Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 961 to 980 of 1967)
(showing articles 961 to 980 of 1967)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 47 | 48 | (Page 49) | 50 | 51 | .... | 99 | newer

    0 0

     
     
    今回はソチオリンピックフィギュアスケート女子・FSの結果ですが…
     
    メダル候補の浅田真央選手SPの16位から巻き返したものの最終的には6位でメダルには届きませんでした…
      
    SPでの大きな出遅れが最後まで響きました…
     
     
    イメージ 1
     
     
    メダルの呪縛がなくなったこともあり『失うものが何もない』状況での演技だったので思うままに演技できたようです
     
     
     
     
     
     
     
    そして正直な感想を言えばマスコミが浅田選手に余計なプレッシャーをかけ過ぎたのが今回の浅田選手の不調の一番の原因だと思います
     
     
    結局マスコミが『金メダル候補』と騒ぎ立てたジャンプの高梨選手やフィギュアの浅田選手は金どころかメダルすら取れなかったのがそれを裏付けていると思います
     
    オリンピックに出場できる選手は『出場基準をクリア』した選手なんですから、あとは『自分のため』に演技をすれば良いのに、マスコミは余計なものを背負わせ過ぎです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最後に浅田選手は今回のオリンピックで『引退の意向』とのことですが…
     
    スポンサーが浅田選手を辞めさせないかもしれませんね…
     
    もし浅田選手が抜けると日本女子フィギュアのレベルが一気に落ちることになりますし、そういう意味でも今後の浅田選手の動向に注目ですね
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    ただ浅田選手が現役続行したとしても4年後の冬季オリンピックは『あの国』ですからね…
     
    特に『加点が曖昧』なフィギュアにおいて、日本人が金を取れるような状況は生まれないんじゃないかなぁ…
     
    こういうことを含めると、浅田選手の次のオリンピックまでの現役続行は難しいのかもしれませんね…
     
    イメージ 3
     
     
     
      
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    藍里の『苦悩』
     
     
     
     
     
     
     
    だって、私だけ違う!
     
     
     
     
     
     
    私だけ『存在感』がない…
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    さてプロデューサーの早坂から『才能がない』と言われ、自分に自信を無くし、苦悩する藍里のシーンから始まりましたが…
     
     
    2014年冬アニメ私的注目度3位: Wake Up, Girls! 7話レビュー!
     
     
    山本寛監督の久々の新作で、一番得意とする『アイドル』を題材にした作品です
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     

     
    近岡直さんのキャラデザも凄く良いですし…
     
    『ダンスシーン』にこだわりのあるヤマカンさんがどのように作ってくるのか非常に興味があります!  
     
    『アイマス』『ラブライブ』とアイドル作品が人気を博してますし、その流れに乗っていけるかも気になります
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて7話ですが藍里がレッスンを無断欠席したことでプロデューサーの早坂から『藍里を切り捨てればプロデュースを続けるし、待てば辞める』と残りのメンバーに判断を迫りますが…
     
    判断制限時間の10分間でメンバーの意見がバラバラな状況でまとまりません… 
       
    今まで摩擦を避けて『仲良し』でやってきたこともあり、こうした『決断』を迫られると『グループとしての意思』が発揮できない『Wake Up Girls!』…
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 2
     
     
    早坂もその弱さ見抜いていて、それが克服できなければ『全国では戦えない』と感じていたのかもしれませんね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな状況で『真夢』『藍里を連れ戻してくる』と皆に意思を伝えると、皆も真夢に同調し…
     
    リーダーの佳乃と真夢は藍里を連れ戻しに、残りの4人はを早坂を説得することに…
     
    元トップアイドルだった真夢は『自分の意思を伝える重要性』を良く知っているのが分かる描写です
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    そして、藍里を迎えにいった佳乃と真夢は『戻ってきて欲しい』と藍里に伝えますが…
     
    藍里は冒頭の言葉にあるように『他のメンバーとは違い存在感がない』と苦悩し、戻らないと伝えます…
     
    早坂に『才能がない』と言われ完全に自信を失ってしまった藍里…辛い言葉ですね…
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    しかし、ここで真夢は『再びアイドルを始めるきっかけ』になったのは藍里がいたおかげだと伝えると…
     
    佳乃も藍里と同じくリーダーの存在価値に悩んでいることを告白し、7人揃ってこその『Wake Up Girls!』だと伝え…
     
     
    リーダーとして『戻ってくる』ことを再度命令し、その真夢と佳乃の真摯な言葉を受けて『もう一度チャレンジ』することを決める藍里!
     
    この『自分の意思をストレートに伝えるシーン』は凄く感動しました…
     
     
    イメージ 5
     
     
    『葛藤』は誰にでもありますが、仲間同士で支えあうことができる個人にはないグループの強みだと思いました
     
     
     
     
     
     
    最後は早坂を説得できた4人もあわせて再び7人でグループを組むことになった『Wake Up Girls!』と…
     
    早坂が『アイドルの祭典』に出ることを命令して終了!
     
    グループがまとまったところで『ライブ』に入る展開になりそうです
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
    これで7話終了ですが、今回初めて『Wake Up Girls!』のメンバーが『本音』をぶつけ合った回で、グループとしての成長が見えましたし…
      
    『I-1』は『競争原理』のシステムで『ユニットの意思』は必要としませんが、『Wake Up Girls!』は一人一人の意思を尊重できるのが魅力なんだと思いました!
      
    そこに早坂も惹かれたのかもしれませんね
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
    今後も『アイマス』や『ラブライブ』とは違うアプローチの『アイドル作品』になりそうですし…
     
    ダンスシーンや音楽を含め、楽しみたいです!
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』なのも魅力ですし期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが先日行われました『ワンダーフェスティバル』のステージで
     
    『Wake Up Girls!』のライブイベントが開催され…
     
     
    ・タチアガレ!(劇場版主題歌)
     
    ・言の葉 青葉(テレビ版ED)
     
    ・7 girls war(テレビ版OP)
     
     
     
    の3曲を歌ってくれましたが、激しい振り付けのダンスを踊りながら生歌で歌う姿は感動的でした!
     
    特に今回初公開の『7 girls war』はライブで盛り上がりますし、側転を交えながらのダンスシーンは思わず『スゲー!』って言っちゃいました♪
     
    こんなに激しい振り付けで歌うのはやっぱり『若い』ってすごいなぁと思いましたし勢いを感じました!ライブ映えするユニットだと思います!
     
     
     
    さすがavexのオーディション受かっただけありますね!ダンスはかなりのハイレベルになっていると思いますしぜひともライブを見に行って欲しいと思います!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
                 リンク集      
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
     
     
    もしかしたら僕が作った野菜を食べて
     
     
     
     
     
     
    誰かが元気を出してくれて
     
     
     
     
     
     
    そして将来凄い人になるかもしれない!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    そうじゃなくても、『明日もまた頑張ろう!』と思ってくれるなら…
     
     
     
     
     
    きっとそれが『未来の景色』に繋がっているんだと思う!
     
     
     
     
     
     
     
    僕はそんな『力のある作物』を作りたい!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    だから続けているんだと思う!農業を!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    アニメ『のうりん』第7話
     
    畑耕作のセリフより
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて『丹精こめた作物』病気や天候によりダメになり報われないことに対して嘆く林檎に対し、耕作が『農業の続ける意味』を伝える『のうりん』らしいシーンからはじまりましたが…
     
     
    私的注目度5位: のうりん 7話レビュー
     
    異色の『農業』を題材にしたラノベ、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:白鳥士郎
    原作イラスト:切符
    監督:大沼心
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラデザ:小野田将人
    アニメ制作:SILVER LINK.
     
    キャスト
     
    畑耕作:浅沼晋太郎
    木下林檎:田村ゆかり
    中沢農:花澤香菜
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、今回は林檎が『丹精こめた大豆』『白絹病』によってダメになってしまう描写から…
     
    せっかく作った作物がダメになり報われないこともある…
     
    農業を行う以上避けては通れない問題です…
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    そして落ち込む林檎に対して耕作は
     
     
     
     
     
    農業をしていて『嬉しい』ことも『楽しい』ことももちろんあるよ
     
     
     
     
     
    それでも農業をする人が減るってことは…
     
     
     
     
     
     
    報われることが少ないからだと思う…
     
     
     
     
     
     
    必死に働いたからってそれほどお金が稼げるわけではない…
     
     
     
     
     
     
    収入だって不安定だ…
     
     
     
     
     
     
    と、耕作も『農業を続ける理由』をまだ見つけられていないと告げます…
     
    実際農家数が減っているのは事実ですし、耕作のいうように『農業は大金を稼げる仕事』でもないのは事実ですからね…
     
    ここは非常に考えさせられる描写でした…
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    その後、雨が降り出し『トマトが水を過剰吸収し破裂』してしまう状況になり…
     
    再び林檎は『トマトを作っても天候次第で報われない』という体験をしてしまいます…
     
    先の大豆を含め『報われない』ことを嘆く林檎…
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    そんな林檎を見て耕作は林檎を屋上に連れて行き、町の景色を見せると…
     
    この景色は幾世代もかけて『過酷で残酷な自然』と戦って築きあげてきた結果であり、その意思は現在ここで住む人達に繋がっていることを伝え…
     
    冒頭の言葉にもありように、農業も『未来に繋がって』いるからこそ続けていくんだと林檎に語る耕作!
     
    農業は『生きる人の糧』になる作物を作る仕事ですし、『農業の誇り』を感じる言葉で感動しました…
     
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    最後はその耕作の言葉に対し林檎はアイドルだった頃、悩んでいた時に『耕作からもらった野菜』を食べて元気を出していたことを伝え…
     
    その味を『命の味』と思った林檎はこの高校に来たことを告白します!
     
    耕作の意思がまさに林檎に届いていたことがわかりますね…いい描写でした!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに原作では雨でトマトが裂ける話は『子供の頃の耕作の回想』になってまして、アニメでは学校版に置き換えてましたが…
     
    原作の丹精こめたトマトが裂け汁が大地に流れ出る悲しみを語る耕作の場面を、裂けてもジャムなど別用途にできるという今回の学校版に変えたのは『意思のある改変』で良改変だと思いました!
     
    原作は『作物が失われる悲しみ』、アニメ版は『規格外でも用途がある』という両面でのアプローチは、『農業』には両面があることを示している好例だと思いました
     
     
    イメージ 11
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    さてそんなこんなで7話終了ですが、4話に続きこれぞ『のうりん』らしい話で素晴らしかったと思います!
     
    そしてあくまでこの作品は『ライトな農業』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
      
    あとはところどころ今回のように『農業の現状』を混ぜてくると思いますので、そういうところだけ『キッチリ』伝えてくれればいいと思います!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと原作では耕作が『農業』に対して
     
     
     
     
    今の時代何が何でも農業をやらなきゃいけないわけじゃない
     
     
     
    他にも大切な仕事はいくらでもあるからね
     
     
     
    大げさに言ったところでこの国の農業生産を全て合わせたところで『トヨタ1社分』にも遠く及ばない
     
     
     
     
    豊かな日本を支えているのは農業じゃない
     
     
     
     
    むしろ農業は他の産業で稼いだお金を補助金という形で恵んでもらっている
     
     
     
    イメージ 13
     
     
     
     
     
    だけど『誰かがやらなきゃいけない仕事』だと思っている
     
     
     
     
     
    どんなに時代が進んでも、どんなに豊かになっても…
     
     
     
     
     
    食べるものがなかったらお腹が減って死んじゃうんだから
     
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
    冷静に日本農業の取り巻く環境を分析していましたが、非常に考えさせられる話でした…
     
    こういう部分はアニメではディープすぎて『語られない』部分ですし、原作で補完していくのが良いと思います
     
    『メディアの違いを理解せよ』という言葉がありましたが、この作品は『アニメと原作』の役割分担がうまく調整できていると感じています
     
     
    イメージ 14
     
     
     
     
     
     
    あと私的に思うのは、多分今回のような『シリアスメイン』だとここまでファンの裾野は広がらなかったと思います
     
    コメディの中にこうした『事実』を入れてくるのが上手いですし、必ず原作やアニメを見た方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
     
     
    そして『ラノベベース』ですので読みやすいですし…是非とも原作も多くの人に読んで欲しいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回桐崎の幼馴染の鶫が登場しましたが…
     
    ISのシャルと同じ展開で非常に胸熱でした♪
     
    そういえば一条役の内山昂輝さんはISで一夏役も演じてましたし、そういう役どころなんでしょうねw
     
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    こういう展開は私的に大好きです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     ニセコイ 7話レビュー
     
    今期の『シャフト作品』ですが、どのようになるのか気になる作品です!
     
     
     
    スタッフ
    原作:古味直志
    総監督:新房昭之
    シリーズ構成:東冨耶子・新房昭之
    監督:龍輪直征
    キャラデザ・総作監:杉山延寛
    総作監:潮月一也、
    音楽:神前暁、
    アニメ制作:シャフト
     
     
    キャスト
    一条楽:内山昂輝
    桐崎千棘:東山奈央
    小野寺小咲:花澤香菜
    鶫誠士郎:小松未可子
     
     
     
     
     
      
    桐崎が『艦これの金剛』役の東山奈央さんなので、帰国子女キャラそのまんまなのも面白い趣向です!
     
    しかもウサギ耳型の髪飾り島風みたいで親しみやすいです!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて今回はクロードの差し金で鶫誠士郎が転校してきますが…
     
    桐崎と幼馴染だけあって仲の良さを印象付けます!
     
    ラブコメ定番の『恋敵』の登場です
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    そして鶫は一条を見ると『お嬢には相応しくない』と啖呵を切ると、決闘を申し込みますが…
     
    決闘をしている際に一条と一緒にプールに落ちると『鶫は実は少女』だったことを一条は知ります!
     
    『男装の少女』…変化球で来ました!
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    最後は『少女』として学校デビューする鶫と…
     
    一条が鶫に対して言った『桐崎を守るのではなく見まもってやれ』という言葉に感化される鶫
     
    一条の魅力を知った鶫でした
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんな7話でしたが今回は桐崎の『幼馴染』登場という『ラブコメ定番』の流れから、『男装の少女』いう変化球の展開を見れて面白かったです!
      
    あと『男装の少女』というとやっぱり『ISのシャル』を思い出しますが、展開的には大好きです!
     
    私的にISを好きになったのもシャル登場後でしたし、今回の鶫もいいアクセントになったと思います!
     
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    今回も鶫登場でさらに面白くなりそうですし…
     
    シャフトらしい『独特の感性の作品』でもあるので今後も楽しみです!
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが、私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
     
     
     
      
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回は前半は『綾火の中学時代』、後半は『仄のバトルシーン』でしたが、徐々に『綾火と仄の関係』が見えてきました!
     
    あと今回の絵コンテ・演出は3話の絵コンテで『箒で飛ぶシーン』などいい仕事をされた鈴木洋平さんでしたが、今回も魅せ方が上手かったと思いました!
      
    3話の箒で飛ぶシーンは今でも繰り返し見るほど素晴らしいシーンでしたし、本当にこの作品は良いスタッフに恵まれてますね!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『水島努監督×J.C.STAFF』という『じょしらく』で見せた相性の良さが生かされそうな作品です!
     
    製作スタッフ
     
    原作:水薙竜
    監督・シリーズ構成:水島努
    脚本:水島努、横手美智子、吉田玲子
    キャラデザ:冷水由紀絵
    アニメ制作J.C.STAFF
     
    キャスト
     
    多華宮仄:小林裕介
    火々里綾火:瀬戸麻沙美
    多華宮霞:茅野愛衣
     
     
     
     
     
     
     
    『ガルパン』の水島努監督の新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『じょしらく』の時には最終回を当日に納品したくらい『こだわり』を持って作った『J.C.STAFF』を水島努監督も褒めていましたし、組み合わせとして面白そうです!
     
     
    イメージ 2
     
    この団欒のシーン凄く好きです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて8話は珍しく前後半に分かれる構成になっていまして、まず前半は綾火の中学時代の回想となりますが…
     
    中学時代の綾火は『世間知らずのお嬢様』のイメージが強かったようですね
     
    そこから徐々に『いろんな経験』をしていったのが分かる描写が良かったです
     
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    そして綾火が長い月日をかけ『待ち伏せ』していたのはもちろん『中学時代の仄』で…
     
    ようやく見つけた仄を見て『傷の疼き』を感じる綾火…
     
    中学以前から仄と『繋がりがある』描写が描かれます
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    そうした回想の後、学校では『悪が反乱』を起こし無法地帯に…
     
    どうやら『生徒会長の仄』を良く思わない『りのん』を中心としたワルの集団が扇動していることが判明…
     
    旧生徒会長が嘘を並べ、りのんをそそのかしたようです
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    で、最終的には『決闘』で勝負をつけることになりますが元々喧嘩の弱い仄は一方的にやられます…
     
    ダメージを綾火が吸収する分、仄の痛みは減りますが、綾火に被害が及ぶことを情けなく思う仄…
     
    自分のせいで綾火が巻き込まれる展開に
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    そんなピンチに仄は事前に綾火から聞いていた『りのんは最後に大きく振りかぶって右ストレートを打ってくる』ことを思い出し避けると形勢逆転となりますが…
     
    女子を殴れないに仄の代わりに、りのんに蹴りを食らわせる綾火と、綾火はローブ姿で観客には見えないので、形式上仄がやっつけた風に見え、仄は生徒会長としての威厳を保つことに成功します!
     
    仄のためならどんな相手でも容赦ない攻撃を食らわせる綾火さん…ハンパないですねw
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで8話終了でしたが、今回は『中学時代のエピソード』も含め、綾火と仄のつながりの深さが見えました
     
    そしてりのんの攻撃を身代わりになった綾火の描写も含め『綾火の仄への愛情』を感じることが出来ました
     
    あとまだまだ魔女が出てきそうで最終的にどのくらい出てくるのか楽しみですね
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
    そして次週はとうとう『ウィークエンド』が登場しそうですね
     
    ここから一気にクライマックスへ突入しそうです
     
    今後の展開も楽しみです
     
    イメージ 13
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとあまりに先が気になりすぎて『原作6巻』まで買っちゃいました!
     
     
    やっぱり原作も綺麗な絵で惹き込まれます!
     
    今回のアニメ8話は原作4巻終盤でしたので、アニメ9話以降に開始される原作5巻以降『ウィークエンド』編がメチャクチャ楽しみです
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    あとOPも買いました!
     
    このOPすごく良い曲ですよね!
     
    今期のアニメOPEDの中でも特に印象的な曲なので皆さんもぜひとも買ってみてください!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

      
     
    今回は『リトルバスターズ』のお話です!
     
     
    『リトルバスターズ Refrain』BD2巻を秋葉原ソフマップで買ってきました
      
     
    BD2巻には本編3~4話『リトバスEX』朱鷺戸沙耶ルート 第2話オーディオコメンタリー2本収録されていてメチャクチャ特典豪華です!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    【BD2巻内容&特典】
     
    ■収録内容
    Refrain第3話~第4話+EX第2話収録

    ■初回生産限定版仕様
    ・未放送「リトルバスターズ! EX」朱鷺戸沙耶ルート 第2話 同梱
    ・特製デジパック 2パッケージ仕様(RefrainとEXを別ディスク、個別パッケージにて収録)
    ■初回生産限定版特典
    ・ブックレット
    ■特典
    ・第3話 ノンテロップED
    ・オーディオコメンタリー
     3話:鈴役 たみやすともえ 来ヶ谷役 田中涼子
     4話:理樹役 堀江由衣、恭介役 緑川光 
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゲームブランド『Key』製作作品のアニメ化2期ですが、とうとう『理樹達の秘密』が明らかに! 
     
      
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 河原木志穂
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
    リトバス1期は『リフレイン』への布石になっていましたし…
     
    『リフレイン』はイメージとしては『CLANNAD AFTER STORY』のように『Key作品の奥深さ』を見ることが出来ます!
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれて素晴らしい作品になりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、BD2巻ですが鈴役のたみやすともえさんと来ヶ谷役の田中涼子さんの2人が3話のオーディオコメンタリーを担当されていましたが…
      
    田中涼子さんが自分の役である『来ヶ谷ルート』をアニメで素晴らしい構成にしてくれたスタッフに感謝されていたのが印象的でした! 
     
    特に3話は『来ヶ谷ルート完結編』だけあって、田中さんは家でセリフの練習をしながら泣いたという話を聞いてファンとしてすごく感慨深かったです…
     
     
    イメージ 2
     
     
     
    コメンタリーでも田中さんは『出演者』でありながら『リトバスファン』と言われていることもあり、そういう『ファンの心』も持って演技をしてくれて嬉しかったです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    あと田中涼子さんの声は本当に魅力的だと思います!
      
    同じくKey作品の『智代アフター』でも演技されていますが、こちらも『すばらしい演技』をされているのが印象的です!
     
    私的に『智代アフター』のアニメ化を願っているので、是非ともその際には田中涼子さんの声を聞ければと思います!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    そして通常は『コメンタリー1本』ですが、今回は特別編として4話に理樹役の堀江由衣さんと恭介役の緑川光さんがコメンタリー参加!
      
    堀江さんは『男役』として長期間演技をしたのは今回初めてだったようでかなり大変だったことを話されてました!
     
    ただ緑川光さんが『理樹はセリフが多いのによく演じたね』と褒めていたのが印象的でしたし、終盤の『理樹と恭介の友情』のシーンも含め、この2人の配役は素晴らしかったことを改めて感じました!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    それから『テレビ未放送』『リトルバスターズ! EX』朱鷺戸沙耶ルートの第2話ですが…
     
    アニメで動く沙耶はめちゃくちゃ可愛くて魅力的ですし、今回は無邪気なシーンも見れて最高でした!
     
    沙耶独特の『自虐的』なセリフもさらに増えて面白かったです!
     

     
     
     
     
     
    ブックレットには今回沙耶役の櫻井浩美さんのインタビューが掲載されていまして…
     
    『早く出たい!』と思っていたようでEXがアニメ化されて嬉しそうにしている櫻井さんのコメントが微笑ましかったです!
     
    リトバスのルートでは異色の『アクション&マシンガントーク』があるルートですのでそれも面白いです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    ちなみに沙耶編第2話の絵コンテ・演出が先日話題にしていました『ウィッチクラフトワークス』でも良い仕事をされている『鈴木洋平』さんでビックリしました!
     
    両作品とも『J.C.STAFF』製作ですが、こういうつながりもあるんですね!面白いです!
     
    ますます今後の活躍が期待できそうです!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    これからじっくりBD鑑賞したいと思います!
     
    是非とも多くの方に購入して欲しいです!オススメです! 
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと3話のコメンタリーでも語られてましたが、アニメ版リフレイン3話で消えた来ヶ谷ですが…
     
      
    元々この世界は恭介が『理樹と鈴を成長させる世界』として作りだしたため、それを阻害するものはあってはならないことにより、来ヶ谷は理樹を想い一歩引いたんですよね…
     
     
    もし『理樹と来ヶ谷』がお互い好きになったらアニメ版のラストを迎えられないわけですし、来ヶ谷は『イレギュラー』の存在だったことになります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    もちろんアニメは『理樹と鈴の成長物語』ですので、『理樹と鈴』メインでしたが…
     
     
    ゲームでは『理樹が来ヶ谷の好意を覚えていた』というシナリオも存在します!
     
     
    Key作品は『最終回』を迎え、再度見返すと『新たな発見』があるのが『奥深い』と思いますし、ぜひともまた見返して欲しいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして、もしアニメで『リトバス』を好きになった方は是非ともゲームを買ってプレイして『新しい発見』をして欲しいですし…
     
    『遥か彼方』などの印象深い挿入歌BGMをもっと聴きたいと思われている方にはサントラを買ってもらいたいです!
     
    Mr.Tはアニメ化する前からずっとサントラを聴いていましたが本当に素晴らしい曲たちですので是非とも多くの人に買って聞いて欲しいと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    新海域『5-4』サーモン海域が解放されました!
     
    やっぱり新海域は燃えますね!作戦名はその名も『東京急行』です!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    さて、『5-4』攻略法としましては、作戦名にあるように『ドラム缶』を有効活用すると『最短ルート』で行ける様になっているようでして…
     
     
    Mr.Tはドラム缶を『任務3、開発1(ALL10)』計4つ作り『航巡・熊野』にガン積みさせ…
     
    『雷巡3・正規空母・2・航巡1』の編成で行ったところ、最短ルートで行きボスを撃破しました!
     
    この編成ですと『ボス戦前が2戦』で済むのでメチャクチャ楽にボスまで行けます!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    イメージ 2
     
      
     
     
     
     
    ってか『5-3』の夜戦地獄の後に控える『5-4』なので、解放前は戦々恐々してましたが…
     
    正直『こんな簡単にボスに勝っていいの?』って感じですw
     
    まあ、間違いなく地獄の『5-3』をクリアした提督への運営からの『ボーナスステージ』になってますね!ボスドロも鈴谷が出たりかなり良い感じです!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    しかもゲージ回復はないですし…
     
    サクッと5-4クリアしちゃいましたので、今後はゆっくり『レア艦掘り』してきます!
     
    ではまた!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと以前ガルパンの関係で訪問しました大洗では『てんりゅう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
     
     
     
       
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    一言感想 : 今回は『モリサマvsニセサマ』の争いに凸守が絡んだ話でしたが、やっぱりこの『凸サマ』はいいコンビですね!
     
    特にラストでモリサマが凸守のことを
     
     
     
     
    コイツは最悪よ!
     
     
    まったく人の言う事聞かない
     
     
    年上を敬う気持ちはこれっぽっちもないし
     
     
    我侭だし、凶暴だし、ウルサイ
     
     
    そのくせ寂しがり気が小さいところがあるし、泣き虫だし
     
     
    かと思うと突然とんでもない可愛い笑顔を見せるし
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    天使なんてとんでもない
     
     
     
    悪魔よりもめんどくさい
     
     
     
     
    最高のバカよ!
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    と言うところは最高でした!『凸サマ』ファンにはたまらないですね!
     
     
    誰よりも凸守のことをよく観察しているからこその言葉ですし、モリサマらしい愛情溢れる言葉でした!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度6位: 中二病でも恋がしたい!戀 8話レビュー
     
    1期で大人気となった作品の2期目です!
     
     
    『第1回京都アニメーション大賞奨励賞』を受賞した作品のアニメ化の続編です
     
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:虎虎
    イラスト:逢坂望美
    監督:石原立也
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・総作画監督:池田和美
    アニメ制作:京都アニメーション
     

    キャスト
     
    富樫勇太:福山潤
    小鳥遊六花:内田真礼
    丹生谷森夏:赤千夏
    五月七日くみん:浅倉杏美
    凸守早苗:上坂すみれ
    七宮智音:長妻樹里
     
     
     
     
     
     
     
     
    1期で大人気になりましたし、キャラ人気も含め2期も問題ないと思いますし…
     
     
    『京アニクオリティ』を楽しみたいと思います
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    さて、今回は『自分がモリサマ』だと言うニセサマの十九川菜摘が登場!
     
    ただ凸守はすっかりニセサマが本物と思い込んでしまいます…
     
    ってかいつも思いますが凸守洗脳されすぎですwあと十九川役は小清水亜美さんでしたがこの作品はゲスト声優が豪華ですね!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    で、最後は凸守がニセモノを崇拝する姿が我慢できなくなった本家モリサマが冒頭の言葉で凸守の洗脳された心を目覚めさせ…
     
    凸守と力を合わせて撃退します!
     
    モリサマのセリフは凸守のことをよく見ているのが分かるセリフで心に響きました!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんなこんなで8話終了ですが、『モリサマの凸守への愛情』がよく表現されていたと思います
     
    やっぱり『凸サマ』は人気もありますし、絡むといい味でますね!
     
    あと作画も素晴らしかったです!
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    そういえば8話の絵コンテ・演出雪村愛さんでしたが、確か『studio5組×マッドハウス』製作の『織田信奈の野望』の助監督をされていたと思いますが、京アニに移籍したんですかね?
     
    京アニのイメージは『外部からスタッフを取らずに内部のスタッフを育てる』というイメージがありましたが、もし移籍等なら京アニも変わってきているかもしれませんね
     
    今後も活躍を期待したいです! 
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    今回は『Wake Up Girls!』のお話ですが
     
    劇場版アニメ『Wake Up Girls! 七人のアイドル』のBDをソフマップで買って来ました! 
     
    特典として劇場版OP『タチアガレ!』CD、複製台本サイン入りクリアファイルが付いてました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて今回のBDには劇場版OP『タチアガレ!』のCDの付いてきますが、この曲は歌詞といい曲調といい本当に良い曲ですね!
     
    神前暁さんの素晴らしさが現れていると思います!
     
     
    歌詞も震災を経験した仙台だからこそ、この曲の『本当の意味』を理解することが出来ると思います!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    ここからは本編の内容ですが映画版は『Wake Up Girls!』 結成までの前日譚になっていまして…
      
    舞台である『仙台』で、どのように少女達が集まりこのグループが誕生したかが分かる構成になってます 
     
    テレビアニメ版は『結成後』のようですので、映画版を見るとアニメ版が『2倍楽しめる』ようになっています
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    そして『Mr.Tのお気に入り』のシーンですが…
     
    なんといっても『初ライブのダンスシーン』圧巻で、久々に鳥肌立ちました!『さすがヤマカン!』と思わせるに十分でした!
     
    劇場版はヤマカンさんが絵コンテをされているようですが、持ち味を発揮されている作品だった思いますし、そういう意味でファンを意思した作りになっているのも満足でした!
     
     
     
     
     
     
     
     
    それからこの作品は『現在の仙台』がメインの舞台となっていて、テレビアニメ版では『仮設住宅』なども出てきていましたし…
     
    『震災の影響』『震災復興』に関しては避けては通れないキーワードですし… 
      
    だからこそ『震災を風化させない』ためにも話題性のあるこの作品には期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ぜひとも多くの人にこの作品を見て欲しいです! 
     
     
    劇場版ならではの良さ生かされていますので楽しめると思います!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
      
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとBDには劇場版OP『タチアガレ!』の『ダンス教本』がついてますが…
      
    島田真夢役の吉岡茉祐さんのダンスはキレがあって見てて気持ちがいいです! 
     
    ダンス上手いです!よく練習しているのが分かります!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    それと関連するのですが、先日行われました『ワンダーフェスティバル』のステージで
     
    『Wake Up Girls!』のライブイベントが開催され…
     
     
    ・タチアガレ!(劇場版主題歌)
     
    ・言の葉 青葉(テレビ版ED)
     
    ・7 girls war(テレビ版OP)
     
     
     
    の3曲を歌ってくれましたが、激しい振り付けのダンスを踊りながら生歌で歌う姿は感動的でした!
     
    特に今回初公開の『7 girls war』はライブで盛り上がりますし、側転を交えながらのダンスシーンは思わず『スゲー!』って言っちゃいました♪
     
    こんなに激しい振り付けで歌うのはやっぱり『若い』ってすごいなぁと思いましたし勢いを感じました!ライブ映えするユニットだと思います!
     
     
     
     
     
    さすがavexのオーディション受かっただけありますね!ダンスはかなりのハイレベルになっていると思いますしぜひともライブを見に行って欲しいと思います!
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    早坂の『𠮟咤』
     
     
     
     
     
     
     
    頑張ってる?
     
     
     
     
     
     
    それ当たり前のことだ!
     
     
     
     
     
     
     
    誰だって頑張ってるんだよ! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    要は『結果』を出すこと!
     
     
     
     
     
     
     
    そのために人の2倍、3倍、4倍、10倍、100倍頑張るんだよ!
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    さてプロデューサーの早坂からダンスのレベルが上がらない『Wake Up Girls!』に対し𠮟咤するシーンから始まりましたが…
     
     
    2014年冬アニメ私的注目度3位: Wake Up, Girls! 8話レビュー!
     
     
    山本寛監督の久々の新作で、一番得意とする『アイドル』を題材にした作品です
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     

     
    近岡直さんのキャラデザも凄く良いですし…
     
    『ダンスシーン』にこだわりのあるヤマカンさんがどのように作ってくるのか非常に興味があります!  
     
    『アイマス』『ラブライブ』とアイドル作品が人気を博してますし、その流れに乗っていけるかも気になります
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて8話ですが前回ラストでプロデューサーの早坂から『アイドルの祭典』に出ることが伝えられた『Wake Up Girls!』ですが
     
    早坂の新曲の歌とダンスの練習をしても上手くいかず冒頭の言葉にあるように早坂に𠮟咤されます…
        
    まだ『皆で高み』を目指すという『グループとしての意思』が生まれない『Wake Up Girls!』…
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    早坂も結果を出してきたから『I-1の敵』をプロデュースをしてもお咎めがないですし、自由にやるためには『結果』を出さないと何も出来ないことを良く知っているようです
     
     
     
     
     
     
    そんな状況で『真夢』『I-1ではもっと練習していた』『トップアイドル時代の経験』を皆に伝えますが…
     
    リーダーの佳乃を中心に『そこまでやる必要があるのか?』という空気に…
     
    元トップアイドルだった真夢だからこそ『トップのレベルの凄さ』を良く知っているのですが、『駆け出しアイドル』の他のメンバーにはなかなか伝わりません…
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    最後は、このままではまとまらないこともあり団結を図るため『合宿』をすることに
     
    『I-1を辞めた過去を語らない真夢』を含め、この合宿で何かしら『前進』をしたいメンバー
     
    この合宿内容によって『祭典の成功の可否』が決まりそうです
      
     
     
     
     
     
     
    さてこれで8話終了ですが『メンバー内のやる気のレベル差』が如実に表れた回でした…
     
    特に『結果を出さなければ評価されない』という言葉が強く印象づけられました…
     
    AKB48だって今は人気ですが、その人気CD売り上げや大きなハコでのライブ成功など『結果』を出したからこそだと思いますし、『秋葉原のアイドル』という世間の偏見の目を変えさせることになった『結果をだすこと』は大事だと思いました
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    今後も『アイマス』や『ラブライブ』とは違うアプローチの『アイドル作品』になりそうですし…
     
    ダンスシーンや音楽を含め、楽しみたいです!
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』なのも魅力ですし期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが先日行われました『ワンダーフェスティバル』のステージで
     
    『Wake Up Girls!』のライブイベントが開催され…
     
     
    ・タチアガレ!(劇場版主題歌)
     
    ・言の葉 青葉(テレビ版ED)
     
    ・7 girls war(テレビ版OP)
     
     
     
    の3曲を歌ってくれましたが、激しい振り付けのダンスを踊りながら生歌で歌う姿は感動的でした!
     
    特に今回初公開の『7 girls war』はライブで盛り上がりますし、側転を交えながらのダンスシーンは思わず『スゲー!』って言っちゃいました♪
     
    こんなに激しい振り付けで歌うのはやっぱり『若い』ってすごいなぁと思いましたし勢いを感じました!ライブ映えするユニットだと思います!
     
     
     
    さすがavexのオーディション受かっただけありますね!ダンスはかなりのハイレベルになっていると思いますしぜひともライブを見に行って欲しいと思います!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
                 リンク集      
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今日は『万博記念公園』でJリーグ開幕戦第1節
     
    ガンバ大阪vs浦和レッズ戦がありました!
     
    開幕戦はJ2から復帰したガンバ相手でアウェイでも『J1チームとしての貫禄』を見せたかった試合ですが…
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    結果ですが・・・
     
     
    リーグDIVISION1第1節
    2014年3月1日(土) 19:04キックオフ・万博記念公園陸上競技場

    ガンバ大阪 0-1浦和レッズ
    得点者:43分 槙野智章
    入場者数:18,438人人
     
     
     
     
     
    前半終了間際のCKを槙野が決め、そのままレッズが開幕戦を勝利で飾りました!
     
    終盤は一進一退の攻防になりましたが浦和が1点をきっちり守りました!
      
    昨年は1点を守りきれなかった試合があり守備の建て直しは急務でしたが、守備はだいぶ改善したことが分かる試合でした!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
      
     
    さて今年最初の浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』でしたが、鈴木啓太の代わりに柏木がボランチに入り、移籍してきたGK西川が先発でした
     
    今日の布陣
     
     
     
               興梠
     
     
          原口       梅崎
     
     
       宇賀神              平川
     
     
           阿部     柏木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
               西川
     
     
     
    SUB:
    加藤、坪井、永田、啓太、矢島、関口、李 
     
     
     
     
     
    試合内容ですが、浦和は2年間実績を重ね自信をつけたミシャサッカー『積極的な守備』から『厚みのある攻撃』を展開します!
     
    そのためアウェイながら浦和が試合全体の6~7割近くボールキープをする展開に!
     
    この試合でも浦和のレベルが確実に上がっているのが良く分かりました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして浦和は前半終了間際にCKから1点を取り、そのまま後半も良い守備を見せ勝ちました!  
     
    後半は移籍してきた李を投入し、興梠に変わり1TOPにしたりと、いろんな攻撃バリエーションが増えたようです!
     
    これで興梠も『レギュラー安泰ではない』ことを意識付けられますし、永田と啓太を入れて『守備』意識を持たせるなど、昨年より守備面が成長したようです!
     
     
     
               
     
     
          原口       柏木
     
     
       宇賀神              平川
     
     
           阿部     鈴木
     
     
         槙野    永田    森脇 
     
               西川 
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    今回は浦和の選手から『気迫』を感じられて良かったと思います
     
    ガンバは宇佐美が戻ってきてからが怖くなりそうですね
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    これからも最後に笑うために、『王座奪還』に向けて浦和レッズを力強く応援していきましょう
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
    追記
     
     
     
     
     
    あとまだ1試合ですが、GK西川選手の足元の技術はさすがでした!
     
    GKはミシャサッカーの生命線ですし、今後も期待してます!
     
    ただまだまだこんなもんじゃないと思いますし期待してます!
     
     
    イメージ 3
     
      
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
     
    鶫の『恋心』
     
     
     
     
     
     
    そんなに誰かの為に一生懸命になれるヤツなら
     
     
     
     
     
     
     
    お前のことを好きになるヤツは絶対にいると思うぜ!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて、桐崎を守る使命優先で、恋をすることを知らなかった鶫に対し、条が『温かい言葉』を伝える場面から始まりましたが
      
     
     ニセコイ 話レビュー
     
    今期の『シャフト作品』ですが、どのようになるのか気になる作品です!
     
     
     
    スタッフ
    原作:古味直志
    総監督:新房昭之
    シリーズ構成:東冨耶子・新房昭之
    監督:龍輪直征
    キャラデザ・総作監:杉山延寛
    総作監:潮月一也、
    音楽:神前暁、
    アニメ制作:シャフト
     
     
    キャスト
    一条楽:内山昂輝
    桐崎千棘:東山奈央
    小野寺小咲:花澤香菜
    鶫誠士郎:小松未可子
     
     
     
     
     
      
    桐崎が『艦これの金剛』役の東山奈央さんなので、帰国子女キャラそのまんまなのも面白い趣向です!
     
    しかもウサギ耳型の髪飾り島風みたいで親しみやすいです!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて前回からクロードの差し金で鶫誠士郎が転校してきましたが…
     
    前回の一件もあり一条を意識しだす鶫!
     
    恋敵が一転気になる存在に…これもラブコメ定番ですね!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    その後、鶫と一条が買い物をすることになりますが…
     
    桐崎の命令で『可愛い服装』に着替えさせられる鶫!
     
    可愛い服装に慣れず『恥ずかしがる鶫』もまたグッドです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    ただその買い物中ヒールを履きなれていない鶫が足を痛めたため鶫を背負う一条と…
     
    冒頭の言葉にあるように『桐崎の為に一途』で恋を知らなかった鶫に『いつか恋も出来る』と伝える一条!
     
    一条の言葉いいですね!そしてこの言葉が決め手で一条に恋するようになり、胸が苦しくなる鶫…
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    そんな恋心を知らない鶫は胸の痛みの意味を知らないため、他の人に聞くと桐崎とクロード以外はそれを『恋』だと鶫に伝えます!
     
    桐崎達は鈍感ですが、ただこれで『学校内で周知の事実』になることに!
     
    これで今度は主人の桐崎と恋敵になってしまいました^^;
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    最後はその話を聞いて桐崎が昔の日記を探し出し
     
    その5歳の頃の日記の中にがあるのを見つけます!
     
    一条のペンダントとの関連性が気になる鍵ですね
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
     
    さてそんな8話でしたが鶫の可愛さが良く分かる回で面白かったです!
      
    それにしても一条に対して刺客として送り込まれながら2話で恋に落ちるのも早すぎですけどね^^;
     
    ただはこの作品でいいアクセントになったと思います!
     
    イメージ 8
     
     
     
    今回もさらに面白くなりそうですし…
     
    シャフトらしい『独特の感性の作品』でもあるので今後も楽しみです!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが、私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
     
     
     
      
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    今回は3月1日『アミューズミュージカルシアター(東京六本木)』で行われました・・・
     
    1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE『KEEP HAVING FUN 』ライブレビュー♪
     
    Key作品を含め、Liaさんの楽曲が大好きなMr.Tにとって最高のライブでした
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて早速レポですが今回初めて来るライブ会場でしたが六本木ヒルズの目の前にあるのが驚きでした!
     
    あとLiaさんにゆかりがあるKeyの馬場社長やアニプレックスなどの花も飾ってありました! 

     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    あと、今回ライブだけでなく
     
    カゲロウプロジェクトのイラストレーター『しづ』による初の個展開催
    IA×LEXUS TEAM SARD(SUPER GT 500)のレーシングカー「SC430」の展示
     
     
     
    の展示もあったのでいくつか撮って来ました!
     
     
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
    しづさんの絵は温かみがあっていいですね
     
     
     
     
     
    イメージ 14
     
    イメージ 15
     
    あとボーカロイドのIAって、ものすごい羽ばたいていったんだなぁ…SUPER GTのイメージキャラになってるんだ…驚きです
     
     
     
     
     
     
     
    さて17時00分になり開演ですが、今回の出演者は
     
      
    <出演者> 
    石風呂
    コンテンポラリーな生活
    じん(自然の敵P)
    IA
    Lia
     
    <ゲスト>
    多田葵
    富樫美鈴(Veil)
    メイリア(GARNiDELiA)
    GARNiDELiA
    marina
    Rock,stock and the Barrel(ナナホシ管弦楽団)
     
     
     
    1st PLACE初期から参加されているLiaさんをはじめ最近加入された『じん(自然の敵P)』さん、また異色の『IA』も含めフルラインナップでした!
     
    新旧織り交ぜたとっても贅沢なライブになりました! 
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    さて全てが最高だったライブですが、その中でも嬉しかった点をピックアップしますと・・・
     
     
     
     
    1.多田葵さん&marinaさんの『Angel Beats!』曲を堪能! 
     
    多田さんがED の『Brave song』を、marinaさんがガルデモの『Alchemy&Crow Song』を歌ってくれました!
     
    多田さんのしっとりした歌声は聞いてて心に響きましたし、ガルデモ曲の『Alchemy&Crow Song』はメチャクチャ大好きな曲なので嬉しかったです!
     
     
    イメージ 16
     
     
    イメージ 3
     
     
    それにしても久しぶりに『コール&レスポンス』しましたが、やっぱりガルデモ最高ですね!
     
     
     
     
     
     
     
     
    2.『じん(自然の敵P)』さんとメイリアさんがコラボ!
      
    今話題の『じん(自然の敵P)』さんが登場し春からアニメ化される『カゲロウプロジェクト』関連の曲を演奏してくれました!
     
    非常にノリの良い曲で楽しめました!あと『キルラキル』の新OPを歌われているGARNiDELiAのメイリアさんも良い歌声でした!
     
     
    セットリスト
     
    カゲロウデイズ
    夜咄ディセイブ
    夕景イエスタデイ
    オツキミリサイタル
    メカクシコード
    サマータイムレコード 
     
     
     
    私的にじんさんがどういう人か最近気になっていたのですが、MCでは『いい人』全開ですごく好感が持てました!
      
    あと春からアニメ化ということで製作が進行しているようですがアニメ作りは大変だと言われていました!
     
    ライブ終了後にアニメのポスターをもらいましたが今後の動きが注目ですね
     
    イメージ 4
     
     
    じんさんは2年前に1st PLACEから声をかけてもらえて所属してから、いろんな縁ができてよかったと言われていたのが印象的でした
     
     
     
     
     
     
     
    3.ボーカロイドのIA登場!
      
    ボーカロイドのIAですがスクリーンに映し出され演奏と合わせて歌っていましたが、ダンサブルな楽曲は聴いてて心地よかったです!
     
    ライブのアンコールではLiaさんと競演の形で『Angel Beats!』OP『My Soul, Your Beats』を歌ってくれましたが面白い趣向で素晴らしかったです!
     
    イメージ 5
     
    元々IAはLiaさんの声を音源にしているだけあって、やっぱり声の質が良いなぁ…と思っちゃいました
     
     
     
     
    4.ライブの締めくくりに『Lia』さん登場!
     
    最初にAIRの『夏影』を持ってきてくれてLiaさんファンのMr.Tは感動して鳥肌モノでした!
     
    その後も『鳥の詩』や過去のタイアップ曲、そして新曲の『セシル』のOPも歌ってくれて大満足でした!
     
    1st PLACE初期から支えていたメイン歌手のLiaさんですが本当に素晴らしい歌声でライブに行って良かったと心から思いました…
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    そんな形で感動のうちにライブは終了!
      
    アットホームな雰囲気のライブですごく癒されましたし元気をもらえました!
      
    今後もLiaさんやじんさんなど1st PLACE所属のアーティストの活躍楽しみにしてます!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば今日もライブが開催されますので行かれる方はぜひとも楽しんで欲しいですし…
     
    行けない方は『ニコ生』で放送されるようです
     
    ぜひとも多くの人に見て欲しいと思います!  
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    感想 : 今回塔の魔女の『ウィークエンド』が登場しましたが…
     
    とうとう『クライマックス』突入です!
     
    舞台が整いました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『水島努監督×J.C.STAFF』という『じょしらく』で見せた相性の良さが生かされそうな作品です!
     
    製作スタッフ
     
    原作:水薙竜
    監督・シリーズ構成:水島努
    脚本:水島努、横手美智子、吉田玲子
    キャラデザ:冷水由紀絵
    アニメ制作J.C.STAFF
     
    キャスト
     
    多華宮仄:小林裕介
    火々里綾火:瀬戸麻沙美
    多華宮霞:茅野愛衣
     
     
     
     
     
     
     
    『ガルパン』の水島努監督の新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『じょしらく』の時には最終回を当日に納品したくらい『こだわり』を持って作った『J.C.STAFF』を水島努監督も褒めていましたし、組み合わせとして面白そうです!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    今回も団欒のシーン凄く良かったです♪
    (てかもう誰が敵か分からなくなってきますね^^;)
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて9話冒頭は綾火が鬼教官として『仄の特訓』をしますが…
     
    仄がひじを擦りむいただけで練習を中止しようとしたり、かと思えば仄を屋上から突き落としたりやりたい放題の綾火w
     
    仄に魔法能力を習得させたい綾火ですが私情が入りすぎて練習になりません^^;
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    その後、綾火はよく見る子供の頃の夢を思い出しますが…
     
    夢の中の男の子に『見つけ出す』と告げる綾火!
     
    今後の展開の伏線のシーンですね
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    一方、綾火の母のかざねは塔の魔女の『ウィークエンド』と会っていましたが…
     
    『町全体を護っているかざね』の体力を奪うべく町を破壊するウィークエンド…
     
    邪魔者のかざねを隔離し仄を奪い取る作戦のウィークエンド…ちなみにウィークエンド役は平野綾さんです!
     
     
    イメージ 4
     
    ガルパンもそうですが積極的に平野綾さんを起用する水島努監督はさすがですね
     
     
     
     
     
    そんな『危機的な状況』で、綾火達ウィッチは地下にある『工房の魔女のアジト』へ終結しますが…
     
    仲間からウィークエンドに見つからないように隔離される綾火と仄…
     
    仲間からも隔離される仄と綾火…辛いですね
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    ただ最後は仄達がウィークエンドに場所を知られてしまう描写と…
     
    偶然出来た抜け道を使い逃げる綾火と仄
     
    魔力が使えない綾火と仄…正念場です
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで9話終了でしたが、今回は『綾火の子供の頃の夢』も含め段々『過去』が見えてきているようですし…
     
    『ウィークエンドの攻撃』を含め『クライマックス』に向けて盛り上がりを感じることが出来ました
      
    今後の展開も楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    あそういえば棗役の石原舞さんは『ガルパンのオレンジペコ』役でしたし…
     
    平野綾さんも含め、ガルパン声優がちょくちょく出てくれるのは私的にうれしいです!
     
    いろんなつながりがあるのが面白いですし、原作を既に読んでいますが今後一気に話が展開しますのでお楽しみに!
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
     
    あとOPも凄く良い曲ですよね
     
    CDを買って最近エンドレスで聞いてますが、今期のアニメOPEDの中でも特に印象的な曲なので皆さんもぜひとも買ってみてください!
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
     
    今回はLiaさんが歌う『ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル』のOP『JUSTITIA』のお話ですが、CDを買って来ました!
     
    Liaさんの歌が大好きなMr.Tにとっては待ちに待ったCDです!
     
    ジャケットはセシルっちが描かれていましたが綺麗です!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    ちなみに『JUSTITIA』はラテン語で『ユースティティア』と読むようで…
     
    Wikiってみましたら『ローマ神話に登場する正義の女神』で、現代でも『裁判所』にも置いてあるようです!
     
    弁魔士で裁判所が舞台だからOP名が『ユースティティア』…奥が深いですね!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 6
     
     
    あとCDに『天秤』の模様がありましたが納得です!
     
     
     
     
     
     
    早速CDを聞いてみましたが疾走感があって素晴らしい曲です! 
     
    最初はアニメのOPのレベルの高さに驚きましたが、その映像に乗ってLiaさんの歌声が入るとさらに魅力的になったのが印象的でした!
     
    非常に意欲的なアニメで、その作品にマッチしたOPだと思います! 
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    あと先週土曜日の『Liaさんのライブ』『JUSTITIA』を歌ってくれましたが…
     
    隣りのLiaさんファンの方と話しているときに『Liaさんが歌う曲としては珍しい部類の曲ですよね』という話で盛り上がっていたのを思い出しました!
     
    結構激しい曲調なのが新鮮ですし、聞いてて心に響きます!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    皆さんにもLiaさんのOPを買ってほしいです♪ 
     
    とてもいい曲ですのでオススメです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもLiaさんを起用してくれた梅津監督に感謝です!
     
    そして『1st PLACEライブ』でも思いましたが、AIRの『鳥の詩』から現在に至るまで第一線で活躍されるLiaさんは本当に素晴らしいと思います!
     
    ライブでも圧倒的な歌唱力は健在ですし、今後もLiaさんの活躍を応援しています!
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今日劇場版『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』完全生産限定版BDを買ってきました♪
     
    今回は秋葉原の『とらのあな』で購入してきました
     
    待ちに待った『劇場版あの花』の発売です!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて、とらのあなで買った理由は特製コースター&クリアポスター&フィルムコマが付いてくるからでした!
     
    こういう店舗特典はいいですね!嬉しくなります!
     
     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    ここで初回限定版の特典紹介ですが
     
     
     
    【完全生産限定版特典】
    ◆本編ディスク1枚+特典ディスク3枚
    <収録内容>
    ●Disc 1:本編+CM・トレーラー集・ノンクレジットオープニング(スペシャルO.A ver.)
    ●Disc 2:コンピレーションCD(収録時間:約1時間16分)
    「サークルゲーム」「青い栞」「secret base~君がくれたもの~」& Original Soundtrack 24曲
    ●Disc 3:イベント&メイキング映像(収録時間:約2時間7分)
    「埼玉西武ライオンズコラボイベント~超平和ライオンズデー~」(2013年8月17日開催)
    「あの花夏祭inちちぶ」(2013年8月24日開催)
    「公開初日舞台挨拶」(2013年8月31日開催)
    ●Disc 4:イベント&メイキング映像(収録時間:約2時間17分)
    「朝まで?"はな"テレビ」(2013年8月31日配信)
    「めんまの全国舞台挨拶旅」(2013年9月1日より開催)
    「龍勢祭」(2013年10月13日開催)
    ◆キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろし三方背BOX
    ◆キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろしデジパック
    ◆特製ブックレット100P
    岡田麿里書き下ろしショートストーリー「ほしの夜、こどもの夜」、
    長井龍雪絵コンテ、田中将賀総作画監督修正集、スタッフ座談会、ビジュアルコレクション、設定資料集 他
    ◆劇場パンフレット縮刷版56P
    ◆音声特典:オーディオコメンタリー(長井龍雪/岡田麿里/田中将賀/櫻井孝宏)
     
     
    メチャクチャ豪華です!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    ちなみにフィルムコマですが『めんま』でした!
     
    ちょうど基地で『皆との別れ』を決めるめんまの描写でした!
     
    良いシーンで嬉しいですし大切にします!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    さて本編ですが、テレビアニメ版のじんたん目線から、めんま目線の物語に再構築した劇場版の流れはラストを知っている分さらに感動しますし…
      
    特に、名曲『secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)』が流れる終盤のシーンは、久しぶりにメチャクチャ泣けました…
     
     
    元は『ZONE』の大ヒット曲のカバーですが本当に良い曲ですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    特に歌詞にある
     
     
     
     
    君と夏の終わり 将来の夢
     
    大きな希望 忘れない
     
    10年後の8月 また出会えるのを信じて
     
     
     
    君が最後まで 心から『ありがとう』
     
    叫んでたこと 知ってたよ 
      
    涙をこらえて 笑顔でさようなら
     
    せつないよね 最高の思い出を
     
     
     
     
     
     
    という歌詞はまさに作品とマッチした曲ですよね!
     
    この曲が流れるシーンはずっと鳥肌が立って、涙が流れっぱなしで、改めて『良い作品だなぁ…』と心から思いました
     
     
    名作と呼ぶににふさわしい劇場版だと思います!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとオーディオコメンタリーでは『長井龍雪監督、脚本の岡田麿里さん、キャラデザの田中将賀さん』の3名が出ていましたが3人とも『同年代』と言う話は何だか感動しました!
     
    アニメ業界で『同年代で仕事をする』ことはあまり例が無いとのことで、そういう意味でも『感性の共有』が出来たのかもしれませんね!
     
    作品に流れる『あの花らしい温かみのある空気』はそういうところに理由があるのかもしれませんね
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    あとテレビアニメが『綺麗な終わり方』だったので、劇場版という話は皆さん嬉しさと戸惑い半々だったようですが…
     
    いざ劇場版製作が決定した段階では、総集編ベースではあるものの『ファンのための作品』『ファンを絶対に裏切らない』ことを決めて作ったようです!
     
    『めんま目線』の作品として再構築しなおす作業は大変だったようですが、ファンの暖かい声援スタッフの『あの花愛』があったからこそ出来上がった劇場版だったことがよくわかりました
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    これから再度じっくり鑑賞したいと思います!
     
    BD『クリア&綺麗』な映像ですので最高です!
     
    また他にもコンピレーションCDやイベント収録ディスクも付いてきますし、是非とも多くの方に購入して欲しいです!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    本当に『あの花』は素晴らしい作品だと再認識しました…
     
    泣かせに来ているのが分かっているのに泣かせることが出来る長井龍雪監督と脚本の岡田麿里さんはやはり凄いと感じました!
     
    そしてじんたんがめんまに言った『皆が帰れる場所』というセリフもこの作品らしい心に響く言葉でした!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    あとテレビアニメ放送時にも話をしましたが、めんま役の茅野愛衣さんは今でこそ大人気声優さんですが、当時新人で『めんま』役が初ヒロイン役でしたし、その新人を抜擢したスタッフの眼力はものすごいと思いました!
     
     
    しかも茅野さんは元々美容関係の仕事でリラクゼーションをしていて・・・深夜帰宅して疲れているときにテレビで見た『ARIA』で癒されて・・・
     
     
     
     
     
    茅野さん : アニメにも癒しの力があるんだ
     
     
     
     
     
     
    と知り仕事をしながら声優の育成所に通って2010年4月にデビューしたという異色の経歴だったようですし・・・
     
    仕事をしながら声優のレッスンを受けてデビューを果たす…リーマンのMr.Tとしては尊敬しちゃいました!
     
    しかもきっかけが『ARIA』とは…Mr.Tも大好きな作品なのでそれも嬉しいです♪
     
     
     
     
     
     
     
    こういう経歴の人って応援したくなります!
     
    そして『あの花』も『ARIA』同様、間違いなく多くの人の心に残る作品になりました!
     
     
    今後もまだ見ていない多くの人に見てもらいたい作品だと改めて思いました
     
     
     
     
     
      
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    感想 : 今回は『小紅の揺れる恋心』見れた回でしたね!
       
    特に白夜と末続の『結婚話』を聞いた後の小紅の動揺などを見ていると胸が苦しくなりました…
      
    作画も引き続き綺麗ですし、よく動きますし、そういう意味でも良い作品だと思います!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    未確認で進行形 9話レビュー
     
     
    『GJ部』の藤原監督、『CLANNAD、IS』の構成:志茂さん、『GJ部、ゆるゆり』の動画工房と、製作スタッフに魅力がある作品です!
     
     
    製作スタッフ
     
    原作:荒井チェリー
    監督:藤原佳幸
    シリーズ構成・脚本:志茂文彦
    キャラデザ・総作監:菊池愛
    アニメ制作:動画工房
     

     
    キャスト
     
    夜ノ森小紅:照井春佳
    夜ノ森紅緒:松井恵理子
    三峰真白:吉田有里
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
     
    さて9話ですが、末続が同属と知った白夜に『結婚話』をしているところを偶然小紅が見てしまう場面から…
     
    動揺して動けなくなる小紅の姿は、いつも『しっかり』しているだけあって余計に際立ちます
     
    動けなくなる描写や動揺する描写など、細かいところもさりげなくしっかり描くのがこのアニメの素晴らしさだと思います
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    その後慌てて立ち上がってその場を逃げる小紅を追いかける白夜と…
     
    また真白は末続に『白夜は小紅という許婚がいる』と言い末続に注意します…
     
    日常アニメがなんだか『修羅場チック』になってきます
     
     
     
     
     
     
    そんな『心を動かされる事件』があったこともあり小紅も白夜のことを真剣に考えるようになり…
     
    最終的には『許婚といわれるが別に嫌ではない』と、遠回りに『好きだ』という気持ちを伝える小紅!
     
    だいぶ2人の仲が進展してきました!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    そんなこんなで9話まできましたが、とうとう小紅も白夜を『好き』と言う気持ちが芽生えてきた回でした!
      
    ただ、最後は紅緒が『白夜にジェラシー』全開の描写もあり、紅緒の動向も気になるところです
     
    あと末続も同属の男性と言うことで引き続き白夜は狙っているようですし、今後の展開が本当に楽しみです
     
    イメージ 4
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
    あと今回すごく『独特のカット』のシーンが多くて面白かったです!
       
    今回絵コンテは『福田道生』さんでしたが、『サマーウォーズ』の細田守監督作品に長年関わっている方のようでそういう意味でも興味深かったです!
      
    今後も注目してみたいと思います
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    夏夜と『震災』
     
     
     
     
     
     
     
    あんな小さな『ブイ』がいったいどうやって『アラスカ』まで流れ着いたか知らないけど…
     
     
     
     
     
     
     
     
    なんかアイツが私に『挑戦し続けろよ!』って言ってるみたいで…
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    頑張りたくても頑張れない人の為に、何かを頑張る…
     
     
     
     
     
     
     
    今はそう思っている!
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    さて東日本大震災で多大な影響を受けた気仙沼に住んでいた夏夜が…
     
    『被災者・犠牲者の為に頑張る』ことを決めアイドルをはじめたことを告げる場面からはじまりましたが…
     
     
     
     
     
     
     
    2014年冬アニメ私的注目度3位: Wake Up, Girls! 9話レビュー!
     
     
    山本寛監督の久々の新作で、一番得意とする『アイドル』を題材にした作品です
     
     
     
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:Green Leaves
    原案・監督:山本寛
    脚本:待田堂子
    音楽:神前暁
    キャラデザ:近岡直
    アニメ制作:Ordet×タツノコプロ
     

     
    キャスト
     
     
    島田真夢:吉岡茉祐
    林田藍里:永野愛理
    片山実波:田中美海
    七瀬佳乃:青山吉能
    久海菜々美:山下七海
    菊間夏夜:奥野香耶
    岡本未夕:高木美佑
     
     
     
     
     
     

     
    近岡直さんのキャラデザも凄く良いですし…
     
    『ダンスシーン』にこだわりのあるヤマカンさんがどのように作ってくるのか非常に興味があります!  
     
    『アイマス』『ラブライブ』とアイドル作品が人気を博してますし、その流れに乗っていけるかも気になります
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて9話ですが夏夜の提案で、夏夜のおばさんが経営している気仙沼の旅館で合宿をすることになった『Wake Up Girls!』ですが
     
    震災の影響を感じさせる町の描写と、現地の人の震災時より復興しているセリフが語られます
        
    震災の被害の大きさを感じる場面です…
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    私も震災後の2011年4月29日に仙台に行きましたが…
     
    海岸線沿いの被害の大きさを見て絶句した感覚を今回の描写を見て久々に思いだしました…
        
    その当時も復興は『数年単位』ではなく『数十年単位』だと思いましたが、まだまだ復興の道のりは続きます
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    その後合宿に入り、夏夜と真夢が2人きりになる場面で夏夜が『自分の秘密』を真夢に打ち明け…
     
    小さい時に両親を失い気仙沼のおばさんに引き取られた夏夜は東日本大震災を経験し、津波により漁に出ていた幼馴染を失った辛い経験で仙台に逃げてきたと語り…
     
    その後奇跡的に幼馴染の乗っていた漁船のブイが発見されたことで気持ちの整理ができ『震災で被害を受けた人・亡くなった人のため』にアイドルを目指すことを決めたと告げます… 
     
    夏夜の話は『震災』に絡めた辛い話ですが、夏夜の純粋な気持ちは心に響きます…
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    そして真夢も『何故I-1を辞めたのか』を夏夜に伝えますが…
     
    12歳で『I-1・1期生』としてオーディションに受かり、最初は『仲良し』楽しいグループだったものの…
     
    『恋愛禁止』のルールなど罰則を破った仲間を庇った真夢がI-1社長の白木の逆鱗に触れ、仕組まれて辞めさせられ、母親の実家の仙台に逃げてきたことを告げます… 
     
    真夢は『自分の意思』を貫いたものの、結局は『大人の都合』で捻じ曲げられる…劇場版で頑なに『芸能界入り』を拒んでいたのも理解できます…
     
     
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
     
     
    父に迷惑をかけたと真夢が言っていましたが、ゴシップ誌に父親と合っているのを『男性と密会』みたいに仕立て上げられたようですね…
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてアイドルに対して失意を持ちながら仙台に来た真夢ですが、藍里のオーディションを手伝ううちに『また歌いたい』という『純粋な欲求』が生まれ…
     
    『I-1の初期』のような自由な『Wake Up Girls!』に魅力を感じ加入しました
        
    厳しい環境で伸びる人間もいれば、自由な環境で伸びる人間もいる…環境って本当に大事だと思います
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
     
     
    最後は、その話を聞いていたほかのメンバーも合流し、菜々美も『光塚歌劇団』の応募を取りやめ『Wake Up Girls!』に専念することを宣言し…
     
    皆が『祭典』に向けて一致団結することに成功します!
     
    この合宿によってよりいっそう『メンバーの団結』が強くなりました  
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
    さてこれで9話終了ですが今回は震災で被害を受けた『気仙沼』を舞台に、『夏夜と真夢の過去』が明かされた回でした…
     
    皆が『それぞれ辛い思い』を持ちながらも、未来に向けて成長していこうという前向きな気持ちが見れてすごく心に響く回でした!
     
    そして震災の描写を逃げずにきっちり描くこの作品の『骨太さ』は素直に素晴らしいと思います
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    そして作品は『現在の仙台』がメインの舞台となっていることもあり…
     
    『震災の影響』『震災復興』に関しては避けては通れないキーワードですし… 
      
    だからこそ『震災を風化させない』ためにも話題性のあるこの作品には期待してます!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    今後も『アイマス』や『ラブライブ』とは違うアプローチの『アイドル作品』になりそうですし…
     
    ダンスシーンや音楽を含め、楽しみたいです!
     
    オリジナルらしい『先の読めない展開』なのも魅力ですし期待してます!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが先日行われました『ワンダーフェスティバル』のステージで
     
    『Wake Up Girls!』のライブイベントが開催され…
     
     
    ・タチアガレ!(劇場版主題歌)
     
    ・言の葉 青葉(テレビ版ED)
     
    ・7 girls war(テレビ版OP)
     
     
     
    の3曲を歌ってくれましたが、激しい振り付けのダンスを踊りながら生歌で歌う姿は感動的でした!
     
    特に今回初公開の『7 girls war』はライブで盛り上がりますし、側転を交えながらのダンスシーンは思わず『スゲー!』って言っちゃいました♪
     
    こんなに激しい振り付けで歌うのはやっぱり『若い』ってすごいなぁと思いましたし勢いを感じました!ライブ映えするユニットだと思います!
     
     
     
    さすがavexのオーディション受かっただけありますね!ダンスはかなりのハイレベルになっていると思いますしぜひともライブを見に行って欲しいと思います!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
                 リンク集      
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第2節『浦和レッズ戦vsサガン鳥栖』がありました!
     
    前節にG大阪に勝ち勢いに乗る浦和の今季初のホーム試合ですが… 
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    その結果は
     
     
     
     
    2014Jリーグ DIVISION1 第2節
    2014年3月8日(土) 16:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    浦和レッズ 0-1サガン鳥栖
    得点者:9分 豊田 陽平(鳥栖)
    入場者数:42,850人
     
     
     
     
     
     
     
    浦和は4万人を越えるサポーターの前で勝利を手にすることができませんでした…
      
    終始主導権は握るものの、ゴールにまで結びつきませんでした
     
    今後に課題を残す試合になりました… 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、今回は浦和のホーム開幕戦だけあってMr.Tも見に行きました!
      
    まず試合開始前の『ビジュアルサポート』ですが素晴らしかったです! 
     
    やっぱり埼玉スタジアムいいですね!壮観でした!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』でしたが、怪我の那須に代わりDF中央に永田、右に濱田が入り、森脇がサイドとなりました
     
    今日の布陣
     
     
     
               興梠
     
     
          原口       梅崎
     
     
       宇賀神              森脇
     
     
           阿部     柏木
     
     
         槙野    永田    濱田 
     
               西川
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    さて試合ですが、前半今期初先発の濱田が組み立てる途中にボールを奪われ、そのまま失点
     
    失点のシーンもそうですが、正直試合を通じて濱田がまだこの戦術に慣れていないのが目に付きました
     
    ただ濱田が悪いのではなく、ホーム開幕戦という大事な試合で戦術になれていない濱田選手を起用したミシャ監督が悪いです
     
     
     
     
     
     
     
    その後浦和も『厚みのある攻撃』を展開しますが…
     
    前年からの課題だった『守りに入った相手』に対しての攻めのバリエーションがまだまだ物足りませんでした…
     
    若干ロビングみたいなボールが入るところは昨年からの変化ですが、まだまだ上手くいきませんね
     
     
     
     
     
     
     
    結局そのまま0-1でホーム開幕戦は敗戦でした… 
     
    途中から李や関口が入りましたがイマイチ生かされていないようでそこも不満でした…
     
    あと今日はスタンドから『関口コール』出たのはビックリしましたが、サイドからの崩しがもうしこし出来たらよかったですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    今回の敗戦はかなり痛いですが、今後も『守備を固める相手』を崩す戦術をもっと増やして欲しいと思います
     
    守備に関してはだいぶ改善されてきているので、あとは攻撃ですね
     
     
     
     
     
     
     
    これからも最後に笑うために浦和レッズを力強く応援していきましょう
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
    試合には負けましたが『背番号9』の原口元気が見れたのは感慨深かったです…
     
    浦和ユースの時代から『将来の浦和を背負う逸材』として注目されていましたし、とうとうエースナンバーの9をつけるまでになったんですね…
     
    今後も苦しいときに点を取り浦和を支えた『この背番号の歴史』を胸に刻んで活躍して欲しいです!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
     
      
    感想 : 今回はラブコメ王道の『修学旅行&温泉』回でしたが面白かったです!
     
    あとこの作品は一貫して『ラブコメ王道』を突っ走ってますが、それでいいと思います!
     
    絵コンテはBLEACHの監督をしていた阿部記之さんでしたが独特のセンスを感じました!
      
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     ニセコイ 話レビュー
     
    今期の『シャフト作品』ですが、どのようになるのか気になる作品です!
     
     
     
    スタッフ
    原作:古味直志
    総監督:新房昭之
    シリーズ構成:東冨耶子・新房昭之
    監督:龍輪直征
    キャラデザ・総作監:杉山延寛
    総作監:潮月一也、
    音楽:神前暁、
    アニメ制作:シャフト
     
     
    キャスト
    一条楽:内山昂輝
    桐崎千棘:東山奈央
    小野寺小咲:花澤香菜
    鶫誠士郎:小松未可子
     
     
     
     
     
      
    桐崎が『艦これの金剛』役の東山奈央さんなので、帰国子女キャラそのまんまなのも面白い趣向です!
     
    しかもウサギ耳型の髪飾り島風みたいで親しみやすいです!
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
    さて今回は修学旅行と温泉がセットになった回でしたが…
     
    温泉で一条が仕組まれて女風呂に入ってしまうなど『王道展開』でした!
     
    定番中の定番ですが、やっぱりそうしたイベントは大事ですよね!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    あと『やけに分厚い湯気』が邪魔ですが…
     
    放送上湯気を入れないといけない範囲が良く分かりませんw
     
    まあ面白かったのでよかったです!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    さてそんな9話でしたが面白かったです!
      
    ラブコメ王道展開で攻めてきますが、王道だからこその良さが出ていると思います!
     
    この作品の面白さが生かされていると思いました!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    今回もさらに面白くなりそうですし…
     
    シャフトらしい『独特の感性の作品』でもあるので今後も楽しみです!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたが、私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
     
     
     
      
     
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

older | 1 | .... | 47 | 48 | (Page 49) | 50 | 51 | .... | 99 | newer