Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1181 to 1200 of 1962)
(showing articles 1181 to 1200 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 58 | 59 | (Page 60) | 61 | 62 | .... | 99 | newer

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第28『浦和レッズべガルタ仙台』戦がありました!
     
    優勝のためにも、中位の仙台に対しアウェイでも勝ち点3を取りたい試合でしたが…
     
     
     
    その結果は
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第28節
    10月18日(土)14:04キックオフ
    ユアテックスタジアム仙台
    ベガルタ仙台 4-2 浦和レッズ

    得点者:
    19分 ウイルソン(仙台)
    22分 野沢拓也(仙台)
    30分 興梠慎三
    37分 興梠慎三
    61分 赤嶺真吾(仙台)
    90+1分 村上和弘(仙台)

    入場者数:18,914人
     
     
     
    2失点した後に2点を取り返したものの、西川の珍しいミスで追加点を取られ万事休す…
     
    仙台に対し4点取られ負けてしまいました…
     
    浦和も同点に追いついた後に逆転できるチャンスもありましたが得点に結びつきませんでした
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    今日の浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』で…
     
    3連戦の初戦ですが、ますは不動のメンバーでそろえてきました
     
     
     
    今日の布陣
     
     
     
              興梠
     
     
         柏木         李
     
     
       宇賀神            平川
     
     
           阿部    鈴木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
     
    さて試合開始ですが浦和が2点取られた後に2点取り返すという激しい展開に!
       
    お互いの意地と意地がぶつかり合います
     
    仙台はホームで負けたくない、浦和は優勝の為に勝ちたいという気迫が前面に出た試合になります
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    その後浦和も押し込みますが、西川が珍しく判断ミスをして追加点を取られ劣勢になり…
      
    宇賀神退場もあり最後はダメ押しゴールで万事休す…
      
    3連戦の最初の試合でしたが残念ながら敗戦でした
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    残念ながら負けてしまいましたが、優勝のためには連敗しないこと大事ですし、次節の甲府戦が重要ですね
     
    残り6試合とラストスパートの時期になってきましたし、今後も期待したいです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    西川のミスで失点しましたが、今まで西川のおかげで取れた勝ち点を考えれば影響は微々たるものです!
     
    G大阪とは勝ち点4差ありますし、とにかくホームでは絶対に勝ち点3を取れるように次節甲府戦はサポが選手を後押ししましょう!
     
    残り6試合ですし、あとは総力戦になるのでとにかく『気迫で負けない』ように選手には奮起してほしいです
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
    今回は『聖杯戦争の説明回』でしたが『Fate/Zero』でもキーパーソンになった言峰綺礼が登場するのは何だか因果を感じました
      
    あと凜が士郎に対していろいろ世話をするのもなんだか微笑ましかったです
     
    当初マスターになる気はなかった士郎がセイバーを引き当てたことと、セイバーを望んでいたのにアーチャーだった凜の悔しいがり方の対比も面白かったです
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回は凜が士郎に『聖杯戦争の成り立ち』をレクチャーしますが…
     
    さらに詳しい言峰綺礼に士郎を合わせる凜
     
    前回の『Zero』に続き、聖杯戦争の監督役です
     
    イメージ 3
     
     
     
    そして綺礼は士郎の養父にあたる切嗣についてもににおわせる発言をします…
     
    ちなみに前回の『聖杯戦争』ですが切嗣が戦いの根絶』『恒久的な平和の実現』を実現するために全てを犠牲にしてまで求めた聖杯の正体は…
     
    結局切嗣が求めていた理想以上に『犠牲を伴うもの』と知ってしまいます…
     
    理想が打ち壊される切嗣…辛いですね…
     
     
     
     
     
    そして切嗣は『聖杯の価値』に絶望し…
     
    セイバーに令呪によって『聖杯の破壊』を命じます!
      
    しかし聖杯を壊してしまうとアイリが戻ってこない…苦しむセイバー…
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、結局聖杯は壊され冬木大火災が発生し多くの人が犠牲に… 
     
    正義の味方になりたかった切嗣の夢は儚く終わってしまいました…
     
    最悪の方向へ進んでいく前回の聖杯戦争…
     
     
     
     
     
    しかし、そこで切嗣が最後の希望として見つけたのが士郎で…
     
    今回の『Fate/stay night』へ帰結します… 
     
    Zeroは『Fate/stay night』へ至る話ですからね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな士郎に対し、セイバーはまだマスターとしては意志が弱いですが忠誠を誓います!
     
    先週までの激しい戦闘シーンのセイバーのイメージとはまた別の魅力に溢れるセイバー
     
    他のサーヴァントとは違うマスターへの熱い忠誠心は心に響きます… 
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    さて今回は士郎側への説明回いうこともあり、前回までのようの派手なアクションシーンはなかったですが…
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
      
    ではまた!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だったイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    あの小さかったイリヤがここまで成長したのはなんだか新鮮でした!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
    イメージ 5
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は7年前から空中に浮かんだ円盤の正体が『ノエル』で、乃々香達が子供の頃に呼んでいたことが明かされました
      
    そして前回乃々香と柚季が円盤を追い出すことを誓い合い、乃々香と柚季が親交を深まる描写と、ノエルから『もう少しだけ待って』という言葉がリンクしだしました
     
    子供の頃に希望されて呼ばれたノエルが今度は『帰れ』と言われる…切ないでね…
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度5位: 天体のメソッド 3話レビュー

    キャスト
    古宮乃々香:夏川椎菜
    水坂柚季:豊崎愛生
    椎原こはる:佳村はるか
    戸川汐音:小松未可子
    ノエル:水瀬いのり
    水坂湊太:石川界人
     
    スタッフ
    監督:迫井政行
    原案・脚本:久弥直樹
    キャラ原案:QP:flapper
    キャラデザ・総作監:秋谷有紀恵
    アニメ制作:Studio 3Hz
     
     
     
    ゲーム会社『Key』のシナリオライターとして『麻枝准』さんと双璧をなした『久弥直樹』さんが『sola』以来の久しぶりにアニメ作品に参加されるということで期待の作品です!
     
    Kanonなどの名作に関わった久弥さんですが、solaも非常に情緒的で良かったですし期待です!
     
    麻枝さん、虚淵さん、田中ロミオさんとゲームシナリオライター出身者がアニメ作品で活躍されていますので久弥さんにも期待です
     
     
     
     
      
     
      
    早速レビューですが今回は汐音がクローズアップされる回でしたが『子供の頃の乃々香との思い出』を今でも大切にしているようで…
     
    乃々香が子供の頃に何も言わずに町を出て行ってしまったことや、子供の頃をまったく覚えていないことで乃々香に冷たくあたります…
     
    昔は素直な性格だったことがうかがえる汐音…こうした心理描写はキャラの内面が見えていいですね
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    その後同行していた『汐音がいなくなった』ので乃々香が探しに行くと、逆に乃々香が迷子になり…
     
    乃々香を探しに久しぶりに子供の頃遊んでいた『柚季・汐音・こはる・湊太』が揃って乃々香探をしに行きますが…
     
    そこで『7年前に町から出て行ったのが乃々香』で、その時に『円盤を呼ぶ』ことを皆で願ったことを思い出します
      
    乃々香の過去の描写柚季達の記憶がリンクしていく…物語りに深みを持たせるのは久弥さんの脚本の上手いところだと思います
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    最後は乃々香の前にノエルが表われ…
     
    自分が『呼ばれた円盤』と言うノエル…
      
    柚季に『追い出そう』と言われた円盤がノエル…また謎を呼ぶ状況になってきました…
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    さて今回はノエルの正体が明かされましたが前回の柚季に続き汐音もキャラクターが立っていました!
     
    そして『昔の仲間に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルと円盤を組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    OPもEDも凄くいい曲ですし、solaの時もOPEDが良かったですが音楽も今後楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    前も書きましたが『天体のメソッド』のED『星屑のインターリュード』は何回も繰り返して見るど素晴らしいです!
      
    fhanaが奏でる曲は良い曲が多いですし、作画も素晴らしいです
     
    特にノエルのこの笑顔今年No.1のヒットと言っていいほど最高す!
     
     
     
     
     
     
      
    そして作画が本当に綺麗ですね…惚れ惚れします…
     
    この作画を見ると相当前から準備していたんだろうなぁ…と思いました…
     
    最後までこの作画で頑張ってほしいで!
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    セイバーvsランサーの戦闘シーン凄すぎる!ここまでハイクオリティな戦闘シーンをテレビアニメで出した会社はないんじゃないかな?
      
    前回のアーチャーvsランサーも素晴らしかったですが『Fate/Zero』『空の境界』と名作を世に送り出しているufotableの本領発揮です!
     
    2週連続で1時間放送ですし、ufoがこの作品に大きな力を入れているのが良く分かりました!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回も『1時間番組』にしてきました!
     
    理由としては『士郎&桜サイドのストーリー~セイバー登場』までを一区切りとして一気に見てもらいたいからのようですね 
     
    前回は凜サイドのストーリーを1時間でしたが、これでさらに『初見の人にも分かりやすく』なっていて良いと思いました
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    さて士郎サイドですが大河と桜が一緒に食事をする日常のシーンから!
     
    士郎の養父の切嗣との知り合いで士郎の保護者的な立場の大河と、とある事件をきっかけに1年前から士郎の料理を作りに来ることになった桜!
     
    日常は非常に和やかです。あとFate/Zeroではダークエンドになってしまった桜が明るくなっているのがZeroとのつながり的に嬉しいです!
     
    イメージ 12
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    そして前回とリンクし、士郎がアーチャーとランサーの試合を見てしまったため、ランサーに殺されそうになりますが…
     
    偶然召還したセイバーに窮地を救ってもらうことに!
     
    ここで士郎がセイバーのマスターになった経過が分かります
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    その後『セイバーvsランサー』の戦闘シーンになりますが『前回より凄い戦闘描写』になっていて鳥肌モノでした!
     
    TVアニメなのにハイクオリティな作画で感嘆の言葉しか出ませんでした…
     
    前回でも凄かったのにそれを凌駕する…本当に素晴らしい仕事だと思います! 
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    最後はランサーの必殺の槍『ゲイ・ボルグ』をセイバーがかわしたたためランサーは撤退
     
    入れ替わるようにアーチャーと凜が登場し、士郎がセイバーを獲得したことを知る凜…
     
    本来凜が望んでいたのはセイバーでしたが、偶然士郎が召還したことでまた展開が発展しそうです
     
     
    イメージ 13
     
    イメージ 8
     
     
     
    さて今回は士郎側の導入部分ということもあり、前回の凜側と同じく1時間かけて世界観の紹介となりましたが…
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
     
    桜にも今後どのような未来が待っているのか気になります
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    あと士郎の養父として登場した切嗣が正義感が強過ぎる士郎に対して『人を救うことの本質』を語るシーンで…
     
     
     
    士郎、誰かを救うということは、誰かを助けないということなんだよ
     
     

    いいかい?人間の手で救えるものはね、自分が肩入れした側のものだけなんだ
     
     
     
     
    というのは『Fate/Zero』でも描かれた切嗣の辛い経験も含めての言葉でもあり重みがあります…
     
    結局10年前のZeroで全てが失われ絶望した切嗣『唯一の希望』となった士郎に、そのことを知ってほしかったようですね
     
     
    イメージ 14
     
    イメージ 15
     
    イメージ 16
     
     
     
     
    そしてその言葉は『まどか☆マギカ』の7話で杏子がさやかに対して伝えた言葉にもリンクしますが
     
     
     
     
    私の祈りが家族を壊しちまった…
     
    他人の都合を知りもせず勝手な願い事をしたせいで、結局誰もが不幸になった 
     
    そのとき心に誓ったんだよ!
      
    もう二度と他人のために魔法を使ったりしない! 
     
    この力はすべて自分の為に使い切るって!
     
     
     
    奇跡ってのはタダじゃないんだ!
     
    希望を祈れば、それと同じ分だけの絶望を撒き散らされる
     
    そうして差し引きをゼロにして世の中のバランスは成り立ってるんだよ!
     
     
     
     
     
    という言葉がありましたが、まさにFate/Zeroを書かれた虚淵さんの言葉とリンクする部分だと思います
     
    奥が深い言葉だということと同時に、真実の言葉だと思います
     
     
    イメージ 17
     
     
     
    そんな10年前の切嗣の思いも含め、この作品が出来上がっていると思うと『Fate/Zero』との繋がりが興味深いですし…
     
    先々の展開も期待してます
     
    ではまた!
     
    イメージ 18
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
    あと今回から正式にOPEDが入りましたが、これも非常に綺麗でufoのセンスを感じました!
     
    そしてEDにはKalafinaufo作品に欠かせないアイテムが揃いました!
     
    OPEDも映像とリンクした描写が心に響きます…
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だったイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    あの小さかったイリヤがここまで成長したのはなんだか新鮮でした!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は7年前から空中に浮かんだ円盤にまつわる話でしたが豊崎さん演じる柚季が良い味を出していて面白かったです
      
    そして円盤を追い出すことを誓い合う乃々香と柚季が親交を深まる描写と、ノエルから『もう少しだけ待って』という言葉が出るなど、今後円盤がキーになる作品なのが見えました
     
    円盤を中心に徐々に物語が動きだします
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度5位: 天体のメソッド 2話レビュー

    キャスト
    古宮乃々香:夏川椎菜
    水坂柚季:豊崎愛生
    椎原こはる:佳村はるか
    戸川汐音:小松未可子
    ノエル:水瀬いのり
    水坂湊太:石川界人
     
    スタッフ
    監督:迫井政行
    原案・脚本:久弥直樹
    キャラ原案:QP:flapper
    キャラデザ・総作監:秋谷有紀恵
    アニメ制作:Studio 3Hz
     
     
     
    ゲーム会社『Key』のシナリオライターとして『麻枝准』さんと双璧をなした『久弥直樹』さんが『sola』以来の久しぶりにアニメ作品に参加されるということで期待の作品です!
     
    Kanonなどの名作に関わった久弥さんですが、solaも非常に情緒的で良かったですし期待です!
     
    麻枝さん、虚淵さん、田中ロミオさんとゲームシナリオライター出身者がアニメ作品で活躍されていますので久弥さんにも期待です
     
     
     
     
      
     
      
    早速レビューですが今回は主人公の乃々香が初めて学校に行きますが…
     
    そこで7年前から浮かぶ円盤を嫌う柚季に出会い、乃々香は強引に反対運動に参加させられるハメに…
     
    かなり天然な少女の柚季…ちなみに柚季役は豊崎愛生さんですが、久しぶりに『けいおん!』の唯っぽい声で演じられていて私的に嬉しいです!
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    その後『島まで行って円盤を追い出してくる』という無茶を言い出す柚季を止める乃々香の描写と…
     
    柚季が円盤を嫌いな理由が『円盤のせいで花火が上がらなくなった』ことを知った乃々香は、柚季のために一緒に円盤を追い出す仲間を探すことに!
      
    乃々香の過去の描写で母と一緒に花火を見たシーンが入るなど、うまく過去と現在を織り交ぜることで物語りに深みを持たせるのは久弥さんの脚本の上手いところだと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    その後『円盤を追い出す仲間』としてノエルに声をかける乃々香と…
     
    『もう少しだけ待って』という意味深な言葉をいうノエル…
      
    ノエルと円盤に関連性がありそうなのがこの言葉からも分かりますが、これで仲間集めは3人
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    さて今回は乃々香と柚季の交流が描かれましたが柚季のキャラクターが立っていました!
     
    そして『昔の仲間に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルと円盤を組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    OPもEDも凄くいい曲ですし、solaの時もOPEDが良かったですが音楽も今後楽しみです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    前も書きましたが『天体のメソッド』のED『星屑のインターリュード』は何回も繰り返して見るど素晴らしいです!
      
    fhanaが奏でる曲は良い曲が多いですし、作画も素晴らしいです
     
    特にノエルのこの笑顔今年No.1のヒットと言っていいほど最高す!
     
     
     
     
     
     
      
    あと、EDを作られた方を調べたら江畑諒真さんという方で、どこかで見たことある名前だなぁ…と思っていたら…
     
    『まどか☆マギカ』の1話の作画監督だったんですね!どうりで上手いはずです…
     
    エンディングアニメーションの絵コンテ・演出・作画監督・原画を全て担当しているというのですから素晴らしい才能ですし、今後も期待したいアニメーターさんでした
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
     
    今回は『ばらかもん』のお話です!
     
    渋谷マルイで今日まで『ばらかもん展』が開催されていたので行ってきました!
     
    私的に大好きな作品だったのと、素晴らしい書道を見たかったので行ってきました!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    『ガンガンONLINE』に連載作品のアニメ化です
     
    製作スタッフ
     
    原作:ヨシノサツキ
    監督:橘正紀
    シリーズ構成・脚本:ピエール杉浦
    キャラクターデザイン:まじろ

    音楽:川井憲次
    書(劇中):原雲涯
    アニメーション制作:キネマシトラス
     
    キャスト

    半田清舟:小野大輔
    琴石なる:原涼子
    山村美和:古木のぞみ
    新井珠子:大久保瑠美
    木戸浩志:内山昂輝
    久保田陽菜:遠藤璃菜
    ケン太:木村聖哉
    新井明彦:潘めぐみ
     
    この作品は2008年に読みきりで連載され、反響が大きかったため『ガンガンONLINE』で月1連載したもののようで…
     
    単行本は累計200万部突破している人気作品です
     
     
     
     
     
    この作品は私的にまったくノーマークでしたが1話を見てファンになりました!
     
    久しぶりに作品を見ながら自然と涙が出てきました…あと、なる役の原涼子ちゃんの演技も素晴らしかったです
     
    なんだかノイタミナの『うさぎドロップ』最初に見たときと同じ感覚で良作でした
     
     
     
     
     
     
     
    まずは『題名』がお出迎え!
     
    非常に絶妙なバランスで書かれて入れる書で、目を引きます!
     
    題名で見慣れているはずですが、見れば見るほど和む書です
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    次に1話で清舟が書いた『楽』を発見!
     
    清舟は『楽』という作品を作るほどこの島の生活に楽しみを見出していったシーンが数多く描かれましたが、その気持ちがわかるような書でした
     
    ホンモノの書は見る者の心を揺さぶります…本当にいい字ですね…
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    続いて最終回に出てきた清舟の『大切な人リスト』の書が飾られていました!
     
    この文字は実際に書かれていたんですね!すべての文字に感謝の気持ちが入っているようで楽しくなる書です
     
    こういう賑やかな書もまた味があっていいです
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    続いて『鼓動』という字が飾られていました!
     
    この字を見ていると、まさに字が飛び出してきそうな勢いを感じる作品で感動しました!
     
    躍動感のある字で見てて気持ちが高ぶります
     
     
    イメージ 16
     
     
     
     
    その他にも『極』や『名簿』がかかれた書もありました
     
    非常に達筆で見ているだけで心が落ち着きます
     
    こういう書に触れる機会を作ってくれたばらかもんに感謝です
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    続いて『アニメ制作関連』ですが、台本が置いてありました!
     
    しかも台本の表紙が凝っていて各話とも台本が魅力的で見入ってしまいました!
     
    こういう普段見れないものを見る機会があるのはファンとしてうれしいです!
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
    その他にもなるの原画清舟の真剣な顔の絵があったりとアニメを見た人が楽しめる内容になっていました!
     
    スタッフに愛されている作品だったんだと思えるような、非常に生き生きとした絵でした!
     
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
     
    そういえばBD1巻を買ったときに特典橘監督が書かれた1話の絵コンテも付いて来ましたが絵コンテから非常に味のある絵で惹きこまれました!
     
    あとブックレットにはシリーズ脚本を担当されたピエール杉浦さんのコメントが載っていましたが…
    作品のポイントを3つ挙げていて『1.書道のダイナミックさ』『2.方言』『3.なるのかわいさ』と言われていましたが、まさにその通りだと共感できました!
     
    脚本・絵コンテ含め、この作品の良さを上手く引き出していたと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな形で見学終了!ファンとして多くの書とアニメ関連資料を見れて面白かったです!
     
    来年2月にはファンイベントもありますし…
     
    作品としても素晴らしいので是非とも多くの方に今後もこの作品を応援してほしいと思います!
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、ここからは今回会場で買ってきたものの紹介ですが…
     
    『和紙のファイル、キャラデザイン入りクッキー、手ぬぐい』です
     
    和紙のファイルというのはいいセンスですね
     
     
    イメージ 12
     
     
     
    そしてクッキーですがメチャクチャ凝ってます!
     
    今まで見たことがないほどきっちり色つきでクッキーの表面にキャラが書かれていて驚きました…
     
    これ食べるのもったいないくらいの完成度です
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
    このなるは可愛すぎです!食べたくないなぁ…
     
     
     
     
    ただ食べないと賞味期限もあるのでもったいないですし、せっかくなので以前買ってきたヤマノススメのカップにお茶を入れて食べようと思います!
     
    壁には和紙のクリアファイルの『極』をポスター風に貼ってみました!
     
    ちょうど部屋に飾るのにぴったりのサイズで、和紙なのもグッドでした!
     
    イメージ 15
     
     
     
     
    それにしてもこの作品は心に響く言葉の宝庫でした!
     
    3話では清舟に対し『上ばっかり見る』のではなく『下を見て地道に進む』ことと『自分より優れた人には道を譲って、無理せず自分の歩幅で歩く』という内容のセリフにはグッと来ました…
     
     
     
     
     
    今後ぜひとも日テレには『土or日の夕方に再放送』して欲しいと思います!
     
    こんないい作品を深夜の視聴者だけのものにするのはもったいないです!多くの人に見てもらえる時間に再放送したらもっと反響が大きくなると思うので検討して欲しいです
     
     
     
     
     
                 リンク集      
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     

    0 0

     
     
    今日サッカー日本代表はシンガポールのナショナルスタジアムでブラジル代表と対戦しましたが0-4惨敗しました
     
    アギーレ監督はブラジル相手でも来年1月開催の『アジアカップに向けての人選の試合』としてFW小林悠、MF森岡亮太、MF田口泰士と3人の国際Aマッチ初先発選手を起用しましたが、はっきり言ってブラジルに対して失礼な選手起用でした
     
    ブラジルを相手にできるなんて数年に1回あるかないかのせっかくのチャンスなのに国際Aマッチ初先発3人出す時点でナンセンスすぎてガッカリしました…
     
    イメージ 1
     
     
    その選手起用で1点差くらいの僅差で負けたならまだしも、7割くらいの力しか出していないブラジルに4点取られているんじゃ目も当てられないよ…
     
     
     
     
     
     
    しかもアンカーに田口を起用していましたが、細貝とか海外でそのポジションで実績を持つ選手を使わない理由がまったく分かりません…
     
    失点は簡単なスルーパスを通されたものですし、DFの連携が全然上手くいっていないのも見ていて辛かったです…
      
    アンカーが不安定な上に、4バックに慣れていない塩谷がDFラインにいるため、DFが機能していない状況でした
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    正直今回の試合を見ても『日本人の特徴』を生かしているとは思えませんでしたし、アギーレ監督に4年間日本代表を任せて本当にいいのか疑問だけが残る試合でした…
     
    4年後を見据えて戦うためにも、もし日本サッカーに合わない監督なら早めに変えて欲しいです
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
    あとブラジルが強いとはいえ川島は点を取られすぎです…
     
    前回完封した西川を使わずにベネズエラ戦でファンブルした川島を今回アギーレ監督は使ってきましたが、正直今日の試合では川島はまったく当たってませんでした…
     
    こういう強豪の試合だからこそ『GKの好守でチームを盛り上げる』ことが大事でしたが、今日の試合を見るかぎりでは早めにGKは世代交代が必要なのではと思わざるをえませんでした…
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     

    0 0

     
    今回は久しぶりに霧ヶ峰の車山への登山回でしたが富士登山でマイナスイメージになっていたあおいが復活しました
     
    そして『思い出の山』が谷川岳ということも判明しました!
      
    これで次の登山する山も決まり、新しい展開になりますね
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    2014年夏アニメ:ヤマノススメ セカンドシーズン第14話レビュー!
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、今期の『癒し枠』として期待できそうです
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯


    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて14話ですが、今回は久しぶりに避暑のため登山をすることを提案するひなたですが、前回富士登山で母に心配をかけたあおいは頼みづらいと言うと
     
    ひなたはあおいの母も連れていこうと提案します
     
    たしかに同行であればあおいの母も心配もないですね
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    そしてあおいの母はその提案を了承してくれたことで山の選定をしますが、ひなたの父が『霧ヶ峰』を推薦しそこに行くことに!
     
    霧ヶ峰は登りやすい山ということで、初心者のあおいの母でも登れるちょうど良い登山になりました
     
    そして登山経験豊富なひなたの父も『同行』することに!
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
    楓はお天気お姉さん風の服が似合いますね!
     
     
     
     
     
    霧ヶ峰に着くと車山に登るルートを行くことになりますが、途中の景色を見て『思い出の山』のことをあおいとひなたが思い出し…
     
    ひなたの父がその山は『谷川岳』のことだと告げると2人は『今度は谷川岳へ行く』ことを決めます!
     
    とうとう思い出の山の名前まで辿り着きました
     
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そんな14話でしたが、霧ヶ峰登山であおいが富士登山のマイナスイメージの整理がついたようでよかったです!
     
    あと今回『あおいの母』『ひなたの父』が出てきましたが、家族を交えた交流というのもいいですね!
     
    クール目のEDは前回もそうでしたが1期の『スタッカート・デイズ』になりそうですね!この曲も良い曲なので嬉しいです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    それと山頂での『インスタントラーメン』ですが男の料理っぽくてよかったです!
     
    こういうところで食べる食事は美味しいんですよねぇ…
     
    見ててお腹が減る描写でしたね!あとあおいとひなたが仲良く食べる姿も良かったです!
     
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば10月11,12日と『第2回アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)』がさいたま市のソニックシティで行われました!
      
    地元でこうしたアニメのお祭りが開催されるのは嬉しいです!
     
     
     
     
    もちろん『ヤマノススメ』も特集されていましてラッピングバスも見学できました!
     
    特番でも井口さん達が乗っていましたがかなり凝っているのが直に感じられて良かったです!
     
    車内も作品に関連する写真があったりとヤマノススメファンにはたまらないバスです楽しかったです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        
    それから『ヤマノススメ×石井スポーツ』コラボグッズ第二弾の『ボトル&マグカップ』を買って来ました!
     
    実用的なこともさることながら非常に良品で、『Natural Spirit チタニウム製 ダブルウォールカップ』は世界有数の金属加工地である新潟燕三条の職人さんの手ひとつひとつ丹念に製造された特注品です
     
    数量限定ということもあって買えるかドキドキしていましたが、買えて良かったです…大切にします!
     
     
     
     
     
     
     
    あと前も書きましたが、登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれる作品になることを期待すると共に、登山初心者の方にも『是非山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
    そして以前『石井スポーツ』で見かけた『ポスター』『山登り10訓』というものがあり非常に共感したのでご紹介します
     
    是非とも登山される方にはこの内容を守って欲しいと思います!
     
    まさに今の状況こそ必要な訓示だと思いますし多くの人に知って欲しいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     

    0 0

     
     
    感想 : この作品見れば見るほど『水島努監督のガルパン製作』を自虐しているようにしかみえないんですけどw
      
    『オリジナルアニメでこだわりすぎ』とか『総集編はもう嫌だ』とかまさに水島努監督のことですね!
     
    木下監督も水島努監督っぽい感じですし、終始大笑いしながら見てましたw
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 13
     
     
    そういえばガルパンは1クール中2回総集編で、2回目の総集編のラストは『ジャンプの打ち切り作品』みたいな終わり方で1クールで放送し切れなかったと言う伝説をつくりましたからねw
    (変則1クールというものすごい形態のアニメになってましたw)
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位SHIROBAKO 
     
     

    キャスト
    宮森あおい:木村珠莉
    安原絵麻:佳村はるか
    坂木しずか:千菅春香
    藤堂美沙:野麻美
    今井みどり:大和田仁美

    スタッフ
    原作:武蔵野アニメーション
    監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラクター原案:ぽんかん⑧
    キャラデザ:関口可奈味
    アニメ制作:P.A.WORKS
     
     
    『ガルパン』の水島努監督のオリジナル新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『Angel Beats』でも綺麗な作画を見せてくれた関口可奈味さんがキャラデザで期待です
     
     
     
     
     
     
    さて2話ですが、4話作画監督の瀬川が疲労で倒れる描写からスタートでしたが、ただの立ちくらみと判明…
     
    これで4話の製作が切羽詰った状況に…
     
    あと、あおいが瀬川を看病しながら『頑張りすぎて体壊したら元も子もないですから!』って言うセリフも『お前達が無理させてるじゃん!』って思わず突っ込んじゃいましたw
     
    イメージ 4
     
     
     
    その後、瀬川のヘルプを遠藤に頼みに行くと『瀬川さんは俺のこと嫌いないんじゃないか?』と不信感を持っていることで断ろうとしますが…
     
    あおいが『瀬川が遠藤のことを気にかけていた』と伝えると急『素直』になりヘルプをすることを了承する遠藤!
     
    ここは凄いリアルな展開だなぁ…って思っちゃいました!やっぱり気にかけてもらえると『やってみるか』と思いますからね!それが人情ってものです
     
    イメージ 5
     
    あおいもストレートに言うところがプラスに働いた場面だと思います 
     
     
     
     
    一方4話では監督が『あるぴんの描写と設定』にこだわりを持ち、作画からリテイクをかけようとしますが『製作が押している』という状況の中で他のスタッフと衝突し…
     
    結局あおいが『何をするにしてもキャラの再設定が必要』ということでスタッフを全員集め議論します!
     
    このシーンでは『こだわりのせいで前作が大変なことになった』と言うシーンがありますが、水島努監督がガルパンを2回も総集編にしたことを言っているのかなぁ…と思っちゃいましたw
     
    イメージ 6
     
     
     
    ってかあおいの仕切る能力は監督以上ですね!
     
     
     
     
     
    最後はスタッフ全員の『あるぴん像』を出し合い、キャラに命を吹き込みます!
     
    よく良いアニメやマンガは『キャラが勝手に動き出す』という話を聞いたことがありますが、キャラに愛情があるからこそ、生きているような錯覚になるのかなぁ…と思う描写でした
     
    監督の独断も必要ですが、私的にはこういう『皆で決めあう』という家族的な製作会社のほうが好きだなぁ…
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    さてそんな2話でしたがキャラへの愛情を感じる内容でよかったです!
     
    あとアフレコの時に出てきた声優さんがいわゆる中の人的な『茅野愛衣さんん・伊藤静さん・中原麻衣さん』に顔がそっくりだったのもこだわりがあってよかったです!
     
    茅野さんとかアニメにするとあんな感じなんだなぁ…って嬉しくなっちゃいました
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 11
     
     
     
     
    今後もどんな自虐(?)がでるのか楽しみしますw
     
     
     
    ではまた!
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    そういえばキャラの表情で木下監督が力説していましたが、なんだか分かる気がしました!
     
    というのも『京アニ・CLANNAD』の『18話・逆転の秘策』の杏の椋の本気の泣き顔は今でも覚えているほど魂がこもっていました!
     
    その当時Mr.Tはアニメをほとんど見なくなっていましたが、たまたま見たこの顔の『本気度』『アニメって凄い!』と思い、再びアニメの世界に戻ってきたこともあり『人の心に訴えかける何か』ってやっぱり大事だと思いました
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今回は西也支配人代行の『初指導』の回でしたが、集客を増やすためにいろんな手を打ってきましたね!
     
    料金の値下げや水着動画配信など、とにかく『お客に来て貰うこと』が大切なことがわかります!お客が来なければフードパークやお土産屋などの高収益部門にお金が落ちないですからね
     
    あと水着のシーンは魅せ方が抜群でしたが、今回の絵コンテ・演出にCLANNAD監督の石原立也さんだったので納得でした!良い仕事しますね!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度4位: 甘城ブリリアントパーク 
     
     

    キャスト
    可児江西也:内山昂輝
    千斗いすず:加隈亜衣
    ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ


    スタッフ
    原作:賀東招二
    原作イラスト:なかじまゆか
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:志茂文彦
    キャラデザ:門脇未来
    音楽:光宗信吉
    アニメ制作:京都アニメーション
     
     
     
    今期の京アニは久しぶりのTBSでの放送で期待が高い作品です!
     
    シリーズ脚本も『CLANNAD』の志茂さんですし安定して楽しめそうな作品です
     
    『Free』が人気ですし、この作品次第で京アニの作品作り(女性向けに特化?)も変わってきそうですし気になりますね
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『古びた遊園地・甘城ブリリアントパーク』を舞台にした内容で…
     
    主人公の西也は突然表われたヒロインのいすずに遊園地に連れてこられ『支配人代行』をさせられることに
     
    支配人のフルーランザとのキスで『相手の心が読める魔法』を授けられる西也…
     
    イメージ 2
     
     
     
    そして遊園地は甘城企画との契約で『5年連続で50万人を下回る』場合には経営権を甘城企画に委譲することになっており、今年が5年目で、9か月経ってもいまだに25万人しかいない状況…
     
    そんな状況で西也は支配人代行初日にまず『臨時休業』し、キャストに清掃をさせた上で部長会議で…
     
    1.営業時間の延長
     
    2.定休日の全廃
     
    3.完全無料(のちに30円に変更)
     
     
     
    3つの集客対策を打ち出します!
     
    特に3の完全無料は『一番強いカンフル剤』ですが、一度お客が安い価格の旨味を知ってしまうと、少しでも値段が上がると拒否反応を示す可能性がある『諸刃の刃』ですが、西也はとにかく『集客』を大前提にします…
     
    確かに甘城企画とは『人数の縛り』しかないですからね
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    その後いすずやラティファに水着を着せて動画配信など集客を狙う西也ですが、西也も動画を見ただけで来る人は1%と知った上で…
     
    それでも1,000人の来場客を1,001人にするだけの価値があると説明します
     
    たかが1名とはいうものの、その積み上げが最後にものを言いますので出来る手段は何でもする西也の考えはさすがだと思いました
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さてそんな3話でしたが、落ち目の遊園地を立て直す『経営改善アニメ』になりそうでリーマンのMr.Tとしても勉強になりそうな作品ですし…
     
    京アニの美しい作画も含め先々楽しみです!
     
    あと前回京アニらしい美しい作画の水着もいいですし、今後も期待したいと思います
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    前作『Free!』で男の水着姿を描いたかと思えば、今回『甘ブリ』で女性の水着姿も描ける…さすが京アニですね!
     
    男女お互い『喜ぶ理由』が分かるようになっていて面白いですw
     
    こういう幅広い能力が京アニの素晴らしさだと思いますし今後も楽しみです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第28『浦和レッズべガルタ仙台』戦がありました!
     
    優勝のためにも、中位の仙台に対しアウェイでも勝ち点3を取りたい試合でしたが…
     
     
     
    その結果は
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第28節
    10月18日(土)14:04キックオフ
    ユアテックスタジアム仙台
    ベガルタ仙台 4-2 浦和レッズ

    得点者:
    19分 ウイルソン(仙台)
    22分 野沢拓也(仙台)
    30分 興梠慎三
    37分 興梠慎三
    61分 赤嶺真吾(仙台)
    90+1分 村上和弘(仙台)

    入場者数:18,914人
     
     
     
    2失点した後に2点を取り返したものの、西川の珍しいミスで追加点を取られ万事休す…
     
    仙台に対し4点取られ負けてしまいました…
     
    浦和も同点に追いついた後に逆転できるチャンスもありましたが得点に結びつきませんでした
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    今日の浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』で…
     
    3連戦の初戦ですが、ますは不動のメンバーでそろえてきました
     
     
     
    今日の布陣
     
     
     
              興梠
     
     
         柏木         李
     
     
       宇賀神            平川
     
     
           阿部    鈴木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
     
    さて試合開始ですが浦和が2点取られた後に2点取り返すという激しい展開に!
       
    お互いの意地と意地がぶつかり合います
     
    仙台はホームで負けたくない、浦和は優勝の為に勝ちたいという気迫が前面に出た試合になります
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    その後浦和も押し込みますが、西川が珍しく判断ミスをして追加点を取られ劣勢になり…
      
    宇賀神退場もあり最後はダメ押しゴールで万事休す…
      
    3連戦の最初の試合でしたが残念ながら敗戦でした
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    残念ながら負けてしまいましたが、優勝のためには連敗しないこと大事ですし、次節の甲府戦が重要ですね
     
    残り6試合とラストスパートの時期になってきましたし、今後も期待したいです!
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    西川のミスで失点しましたが、今まで西川のおかげで取れた勝ち点を考えれば影響は微々たるものです!
     
    G大阪とは勝ち点4差ありますし、とにかくホームでは絶対に勝ち点3を取れるように次節甲府戦はサポが選手を後押ししましょう!
     
    残り6試合ですし、あとは総力戦になるのでとにかく『気迫で負けない』ように選手には奮起してほしいです
     
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
    今回は『聖杯戦争の説明回』でしたが『Fate/Zero』でもキーパーソンになった言峰綺礼が登場するのは何だか因果を感じました
      
    あと凜が士郎に対していろいろ世話をするのもなんだか微笑ましかったです
     
    当初マスターになる気はなかった士郎がセイバーを引き当てたことと、セイバーを望んでいたのにアーチャーだった凜の悔しいがり方の対比も面白かったです
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回は凜が士郎に『聖杯戦争の成り立ち』をレクチャーしますが…
     
    さらに詳しい言峰綺礼に士郎を合わせる凜
     
    前回の『Zero』に続き、聖杯戦争の監督役です
     
    イメージ 3
     
     
     
    そして綺礼は士郎の養父にあたる切嗣についてもににおわせる発言をします…
     
    ちなみに前回の『聖杯戦争』ですが切嗣が戦いの根絶』『恒久的な平和の実現』を実現するために全てを犠牲にしてまで求めた聖杯の正体は…
     
    結局切嗣が求めていた理想以上に『犠牲を伴うもの』と知ってしまいます…
     
    理想が打ち壊される切嗣…辛いですね…
     
     
     
     
     
    そして切嗣は『聖杯の価値』に絶望し…
     
    セイバーに令呪によって『聖杯の破壊』を命じます!
      
    しかし聖杯を壊してしまうとアイリが戻ってこない…苦しむセイバー…
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後、結局聖杯は壊され冬木大火災が発生し多くの人が犠牲に… 
     
    正義の味方になりたかった切嗣の夢は儚く終わってしまいました…
     
    最悪の方向へ進んでいく前回の聖杯戦争…
     
     
     
     
     
    しかし、そこで切嗣が最後の希望として見つけたのが士郎で…
     
    今回の『Fate/stay night』へ帰結します… 
     
    Zeroは『Fate/stay night』へ至る話ですからね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そんな士郎に対し、セイバーはまだマスターとしては意志が弱いですが忠誠を誓います!
     
    先週までの激しい戦闘シーンのセイバーのイメージとはまた別の魅力に溢れるセイバー
     
    他のサーヴァントとは違うマスターへの熱い忠誠心は心に響きます… 
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    さて今回は士郎側への説明回いうこともあり、前回までのようの派手なアクションシーンはなかったですが…
     
    今後聖杯戦争に向けて各陣営がどう動いていくのかが見ものです!
      
    ではまた!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だったイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    あの小さかったイリヤがここまで成長したのはなんだか新鮮でした!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
    イメージ 5
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は7年前から空中に浮かんだ円盤の正体が『ノエル』で、乃々香達が子供の頃に呼んでいたことが明かされました
      
    そして前回乃々香と柚季が円盤を追い出すことを誓い合い、乃々香と柚季が親交を深まる描写と、ノエルから『もう少しだけ待って』という言葉がリンクしだしました
     
    子供の頃に希望されて呼ばれたノエルが今度は『帰れ』と言われる…切ないでね…
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度5位: 天体のメソッド 3話レビュー

    キャスト
    古宮乃々香:夏川椎菜
    水坂柚季:豊崎愛生
    椎原こはる:佳村はるか
    戸川汐音:小松未可子
    ノエル:水瀬いのり
    水坂湊太:石川界人
     
    スタッフ
    監督:迫井政行
    原案・脚本:久弥直樹
    キャラ原案:QP:flapper
    キャラデザ・総作監:秋谷有紀恵
    アニメ制作:Studio 3Hz
     
     
     
    ゲーム会社『Key』のシナリオライターとして『麻枝准』さんと双璧をなした『久弥直樹』さんが『sola』以来の久しぶりにアニメ作品に参加されるということで期待の作品です!
     
    Kanonなどの名作に関わった久弥さんですが、solaも非常に情緒的で良かったですし期待です!
     
    麻枝さん、虚淵さん、田中ロミオさんとゲームシナリオライター出身者がアニメ作品で活躍されていますので久弥さんにも期待です
     
     
     
     
      
     
      
    早速レビューですが今回は汐音がクローズアップされる回でしたが『子供の頃の乃々香との思い出』を今でも大切にしているようで…
     
    乃々香が子供の頃に何も言わずに町を出て行ってしまったことや、子供の頃をまったく覚えていないことで乃々香に冷たくあたります…
     
    昔は素直な性格だったことがうかがえる汐音…こうした心理描写はキャラの内面が見えていいですね
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    その後同行していた『汐音がいなくなった』ので乃々香が探しに行くと、逆に乃々香が迷子になり…
     
    乃々香を探しに久しぶりに子供の頃遊んでいた『柚季・汐音・こはる・湊太』が揃って乃々香探をしに行きますが…
     
    そこで『7年前に町から出て行ったのが乃々香』で、その時に『円盤を呼ぶ』ことを皆で願ったことを思い出します
      
    乃々香の過去の描写柚季達の記憶がリンクしていく…物語りに深みを持たせるのは久弥さんの脚本の上手いところだと思います
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    最後は乃々香の前にノエルが表われ…
     
    自分が『呼ばれた円盤』と言うノエル…
      
    柚季に『追い出そう』と言われた円盤がノエル…また謎を呼ぶ状況になってきました…
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    さて今回はノエルの正体が明かされましたが前回の柚季に続き汐音もキャラクターが立っていました!
     
    そして『昔の仲間に会う』というシンプルな展開と謎の少女ノエルと円盤を組み合わせて物語に幅を持たせるのも面白いですね
     
    OPもEDも凄くいい曲ですし、solaの時もOPEDが良かったですが音楽も今後楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
     
    前も書きましたが『天体のメソッド』のED『星屑のインターリュード』は何回も繰り返して見るど素晴らしいです!
      
    fhanaが奏でる曲は良い曲が多いですし、作画も素晴らしいです
     
    特にノエルのこの笑顔今年No.1のヒットと言っていいほど最高す!
     
     
     
     
     
     
      
    そして作画が本当に綺麗ですね…惚れ惚れします…
     
    この作画を見ると相当前から準備していたんだろうなぁ…と思いました…
     
    最後までこの作画で頑張ってほしいで!
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    今回は『楓メイン回』でしたが普段は落ち着いている楓の内面が描かれていて良かったです!
     
    楓の『自由人』としての生き方も、その楓を心配してくれる友人に歩調をあわせるようになったこともどっちも大切だと思いました
      
    非常に哲学的な話で山登りだけでなく共感できる話だったと思います
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    2014年夏アニメ:ヤマノススメ セカンドシーズン第15話レビュー!
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、今期の『癒し枠』として期待できそうです
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯


    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて15話ですが、今回は楓が部屋の片付けをするところから始まりますが
     
    楓の思考として『できるだけ身軽でいたい』という『自由人』的な考えを持っているようで、服を捨てるのも躊躇ないようですね
     
    楓が単独登山を行うのもそういう思考が影響しているのかもですね
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    そんな楓ですが捨てられない雨具を見つけて回想に入りますが、そこには楓の単独登山に反対する友人のゆうかという少女が現れますが…
     
    楓を心配して『女子の単独登山が危険』だと忠告しますが楓は軽く受け流してしまいます…
     
    楓は単独登山に楽しみを見出していることもあり、忠告はまったく耳に入りません…
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    そしてある日、楓が単独登山をしていると足を挫いてしまったため包帯を巻いているところをゆうかが見かけ本気で心配しますが…
     
    楓がまた『心配するほどではない』と軽く流そうとしますが、その態度にゆうかが本気で怒って帰ってしまいます…
     
    一歩間違えれば死んでしまうかもしれなかったことを楓が認識していないのも問題がありました…
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    そうしたわだかまりがあった後に楓が『本気で怒ってくれる友人』がいることのありがたさを痛感し、ゆうかに謝りに行くと…
     
    ゆうかは楓が分かってくれたことで仲直りし、一緒に服を買いに行くときにゆうかが選んでくれたのがその雨具だったというお話でした
     
    そういえば富士登山であおいが無理をして頂上に向かおうとしたときに、楓が珍しく『あおいを叱責』しましたが、それは『本気であおいを心配しているから』でしょうし、思いは繋がっていくんだと思います
     
    イメージ 6
    イメージ 7
     
     
     
     
     
     
    そんな15話でしたが、自由人だった楓『人と歩調を合わせるきっかけ』になった話で興味深かったです
     
    そしてあおい達が谷川岳に登ることになるようですし楽しみにしてます!
     
    あと単独登山は『自己責任&危険がつきもの』ですので、十分注意して登ってほしいと思います!
    単独登山のメリット・デメリットについてはいろんなHPに載っていますが、下記の『山はいいなあ』さんのHPは是非とも見てほしいと思います)
     
     
    イメージ 1
     
    登山の勝敗がつくスポーツだとすれば『無事に帰宅した人が勝者』というのはまさにその通りですね
     
     
     
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
    そういえば10月11,12日と『第2回アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)』がさいたま市のソニックシティで行われました!
      
    地元でこうしたアニメのお祭りが開催されるのは嬉しいです!
     
     
     
     
    もちろん『ヤマノススメ』も特集されていましてラッピングバスも見学できました!
     
    特番でも井口さん達が乗っていましたがかなり凝っているのが直に感じられて良かったです!
     
    車内も作品に関連する写真があったりとヤマノススメファンにはたまらないバスです楽しかったです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
        
    それから『ヤマノススメ×石井スポーツ』コラボグッズ第二弾の『ボトル&マグカップ』を買って来ました!
     
    実用的なこともさることながら非常に良品で、『Natural Spirit チタニウム製 ダブルウォールカップ』は世界有数の金属加工地である新潟燕三条の職人さんの手ひとつひとつ丹念に製造された特注品です
     
    数量限定ということもあって買えるかドキドキしていましたが、買えて良かったです…大切にします!
     
     
     
     
     
     
     
    あと前も書きましたが、登山については『御嶽山噴火』の影響で『自重』する雰囲気が出てきていますが…
     
    だからこそ『ヤマノススメ』という作品登山を愛する人たちを元気付けてくれる作品になることを期待すると共に、登山初心者の方にも『是非山に登ってみたい』と思ってもらえるような作品になってほしいと思います
     
    御嶽山噴火を見て、改めて『自然は厳しいもの』という認識を多くの人が持ったと思いますし、だからこそ『登山をすること』を今後いろんな視点で見直していく機会になったと思いますし、この作品を含めて考えていきたいと思います
     
     
     
     
     
     
    そして以前『石井スポーツ』で見かけた『ポスター』『山登り10訓』というものがあり非常に共感したのでご紹介します
     
    是非とも登山される方にはこの内容を守って欲しいと思います!
     
    まさに今の状況こそ必要な訓示だと思いますし多くの人に知って欲しいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第29『浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府』戦がありました!
     
    優勝のためにも、残留争いの甲府に対し勝ち点3を取りたい試合でしたが…
     
     
     
    その結果は
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第29節
    2014年10月22日(水) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム

    浦和レッズ 0-0 ヴァンフォーレ甲府
    入場者数:19,977人
     
     
     
    浦和は引いて守る甲府をなかなか崩すことができず0-0のまま引き分けでした…
     
    ただ前節の仙台戦は4失点と守備のマズさが目立ちましたがこの試合ではしっかり修正できていたのは収穫でした
     
    そして2位のガンバが負けたので、浦和は今回の引き分けの勝ち点1でも取れたのは今後に向けてプラスになったと思います
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    今日の浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』で…
     
    前節宇賀神が退場になったため、梅崎を左サイドに入れてきました
     
     
     
    今日の布陣
     
     
     
              興梠
     
     
         柏木         李
     
     
       梅崎            平川
     
     
           阿部    鈴木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
     
     
    さて試合開始ですが序盤は浦和がいつものように攻めこみますが、甲府が守りを固めてくることでなかなか攻め手が見つからず  
       
    浦和はいくつかチャンスは作るものの点が取れません…
     
    セットプレーなどあと少しで入るシーンもありましたがGK正面など運もなかったです…
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    その後浦和は後半に入りさらに攻め込みますが、チャンスはあるものの最後にゴールに押し込むことが出来ずそのまま0-0で引き分け…
      
    浦和がセンターリングを上げても甲府の選手が体を張ってブロックするなど最後まで集中力を持続していました
      
    甲府も残留争いをしていますし、勝ち点1でも持って帰るという強い気迫を感じました…
      
    イメージ 3
      
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした
     
    本当は勝ち点3を取れればベストでしたが、優勝のためには連敗しないこと大事ですし、まずは勝ち点1を取れたことと、無失点だったことは前回の仙台戦から改善されたと思います
     
    あと太鼓が復活していたのは嬉しかったです!今後も要所で使ってほしいと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    1位の浦和が甲府と引き分け、2位のガンバが柏に負け、3位の鳥栖が川崎Fに負けと、Jリーグは本当に実力伯仲のリーグなんだなぁ…と改めて思いました…
     
    そして2位のG大阪とは勝ち点5差にまで広がりましたし、残り5試合は浦和を含めどの試合も『優勝争い・ACL争い・残留争い』がかかる激しい試合になりますので、そう簡単に勝ち点3は取れないでしょうし、終盤の勝ち点5差は大きな価値がありそうです
     
    首位の浦和は確かに2位以下に追いかけられて大変ですが、去年の浦和もそうですが『2位以下のチームの負けられないプレッシャー』はもっと厳しいですし、今回勝ち点を取れたのは2位以下へのプレッシャーをさらにかける意味でも重要だったと思いました
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
     
    今回は『ヤマノススメ』のお話です!
     
    『ヤマノススメ セカンドシーズン』BD2巻を買ってきました
      
     BD2巻は本編3~6話+オリジナル6・5話『ブラノススメ?』オーディオコメンタリー(小倉唯・日笠陽子)イベント先行申込券と豪華な内容になっています!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    1期は5分アニメでしたが非常に『丁寧な作品作り』で好感でしたし、2期は15分枠と10分増えて丁度いい時間にもなり、今期の『癒し枠』として期待できそうです
     

    キャスト

    雪村あおい:井口裕香
    倉上ひなた:阿澄佳奈
    斉藤楓:日笠陽子
    青羽ここな:小倉唯


    スタッフ
     
    原作:しろ
    監督:山本裕介
    キャラデザ・総作監:松尾祐輔
    脚本:ふでやすかずゆき
    音楽:Tom-H@ck/yamazo
    アニメ制作:エイトビット
     
     
     
    最近増えている『5分アニメ』で好評だったため放送枠を拡大してきた面白い形態のアニメです
     
    埼玉でもマイナーどころの『飯能』を舞台にしているというのも面白いです(飯能の方すいません^^;)
     
    西武線沿線なこともあり西武線や西武ライオンズとのコラボもしていますし、そういう意味でも『地域振興』のアニメなのも期待です
     
     
     
     
     
     
     
    今回は三ッ峠回メインですが『オーディオコメンタリー』に小倉唯さんと日笠陽子さんが出ています!
     
    2人だけでオーディオコメンタリーをするのは初めてのことで、しかもラジオ形式で向かい合ってコメンタリーをしたとのことで恥ずかしがってましたw
     
    OPでは小倉さんが日笠さんの歌声に感動したようですね!元々日笠さんは『けいおん!』の澪役でしたし、日笠さんの歌声は素晴らしいですからね
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    あと特典としてオリジナルアニメ『6・5話 ブラノススメ?』が入っていますが、楓のバストサイズが明らかに!
     
    かなりの『サービス回』になっているのもグッドです!
     
    テレビ放送が『表・ヤマノススメ』なら、6・5話は『裏・ヤマノススメ』みたいで特典として良い感じです♪
     
     
     
     
     
     
     
     
    ファンイベントの優先申し込み券も付いてきますし…
     
    作品としても素晴らしいので是非とも多くの方に購入して欲しいです!オススメです! 
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    今後も『登山の知識』を入れてもらいながら『登山の面白さ』を伝える作品になって欲しいですし…
     
    登山愛好者は非常に多いのですし、そういう方にも楽しめる作品だと思いますので、どんどんこの作品が広まっていくことを期待してます
     
    そしてMr.Tが住む埼玉を舞台にした作品ですので同郷アニメとして私的に応援したいと思います
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    感想 : てっきり製作が間に合わなくて『総集編』になる話かと思ったらちゃんと放送に間に合わせるとは…裏をかいてきましたね!
      
    ただ『総集編はもう嫌だ』というタイトルは、まさに水島努監督が一番思っていることでしょうし、実際ガルパンで2回やってますから自戒の意味もこめてのタイトルだったのかもですね
     
    そしてあおいが徐々に『テンパっていく過程』が見れたのはメチャクチャ感情移入できました…
     
     
    <1.怒り>
     
    イメージ 1
     
     
     
    <2.泣き>
     
    イメージ 2
     
     
     
    <3.現実逃避>
     
    イメージ 3
     
     
     
    この『諦めの境地』の表情は凄いですw…心理描写が巧みです!
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位SHIROBAKO 3話感想 

    キャスト
    宮森あおい:木村珠莉
    安原絵麻:佳村はるか
    坂木しずか:千菅春香
    藤堂美沙:野麻美
    今井みどり:大和田仁美

    スタッフ
    原作:武蔵野アニメーション
    監督:水島努
    シリーズ構成:横手美智子
    キャラクター原案:ぽんかん⑧
    キャラデザ:関口可奈味
    アニメ制作:P.A.WORKS
     
     
    『ガルパン』の水島努監督のオリジナル新作ですが、どのような内容になるのか楽しみです!
     
    あと脚本陣も水島努監督をよく理解している方々ですのでそういう意味でも期待してます!
     
    『Angel Beats』でも綺麗な作画を見せてくれた関口可奈味さんがキャラデザで期待です
     
     
     
     
     
     
    さて3話ですが、前回監督が『あるぴんの描写と設定』にこだわりを持ち、作画からリテイクをかけることをスタッフと議論したところ、最終的にリテイク作業に入ることになりますが…
     
    次から次へとトラブルが起き、4話の製作が切羽詰った状況に…
     
    良いものを作ろうと言う監督の思いをかなえることの大変さ…制作進行のあおいの顔がどんどん『蒼白』になっていく過程は思わず感情移入しちゃいました…
     
     
    イメージ 4
     
     
    ただそんな切羽詰った状況のあおいに対し、同じく制作進行で先輩のエリカが最後までやりきる『製作進行としての覚悟』を伝えると、あおいは再びやる気を取り戻し…
     
    最後は『チームワーク』でカバーするべく、総務の興津もあおいの手助けをするなど、なんとか4話が当日とはいえ納品できました!
     
    ここらへんは見ててドキドキしましたが間に合ってよかったですね…あと興津が実力者っぽい描写がったのも今後気になりますね
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
    あとエリカは良い先輩ですね!たぶんこうした修羅場を数多く潜り抜けているからこそ『やりぬく自信とチームワークの大切さ』を知っているんだと思います
     
     
     
     
    最後は監督がこだわった『あるぴんの描写』非常に素晴らしい出来になったことが分かりました
     
    やっぱり『いいものを作りたい』というのがクリエイターの本懐でしょうからね
     
    ただタイトルにあるように『こだわりすぎると本放送に間に合わなくて総集編になる』と言うのも制作進行に問題が出てくるので、そこの見極めが本当に難しいんでしょうね
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    さてそんな3話でしたが、あおいが苦しみながらも自分の仕事で成長したのが分かる内容でよかったです!
      
    今後もどんな修羅場(?)がでるのか楽しみしますw
     
    ではまた!
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    前回も書きましたがキャラの表情で木下監督が力説していましたが大切なことだと思いました!
     
    というのも『京アニ・CLANNAD』の『18話・逆転の秘策』の杏の椋の本気の泣き顔は今でも覚えているほど魂がこもっていました!
     
    その当時Mr.Tはアニメをほとんど見なくなっていましたが、たまたま見たこの顔の『本気度』『アニメって凄い!』と思い、再びアニメの世界に戻ってきたこともあり『人の心に訴えかける何か』ってやっぱり大事だと思いました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今回は西也支配人代行がキャストへの接し方についていすずに大事なことを伝える回でしたが
     
    キャストからの意見を妥協点を見つけ相手を納得させた上で対応する西也と、上から押さえつける方法だった前支配人代行のいすずの資質の違いが出た回でした
     
    相手はあくまで感情で動く人であり、高圧的な言葉ではやる気もなくしてしまいますからね
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    私的注目度4位: 甘城ブリリアントパーク 
     
     

    キャスト
    可児江西也:内山昂輝
    千斗いすず:加隈亜衣
    ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ


    スタッフ
    原作:賀東招二
    原作イラスト:なかじまゆか
    監督:武本康弘
    シリーズ構成:志茂文彦
    キャラデザ:門脇未来
    音楽:光宗信吉
    アニメ制作:京都アニメーション
     
     
     
    今期の京アニは久しぶりのTBSでの放送で期待が高い作品です!
     
    シリーズ脚本も『CLANNAD』の志茂さんですし安定して楽しめそうな作品です
     
    『Free』が人気ですし、この作品次第で京アニの作品作り(女性向けに特化?)も変わってきそうですし気になりますね
     
     
     
     
     
    さてこの作品は『古びた遊園地・甘城ブリリアントパーク』を舞台にした内容で…
     
    主人公の西也は突然表われたヒロインのいすずに遊園地に連れてこられ『支配人代行』をさせられることに
     
    支配人のフルーランザとのキスで『相手の心が読める魔法』を授けられる西也…
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    そして遊園地は甘城企画との契約で『5年連続で50万人を下回る』場合には経営権を甘城企画に委譲することになっており、今年が5年目で、9か月経ってもいまだに25万人しかいない状況…
     
    そんな状況で西也は支配人代行として改善に取り組み、キャストの意見を妥協点を見つけ納得させながら対応して行きます
     
    お金がないなかで、それでもできる限りの対応をする西也のバランス感覚が生かされます
     
    イメージ 3
     

     
    その後いすずは以前支配人代行時代に高圧的な対応でキャストに接していたことが発覚…
     
    武家の出ということもあり、命令口調になっていたようです
     
    軍人と商売は違いますのでそこが問題だったんですね 
    イメージ 4
     
     
     
    しかし急なトラブルが発生した際に、対応に慣れていない西也に代わりキャストを指示するいすずと…
     
    その迅速な対応で遊園地を救ったいすずに感謝するキャスト達!
     
    緊急時には司令塔がいることが重要ですので、ここはいすずの指導力が生きますし、上手い役割分担だったと思いました
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    さてそんな4話でしたが、落ち目の遊園地を立て直す『経営改善アニメ』になりそうで勉強になりそうな作品ですし…
     
    京アニの美しい作画も含め先々楽しみです!
     
    あと前回京アニらしい美しい作画もいいですし、今後も期待したいと思います
     
     
    イメージ 5
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
    今回はいすずの内面を掘り下げる回でしたが、悩みながらも前進しようとする姿は良かったと思います
     
    西也が言うように挫折を知ってこそ改善もできますし、西也に感化される描写も心に響きました
     
    誰しも最初から完璧な人なんていないですからね!
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
     
    今日のまとめ(2014/10/25)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ヤマノススメ セカンドシーズンBD2巻発売開始
     
    24日から発売開始ですが、発売早々Amazonで27日まで入荷待ちのようです!
     
    1巻も発売早々入荷待ちになりましたが2巻も人気のようですね!お店で見つけたら即ゲットしたほうがよさそうです
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    多分販売先が生産数量を過小評価しすぎているんじゃないかなぁ…
     
    間違いなく良作ですし、もっと自信を持って生産していいと思います!
     
    15分番組ですが大健闘だと思います!
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    『ノイタミナ・四月は君の嘘』3話感想
      
    ノイタミナらしい『音楽』を題材にした作品ですが、本当に作画が綺麗で素晴らしい作品ですね!
     
    かをりは顔の表情が豊かですし、境界の彼方で一気にブレイクした種田梨沙さんの声も良いです!
     
    イメージ 3
     
     
     
    四月は君の嘘  


    キャスト
    有馬公生:花江夏樹
    宮園かをり:種田梨沙
    澤部椿:佐倉綾音
    渡亮太:逢坂良太
    井川絵見:早見沙織
    相座武士:梶裕貴

    スタッフ
    原作:新川直司
    監督:イシグロキョウヘイ
    シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
    キャラデザ・総作監:愛敬由紀子
    音楽:横山克
    アニメ制作:A-1 Pictures
     
     
    3話目でかをりと公生がペアを組むことになりましたが、良い流れだと思います!
     
    時間が止まった公生をどういう風にかをりが救い出してくれるのか楽しみです!
     
    ノイタミナらしい作品ですし期待してます!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    京大卒初のプロ野球選手!
     
    ロッテに京大卒の初めてのプロ野球選手が入団しました!
     
    勉強も出来てプロになれる…凄い人ですね!ちなみにロッテの2軍球場と選手寮は浦和にありますので近くで見れそうなので楽しみです
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても秋アニメ多すぎです!もっと他のクールに動かしてくれないとしか全部見きれないよ…
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
    今回は『バーサーカーvsセイバー&アーチャー』でしたが戦闘シーンが本当にカッコ良かったです!
      
    重戦車のようなバーサーカーの強い剣先と、身軽なセイバーのシャープな剣さばきの違いも見れましたし、アーチャーの弓も迫力がありました!
     
    2回連続1時間放送の後にもかかわらず、この戦闘シーンを作れるufoの底力にも驚きです
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    私的注目度1位 : Fate/stay night
     


    キャスト
    衛宮士郎:杉山紀彰
    遠坂凛:植田佳奈
    セイバー:川澄綾子
    アーチャ-:諏訪部順一
    間桐桜:下屋則子
    イリヤスフィール:門脇舞以


    スタッフ
    原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
    キャラ原案:武内崇
    監督:三浦貴博、
    キャラデザ:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
    音楽:深澤秀行
    アニメ制作 :ufotable
     
      
     
     
    この作品『Fate/stay night生誕10周年』を記念して…
     
    2010年にDEENが製作した劇場版『Fate/stay night Unlimited Blade Works』をufotableがリメイクする形で『変則2クールテレビ放送&映画化』するとのことです!
      
    TV版は凜ルート、映画化は桜ルートとなるそうです
     
     
     
      
    で、早速レビューですが今回はイリヤのサーヴァント『バーサーカー』が登場しますが…
     
    腕力にものを言わせる豪快な剣使いでセイバーを追い詰めます
     
    アーチャーの弓もバーサーカーには効きません…
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    その後、平地では不利と判断したセイバーは墓地にバーサーカーをおびき寄せ遮蔽物を使いながら闘います
     
    このセイバーとバーサーカーの闘いはお互いの体重や腕力の違いも含め、セイバーの身のこなしやバーサーカーの力強さも計算されていて素晴らしいです!
     
    同じ剣使いでも軽重の違いがあるとこういう風になるんですね…リアルです!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    一方マスター同士の戦いではイリヤが凜の上手を行きます
     
    髪の毛1本で使い魔を操るイリヤの能力の高さがうかがえるシーンでした
      
    凜も相当の使い手ですが、その上を行くイリヤの強さが描かれます
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    その後、セイバーの一撃でバーサーカーを仕留めますが『修復能力』があるバーサーカーはまた復活すると…
     
    アーチャーの宝具を使った弓でもバーサーカーには効かない状況に…
     
    ここは一時引き上げるイリヤとバーサーカー…凜たちは助かりました…
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    さて今回は新手のサーヴァントのバーサーカーが出てきましたがまた強敵が出てきましたね…
     
    今後セイバーとアーチャーが共同戦線を張るようですが、聖杯戦争の行方が楽しみです!
      
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      おまけ  
     
     
     
     
     
     
    それにしても1話からバンバン戦闘シーン入れているのに今回も最高の戦闘シーンを見せてくれるufoの実力は本当に凄いです!
     
    あと『空の境界』で式が戦うときに見れる描写で『逆さになりながら迫ってくる』シーンはufoらしくて良いですね!
     
    この反重力のような捻りを加えた切り込み方が好きなのでそういうところにもこだわりを感じるのがいいです!
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    あと『Fate/Zero』ではまだ子供だったイリヤ成長した姿を見れるのも良いですね!
     
    あの小さかったイリヤがここまで成長したのはなんだか新鮮でした!
     
    脈々と続いていく歴史を感じるのもまたこの作品の醍醐味だと思いますし、今後も期待してます
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

older | 1 | .... | 58 | 59 | (Page 60) | 61 | 62 | .... | 99 | newer