瀬が所有する日記を渡すように言います!
     
    ってか10thの『飼育日記』は日向に委譲されたんですね・・・
     
    そして秋瀬も日記所有者?
     
    謎が謎を呼ぶ展開です・・・
     
     
     
     
     
     
    さて今回は新キャラ3人登場でしたが・・・次回以降もつれる展開になりそうですね!
     
    ってか日記委譲されるとだれが所有者か分からなくなるなぁ・・・
     
    こういう展開も面白いですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    メチャクチャ面白い設定と演出ですし今後どうなっていくのかが気になります!
       
     
    今後も『ヤンデレ由乃』の動向が楽しみです!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもこの作品は日曜の夜にゆっくり見れるのが嬉しいです!
     
    それに『ダーク&ちょいエロ』なのも深夜アニメらしいです♪
     
     
    他のアニメ作品とかぶらない良い枠でもありますし今後も期待です!
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

    今回はLiaさんのお話です♪ 
     
     
    11月27日(日)に秋葉原でLiaさんが出演された『渋谷アニメランド』公開収録に行っていました!
     
    本放送は12月3日(土)22時15分からNHKラジオ第1で放送されるようです!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、この公開収録を知ったのが前日夜でした^^;
     
    久々にLiaさんの『diary』を見に行ったら『公開収録!』って書かれていたのでビックリw
     
    なので事前にご連絡できずにすいません^^;
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    当日は収録開始が17時15分からだったので30分前に着いてイスに座って待っていると・・・
     
    Liaさんが事前リハで登場し・・・
     
     
    『My Soul,Your Beats! 』
     
     
    『きみはひとりなんかじゃないよ』
     
     
    『鳥の詩』
     
     
    3曲のさわりの部分を歌ってくれました!
     
    そういえば以前『ラゾーナ川崎』のミニライブでもLiaさんがファンの前で『事前リハ』をしてくれてましたが・・・
     
    ライブ中とはまた違う『自然な感じのLiaさんの歌声』がまたいいんですよねぇ・・・
     
     
    もうこの時点でLiaさんの声の素晴らしさに皆感激して拍手してました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに会場が『秋葉原のど真ん中のベルサ-ル秋葉原』『オープン形式』だったこともあり・・・
     
    そのリハのLiaさんの歌声を聞いて『吸い込まれる』ように歩いている人たちが大勢会場に集まってきます!
     
    そりゃあのLiaさんの歌声が秋葉原で響き渡るんですから・・・収録知らない人はみんな聞きにきますよねw
     
    (ちなみに会場はこんな感じ)
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    さて17時15分になり収録開始ですが・・・
     
    まずはMy Soul,Your Beats! 』を歌ってくれました!
     
    そういえば今年Liaさんの歌を生で聞いたのって『4月の石川智晶さんのチャリティーライブ』以来7ヶ月ぶりなので余計に心に響きました・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この後はLiaさんの歌や私生活についてトークが行われましたがそれは12月3日のラジオを聞いてください!
     
    最近のLiaさんの近況から、Keyや麻枝さんと出合った話など盛りだくさんです!
     
    Liaさんファンや鍵っ子は是非とも聞いてみてください!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『こぼれ話』的『NHKらしいなぁ~』と思ったのがあったのでお話しますと(あくまで憶測ですが^^;)・・・
     
    収録の取り直しが一部あったので違いを比較してみたら・・・
     
     
    『ビジュアルアーツ』→『あるゲーム会社』
     
    『馬場社長』→『あるゲーム会社の方』
     
     
    公共の電波なのもあって『企業の名前や人名』を直してたような気がしました・・・(あくまで憶測ですけど^^;)
     
    でも麻枝さんはOKなのでよくわからないんですけどね^^;
     
    本放送でもう一度聞いてみようと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後はLiaさんの歌の収録となりますが・・・
     
    まずは今年4月2日に開催された『石川智晶さん主催のチャリティライブ』でLiaさんが歌われた『きみはひとりなんかじゃないよ』です!
     
     
    当時は『計画停電』で電力を出来るだけ使わない『アコースティックライブ』でLiaさんが歌われましたが・・・被災地を想うLiaさんの歌声が胸に響いたのを覚えています!
     
     
    すごくいい歌でこの季節に聞くとさらに心に響きますね・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後はLiaさんの代名詞である『鳥の詩』です!
     
    冬に聞く『鳥の詩』もまた格別です・・・
     
    AIRが夏の物語ですが・・・いつ聞いても名曲は色褪せないですね・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれでレビューは終わりですが・・・
     
    ラジオは12月3日放送ですので是非とも聞いてみてください!
     
    Liaさんの歌声に酔いしれてください!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさんは今は育児に専念されているようですが・・・ 
     
    是非とも『Key+Lia Best 2001-2010』ライブツアーを検討して欲しいです♪
     
     
    もちろんMr.Tも参加します!ライブも楽しみにしてます♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も『Key+Lia』の曲をふくめて・・・麻枝さんとLiaさんの楽曲を楽しんでいきたいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    今回は『ギルティクラウン』のお話です!
     
    『ギルティクラウン』ED『Departures~あなたにおくるアイの歌~』を買ってきました♪
     
    OPの『My Dearest』と一緒に買ってきましたが『supercell』らしい曲で最高です♪
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    初回特典のブックレットには・・・
     
    『1話冒頭の絵コンテ』などが載っています!
     
    こういう特典があるのがいいですよね♪
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに店頭でかなりプッシュしてました!
     
    OPEDが両方揃った今週からが本番です♪
     
    いい曲ですからね!お店もかなり気合入ってます!
     
      
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的にこの作品は製作スタッフもキャストも豪華『キービジュアル』も『音楽』も素晴らしかったので期待してました!
     

    1,2話先週試写会にも行ってきましたが『500人限定』応募は5,000人以上いたそうで『当選確率10倍』だったそうです!
     
    皆が期待しているのを肌で感じてきました!
     
     
     
     

     
     
     
     
     
     

     

    イメージ 2
     
     

     

     

     

     

     
     
     
    あと『Departures~あなたにおくるアイの歌~』のカップリングは・・・
     
     

    1話の最初にいのりが歌っていた『エウテルペ』です!
     
    1話の冒頭からセンスのある展開に華を添えた歌ですが・・・やっぱりいいですね・・・
     

     
     

    イメージ 6
     
     

     
     

     

     
     

     

    是非とも多くの人に聞いて欲しいです!
     
    今後もサントラなどの楽曲も楽しみです♪
     
      
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうそう!『supercell』で思い出しましたが・・・
     
      

    ってか久々の『だーまえ関連』の話だったのでそれも期待してます♪

     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    今回は『けいおん!』のお話です!
     
    『映画けいおん!』がとうとう12月3日(土)から上映開始されます! 
     
    待ちに待った映画化ですね!メチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    思い返せば2010年9月の2期終了後のラスト『映画化決定!』の文字が出てから1年以上経ったんですねぇ・・・
     
    月日が流れるのは早いです!
     
    その間にも『さいたまスーパーアリーナでのライブ』があったりと楽しかったです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『映画化発表』の朝には『Yahoo!』のトップに『けいおん!映画化』の文字が出てました!
     
     
    これも期待の現れですよね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、Mr.Tももちろん見に行きますが一足先に2日深夜上映の“TOHOシネマズアニメナイト”で見てきます!
     
     
    なぜなら一番最初に映画を見たいからです!
     
     
    もちろんレビューもしますのでお楽しみ♪
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さて映画ではどんなサプライズがあるのか楽しみです! 
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば限定グッズとかどんなのが売られるのかな?
     
    会場で面白そうなのを買ってきます♪
     
    まさに『お祭り』みたいな感じで盛り上がれそうですね!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    集の語る『ヴォイドの意味』 
     
     
     
     
     
     
     
    今更だけど『ヴォイド』って何だろう?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今までよく分からなかったけど、それじゃダメな気がするんだ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だってこの右手は『人の心』に触れてるんだから! 
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて集が『ヴォイドの意味』を語る部分から始まりましたが・・・
     
     
    2011年秋アニメ私的注目度1位:『ギルティクラウン』第8『夏日』レビュー♪
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:荒木哲郎
    シリーズ構成:吉野弘幸
    副シリーズ構成:大河内一楼
    キャラ原案:redjuice
    アニメキャラ:加藤裕美
    総作監:矢萩利幸・門脇 聡
    アニメ制作:Production I.G 6課
    音楽:澤野弘之
    OP: 『My Dearest』 ryo(supercell)
    ED: 『Departures』 EGOIST
     
    キャスト
     
     
    桜満 集:梶 裕貴
    恙神 涯:中村悠一
    楪いのり:茅野愛衣
    篠宮綾瀬:花澤香菜
    ツグミ:竹達彩奈
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は製作スタッフもキャストも豪華『キービジュアル』も素晴らしかったので期待してました!
     

    1,2話先週試写会にも行ってきましたが『500人限定』応募は5,000人以上いたそうで『当選確率10倍』だったそうです!
     
    皆が期待しているのを肌で感じてきました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

     
     

     
    さて8話を早速レビューですが今回は『ある作戦』のため『映研同好会』メンバーで海へ行くことに!

     

    なので序盤は『水着や温泉シーン』も含め『学園モノ』って感じの構成に♪
     
    各キャラが生き生きしてますね!
     
     

     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    イメージ 17
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     

     
     

     

    ただ今回の作戦は『魂館颯太』のヴォイドに意味があるので、作戦の為に颯太を夜に外へ連れ出すため、集が・・・
     
     
    颯太が『いのりを好き』なのを利用して『いのりに告白させる』ことで颯太を外に呼び出します!
     
     
    この時まだ集はいのりに対しての気持ちの整理ができていないため『涯の言っていた作戦』の為だけに颯太といのりを利用します・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして作戦通り『颯太といのりの2人きり』にしますが『颯太がいのりに告白しそう』なのを見た集が思わず『いのりは僕の・・・』と叫びながら飛び出し颯太のヴォイドを抜きます!
     
     
    颯太のヴォイドは『どんな鍵でも開くヴォイド』のようでGHQの秘密基地へ入る為のものだったようです・・・
     
     
    あと集が告白前に飛び出したのは『いのりへの気持ちが高ぶった』からというのもありますよね・・・
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
    その後はヴォイドを使いGHQの施設に潜入したものの既に涯達が欲していたものは他の人間に取られていました・・・
     

    どうやら『葬儀社』以外にも何かを企てようとしている人物がいるようですね・・・
     
    GHQに対して反発する組織が他にもあるようです・・・
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    そんなことがあった翌朝、告白を邪魔する形になった集と颯太が本音を言い合うことになりますが・・・
     
    それによって『お互いの心を分かり合う』ことで絆を深めます!
     
     
    実際颯太のおかげで集も『いのりへの本当の気持ち』を分かりましたし・・・2人の本音を語りあうシーンがすごくよかったです!
     
     
    颯太役は『CLANNADの春原』役の阪口大助さんでしたが、主役を引き立てる『親友としての演技』はさすがです!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     

     

     
     
    そして最後は冒頭の言葉にあるように集が『ヴォイドの意味』を考えますが・・・
     

    いのりは『心の在りようでヴォイドも変わっていく』と集に伝えます・・・
     
    ここは『集の心の成長』へと繋がるシーンですね・・・切ないBGMとも相まって心に響くシーンです・・・
     
     
     

    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで8話終了ですが『学園モノ』のテイストを入れながら作戦を遂行する回で・・・
     
    いろいろな見方が出来る面白い回でした!
     
    前回同様ギルクラの各キャラの良さが出ていた回だと思います♪
     
     
     
     

     

    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    ってか『綾瀬役の花澤さん』と『ツグミ役の竹達さん』って『俺妹』コンビでしたね!

     
    そういう面も含めて2人の掛け合いが今回ツボでしたw
     
    あと竹達さんの演じるキャラって『ネコ耳』多いですねw
     
     
     

    イメージ 12
     
     
     
     

    イメージ 11
     
     
     
     

    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

      

    それから今回は脚本が『ニトロプラス』の『鋼屋ジン』さんでした!
     
    来年ニトロから発売予定のギルクラ外伝『ロストクリスマス』のメインライターですが・・・1話ながらやっぱりいい味出しますね!
     
     
    ニトロは『まどか☆マギカ』脚本の『虚淵玄』さんをはじめ今一番勢いがあります!
     
     

    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
    あとは最後に登場した年配の男性が今後伏線になりますね・・・
     
    葬儀社とは違う『GHQと対立』する人物・・・
     
    伏線の張り方が上手いですね・・・すごく気になります・・・
     
     
     

    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうした伏線も含め久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクします!
     
    今後もメチャクチャ楽しみです♪
     
     

     

    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     

     

     
    そういえば今週から『ギルティクラウン』ED『Departures~あなたにおくるアイの歌~』が発売されてます!
     
    OPの『My Dearest』と一緒に買ってきましたが『supercell』らしい曲で最高です♪
     
     
     
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    初回特典のブックレットには・・・
     
    『1話冒頭の絵コンテ』などが載っています!
     
    こういう特典があるのがいいですよね♪
     
     
     
     

     
     
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに店頭でかなりプッシュしてました!
     
    OPEDが両方揃った今週からが本番です♪
     
    いい曲ですからね!お店もかなり気合入ってます!
     
      

     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『Departures~あなたにおくるアイの歌~』のカップリングは・・・
     
     

    1話の最初にいのりが歌っていた『エウテルペ』です!
     
    1話の冒頭からセンスのある展開に華を添えた歌ですが・・・やっぱりいいですね・・・
     

     
     

     
     
     

     
     

     

     
     

     

    是非とも多くの人に聞いて欲しいです!
     
    今後もサントラなどの楽曲も楽しみです♪
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

    今後も当ブログでは『ギルティクラウン』を特集していきたいと思いますのでよろしくお願いします!
     
     
     
     
     
     
     
     

     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    晶馬の『絶望』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    冠葉は家を出て行ったよ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もうここまでにしよう
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『家族ごっこ』は終わりにする
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この家は存在しちゃいけないんだ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もう家族のフリをしてちゃダメなんだ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    このままだと皆が不幸になる・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    陽毬お前も!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
      
     
     
      
     
     
     
    さて信頼していた冠葉に裏切られ『家族ごっこ』に疲れきってしまった晶馬『絶望の言葉』から始まりましたが・・・
     
     
    2011年7月放送開始アニメ『輪るピングドラム』第21話『僕たちが選ぶ運命のドア』レビュー♪
       
     
    この作品はオリジナルアニメ『劇場版ウテナ』以来の幾原監督の作品です!
     
     
     
    幾原監督の『斬新な構成』が大好きなMr.Tにとっては『待ってました!』の期待の作品です♪  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回はある雑誌の記者により・・・
     
    『冠葉が昔テロを起こした組織と結託している』ことを知る晶馬と陽毬・・・
     
     
    陽毬は『自分の治療費』の捻出方法の意味を、晶馬は『テロを起こした組織と未だに結託している』ことに対し冠葉に憤ります・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして冠葉に対し晶馬は『組織と結託するのをやめろ!』と詰め寄りますが・・・
     
    冠葉は『陽毬を助ける為の治療費』のためにどうしても金が必要だと晶馬に伝え、家からも去ってしまいます・・・
     
    それまで信じていた冠葉に裏切られる晶馬・・・辛いですね・・・
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    最後は冒頭の言葉にあるように傷心の晶馬は『家族ごっこ解消』を宣言し陽毬を叔父に預けることになります・・・
     
    陽毬は前回『2人の信頼の証』だったマフラーを晶馬に返し家を去ります・・・
     
    あれだけ仲の良かった3人がこれでバラバラに・・・ 
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ陽毬は叔父の家には行かずに・・・
     
    冠葉のいるアジトへと向かいます・・・
     
    そして陽毬はなんとしてでも冠葉を止める覚悟のようです・・・
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    こんな流れの21話ですが・・・『冠葉と晶馬と陽毬』それぞれの道を進む分岐回でした!
     
    今まで仲睦まじかった分・・・見ていて辛い回でした・・・
     
    『家族以上の絆』に見えたんですけどね・・・
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回『剣山が死んでいる』描写がありましたが何故あのラーメン屋で死んでいたのですかね?
     
    同じテロ組織での内紛でもあったのかなぁ・・・
     
    ということは剣山と同じく冠葉も『テロ組織に利用されて殺される運命』なんでしょうか?そういうところも今後気になります!
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに明日夜放送の『NHK』の『MAG・ネット』では『ピングドラム』特集が組まれます!
     
    『ピングドラム』をチョイスするとは・・・NHKは相変わらず良い目線ですね!
     
    幾原監督も出るようですので楽しみです!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして以前から書いてますが以前幾原監督がインタビューで語っていましたが『12年ぶりの新作』を作るにあたりとしては『サブテーマ』がり・・・
     
     
     
     
     
    娯楽作品ですし、基本的には純粋にキャラクターを楽しんでもらいたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
    その上でサブテーマとして『自分がなぜこの作品を作ろうと思ったか?』ということですよね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちょっとだけ言うと『自分の世代』『この作品の主人公』のような十代半ばの子供達とは『断絶』があると感じているんです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それが何かを明らかにした上で『お互いをつなぐ希望になるような作品』にしたいと思ってます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最終的に上手くいくかわかりませんが、自分がこの作品を作る理由はまさにそこにあります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とのことで『幾原監督世代と若い世代との融合』がこの作品のサブテーマとしてあるようですが・・・
     
     
    私的な想定では今の高校生以下にはほぼ記憶がないであろう16年前に起きたこうした『テロ事件』を知ってもらい風化させないことと・・・
     
    それを乗り越えていく苹果達遺族の話主犯の子供たちである晶馬達の話幾原監督風にアレンジしていく感じになりそうですね
     
    こういう目線でアニメを見るとまた違った見方がありそうです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いずれにしても『これまで誰も見たことがないような作品を目指す』といわれているほどの意欲作ですし・・・ 
     
     
    今後の展開も期待してます!
      
     
    このアニメの『行き着く先』をさらに見届けたくなりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その目線でいくとそして以前ご紹介しました『試運転マニュアル』ですが・・・
     
     
    そこに『運命日記』と『生存戦略』の関連性について書かれている内容もリンクしてくるかな? 
     
    この本はこの作品を見るのに重要なアイテムのようです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、前回もご紹介しましたが、そこには『運命』と『生存戦略』について書かれていて・・・
     
     
     
     
    運命 : 本人の意思には関係なく、その人生を左右する『超自然的な力』
     
     
     
     
     
    生存戦略 : 一般的に生命の進化の過程で身に付けた『生き抜くための術』
     
     
     
     
    となっていて一見相反するようにも見えますが・・・
     
    共通点としては『あらかじめ決められた抗いがたい力』ということのようです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここでこの件についていろいろ考察しますが・・・
     
    高倉家と苹果は『運命』を違う解釈で捉えていて・・・
     
     
     
     
    高倉家 : 『運命』は陽毬の命を奪ってしまう憎いもの
     
     
    苹果 : 『運命』は幸せになるための絶対必要なもの
     
     
     
     
     
    という風に同じ『運命』でも捕らえる人によってはぜんぜん価値が変わってしまいます・・・
      
     
    『運命』は全てにおいて平等ではないですからね・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中で『この4人が出会った理由』『事件の関連性』と分かりましたが・・・
     
     
    今回渡瀬も語っていた『ピングドラム』が何かですが・・・まだ分かりません・・・
     
      
    今後も考察していたいと思います!
     
      
     
     
     
     
    『オリジナル作品』って先が見えない面白さがあるのが魅力ですが・・・
     
    それ以外にもこうして『視聴者に先の展開を考えさせる』ことで『視聴者の考えも進化させる』という魅力があるんじゃないかと思います!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

    今回は『けいおん!』のお話です!
     
    『映画けいおん!』がとうとう12月3日(土)から上映開始されます! 
     
    待ちに待った映画化ですね!メチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、Mr.Tは一足先に深夜上映の“TOHOシネマズアニメナイト”で見てきました!
     
     
    どうしても早く見たかったので『TOHOシネマ流山おおたかの森』に行って見てきました♪
     
     
    深夜にもかかわらず大勢の方々が見に来てましたよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まずは物品の購入ですが今回買って来たのはこちら!
     
    京アニ特製『けいおん!』紙袋に入れてくれました♪
     
    パンフレットやピンズなど今回はどうしても欲しいものをチョイスしてきました!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に『ピンズセット』は特注品っぽくてすごいいい出来です♪
     
    買って来たのは『唯・澪・あずにゃん』の3人ですが^^;・・・律もムギも良い出来ですよ♪
     
    これいいですよねぇ!ちなみに律とムギは写真取ってきました!
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    他にもラバーキーホルダーなどいろいろ売ってました!
     
    是非とも映画館で買ってみてください♪
     
    1人3個までとか制限がかかってるものありますがなくなる前に早めに買ったほうがいいと思います!
     
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとせっかくなので『TOHO特製けいおん!コンボセット』を注文!
     
    『飲み物+ポップコーン+特製コースター』で1,000円です!
     
    こういうのって記念になるからいいですよね!コースターも良い出来です!
     
     
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
    『京アニ特製紙袋の楽器絵』と『コースター』を並べてみたらこんな感じ!
     
    5個全部付いてくれるのが嬉しいです♪
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてここからは本編の内容を・・・と言いたい所ですが・・・
     
     
    本編見られていない人がいっぱいいると思いますので・・・今回は割愛です! 
     
     
    内容は見てのお楽しみです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ『Mr.T一番のお気に入り』のシーンですが・・・
     
    『唯・澪・ムギ・律』の4人の足のアップの描写動きが細やかだったシーンです! 
      
    ここはパンフレットを見て知ったのですが『山田監督&キャラデザ堀口さん』が実際に演じたものを『演技指導』の資料として使用したようです!
     
    さすが京アニ凝ってますね♪ 
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと予備知識として『けいおん!!』最終回24話『卒業式!』を見ているとさらに楽しさ倍増です! 
     
    『最終回に使ったあの曲って実は・・・』という展開になると思います! 
     
    ラストはグッときます・・・ 
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    ぜひとも多くの人にこの映画を見て欲しいです! 
     
     
    映画版ならではの良さ生かされていますので楽しめると思います!
      
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今日3日からどんどん上映開始されますが・・・
     
    グッズを含め会場を楽しめますし、内容も『けいおん!』らしくコミカルながら温かい内容ですので楽しみにしててください!
     
    これから『お祭り』みたいな感じで盛り上がれそうですね!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

    昨日Jリーグ最終戦34節
     
    浦和レッズvs柏レイソル戦がありました!
     
    前節浦和は『J1残留をほぼ決定』柏の優勝を阻止するため久々にノビノビプレーできる状況でしたが・・・ 
     
     
     
     
    その結果は・・・
     
     
     
    2011Jリーグ・ディビジョン1 第34節(最終戦) 
    浦和レッズvs柏レイソル

    2011年12月3日(土)15:35キックオフ
    埼玉スタジアム

    試合結果
    浦和レッズ1-3柏レイソル

    得点者:29分 ジョルジ ワグネル(柏)、38分 橋本和(柏)、53分 柏木陽介、76分 茨田陽生(柏)
    入場者数:54,441人
     
     
     
     
     
     
    J1優勝がかかった柏に残念ながら負けてしまいました・・・
     
     
    柏の3点ともコーナーキックからの流れからの得点で浦和のセットプレー時の詰めが甘かったです・・・
     
     
    浦和は『したたかさ』が今年は足りませんでした・・・
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    あと浦和が後半1点とって『1-2』になってから柏が焦りだして浦和が同点になりそうな雰囲気でしたが・・・
     
     
    浦和のGK『加藤順大』のやってはならない致命的なミスで3点目を取られて終わってしまいました・・・
     
     
     
    柏の優勝がかかった試合でNHKで全国放送されているのにあのプレーはダメだよ・・・
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    もちろん順大は今シーズン通して頑張ってくれましたし・・・
     
    J1残留に大きく貢献してくれたのを承知で書きますが・・・
     
    あんなプレーしたら一見さんにJリーグのレベルが低いと思われちゃうよ・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    浦和はまだ『天皇杯』が続きますが、GKの加藤順大は罰としてスタメン落ちしないといけないですね・・・
     
    じゃないと優勝争いしていたガンバと名古屋に申し訳なさ過ぎる・・・
     
    Jリーグのためにもあんなプレーした選手を次の試合もレギュラーで使っちゃいけないよ・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    さて今年の浦和はフィンケ監督から引き継いだ『ペトロヴィッチ監督』が途中で辞任してしまったため『J1残留』がすべてでした・・・
     
    なので臨時で途中から監督を引き継いでJ1残留を決めてくれた堀監督には感謝です!
     
    今後もユース監督として『原口元気や山田直輝』のような良い選手を育ててください!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして来年は新監督になると思いますが
     
     
    『ベテランから若手への転換』
     
    『個人技ではなくチームプレー』
     
     
    を徹底して欲しいと思います
     
     
     
     
    あとワシントンやエメルソンといったスーパーなFWがいないのが今のレッズの弱い部分でなかなか大事なところで点が取れませんでした・・・
     
    やっぱりレッズが強いときには『規格外のFW』がいる時なんですよね・・・
     
    マゾーラもデスポトヴィッチもエメやワシに比べるとやっぱり弱いんですよね・・・ 
     
     
     
     
     
     
    なので来年は補強として・・・
     
     
    多少無理してでもスーパーなFW獲得
     
     
     
    を希望したいです!FWが強くなければ優勝争いできないですからね・・・
     
     
     
     
     
     
    そんなことを希望しながら今年度のリーグ戦を締めくくりたいと思います!
     
    今年度も各種参戦お疲れ様でした!
      
    そしてまだベスト8で残っている天皇杯は意地でも狙っていきましょう!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    これでJリーグ日程終了ですが、J2は『FC東京・サガン鳥栖・コンサドーレ札幌』がJ1昇格です!
      
    札幌が土壇場で意地を見せましたね!やっぱり札幌のような大都市のチームがJ1に上がってくるのはいいことです!
    (ってかFC東京も今度ばかりはさすがに空気を読みましたねw)
     
     
    あと鳥栖もとうとうJ1なんですねぇ・・・鳥栖ファンの方おめでとうございます!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    それから震災の影響がありながらベガルタ仙台が4位に!大健闘です!
     
    ベガルタの熱い応援が敵ながら大好きなMr.Tとしては嬉しいです!
     
    本当に今年の仙台は『魂』がこもってました!
     
     
     
     
     
     
    以前ご紹介しました知る人ぞ知るベガルタ仙台の名物サポーター・・・愛称『戦術君』も天国で喜んでいるでしょうね!
     
     
    戦術君は既に亡くなられてしまっていますが『サッカーファンのあるべき姿』とは何か?ということを知ることが出来る方で・・・鳥栖同様信じれば叶わないことはないんですね!
     
     
     
    *クリックすると音声が入ります(ニコニコ動画です)
     
     
     
     
     
     
     
     
    これを初めて見たのは数年前ですが感動の涙がでたのを覚えてます・・・
     
     
    好きなチームを心から応援する・・・あたりまえのことながらそれがいかに尊いかがこのフィルムから伝わってきますよね・・・
     
     
    今後も戦術君のように純粋な気持ちでサポートを続けて行きたいと心から思います!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 99 | newer