Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 601 to 620 of 1967)
(showing articles 601 to 620 of 1967)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 29 | 30 | (Page 31) | 32 | 33 | .... | 99 | newer

    0 0

     
     
     
     
    人気アフィサイトファンの『幻想・依存』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    サイト管理人は自分の力だけで地位を築いたわけじゃない
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    周囲のファンの幻想『祭り上げられる』ことにより・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『タリスマン』や『スプーキーブーギー』になることができた
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて慎也が人気アフィサイトはサイト自身ではなく『ファンが抱く幻想』が人気を作ったことを語るところから始まりましたが・・・
     
     
     
    2012年秋アニメ私的注目度2位『PSYCHO-PASS サイコパス』 第5話『誰も知らないあなたの顔』レビュー!
     
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
     
     
    総監督 : 本広克行
    監督 : 塩谷直義
    シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
    キャラ原案 : 天野明
    制作 : プロダクション I.G
    音楽 : 菅野祐悟
     
     
    OP : abnormalize (凛として時雨)
    ED : 名前のない怪物 (EGOIST)
     
     
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
    狡噛慎也 : 関智一
    常守朱 : 花澤香菜
    宜野座伸元 : 野島健児
    征陸智己 : 有本欽隆
    縢秀星 : 石田彰
    六合塚弥生 : 伊藤静
    唐之杜志恩 : 沢城みゆき
    槙島聖護 : 櫻井孝宏
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    この作品は何といっても・・・
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』監督:本広克行・音楽:菅野祐悟』
     
     
    『魔法少女まどか☆マギカ・Fate/Zero』の『脚本:虚淵玄』
     
     
    『家庭教師ヒットマンREBORN!』の『作者:天野明』
     
     
     
     
    と・・・『普通のアニメ』では組まないであろう異色のスタッフコラボに期待が高まります!
      
     
    『攻殻機動隊』でおなじみのプロダクションIGが製作で、どんな展開になるのか楽しみにしてました♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    5話ですが、前回の人気アフィサイトの主催者『タリスマン』が惨殺される事件の続きです
     
    現実世界でもアフィサイトは『過剰な煽り』で集客し、金儲けをしていますが、同時に過剰が故に『アンチ』も発生する状況・・・
     
     
    金のために何でもするのがアフィサイトで・・・故に多くの人間に怒りを買うのも当然です
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後人気のアフィランク上位で朱の同級生の『スプーキーブーギー』の主催者も惨殺され・・・
     
    『タリスマン』と同じく誰かにハッキングされて未だにネット界にいることが判明・・・
     
     
    ハッキングした犯人逮捕のため朱達はこれらの問題に関連する人物を捜査します・・・ 
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな中、慎也は『犯罪者の心理』を読み、主催者になりきる犯人『サイトのファン』であるこに気づき・・・
     
    人気アフィサイトアクセス常連者を絞り込み・・・主催者死亡以降『リンクしていないファン=主催者になっている』と導き出し犯人を突き止めます! 
     
     
    慎也の『読み』が冴えます!まあ主催者なりきると言うことは『その思考を理解してる人』ではないと無理ですからね・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    結局犯人のアクセス履歴で居場所を特定し・・・
     
    犯人も『サイトに抱いていた幻想』を裏切られながらドミネーターによって消滅させられます・・・
     
     
    人気アフィサイトへの『幻想の歪み』がもたらした事件でした・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで5話終了ですが、アフィサイトの乗っ取り』といえば・・・
     
     
    某アニメ系アフィサイト『乗っ取り事件』を思い出します・・・
     
     
    アフィリエイトは『金』が絡むので・・・いろんな問題が発生するようです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと人気があるが故に・・・期待を裏切った時の反動は大きいですし・・・
     
    サイトの人気を維持し『金』『人』を繋ぎとめるため『煽り』『飛ばし』をして、どんどん『あざといサイト』になっていき・・・
     
     
    最終的には敵がどんどん増えていく・・・魔の連鎖です・・・
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今回の核心は『人気アフィサイトへのファンの依存』でしたが・・・
     
    結局ファンの『偶像』がそのサイトの思考や人気を作り上げてしまうんですよね・・・
     
    ただファン達の意思と違うことを主催者が言い出したときにはサイトで『暴徒化・炎上』・・・何とも特殊な世界です・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私のように趣味でサイトをした方が『何者にも縛られない』で自由に書けますし・・・
     
    勝手に祭り上げられることもないので気軽でいいです
     
    アフィサイトの主催者は今日も信者の機嫌を損ねないような『ゴマすり記事』を作っているようですが・・・それで本当にいいの?
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いろいろと考えさせられる内容でした・・・
     
    オリジナル作品らしい『先の見えない展開』ですし・・・
     
    ラストに慎也の『過去』が描かれたのも気になります!
     
    次回も楽しみです 
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    改めてやっぱりブッチーの脚本は面白いなぁ・・・
     
    改めて実感しました・・・社会システムの矛盾』が描かれてますね
     
    終始引き込まれました・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    放送前に参加した試写会では2話も見ましたが本広克行さんが総監督で参加しているだけあり・・・
     
     
    『踊る大捜査線』でも描かれる『立場の違う人間との葛藤』がさらにキャラを引き立てます!
     
     
    これが2クール続くと思うと・・・嬉しすぎます!
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    あと試写会では本広克行監督や脚本の虚淵さんや声優陣が出てきて『終始和やか』な中で作品を語ってくれましたが・・・
     
     
    何といっても虚淵さんと本広総監督が語ってくれた『IGの金字塔』である『攻殻とパトレイバー』の良さは生かしつつ・・・
     
    前者の作品にある激しいガンアクションは避けようという言葉が印象的でした! 
     
     
    そうした人気作品とは『違う角度』でアプローチしていくというのが面白いアイデアだと感心しました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』でもBGMを担当した菅野祐悟さんの曲も映像とマッチして良い曲ですし・・・
     
    久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクしてます!
     
     
    今後の展開もメチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集                    
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    さて今回は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のお話です!
     
    先ほどまで日本テレビで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が放送されてました!
     
    17日から上映される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開記念でした
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    そして次週は『破』が放送されますが・・・
     
    同時に『Q』の序盤も放送されるとのこと!
     
    今まで情報を抑えてきた分・・・一気に情報開示してきますね 
      
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今日は『Qの一部』が放送されましたが・・・
     
    『眼帯アスカ』や『綾波の顔』が出てましたね
      
    テレビ版ではアスカは『フェードアウト』しましたが・・・『リメイク版』では違う活躍を見せそうですね
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『Q』は17日から公開されますが、今からどんな展開になるのか楽しみです!
     
    『リメイク』ならではの『アニメ版とは違うラスト』を期待してます!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回興味深かったのは『ゴールデンタイムの日本テレビ』で・・・
     
    『規制なしの綾波の裸』を流したことです!
     
    日曜夕方のTBS『マギ』でも規制無しで女性の裸が出しましたし・・・規制緩和に大きな前進ですね
      
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ということは『ToLOVEる ダークネス』でもやろうとおもいえば流せるってことで・・・
     
    それを流さないのは『スタッフの怠慢』
     
    スタッフの交渉次第で規制は外せるのが上の2作品でバレたんですから・・・頑張れよ・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
                 リンク集          
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    理樹が語る『小毬の物語』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    小毬さんも一緒だよ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    僕や鈴たちと一緒に、走り出すんだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だから・・・笑って!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    辛い時も、悲しい時も、
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    僕達が、
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『リトルバスターズ』が一緒だから!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    笑って!陽だまりみたいに!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしたら、『小毬さんの物語』が始まる・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『新しい物語』が!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて理樹が傷心の小毬に対して『仲間を信頼して辛いことを乗り越える勇気』を持って欲しいと伝える・・・
     
    『小毬ルートクライマックス』の場面から始まりましたが・・・
     
     
    私的注目度1位: リトルバスターズ! 第6話『みつけよう すてきなこと』レビュー!
     
     
    ゲームブランド『Key』のビックタイトルがとうとうテレビアニメ化! 
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    OP:Little Busters! (Rita)
    ED:Alicemagic (Rita)
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 巽悠衣子
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は2007年7月ゲームで発売され、歴代のKey作品同様、当然京アニでのアニメ化を期待され続けましたが・・
     
     
    『京アニ』が多忙のためスケジュール予定を組めず・・・
     
     
    最終的には『J.C.STAFF』がアニメ化を射止めました!
     
     
     
    『Kanon』『AIR』『CLANNAD』と京アニ作品で作られましたが・・・今回とうとう違う製作会社に!
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあKey作品では『Angel Beats!』が『P.A.WORKS』で製作され大成功しましたし・・・
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれているようですので楽しみにしてました!
     
    『鍵っ子待望』のアニメ化です!
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、6話は前回からの続きで・・・
     
    小毬が猫の死を見たことで『死んだ兄の記憶』が呼び戻されて、精神不安定になってしまいます・・・
     
    今まで『無意識に封印』してきた記憶は・・・兄との辛い思い出でした・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況を解決しようと理樹は、後日神北小次郎の部屋に行き成り行きを聞くと・・・
     
    以前から小毬は『死』を経験すると兄の記憶が呼び戻され精神不安定になり・・・
     
    数週間で忘れていつもの性格に戻ることを繰り返す症状だと理樹は知ります・・・
     
     
    小次郎も『自分の死』を小毬が知ったら同じことになるのを恐れ、存在を隠すために遠ざけていたんですね・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    その話を聞いた後、寮に戻ってきた理樹は『知らなければ良かった』と悲しがりますが・・・
     
     
    そんな理樹に対し恭介は・・・
     
     
     
     
     
     
     
    知ってしまった以上、逃げることは出来ない!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もし世界が『知りたくもないこと』で溢れているとしたら・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    出来ることは『目をそらすこと』『逃げること』だけなのか?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうじゃないはずだ!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    逃げ出したら何も解決しない!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    と言い、小毬には特別な存在の理樹だからこそ『できることをするべき』だと伝え・・・鈴達も理樹をフォローします! 
     
    辛い時に支えてくれる仲間の温かさ・・・いいシーンですね・・・
     
     
    あとこの言葉は『小毬ルート以降にも続く重要な言葉』なんですよね・・・よくツボを押さえた構成になってます
      
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな恭介のアドバイスを胸に理樹は『小毬の兄が製作した絵本』の続きを書きます
     
    塞ぎこんでしまった小毬の心へ届くように必死に作る理樹・・・
     
    そして頑張る理樹を応援する仲間たち・・・友情ですね・・・
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして翌日絵本は完成し、理樹は小毬へその絵本をプレゼントし・・・
     
    冒頭の言葉にあるように『兄の死』を受け入れた上で、新しい『小毬の物語』を自分達と一緒に作ろうと伝えます
     
    このシーンの小毬役の『やなせなつみ』さんの切ない声と・・・理樹役の『堀江由衣』さんの温かい声がシンクロして・・・
     
    久しぶりに泣けました・・・
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    イメージ 19
     
     
     
     
     
     
    そんな理樹の真摯な声が胸に響いた小毬は・・・
     
    正気に戻り、いつもの陽だまりのような温かい笑顔を見せるようになりました・・・
     
    辛い時も一緒に乗り越える仲間がいる・・・友情は素晴らしいですね・・・
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて6話は小毬ルート完結回でしたが・・・
     
    原作にある『切なさと温かさ』が良く表現できていて・・・
     
    久しぶりに泣けました・・・
     
     
    『小毬ルート』はKeyの都乃河勇人さんのシナリオですが・・・
     
    麻枝准さんをはじめとする『Key』の持つ『切ない演出』をきちんと継承しているのが良く分かりますよね
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    あと切ない場面で流れる『麻枝准』さん作曲の『song for friends』のインストや・・・
     
    リトバスの『重要曲』である『少年たちとの別れ』は心に響きますね・・・ 
     
     
    Key作品が他のゲーム作品と一線を画しているのは『BGMや音楽の旋律や使い方が秀逸』なところもあり・・・
     
    アニメでもそれが生かされてました
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
    次回から葉留佳ルートになりそうですが・・・
     
     
    Mr.Tがゲームでこのルートをプレイしてて『あまりに重く、濃いシナリオ』なので・・・
     
    正直このルートは『アニメ化は無理だろう』と思っていた『葉留佳ルート』どう描いてくるのか・・・JCには超期待してます!
     
    小毬ルートの魅力を上手く引き出したJCですので・・・引き続き頑張ってほしいです
     
     
     
     
    イメージ 15
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回の小毬ルートでも描かれましたが・・・今後、各キャラのシナリオに行く時に・・・
     
    学園生活の『楽しさ』や『友情』最後の支えになるので・・・今後も何気ない日常が重要な意味を持ちます
     
    小毬ルートも鈴や唯湖の介抱のシーンなどかなり丁寧に描いてくれていて凄く良い構成だと思います 
     
     
    イメージ 17
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の『小毬ルート』で感動された方は・・・
     
    今後あるであろう『リフレイン』でその何倍も泣けるシーンがあると思いますので・・・期待して待っていてください!
     
     
    今回の『小毬や理樹や鈴』の友情を・・リフレインは『別目線』で見せてくれます
     
     
    『Key作品の奥深さ』を・・・後ほどじっくり堪能して下さい
     
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    記事や放送で感じたことや思ったことなど、何でもいいですのでお気軽にコメントして下さい
     
    参考にさせていただきます
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     
     

    0 0

      
     
    感想 : 今回は『モルジアナ』メイン回でしたが・・・
     
    終盤の戦闘シーンのキレは秀逸でした!
     
    マギを見始めて、今回初めて『伊達に日5背負ってないな』と感心しました
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『マギ』第6話『戦闘民族ファナリス』感想です!
     
    『日5枠』では初の週刊連載漫画原作のアニメ作品で・・・
     
    『小学館創業90周年記念企画』大看板を背負っている作品です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回6話にして初めてこの作品を取り上げようと思ったのは・・・
     
    何といっても『モルジアナ』の戦闘シーンが秀逸だったからです!

      
    動きと良い間合いと良い・・・さすが日5アニメだと思いました!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に『モルジアナ』が『ふわっ』と飛び立つ一連のシーンは・・・
     
    キャラの動きが自然で鳥肌モノでした!

      
    『静と動』のメリハリが効いてました
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の絵コンテ『マスターキートン』『MONSTER』監督『小島正幸』さんだったんですね・・・ 
     
    やっぱり実力者がコンテを切ると見栄えが全然違います!
     
     
    それと同時にこういう実力者を揃えられるA-1とアニプレの凄さを見せ付けられた気がしました・・・
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今回で『モルジアナ』のキャラ立ちもしましたし・・・
     
    今後も視聴したいと思います
     
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だからこそ『乃木坂46』のED『マギ』の全てを台無しにしちゃっているのが残念でなりません・・・
     
    これ1話から言ってますが・・・これほどストーリーや展開にあわないEDを聞いたのは久しぶりですし・・
     
    せっかくの作品の余韻を全てふっ飛ばしちゃうんですよね・・・
     
    安易な歌手設定はやめたほうがいいのが今回の件で良く分かりましたし・・・逆効果なことも製作サイドは知ったほうが良いと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『ホライゾン』みたいに特殊EDを用意すれば解決する話なのに・・・
     
    『乃木坂』との権利関係かなぁ・・・
     
    改善に期待したいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    記事や放送で感じたことや思ったことなど、何でもいいですのでお気軽にコメントしていって下さい
     
    参考にさせていただきます
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
     
    感想 : 今回は『1~5話』の総集編『キャラ&戦車』の紹介でしたが・・・
     
    今まで戦車知識がほとんど無い中で見てきたので参考になりました!
     
    これでさらに展開を楽しめそうで良い総集編でした!
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    ガールズ&パンツァー 第5.5話『紹介します!』レビュー
     
     
    『じょしらく』の水島努監督と『ストパン』スタッフが集結した『学園軍事モノ』のオリジナルアニメ!
     
      
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:水島 努
    構成・脚本:吉田 玲子
    キャラ原案:島田 フミカネ
    キャラデザ・総作監:杉本 功
    考証・スーパーバイザー:鈴木 貴昭
    キャラ原案補佐:野上 武志
    アニメ制作:アクタス
    音楽:浜口史郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    内容としては『少女×戦車』作品で・・・
     
    水島努監督のセンス『ストパンスタッフ』の『島田フミカネ・鈴木貴昭』さんなどがどうコラボするのか楽しみにしてました!
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、5.5話は『総集編』でしたが・・・
     
    みほと優花里がナビゲーターとなって物語を紹介します
     
    2人の掛け合いは良い感じでした
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    で、今回良かったのは・・・各戦車の『特徴』が紹介されたことです!
     
     
    戦車毎に個性が全然違うんですねぇ!だからこそ戦略が生まれますし・・・奥が深い!
     
    あと大洗女子の戦車は『多国籍軍』なのがよくわかります
     
     
    ドイツや日本などいろんな国の戦車が集まってがありますね
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと親善試合の『グロリアーナ』との戦いですが・・・
     
    敵の装甲が厚いから、みほは市街地で接近戦に持ち込んだんですね!みほはそういう選択をしたんだ・・・
     
    だから最後の1対1は『装甲vs速さ』の戦いになったんだ・・・解説があるとさらに面白いです!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして1回戦の相手『サンダース』取ってきた作戦は・・・
     
    豊富な物量に物を言わせた『各個撃破』
     
    『通信傍受のスパイ』作戦
     
     
    まさに『アメリカらしい戦い方』でしたね
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
    キャラ紹介編では私的に『生徒会チームの杏と桃』が好きなので良い感じでした!
     
    福圓さんと植田さんの声はキャラに合ってますし・・・魅力があります
     
    生徒会チームの今後の活躍が楽しみです
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    それから『麻子』の少し抜けた性格も好きです!
     
    『朝が弱い』というのが難点ですが^^;・・・
     
    すぐに運転を覚えるあたりのセンスに魅力を感じますし今後も期待です!
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今まですごく気になってたキャラが紹介されましたが・・・
     
    別に『聞き上手』じゃなくて『上の空』な気がするんですけどね^^;
     
    この子が今後活躍したら・・・それはそれでドラマ性があっていいですけどね^^;
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで5.5話終了ですが・・・
     
     
    作品のクオリティが高いこともあって製作も大変そうですし・・・
     
    ちょうど戦車や登場人物をもっと把握しておきたいと思っていたのでいいタイミングでした
     
    あと新規の人もこの総集編で追いつけるので優しい設定です
     
     
    それとEDって4つのバージョンがあって凝ってますね♪
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと水島努監督の『初・オリジナルアニメ』なこともあり・・・
     
    『じょしらく』に続き『こだわりの作品作り』は健在です!
     
    『じょしらく』に続き面白いアニメを連続して作るのは凄いですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    来週からはサンダース編後編ですが、まだサンダース有利な中、みほがどういう戦術を出してくるのか楽しみです
     
    水島努監督の手腕にも期待してます 
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2012年秋アニメは『リトバス』や『サイコパス』をはじめとするビックタイトル話題作が多いので、注目度的には高くないのかもしれませんが・・・
     
    1話から5話を見て『オリジナリティ』を感じましたし・・・何度も繰り返してみるほど『内容』も素晴らしいです!
     
    今後もこの作品の良さの『細かい描写』を大切に描いて欲しいと思いました!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    今回は『さくら荘のペットな彼女』についてお話のですが・・・
     
     
    原作では『お粥』だったのが・・・アニメでは韓国料理の『サムゲタン』に改変されたことがニュースになってました・・・
      
     
     
    正直原作改変してまで韓国料理を出す意味がわかりません・・・
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tの私的な感想ですが・・・病人に『サムゲタン』食わせるという発想はまったく出てこないんですけど・・・
     
    日本人なら病人食は『お粥』がスタンダードですし、実際原作でも『お粥』のようですし・・・
     
    何か『恣意的』に変えられたとしか思えないんだよなぁ・・・
     
    日本で『病人食』に関する街頭アンケートしたら7割くらいは『お粥』と答えると思いますよ
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも今の日本と韓国は国家間は・・・
     
    韓国の李明博大統領『天皇陛下の訪韓には謝罪が必要』と発言したり・・・
     
    オリンピック三位決定戦『日本対韓国』試合後に韓国の選手が『竹島領土問題』のプラカードを持ったり・・・ 
     
    政治的に非常に『ナイーブ』な状況なのに原作改変してまでやる必要なんてないよ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか製作スタッフは誰も指摘しなかったんですかね?
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    アニメに『政治』を持ち込まないようにして欲しいですし・・・
     
    原作を大事にしないのなら・・・アニメ化そのものの意義を考えないといけないですね
     
    原作改悪をした見解を是非とも聞いてみたいです
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    製作サイドは今回の改変でこんな展開になると思わなかったのかな?
     
     
    だったらかなり『思慮が浅い』と言わざるを得ません・・・
     
     
    誰も得をしない展開で、せっかくレベルの高い作画で頑張ってるんですから・・・
     
    原作改悪など余計なことで現場の足を引っ張らないようにして欲しいです
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    記事や放送で感じたことや思ったことなど、何でもいいですのでお気軽にコメントしていって下さい
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     

    0 0

     
     
     
     
    感想 : 久しぶりに『ダーク虚淵』全開で・・・
     
     
    『背筋がゾクゾク』する展開でした・・・
     
     
    人間の『絶望』の見せ方が独特で・・・
     
     
     
     
    虚淵さんらしさが出てました
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2012年秋アニメ私的注目度2位『PSYCHO-PASS サイコパス』 
     
    第6話『狂王子の帰還』レビュー!
     
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
     
     
    総監督 : 本広克行
    監督 : 塩谷直義
    シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
    キャラ原案 : 天野明
    制作 : プロダクション I.G
    音楽 : 菅野祐悟
     
     
    OP : abnormalize (凛として時雨)
    ED : 名前のない怪物 (EGOIST)
     
     
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
    狡噛慎也 : 関智一
    常守朱 : 花澤香菜
    宜野座伸元 : 野島健児
    征陸智己 : 有本欽隆
    縢秀星 : 石田彰
    六合塚弥生 : 伊藤静
    唐之杜志恩 : 沢城みゆき
    槙島聖護 : 櫻井孝宏
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    この作品は何といっても・・・
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』監督:本広克行・音楽:菅野祐悟』
     
     
    『魔法少女まどか☆マギカ・Fate/Zero』の『脚本:虚淵玄』
     
     
    『家庭教師ヒットマンREBORN!』の『作者:天野明』
     
     
     
     
    と・・・『普通のアニメ』では組まないであろう異色のスタッフコラボに期待が高まります!
      
     
    『攻殻機動隊』でおなじみのプロダクションIGが製作で、どんな展開になるのか楽しみにしてました♪
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、6話は前回慎也が『監視官』だったことが明かされた続きですが・・・
     
    慎也は同僚を『惨殺』されたことで犯罪指数が上がってしまい・・・それが原因で執行官に格下げになったようです・・・
     
     
    同僚がおもちゃのように惨殺される・・・也の絶望を思うと辛いですね・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてその事件と関わりがある事件が起きますが・・・
     
    とある学校で瑠華子という少女葦歌という少女を秘密裏に『標本』にして殺してしまう事件が発生・・・
     
     
    しかも慎也の時の事件と同じく『黒幕』が瑠華子の犯罪を手助けした模様・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    6話は慎也が『監視官時代』に起きた事件の関連で話が進みましたが・・・
     
    『標本』の描き方といい・・・虚淵さんのダークさが良く出てましたね・・・
     
     
    『fate/zero』のキャスター『まどか☆マギカ』のマミのシーンを思い出すような『ゾクゾク感』がありました・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    イメージ 11
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば以前『虚淵玄さん特集』で話をしましたが・・・
     
    『Fate/Zero』は『刺激物』として他のアニメとは一線を画す作品にしたかったといってましたが・・・今回の『サイコパス』も同じだと思いました! 
     
    虚淵さんらしい考え方だと思いました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと犯人の瑠華子役は坂本真綾さんでしたが・・・
     
    『狂気と美しさ』を両方持つ女性を上手く演じていますね・・・
     
     
    『空の境界』では式として『猟奇的殺人犯』を仕留める役ですが・・・今回はその逆というのも面白いです
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いろいろと考えさせられる内容でもあり・・・今後が気になる作品です!
     
    オリジナル作品らしい『先の見えない展開』なので期待してます 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    改めてやっぱりブッチーの脚本は面白いなぁ・・・
     
    改めて実感しました・・・社会システムの矛盾』が描かれてますね
     
    終始引き込まれました・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    放送前に参加した試写会では2話も見ましたが本広克行さんが総監督で参加しているだけあり・・・
     
     
    『踊る大捜査線』でも描かれる『立場の違う人間との葛藤』がさらにキャラを引き立てます!
     
     
    これが2クール続くと思うと・・・嬉しすぎます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと試写会では本広克行監督や脚本の虚淵さんや声優陣が出てきて『終始和やか』な中で作品を語ってくれましたが・・・
     
     
    何といっても虚淵さんと本広総監督が語ってくれた『IGの金字塔』である『攻殻とパトレイバー』の良さは生かしつつ・・・
     
    前者の作品にある激しいガンアクションは避けようという言葉が印象的でした! 
     
     
    そうした人気作品とは『違う角度』でアプローチしていくというのが面白いアイデアだと感心しました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』でもBGMを担当した菅野祐悟さんの曲も映像とマッチして良い曲ですし・・・
     
    久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクしてます!
     
     
    今後の展開もメチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集                    
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 世界よ、これが『ジャパニメーション』だ!
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    世界中どこ探しても・・・
     
    このハイクオリティな戦闘シーンを作れるのは日本だけです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『Q』の素晴らしい映像を見て、思わず感動で『アメリカのアノ映画』への返答をしてみましたが^^;・・・
     
    今回日本テレビで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』全編『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』冒頭6分間が放送されたお話です!
     
     
    17日から上映される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開記念でした
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『破』のラスト後が描かれる『Q』ですが・・・
     
    いきなりアスカとマリの戦闘シーンでした!
     
    『Q』は冒頭からいきなり『エネルギー全開』で素晴らしいですね!惚れ惚れします・・・ 
      
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと『破』のラストから『Q』冒頭別のシーンに移ったということとアスカが眼帯で生きているということは・・・
     
    『破』のラストの後、だいぶ立ってからの戦闘のようですね!
      
    アスカもテレビ版では『フェードアウト』しましたが・・・『リメイク版』では違う活躍を見せそうで嬉しいです!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    それとアスカのスーツの胸の辺りが『ガムテ』みたいので繋いであるのを見ると・・・
     
    『急造』でこしらえたものなのかな?
      
    ネルフ側も代替が利かないほどかなり追い詰められている中での戦闘なのかな?
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなことを思いながら、『Q』は17日から公開されますが、今からどんな展開になるのか楽しみです!
     
    Mr.Tも朝一で見に行きますが、『リメイク』ならではの『アニメ版とは違うラスト』を期待してます!
     
     
     
    レビューもしますのでお楽しみに!
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    やっぱり日本のアニメのレベルはとんでもないですね!
     
    アメリカのCGが素晴らしいといっても・・・こんなことはできないよ・・・
     
    日本の誇る文化ですし・・・今後もこの文化をどんどん生かせる環境になって欲しいです!
      
     
     
     
     
                 リンク集          
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    今回は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のお話です!
     
    とうとう今日11月17日(土)から上映開始され、Mr.Tは“MOVIX川口”初日1回目(9時~)で見てきました!
     
     
    待ちに待った続編!メチャクチャ楽しみにしてました♪
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    早速レポですが、劇場に入りまずパンフレットとグッズを購入!
     
    パンフレット2種時計やペンなどをゲット!
     
     
    やっぱりファンはこういうグッズに惹かれるんですよねぇ♪
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみにパンフレット『Q特化版』『Q&同時上映の巨神兵』2種に分かれてます!
     
    こちらは『Q特化版』
     
    出演声優さんのインタビューがかなり詳しく載ってます!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    こちらは『Q』と『巨神兵東京に現わる 劇場版』の両方が載っているもの!
     
    Qの情報は普通巨神兵映画版の情報が載ってます
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    ファンなら両方買ったほうが良いと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてここからは本編の内容を・・・と言いたい所ですが・・・
     
     
    本編見られていない人がいっぱいいると思いますので・・・今回は割愛です! 
     
     
    内容は見てのお楽しみです! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ『Mr.T一番のお気に入り』ですが・・・
     
    何といっても『リメイクならではのアニメ版とは違うラストの展開』です!
     
    意外な展開で『こう来たか~!』と驚かされました!
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ぜひとも多くの人にこの映画を見て欲しいです! 
     
     
    映画版ならではの良さ生かされていますので楽しめると思います!
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここから先は『ネタバレあり』なので・・・
     
    映画を見た人だけ読んでください!
     
     
    見ていない方はまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まさか『Q』の世界『ネルフvs反勢力』になって『破』のラストで発生した『サードインパクトから14年経過』しているとは・・・ビックリしました!
     
     
    テレビ版とはだいぶ舞台を変えてきましたね
     
    昨日テレビで『Qの冒頭6分』が放送されましたが・・・そういうことだったんだ・・・
     
     
    リメイクらしい斬新な展開で思わず見入っちゃいました!あとミサトさんカッコよかったです!
     
      
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから『反勢力』が乗っている戦艦が『ナディア』の『ノーチラス号』のようだったのも『繋がり』を見た気がしました!
      
     
    で、繋がりといえば今回同時上映の『ナウシカ』の『巨神兵』が起こした『火の七日間戦争』とエヴァもリンクしましたし・・・
     
    冒頭の二号機による『ヴンダー起爆シーン』『トップをねらえ!』のラストの『起爆シーン』と重なって見えましたし・・・
     
    それぞれの『庵野作品』との繋がりを語ろうと思えば3時間は語れます! 
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最大のサプライズといえば・・・
     
    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に続くことです!
     
    『序・破・Q』の3部作だと思っていたので驚いたのと同時に・・・続くのが嬉しいです! 
     
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    気になるのは題名が『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『ヱヴァンゲリヲン』ではなく『テレビ版の名前』になっていることと・・・
     
    パンフのミサトさんの次回予告『最後まで』と言う言葉があり・・・
     
    『序・破・Q・シンエヴァンゲリオン』の4部作ではないかと取れるんですよねぇ・・・ 
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかも題名の最後に戻って反復する』という演奏記号があるので・・・
     
    再び『ループする』という意味なのかなぁ・・・
     
    『シンジが幸せになる』までずっとループが続くのかなぁ?・・・意味深ですねぇ・・・
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして『シン』『新』とも『真』とも取れますし・・・
     
    テレビ版の『真のラスト』として『リンク』させてくるのかな?
     
    題名だけでもいろんなことを語れますし・・・本当にこの作品は新旧比較を『語りたい』映画なんだと思いました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    今回の記事や映画で感じたことや思ったことなど、お気軽にコメントしていって下さい!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    葉留佳が語る『心の闇』
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私なんかが直したんじゃ・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    二木佳奈多は認めないかもしれないけど・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私なんか・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    誰からも信用されてないから・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さていつも明るく振舞う葉留佳が理樹へ『佳奈多との溝』と『心の闇』を伝える場面から始まりましたが・・・
     
     
    私的注目度1位: リトルバスターズ! 第7話『さて、わたしは誰でしょう?』レビュー!
     
     
    ゲームブランド『Key』のビックタイトルがとうとうテレビアニメ化! 
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    OP:Little Busters! (Rita)
    ED:Alicemagic (Rita)
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 巽悠衣子
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は2007年7月ゲームで発売され、歴代のKey作品同様、当然京アニでのアニメ化を期待され続けましたが・・
     
     
    『京アニ』が多忙のためスケジュール予定を組めず・・・
     
     
    最終的には『J.C.STAFF』がアニメ化を射止めました!
     
     
     
    『Kanon』『AIR』『CLANNAD』と京アニ作品で作られましたが・・・今回とうとう違う製作会社に!
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあKey作品では『Angel Beats!』が『P.A.WORKS』で製作され大成功しましたし・・・
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれているようですので楽しみにしてました!
     
    『鍵っ子待望』のアニメ化です!
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、7話は『葉留佳ルート』の導入部・・
     
    理樹が葉留佳を『リトルバスターズ』へ誘います!
     
    とにかく頭数を集めるために練習に誘う理樹
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただ葉留佳は遅刻や学校での態度の悪さで風紀委員に目を付けられていて・・・
     
    練習をする前に風紀委員に連行されてしまいます・・・
     
     
    かなりの問題児のようです・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなことがあった後日、真人がバトル中に机を壊してしまったため、風紀委員の二木佳奈多が弁償させると言ってきましたが・・・ 
     
    壊れた机を直したのは整備委員の葉留佳でした・・・
     
    そんな葉留佳に、理樹は『本当は優しくて気遣いができる子』なことに気づきます
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかし『自販機』の前を理樹と葉留佳が通り過ぎようとした時に風紀委員の佳奈多が現れ
     
    『自販機』を葉留佳が不正に操作して飲み物を盗んだと因縁をつけてきます
     
    葉留佳はそんなことをしていないと言いますが、日ごろの行いが悪いことで一方的に目を付けられます・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況を見た理樹は何もしていないと言っている葉留佳を信じ・・・
     
     
    途中から合流した真人や鈴たちとジュース代を弁償して佳奈多を助けます
     
     
    その理樹達の好意に、冒頭の言葉のように『誰からも信用されていない』と悲観していた葉留佳は心から感謝します・・・
     
    良いシーンですね・・・
      
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後は葉留佳が『リトルバスターズ』の入団テストとして『グローブの感想』を恭介聞かれ・・・
     
    『青春の匂い』と答え・・・合格!
     
    良い表現ですね・・・これで晴れてメンバーに!
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    さて7話は葉留佳ルート導入回でしたが・・・
     
    理樹の優しさが心に響きました・・・
     
    ただ『佳奈多との関係』『誰からも信用されない』と悲観す葉留佳の言葉が気になりますね・・・
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに次回はクドのルームメイト探しになりそうですが、原作の『葉留佳ルート』『クドルート』城桐央さんがシナリオを作っているのですが・・・
     
    Mr.Tがゲームでこの2つのルートをプレイしてて『あまりに重く、濃いシナリオ』ので・・・
     
    正直この2つのルートは『アニメ化は無理だろう』と思っていたので、描いてくるのか・・・JCには超期待してます!
     
    前回小毬ルートの魅力を上手く引き出したJCですので・・・引き続き頑張ってほしいです
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後、各キャラのシナリオに行く時に・・・
     
    学園生活の『楽しさ』や『友情』最後の支えになるので・・・今後も何気ない日常が重要な意味を持ちます
     
    かなり丁寧に日常を描いてくれていて凄く良い構成だと思いますし今後も期待です!
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    記事や放送で感じたことや思ったことなど、何でもいいですのでお気軽にコメントして下さい
     
    参考にさせていただきます
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     
     

    0 0

     
    今回は11月18日に『渋谷DUO』で行われました・・・
     
    『やなぎなぎ』さんのライブ『little triangle』レビュー♪
     
    今回初めて生のやなぎなぎさんの歌声を堪能してきました!
     
      
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『やなぎなぎ』さんですが、『supercell』の『nagi』名義で『君の知らない物語』を歌われたり・・・
     
    『麻枝准』さんとのコラボアルバム『終わりの惑星のLove song』を歌われたり・・・
      

    私的に大好きなアーティストなので・・・一度でいいので生の歌声を聞いてみたいと思っていたので参加できて嬉しかったです!

     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて17時になり開演ですが今回のセットリストは・・・
     
     
    セットリスト
     
     
    01.ambivalentidea
    02.concent
    03.halo effect
    04.ラテラリティ
    05.真実の羽
    06.ice
    07.うちゅうひこうしのうた
    08.link
    09.ビードロ模様
     
     
     
    ~アンコール~
     
     
    10.ブラックロックシューター
    11.深淵 
     
     
     
     
     
    というセットリストになり・・・『やなぎなぎ』名義メジャーシングルを中心として・・・
     
    『アップテンポな曲』から『しっとりとした曲』までやなぎなぎさんの魅力的な歌声を聴くことが出来ました!
     
    ファン層もやなぎなぎさんの歌声を象徴するように、結構『落ち着いた』感じの方が多かったのが印象的でした
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回良かったところをピックアップしますと・・・
     
    1.『ビードロ模様』は本当に良い曲!
     
      
    『あの夏で待ってる』の感想でも書きましたが『EDの入り方が上手い作品』なのもあって、この曲が印象深くなりました・・・
     
     
    ちなみに作曲編曲はKey作品『リトルバスターズ』OPの編曲などをされている『I'veの中沢さん』で・・・
     
    耳なじみがある上にポップな曲調なのも心地よいです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとこの曲は作詞もやなぎなぎさんなんですが・・・
     
    作詞能力の高さも特筆モノです!特にサビの
     
     
     
     
     
    雲の形 突き抜ける
     
     
     
     
    想いの衝動描く
     
     
     
     
    漂う真夏の香りに 何度も思い出してる
     
     
     
     
     
     
     
     
    誰か触れた 軌跡だけ
     
     
     
     
     
    夕立のように ぽつりと色が染み出していた
     
     
     
     
     
     
    という所は素晴らしい表現ですね!
     
     
    『Key』の麻枝准さんや『supercell』のryoさんといった稀代の作詞作曲家に才能を認められているだけあって・・・
     
    歌声と相まって素晴らしい能力だと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2.坂本真綾さんが歌う『うちゅうひこうしのうた』『ライブ限定』でカバー!
     
     
    今回『カバー曲』はまさかの『坂本真綾さん』の曲!
     
    真綾さんの歌声も最高ですが、やなぎなぎさんが歌うと違う魅力があって最高でした・・・これぞ『ライブならでは』ですね
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    3.アンコール明けの『ブラックロックシューター』に鳥肌! 
     
     
    特別に『supercell』の『nagi』として1曲歌ってくれることになり・・・
     
    曲名を言わずに歌うことになったのですが・・・
     
     
     
     
     
     
    ブラックロックシューター
     
     
     
     
     
    何処へ行ったの?
     
     
     
     
     
     
    聞こえますか?
     
     
     
     
     
     
     
    の出だしで会場が『歓声』に変わったのが印象的でした!
     
    『やなぎなぎ』から『nagi』に変わった瞬間・・・背筋がゾクゾクしました!本当に良い曲でした・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    4.やなぎなぎさんの感謝の手紙が心に響く
     
    今回来場者全員に『手紙』のような形で挨拶をしてくれましたが・・・『音楽とファンに感謝』しているのがよく分かり感動しました・・・
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    本当に素敵なライブでした♪
     
     
     
    アットホームな雰囲気のライブですごく癒されましたし元気をもらえました!
     
     
    ライブは『一期一会』ですからね!一緒に楽しんだファンの皆さんにも感謝です! 
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今回は『やなぎなぎ』名義なので『supercell』や『麻枝さんとのコラボ曲』はほとんど歌われなかったですが・・・
     
    これは『著作的なもの』なのかな?
     
    もしそうだったら仕方が無いですが・・・そういうのが関係ないのであれば・・・
     
    次回ワンマンライブが開催される時には・・・いろんな楽曲を聴いてみたいと思いますので・・・ぜひとも検討して欲しいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そうそう!あと来週の『ANIMAXライブ』でもやなぎなぎさんが歌われるようですので・・・
     
    生の歌声を聞きたい方は是非とも参加してみてください!
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    今回は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のお話です!
     
    17日から上映開始され、公開2日間の興行収入が約11億3100万円となり・・・
     
    今年公開された映画のオープニング記録で首位に立ったとニュースに出てました!
     
     
     
    たった2日間11億・・・凄すぎ・・・
     
     
     
     
    1995年にテレビ放送が開始されてから17年経っても変わらない『エヴァブランド』の凄さを感じましたた
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに今回売り上を押し上げた要因として、安い前売りではなく『当日券が売れた』と出ていましたが・・・
     
     
    これは日本テレビでゴールデンタイムに『序・破・Qの冒頭』を放送したことによる『連動』が関連していると思います
     
     
    テレビで『序・破・Qの一部』を見た人が『続きを見たい!』と思った人は大勢いると思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『地上波のゴールデンタイム』に流す映画は、『慈善事業』ではないので『確実に数字が取れる映画』でないと流せないですし・・・
     
     
    それだけでも『エヴァ』が一般の人にも認知されている『ブランド』ということの証明だと思います!
     
    同時に『日本テレビ』が『エヴァのブランド力』を生かした上手い手法だったと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして以前特集しました『ブランド力』があることにより製作スタッフは余裕を持って自分の作りたい映画を作れますし・・・
     
     
    その高い技術が巡り巡って、将来日本アニメのレベルをさらに押し上げる・・・素晴らしい循環だと思います!
     
     
    日本のアニメ界にとって素晴らしい流れをエヴァは作っていると思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それに対し昨今『深夜アニメ』の『映画化』が多く行われていますが・・・ 
     
     
    『エヴァ』のような『一般人を巻き込んでのムーブメント』には構造上ならないんですよね・・・ 
      
     
    それは『深夜放送』は見る人も限られますし・・・
     
    『エヴァ』のようにゴールデンタイムでテレビ局と大規模なタイアップをしない限り、2日間で11億を売り上げるような大きなムーブメントを起こすのは難しいです・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとはエヴァがテレビ放送されて17年経ちますが、結局この作品を超える次の波が来ないのもありますし・・・
     
     
    今後この作品を越えるような『一般人を巻き込んだアニメ』が出てくるのか気になりますね
     
     
    深夜アニメも大事ですが・・・日本のアニメ業界の方には『エヴァ』を超えるオリジナルアニメをぜひとも作って欲しいですし応援してます
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ   
     
     
     
     
     
     
    そういえ以前『オリジナルアニメ』を特集した際にも思ったのですが・・・
     
     
    『異世界モノやSFモノ』のオリジナル作品を作るのであれば既存の作品の『パラレルワールド』作品を作ったほうが世界観の入りやすさは敷居が下がりますし・・・ 
     
     
    原作付き作品では得られない『先の読めない展開』も同時に獲得できると書きましたが・・・まさに『ヱヴァンゲリヲン』には当てはまると思います!
      
     
    これはあくまで私的な意見ですが・・・『パラレルワールド』であればその作品が好きな人でも初めて見る人でも平等になりますし・・・
     
    そういう意味でも構成が上手い作品なのだと感じました
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    今回の記事や映画で感じたことや思ったことなど、お気軽にコメントしていって下さい!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
     
     
    感想 : 今回は地形を生かした『稜線射撃』が勝敗を分けました!
     
     
    あと華の提案を一瞬のうちに『総合的に判断』し即座に採用した・・・みほの『判断力・思考力・行動力』が良く分かる回でした
     
     
    戦闘に限らず『トップの決断』で組織は大きく変わりますので・・・隊長としてのみほの『組織を生かす力』は素晴らしい能力だと改めて感じました
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
      
    ガールズ&パンツァー 第6話『一回戦、白熱してます!』レビュー
     
     
    『じょしらく』の水島努監督と『ストパン』スタッフが集結した『学園軍事モノ』のオリジナルアニメ!
     
      
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:水島 努
    構成・脚本:吉田 玲子
    キャラ原案:島田 フミカネ
    キャラデザ・総作監:杉本 功
    考証・スーパーバイザー:鈴木 貴昭
    キャラ原案補佐:野上 武志
    アニメ制作:アクタス
    音楽:浜口史郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    内容としては『少女×戦車』作品で・・・
     
    水島努監督のセンス『ストパンスタッフ』の『島田フミカネ・鈴木貴昭』さんなどがどうコラボするのか楽しみにしてました!
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、6話は『1回戦のサンダース戦』の続きで・・・
     
    冒頭はサンダースが『通信傍受』をしているのを見抜いたみほが、サンダースを『偽情報』で誘き出し1輌倒すところから!
     
    まずはみほの『機転』が生きます
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
    ここでサンダースの隊長のケイは『通信傍受』していたことを恥じ、『正々堂々』戦うため、10輌から大洗と同じ5輌と同数にし・・・
     
     
    傍受失敗したアリサ隊1輌とケイ達4輌で、大洗の5輌を挟み込みます!
     
     
    ケイ達の作戦にハマり、追い詰められる大洗・・・
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかもサンダースには主力の『シャーマン』以外に火力のある『ファイアフライ』がいて大洗の2輌を破壊します・・・
     
    『ファイアフライ』はイギリスが国産の17ポンド対戦車砲アメリカ合衆国製のM4シャーマンに搭載した複合戦車とのこと!
     
    『シャーマン』に特殊パーツつけるとか・・・昔の人は戦況に応じて色々と改良していたんですね
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そのため『大洗3輌:サンダース5輌』で、なおかつサンダースの『ファイアフライ』で狙い撃ちされ大洗の圧倒的不利の状況で・・・
     
    華が『敵フラッグ車』を倒せば勝てるので、丘に登り『稜線射撃』をすることを提案し・・・
     
    隊長のみほは『長所と欠点』を見極めたうえで、華の提案を採用し1輌だけ丘を登ります!
      
    このまま消耗戦をしても勝てないと判断したみほは『華の射撃力』に全てを託します!
     
     
     
    丘を登ったみほ達を『ファイアフライ』が追いかけ・・・
     
    もしみほ達が敵のフラッグ車を倒せなければ、『ファイアフライ』がみほ達を倒し、その後易々と大洗のフラッグ車を丘の上から狙い撃ち・・・
     
     
    みほ達の射撃チャンスは『1回だけ』ですし、この1回で勝負は全て決まります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして最後は『乾坤一擲』で華が射撃すると・・・
     
    サンダースのフラッグ車に命中し、大洗の勝利!
     
    『諦めない心』が勝利を呼び込みます!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで6話終了ですが・・・
     
    華の提案をみほが生かした回でした!
     
    圧倒的不利でも戦略一つで大きく変わるのが今回良く分かりました
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『稜線射撃』について詳しく載っているサイトがあったので見てみたのですが・・・
     
     
    山がちで起伏が激しい日本の地形を利用し、起伏の手前側に陣地をつくり射撃をするという手法で・・・
     
    まさに『日本の地形を生かした戦い』なんですね・・・勉強になります
     
     
    戦車って『平地』でしか生きないと思っていましたが・・・逆に起伏が激しい日本だからこそ戦える戦略もあるんだなぁ・・・と感心しちゃいました
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと水島努監督の『初・オリジナルアニメ』なこともあり・・・
     
    『じょしらく』に続き『こだわりの作品作り』は健在です!
     
    『じょしらく』に続き面白いアニメを連続して作るのは凄いですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次回2回戦のようですが、今回ラストで麻子のおばあが倒れたりと波乱が予想されますし・・・
     
    今後の展開が気になります! 
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2012年秋アニメは『リトバス』や『サイコパス』をはじめとするビックタイトル話題作が多いので、注目度的には高くないのかもしれませんが・・・
     
    作品に『オリジナリティ』を感じましたし・・・何度も繰り返してみるほど『内容』も素晴らしいです!
     
    今後もこの作品の良さの『細かい描写』を大切に描いて欲しいと思いました!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は勇太と六花の『距離』がさらに近くなる重要な回でしたが・・・とても上手く仕上がっていた思います
     
     
    その重要な回の絵コンテ・演出を任されたのは新鋭の『太田里香』さんでしたが・・・
     
    途中の『挿入歌』の入れ方『電車の中の映りこみ』などにセンスの良さを感じました!
     
     
    どことなく『高雄統子』さんに影響を受けている感じがしますし・・・京アニは良い演出家が育っているなぁと感心しました
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位: 中二病でも恋がしたい! 8『二人だけの…逃避行(エグザイル)』レビュー♪
     
     
    『第1回京都アニメーション大賞奨励賞』を受賞した作品のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作 : 虎虎
    イラスト : 逢坂望美
    監督 : 石原立也、
    シリーズ構成 : 花田十輝
    キャラデザ・総作画監督 : 池田和美
    アニメーション制作 : 京都アニメーション
    音楽 : 虹音
     
     
    OP : Sparkling Daydream (ZAQ)
    ED : INSIDE IDENTITY (Black Raison d’etre)
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
     
    富樫勇太 : 福山 潤
    小鳥遊六花 : 内田真礼
    丹生谷森夏 : 赤千夏
    五月七日くみん : 浅倉杏美
    凸守早苗 : 上坂すみれ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今期京アニが選んだのは『自社が発掘した作品』となりました
     
     
    製作陣は『石原監督&キャラデザ:池田和美さん』ってKey作品の『CLANNAD』と同じです
     
     
     
    ちょうど『Keyのリトバス』が放送されてますので・・・いろんな意味で対比される作品ですw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、8話『六花』が何故『中二病』になったかの秘密が明かされる回でしたが・・・
     
     
    六花は家族の問題で『どうしても受け入れられない現実』を回避するために『自分の世界を作っていた』ようです・・・
     
     
    大人の理屈で頭の中を整理できなかったが故に中二病・・・そういうことだったんですね・・・ 
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして六花は傷心のまま一人で家に帰ろうと電車に乗りますが・・・
     
    勇太が追いかけて六花をなぐさめつつ、一緒に家に帰ります
     
    二人の距離がさらに近くなっていく展開です
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとこの電車のシーンは『映りこみ』の使い方や『挿入歌』の入れ方など、上手い演出だなぁ・・・と感心しちゃいました
     
    何となく『CLANNAD AFTER』の18話で朋也と汐が一緒に帰るシーンを思い出しちゃいました・・・
     
    この時は『高雄統子』さんでしたが・・・京アニらしいセンスを感じる構図でした
     
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後『六花と勇太』二人で一夜を過ごす展開になりますが・・・
     
    さらに意識するようになる二人の心理描写も秀逸でした
     
    なんだか見てて感情移入できました
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『六花が中二病になった理由』『六花と勇太の距離』がさらに近くなる重要な回でしたが・・・
     
    その重要な回の絵コンテ・演出を任されたのは氷菓の20話で初『絵コンテ・演出』を経験された新鋭の『太田里香』さんでしたが・・・
     
    任されるだけの力量があるのが今回良く分かりました!
     
    京アニは高雄さんが抜けてどうなるかと思いましたが、優秀な後継者がどんどん育っているようですし・・・
     
    そういう新鋭の方を積極的に起用していくのも京アニの良い所だと思いました
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    1クールだと残りあと3~4話なので・・・
     
    そろそろクライマックスに突入ですね
     
    最後はどんな展開になるのか楽しみです 
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『京アニのスタッフ育成』という話の続きですが・・・4話の作画監督は1話も担当された『引山佳代』さんでしたし、『日常』以降京アニはどんどん新しい人を試してますね
     
     
    優秀な人材を育てていくのはすごく難しいことだと思いますし・・・若手を積極的に起用する京アニの方針はやっぱり『アニメ業界の良い見本』になると思います
     
     
    A-1やアニプレックスのように『完成されたレベルの高いアニメーター』を集める方式もありますが・・・京アニのように『自社で若手を育てる』ことも大事なのではと改めて思いました 
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
     
    紫蘭の花言葉 : 
     
     
    『あなたを忘れない』
     
    『お互い忘れないように』
     
    『変わらぬ愛』 
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば紫蘭の花被害者の人間造形が何となく似ている気が・・・
     
    そして紫蘭の花言葉といい、殺人より『殺し方』に意味がありそうです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2012年秋アニメ私的注目度2位『PSYCHO-PASS サイコパス
     
    第7話『紫蘭の花言葉』レビュー!
     
     
     
    『ノイタミナ枠』オリジナルアニメです!
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
     
     
    総監督 : 本広克行
    監督 : 塩谷直義
    シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
    キャラ原案 : 天野明
    制作 : プロダクション I.G
    音楽 : 菅野祐悟
     
     
    OP : abnormalize (凛として時雨)
    ED : 名前のない怪物 (EGOIST)
     
     
     
     
     
     
     
     
    キャスト
     
     
    狡噛慎也 : 関智一
    常守朱 : 花澤香菜
    宜野座伸元 : 野島健児
    征陸智己 : 有本欽隆
    縢秀星 : 石田彰
    六合塚弥生 : 伊藤静
    唐之杜志恩 : 沢城みゆき
    槙島聖護 : 櫻井孝宏
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    この作品は何といっても・・・
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』監督:本広克行・音楽:菅野祐悟』
     
     
    『魔法少女まどか☆マギカ・Fate/Zero』の『脚本:虚淵玄』
     
     
    『家庭教師ヒットマンREBORN!』の『作者:天野明』
     
     
     
     
    と・・・『普通のアニメ』では組まないであろう異色のスタッフコラボに期待が高まります!
      
     
    『攻殻機動隊』でおなじみのプロダクションIGが製作で、どんな展開になるのか楽しみにしてました♪
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、7話は慎也が『監視官』だった頃に起きた同僚の惨殺事件と類似する事件の続きですが・・・
     
    その事件の時に慎也は同僚を『惨殺』されたことで犯罪指数が上がってしまい執行官に格下げになったこともあり・・・
     
    この捜査から外されることになり、朱が慎也の監視役に任命されます・・・
     
     
    慎也の事情を知っている、同僚の伸元なりの配慮ですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今回の事件の首謀者は瑠華子という少女で、黒幕を使い少女を『人間標本』にしていく事件ですが・・・
     
    行方不明の葦歌という少女の友人の美佳瑠華子が何かを知っているかと思い問い詰めると・・・
     
    美佳を薬で昏睡させ、葦歌と同じように『人間標本』にしようととたくらみます・・・
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その瑠華子の父は芸術家で『人間は内に秘めた残虐性を持っているからこそ、それを律する理性を持つことが出来る』という信念の持ち主だったようですが・・・
     
    サイコパス判定の普及で『律するまでもなく機械で健康を保てるようになった』ことで、自分の存在意義をなくしてしまい、薬を使ったストレスケアで廃人になってしまったようです・・・
     
     
    どうやらこの父の状況が、瑠華子を『猟奇的な殺人』へと進ませてしまったようですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、7話は『瑠華子』が引き起こす事件の続きで話が進みましたが・・・
     
    『標本』の描き方といい・・・『人間心理』といい・・・今回も虚淵さんのダークさが良く出てましたね・・・
     
     
    前回から続く『fate/zero』のキャスター『まどか☆マギカ』のマミのシーンを思い出すような『ゾクゾク感』がありました・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと前回も書きましたが以前『虚淵玄さん特集』で・・・
     
    『Fate/Zero』は『刺激物』として他のアニメとは一線を画す作品にしたかったといってましたが・・・今回の『サイコパス』も同じだと思いました! 
     
    虚淵さんらしい考え方だと思いました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    いろいろと考えさせられる内容でもあり・・・今後が気になる作品です!
     
    オリジナル作品らしい『先の見えない展開』なので期待してます 
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    改めてやっぱりブッチーの脚本は面白いなぁ・・・
     
    改めて実感しました・・・社会システムの矛盾』が描かれてますね
     
    終始引き込まれました・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    放送前に参加した試写会では2話も見ましたが本広克行さんが総監督で参加しているだけあり・・・
     
     
    『踊る大捜査線』でも描かれる『立場の違う人間との葛藤』がさらにキャラを引き立てます!
     
     
    これが2クール続くと思うと・・・嬉しすぎます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと試写会では本広克行監督や脚本の虚淵さんや声優陣が出てきて『終始和やか』な中で作品を語ってくれましたが・・・
     
     
    何といっても虚淵さんと本広総監督が語ってくれた『IGの金字塔』である『攻殻とパトレイバー』の良さは生かしつつ・・・
     
    前者の作品にある激しいガンアクションは避けようという言葉が印象的でした! 
     
     
    そうした人気作品とは『違う角度』でアプローチしていくというのが面白いアイデアだと感心しました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『踊る大捜査線』でもBGMを担当した菅野祐悟さんの曲も映像とマッチして良い曲ですし・・・
     
    久々の『王道オリジナル作品』になりそうでワクワクしてます!
     
     
    今後の展開もメチャクチャ楽しみです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集                    
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    『大分トリニータ』が1-0で勝ちJ1昇格をきめました!
     
    リーグ戦では6位と滑り込みでプレーオフ進出を決めたトリニータがJ1・・・ドラマチックです!
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに今回のプレーオフ形式は今年から導入されたが・・・
     
    プレーオフの醍醐味がいきなり出た形となりました!
     
    これでJ2の全チームに『リーグ戦6位に入ればJ1に行けるチャンスがある』ことが大分によって証明されましたので・・・
     
    来シーズンのJ2は6位以内を目指してまた熱くなりそうですね
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回ゴールを決めた大分の林選手は・・・去年戦力外通告されたジェフ相手にゴールを決めましたし・・・
     
    しかも2009年にトリニータのJ2降格が決まった試合で相手の京都の選手として点を取っていたんですね・・・
     
    自分のゴールで大分をJ2に落として・・・分のゴールで大分をJ1に上げる・・・
     
    去年解雇されたチームより先にJ1に上がる・・・
     
    こんなことあるんですね・・・
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから大分トリニータはJ2降格後『財政問題』が深刻で・・・
     
    今年のJ1昇格する前提条件の3億の返済地元企業と地元市民に何とか工面してもらって・・・ギリギリのことでJ1昇格条件をクリアしていたんですよね・・・
     
     
    『トリニータ』を支える地元の力あってのJ1昇格・・・田坂監督が泣くのも無理は無いです・・・
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    ただこれで浦和レッズを含めた他J1サポや、J1に上がったことで今まで来なかった一般の人のホーム集客も見込めるでしょうし・・・
     
    J1に上がったことで今回工面した3億円以上の経済効果が期待できるでしょうし、まさに『地元への恩返し』のJ1昇格です!
     
     
    トリニータは地元のためにも『負けられなかった』のでしょうし・・・こうした『背負うものの差』が勝敗を分けたと思います
     
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、これでJ2からは『甲府・湘南・大分』がJ1昇格することが決定し・・・
     
    残すところはJ1残り2試合で決まる『J1残留』争いです
     
     
    『札幌』が既にJ2降格が決定し・・・
     
    J2降格残り2チーム『磐田・C大阪・鹿島・大宮・神戸・G大阪・新潟』から決まります
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    結果次第では明日にもG大阪と新潟がJ2降格になる可能性があります・・・
     
     
    アジアを制してクラブW杯にも出場したガンバJ2降格に片足を突っ込んでいる状況・・・
      
     
    去年も浦和がJ2に落ちる可能性がありましたし・・・本当にどう転ぶかわかりませんね・・・
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    明日もいろんなドラマがありそうですので楽しみです
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それからMr.Tが応援している浦和レッズは『ACL出場権内』の3位にいますので・・・
      
    残り2試合をきっちりと勝ちきって欲しいと思います!
     
    躍進のシーズンの集大成ですので・・・是非とも来年のACL出場のためにも残りの試合に勝って欲しいです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして優勝争いは広島と仙台になりましたが・・・
     
    私的には『震災からの復興』を旗印にしている仙台に優勝して欲しいなぁ・・・と思ってます
     
     
    J1優勝チームは今年のクラブW杯に出れますが・・・仙台が出たほうが『震災からの復興』を世界にアピールできますし・・・
     
    そういう意味でも仙台には頑張って欲しいと思います
    (もちろん広島が優勝してもクラブW杯は応援しますけどね)
     
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから以前ご紹介しました知る人ぞ知るベガルタ仙台の名物サポーター・・・愛称『戦術君』も仙台の活躍を天国で喜んでいるでしょうね!
     
     
    戦術君は既に亡くなられてしまっていますが『サッカーファンのあるべき姿』とは何か?ということを知ることが出来る方です 
     
     
    *クリックすると音声が入ります(ニコニコ動画です)
     
     
     
     
     
     
     
     
    これを初めて見たのは数年前ですが感動の涙がでたのを覚えてます・・・
     
     
    好きなチームを心から応援する・・・あたりまえのことながらそれがいかに尊いかがこのフィルムから伝わってきますよね・・・
     
     
    今後も戦術君のように純粋な気持ちでサポートを続けて行きたいと心から思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     

    0 0

     
     
    サッカーのJ1も残り2試合ですが、今日ラス前『33節』が開催され・・・
     
    『サンフレッチェ広島』が勝ちJ1優勝を決めました!
     
    現浦和レッズ監督で昨年まで広島を指揮していた『ペトロヴィッチ』の戦術をベースにして・・・
     
    その戦術を『森保式』にアレンジしての優勝でした
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    優勝監督インタビューでは森保監督が叫んで喜びを爆発してました!
     
     
    森保一といえば『オフトの申し子』として日本代表としても活躍した『ドーハ組』で・・・
     
    今ではポピュラー『ボランチ』という言葉の先駆けとなって選手ですね
     
     
    当時カズやラモスなど有名な選手がいる中で、影で日本代表を支える選手で・・・
     
    そうした選手が時を経て監督になり日本一になるのは・・・何だか感慨深いですね・・・
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
    ただあくまで私的な思いとしては『震災からの復興』を旗印にしている仙台に優勝して欲しかったなぁ・・・とも思ってたんですけどね・・・ 
     
     
    それはJ1優勝チームは今年のクラブW杯に出れますが、仙台が出たほうが『震災からの復興』を世界にアピールできましたからね・・・
     
    まあ2位でも十分立派ですが・・・復興の意味でも仙台には優勝して欲しかったのです・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もちろん広島が優勝したからにはクラブW杯は日本のクラブ代表として広島を応援しますし・・・
     
    広島も是非とも仙台の復興の気持ちを一緒に持ってクラブW杯を戦って欲しいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次にACL出場権ですが、Mr.Tが応援している浦和レッズ今日鳥栖に負けました・・・
      
    ただ最終節はホームですし、しっかり勝ってほしいです!
     
    ACL出場7位のマリノスまで可能性が残ってますので・・・とにかくレッズは最終節を勝って結果を待ちましょう!
     
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして残すは最終節で決まる『J1残留』です!
     
     
    『札幌』が既にJ2降格が決定し・・・J2降格残り2チームC大阪・神戸・G大阪・新潟』に絞られました
     
    ってか今節大宮が勝ちJ1残留を決めましたが・・・大宮の『残留力』は毎年凄いですw
     
    これで『埼玉ダービー』が来年も出来ることになりました!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    あとは最終節の対戦ですが、実は17位の新潟J2降格が決まっている札幌と、優位な対戦なんですよね・・・
     
    なので新潟が逆転残留で、過去クラブW杯にも出場したガンバ今のところ降格圏外の神戸がJ2に落ちるシナリオも出てきました・・・
      
      
    ってかガンバは66得点『J1最多得点』のチームなのにJ2落ちしたら・・・世界的な珍記録になりますね・・・ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最終節もいろんなドラマがありそうですので楽しみです
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても良い意味でも悪い意味でも『FC東京の空気の読まなさ』は笑えますね^^;
      
     
    普通『降格危機のガンバ大阪』相手で、アウェイなら空気読んでなんとなく負けるものかと思ったのですが・・・
     
    最後の最後できっちり引き分けちゃいましたねw
     
     
    しかもガンバの最終節は磐田で、サッカー界で有名な『前田の呪い』もあるので・・・いろんな意味で最終節の『磐田vsガンバ大阪』は注目な試合です!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回はクドのルームメイト探しメインでしたが・・・
     
    途中で美魚も初登場しましたし、これでメインキャラ全員揃いました! 
     
    とうとう舞台が整いましたね
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度1位: リトルバスターズ! 第8話『れっつ、るっきんぐふぉーるーむめいとなのです』レビュー!
     
     
    ゲームブランド『Key』のビックタイトルがとうとうテレビアニメ化! 
     
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    OP:Little Busters! (Rita)
    ED:Alicemagic (Rita)
     
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 巽悠衣子
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    この作品は2007年7月ゲームで発売され、歴代のKey作品同様、当然京アニでのアニメ化を期待され続けましたが・・
     
     
    『京アニ』が多忙のためスケジュール予定を組めず・・・
     
     
    最終的には『J.C.STAFF』がアニメ化を射止めました!
     
     
     
    『Kanon』『AIR』『CLANNAD』と京アニ作品で作られましたが・・・今回とうとう違う製作会社に!
     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    まあKey作品では『Angel Beats!』が『P.A.WORKS』で製作され大成功しましたし・・・
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれているようですので楽しみにしてました!
     
    『鍵っ子待望』のアニメ化です!
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、8話ですがとうとう『クドメイン回』・・
     
    理樹がクドを『リトルバスターズ』へ誘います!
     
    犬のようにすばしっこいクドは野球にもってこいです
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    もちろん『入団テスト』がありますが、普通にクドは野球のセンスがあるので合格!
     
    そしてクドは『仲間が増える』ことに喜びます
     
    家族の都合で転勤が多かったクドにとって・・・仲間が出来ることはかけがえのないもののようですね・・・
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
     
    ・・・ってかイチロー並の守備力だなw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんなことがあった後日、クドは一人では寂しいので『ルームメイト』を募集しますが・・・
     
    鈴は『人見知り』
     
    来ヶ谷は『危険』
     
    という理由でなかなかルームメイトが出来ません・・・
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    ってか来ヶ谷の妄想シーンですが・・・
     
    完全に『オヤジ思考』になってますねw
     
    まあ間違いなくクドには悪影響がでそうです^^; 
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    イメージ 17
     
     
    ・・・姉御のこの幸せそうな顔w
     
    来ヶ谷はアニメ映えするキャラですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    なかなかクドのルームメイトが見つからない中で・・・
     
    理樹は中庭で小説を読んでいる『美魚』にクドのルームメイトにならないか聞きますが・・・
     
    美魚は『本が多いのでクドに迷惑がかかる』といい丁重に辞退します・・・
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
     
    このシーンで美魚初登場ですが・・・
     
    中庭に佇む美魚は原作のイメージどおりで凄く良かったです!
     
    あと美魚のシーンにかかるBGM『光に寄せて』Keyの折戸さんが作曲した曲ですが・・・
     
    私的に大好きな曲なので、アニメで聴けて最高でした・・・
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、最後はクドのルームメイト募集期限に誰も立候補がないため・・・
     
    佳奈多がルームメイトになることを引き受けます!
     
    その佳奈多の好意に、クド心から感謝します・・・
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    良い笑顔ですね・・・
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて8話は『クド入団&美魚初登場』回したが2人の魅力が上手く表現されていたと感じました!
     
    『萌え』あり『笑い&ギャグ』あり『感動』あり・・・リトバスの特徴が良く出てました!
     
    特に原作でも人気の高い『クド』メインですので・・・力が入っていた回だったと思います!
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと今回の絵コンテ『島津裕行』さんでしたが、キャラの魅せ方が凄く上手い方だと感じました!
      
    それもそのはず、3話でご紹介しましたが、『堀ノ内元=島津裕行=しまづ聡行』さんのようで、3話と同じ絵コンテの方です!
     
     
    島津さんといえば『狼と香辛料』『ヨスガノソラ』『ef』『アマガミ』など人気作に参加されている方ですので・・・
     
    そういう方がリトバスに参加されているのは心強いですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    とにかく『島津裕行=堀之内元』さんの絵コンテは『キャラが生きている』んですよね!
     
    キャラに躍動感を与えることが出来る素晴らしい才能です
     
    この人の絵コンテ回は他のアニメでも今後要チェックです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
    何で別名義にしているかは分からないですけどね^^;
     
    作品によって変えているのかな?
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    ちなみに原作の『葉留佳ルート』『クドルート』城桐央さんがシナリオを作っているのですが・・・
     
    Mr.Tがゲームでこの2つのルートをプレイしてて『あまりに重く、濃いシナリオ』ので・・・
     
    正直この2つのルートは『アニメ化は無理だろう』と思っていたので、描いてくるのか・・・JCには超期待してます!
     
    前回小毬ルートの魅力を上手く引き出したJCですので・・・引き続き頑張ってほしいです
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後、各キャラのシナリオに行く時に・・・
     
    学園生活の『楽しさ』や『友情』最後の支えになるので・・・今後も何気ない日常が重要な意味を持ちます
     
    かなり丁寧に日常を描いてくれていて凄く良い構成だと思いますし今後も期待です!
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
     
      ご意見募集     
     
     
    記事や放送で感じたことや思ったことなど、何でもいいですのでお気軽にコメントして下さい
     
    参考にさせていただきます
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     
     

    0 0

     
     
     
     
    それぞれの『道』 
     
     
     
     
     
     
     
     
    華 : 戦車道の道は一つじゃないですよね?
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    沙織 :そうそう!私たちの歩いた道『戦車道』になるんだよ!
     
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
    ガールズ&パンツァー 第7話『次はアンツィオです!』レビュー
     
     
    『じょしらく』の水島努監督と『ストパン』スタッフが集結した『学園軍事モノ』のオリジナルアニメ!
     
      
     
    製作スタッフ
     
     
    監督:水島 努
    構成・脚本:吉田 玲子
    キャラ原案:島田 フミカネ
    キャラデザ・総作監:杉本 功
    考証・スーパーバイザー:鈴木 貴昭
    キャラ原案補佐:野上 武志
    アニメ制作:アクタス
    音楽:浜口史郎
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    内容としては『少女×戦車』作品で・・・
     
    水島努監督のセンス『ストパンスタッフ』の『島田フミカネ・鈴木貴昭』さんなどがどうコラボするのか楽しみにしてました!
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、7話は『1回戦のサンダース戦』の終了後ですが・・・
     
    麻子のおばあが倒れたので、みほ達がお見舞いに行きます
     
    どうやらおばあも元気そうで麻子も安心しているようですね・・・
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
     
     
    あとみほ達の去り際におばあが『麻子をよろしく』と言うところも『家族愛』を感じられてよかったです
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    翌日2回戦のためにまた活動を始める大洗女子ですが・・・ 
     
    みほ達は自分達の『IV号戦車』に集まり、皆で1回戦について語り合い・・・みほは
     
     
     
     
     
    そういえば、私も『楽しい』って思った!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前はずっと『勝たなきゃ』って思ってばっかりだったのに・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    だから負けた時・・・戦車から逃げたくなって・・・
     
     
     
     
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
     
    と、今まで『勝つこと』だけを追い求めていた戦車道に『新しい価値観』を見出します!
     
    そして冒頭の言葉にあるように『自分達の戦車道』を見つけることを決めます! 
      
    回想ではみほが仲間を助けに行って負けたことを気にかけていましたが・・・
     
    その試合を見ていた優花里がみほを慰めるのもいいシーンでした
     
     
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後戦略会議が開かれますが、全体的な戦力を見ると大洗女子は戦車5輌とあまりにも戦力が少ないため・・・
     
    華が古い書類から見つけた『隠された車輌』を探しだすことに!
     
    今のままでは上位には勝てないですからね
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、大洗女子戦車道メンバーが手分けをして探すと・・・
     
    一つは古い部室棟の外に野ざらしになっている1輌と・・・
     
    もう一つは船の下に隠されていた何かを発見!
     
     
    2回戦には間に合いませんがこれで『先への希望』が見出せました
     
     
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして2回戦のアンツィオ戦を迎えますが・・・
     
    5秒で決着し・・・大洗の勝利!
     
    本当はもっと長い戦いだったのでしょうが・・・すごい『端折り方』ですw
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    ・・・すごい落差だなw
     
    まあ最後は『姉さん』との戦いメインでしょうからね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてこれで7話終了ですが・・・
     
    みほ達の日常回でした!
     
    1回戦を経験して皆が一回り成長したのが良く分かる回でした! 
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
    まあ毎回サンダース戦のように戦っていたら作画間に合わないでしょうし・・・
      
    戦闘に力を入れる時は入れて、日常回は戦車などの絵を極力避ける・・・『選択と集中』ですかね?
     
     
    『けいおん!』も演奏シーンはきっちり描きますが、演奏と関係ないときには出来る限り演奏シーンを省略してましたし・・・
     
    こういう『メリハリ』は大事だと思いますし、いい作品ほどそういうのが上手いと思います
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと水島努監督の『初・オリジナルアニメ』なこともあり・・・
     
    『じょしらく』に続き『こだわりの作品作り』は健在です!
     
    『じょしらく』に続き面白いアニメを連続して作るのは凄いですね!
     
     
     
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて次回は3回戦のようですが、今回発掘された戦車とそれに乗り組むメンバーが気になりますし・・・
     
    今後の展開が気になります! 
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    2012年秋アニメは『リトバス』や『サイコパス』をはじめとするビックタイトル話題作が多いので、注目度的には高くないのかもしれませんが・・・
     
    作品に『オリジナリティ』を感じましたし・・・何度も繰り返してみるほど『内容』も素晴らしいです!
     
    今後もこの作品の良さの『細かい描写』を大切に描いて欲しいと思いました!
     
      
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
     
    感想 : 今回は六花が『恋心』を認識する展開でしたが・・・
     
    『好き』とかそういう言葉が無くても・・・
     
     
    六花が勇太のことを大切に想っているのがどのシーンからも伝わってきました 
     
     
    今回絵コンテ・演出は『北之原孝将』さんでしたが、いつものように『丁寧な仕事』で素晴らしかったです!
     
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位: 中二病でも恋がしたい! 9話 『混沌の・・・初恋煩(カオス・ハート)』レビュー♪
     
     
    『第1回京都アニメーション大賞奨励賞』を受賞した作品のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作 : 虎虎
    イラスト : 逢坂望美
    監督 : 石原立也、
    シリーズ構成 : 花田十輝
    キャラデザ・総作画監督 : 池田和美
    アニメーション制作 : 京都アニメーション
    音楽 : 虹音
     
     
    OP : Sparkling Daydream (ZAQ)
    ED : INSIDE IDENTITY (Black Raison d’etre)
     
     
     
     
    キャスト
     
     
     
     
    富樫勇太 : 福山 潤
    小鳥遊六花 : 内田真礼
    丹生谷森夏 : 赤千夏
    五月七日くみん : 浅倉杏美
    凸守早苗 : 上坂すみれ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今期京アニが選んだのは『自社が発掘した作品』となりました
     
     
    製作陣は『石原監督&キャラデザ:池田和美さん』ってKey作品の『CLANNAD』と同じです
     
     
     
    ちょうど『Keyのリトバス』が放送されてますので・・・いろんな意味で対比される作品ですw
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、9話は前回六花と勇太が一晩一緒に過ごした後の話でしたが・・・
     
     
    六花は自分が気づかないうちに勇太に『恋心』を抱いていることを知ります 
     
    初めての経験のようで・・・森夏に指摘されるまで自分でも気づかなかったようですね 
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、森夏は六花に『少女漫画』のようにさりげなく勇太にアプローチするように伝えますが・・・
     
    何をやっても上手くいかない六花・・・
     
    少女漫画的な『ベタな恋愛展開』も演じるのが難しい六花^^;
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    しかしラストで六花と勇太が『屋上で作業』をしている時に、六花が屋根から落ちそうになるところを勇太が助ける展開となり・・・
      
     
    『好き』などという言葉は無くとも六花と勇太が抱き合うことで『勇太のことを想っている』ことを伝えることに六花は成功します
     
     
    今まで伝えきれなかった『六花の想い』が溢れ出すこの場面は・・・なんだか見てて感情移入できました
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてラスト『BGM』の入れ方や『映し出す角度』など・・・
     
    上手い演出だなぁ・・・と感心しちゃいました
     
     
    北之原さんのセンスを感じる構図でした
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回は『六花が想いを伝えられた』回でしたが・・・
     
    今回の絵コンテ・演出の『北之原孝将』さんが『六花の恋心』を丁寧に描いてくれていて最高でした!
     
     
    『北之原孝将』さんは『CLANNAD AFTER』9話『坂道の途中』なども担当されていて・・・
     
    丁寧な仕事をする方で、CLANNADで知って以来私的にすごく大好きな方ですが、毎回担当される作品で本当に良い仕事しますね
     
     
     
    イメージ 9
     
     
     
    イメージ 7
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    この回は演出が素晴らしく・・・何度も泣きました・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それから『魚眼レンズ』のような特殊な撮影方法になっているシーンがありましたが・・・
     
    他のアニメでは出れないような構図を見せてくれるのは嬉しいですね
     
    このシーンは強く印象に残りますし、新しいことをどんどん取り入れようとする『好奇心』も素晴らしいと思いました
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて1クールだと残りあと数話なので・・・
     
    そろそろクライマックスに突入ですね
     
    最後はどんな展開になるのか楽しみです 
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回は『京アニのスタッフ育成』の話をしましたが・・・
     
    今回の北之原さんなど、経験のあるアニメーターさんがいるのも京アニの素晴らしいところだと思いました
     
    『京アニクオリティ』を支える経験のある方々がいるからこそ、作品のクオリティが維持されるんだと思いました
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

older | 1 | .... | 29 | 30 | (Page 31) | 32 | 33 | .... | 99 | newer