Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1021 to 1040 of 1962)
(showing articles 1021 to 1040 of 1962)

Channel Description:

浦和レッズとサブカルをこよなく愛する「Mr.T」です! 気軽に「Tさん」や「ミスター!(水曜どうでしょうの鈴井氏のように)」と呼んでください。 浦和レッズサポとして1993年にJリーグ開幕してから今までずっと見守って(時には罵声?)きました。 レッズがJ2落ちようがどんなに弱くなろうがこの熱いサポーターがついている限りレッズはなくなりませんし私も地の果てまでついていきます! っていきなりレッズ話ですが^^;、それだけレッズ中心の生活になってます。 あとは好きなアニメ&ゲーム&音楽はクラナド。私はリアルタイムでプレイしておらず、TBSアニメで見て「面白いな」とおもったら一気にのめりこんでしまいました^^;。 ゲームも購入しましたが何度泣いたことか。こんなに泣いたのは「スクールウォーズ(再放送)」以来です(少し古いか)^^;。 プレイ時間も攻略本を読んでも2週間はかかりました。皆さんもだまされたとおもってやってみてください! ただリーマンなので、この作品に熱中しすぎて仕事に力が入らなかったときもありました^^;。 こんな感じの管理人で未熟者ですが、末永くよろしくお願いします!

older | 1 | .... | 50 | 51 | (Page 52) | 53 | 54 | .... | 99 | newer

    0 0

     
    艦これの舞台である横須賀で行われた『第2回 護衛艦カレーナンバー1グランプリ in よこすか』に行ってきました!
     
    Mr.Tは艦これにハマって2013年8月に呉に行きましたが、今回は横須賀への『聖地巡礼』です!
     
    隊員にならないと食べれない『各艦の乗組員の方々が作るカレー』を食べられる貴重な機会ということもあり大勢の人が来ていました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    さて今回の『護衛艦カレーナンバー1グランプリ in よこすか』ですが、関連記事を見ますと『第1回』は長崎で昨年12月に行われましたがその時は『佐世保基地所属艦だけ』でしたが…
      
    今回の第2回は『年1回の艦隊訓練』に合わせ、各地の護衛艦が横須賀に集結して『カレー食べ比べ&護衛艦大集合』という豪華イベントとなりました!
     
    現場の隊員さんに聞いたところ『横須賀でこれだけ大規模なイベントが開催されるのは稀で、次回は何年後になるかわからない』と言うほどの『貴重な体験』だったようです
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 15
     
     
     
     
     
     
    ここからは参加レポですが、まず『JR横須賀駅』に着きましたが、列が『汐入』まで延びていることに驚きました!
     
    歩道橋の上から写真を撮りましたが、ここの段階で2000人は並んでいたようです!最終的にはあまりにも人が多すぎて入場規制になったようですが仕方ないですね
     
    構成的には『カレー好き3割:ミリタリーファン3割:艦これ提督2割:地元2割』という感じですかね?しかも関東という好立地も相まって幅広いファンが集まる下地はありました
     
     
    <汐入の歩道橋から撮影>
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    イメージ 2
     
    最終的には横須賀中央まで列が延びて汐入まで折り返したという話も聞きましたが…『カレー&ミリタリー』ファンの凄さを再確認しました…
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後やっと入場しましたが、今度はカレーの待機となり、また並んでカレーをゲットできました!
     
    Mr.Tは『②あまぎり、④はるさめ、⑪くらま、⑫こんごう』の4種類を食べ比べましたがどれもメチャクチャ美味しかったです!
     
    ちなみに私が投票したのは、悩みましたが『②あまぎり』のビーフカレーでした!
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    イメージ 7
    あまぎりのカレーメチャウマでした!久しぶりに『美味すぎて唸る』くらいで、これを毎週金曜食べれる隊員さんは羨ましいです…
     
     
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
    ⑪くらまのカレーは『安倍総理』が食べたようです!
     
     
     
     
    イメージ 12
     
    ⑫のこんごうも美味しかったですし、女性の隊員さんも可愛かったです!
     
     
     
     
    イメージ 8
     
    ④のはるさめのチキンスープカレーも美味かったです!
     
     
    イメージ 9
     
     
    ちなみに優勝は①潜水艦部隊でした!おめでとうございます!
    (確かに潜水艦は海中にいたら本当に曜日分からなくなりますからね^^;
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    その後は『こんごう』の艦内見学!
     
    普段こうした護衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    こういう護衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できます
     
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
     
     
    しかも今回は全国各地から護衛艦が集まったこともあり豪華絢爛でした!
     
    横須賀で今後数年は見れないだろう風景を見れたのは幸運でした
     
    しかも『カレーの食べ比べ』もできましたし、艦隊訓練を上手くスケジューリングしてくれた海自に感謝です! 
     
     
    イメージ 16
     
    イメージ 17
     
     
     
     
    さて今回は横須賀に行ってきましたが、隊員さんがつくるカレーはメチャクチャ美味しかったですし、こんごうにも乗れましたし楽しめました!
     
    そしてとても落ち着いた町ですのでまた機会があれば来たいと思いました!
     
    皆さんもお時間があれば横須賀へ!
     
     
     
     
    イメージ 18
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第8節『浦和レッズvs川崎フロンターレ』戦がありました
     
    先週のリーグ仙台戦・ナビスコ徳島戦と2試合連続でロスタイム逆転弾を決め勢いに乗る浦和が川崎Fをホームに迎えた試合でしたが…
     
     
     
     
     
    その結果は
     
     
     
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第8節
    2014年4月19日(土)17:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    浦和レッズ 1-0川崎フロンターレ
    得点者:
    68分 宇賀神友弥
    入場者数:35,239人
     
     
     
     
     
    両チーム相手のストロングポイントを消しながらの緊迫した試合でしたが…
      
    後半のチャンスを確実に決めた浦和が勝ち連勝です!
     
    お互い『実力のあるチーム』だけに緊張感のある試合でしたが、浦和は『ホームの利』を生かして勝ちました! 
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて、今回はホームでの川崎F戦と言うこともありスタジアムでの観戦でしたが…
      
    ここのところ連勝ということもあり大勢のレッズサポが駆けつけてくれていたのが心強かったです!
     
    今回も浦和のゴール裏は太鼓なしの応援でしたがよく声が出ていました!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    さて浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』ですが、ここ最近連携がスムーズになってきた『李・原口・興梠』が前線に並びます
     
    今日の布陣
     
     
     
              李
     
     
         原口       興梠
     
     
      宇賀神             梅崎
     
     
           阿部     柏木
     
     
         槙野    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
      
     
     
     
    そして試合ですが、前半はお互い『攻撃させない』ように守備のブロックをきっちり作ったこともあり緊迫した試合展開になりますが…
     
    後半に入り、梅崎が右サイドからダイレクトでセンターリングをすると、上手く宇賀神が押し込み1点先制し、そのまま勝ちきりました!
     
    浦和は最後まで川崎Fの攻撃を押さえ込み完封です!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    そしてGK西川のセーブ力は驚異的です!
     
    前半2点は取られてもおかしくない場面できっちりセーブするだけでなく、正確なフィードで攻撃にリズムを作るなど獲得大正解でした!
     
    今年も『李・西川・関根・青木・濱田』と昨年同様代表レベルの選手を補強&復帰させましたが、今年も大当たりです!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした!
     
    今回も『応援太鼓なし』だったこともあり『自然発生的』にチャントが歌われたり『プレミアリーグ』の応援風景にも似ている気がしました!
     
    そしてレッズサポの団結力は素晴らしいと改めて思いました!
     
     
     
     
     
     
    次節は26日にアウェイで『柏戦』があります
     
    最後に笑うために今後も浦和レッズを力強く応援していきたいと思います
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
      
    昨年課題だった守備力についてはだいぶ力がついていると思いました
     
    昨年までと違うのはGKに西川が入ったことぐらいですが、選手の中の『守備意識』が変わってきているんだと思います
     
    あと前節の徳島戦で主力を温存できたことで守備で大事な『出足』連戦の川崎Fより上回れましたし、実力拮抗したチーム同士の戦いでターンオーバー成功の良い例になったと思います
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
      
    一言感想 : 今回の演出は『まどか☆マギカ』監督の宮本幸裕さんでしたが『独特な世界観』を生み出す力はさすがでした!
     
    あと今回からEDが入りましたが、Liaさんが歌われていてメチャクチャ嬉しかったです!
     
    しかも『Angel Beats!』の音楽担当だった『ANANT-GARDE EYES』さんも今作品の音楽に関わっているようで最高です!
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    私的注目度2位メカクシティアクターズ 第2話
     
    音楽家『じん(自然の敵P)』さんによるマルチメディアプロジェクト『カゲロウプロジェクト』のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:じん
    キャラ原案:しづ・わんにゃんぷー
    総監督:新房昭之
    監督:八瀬祐樹
    脚本:じん
    キャラデザ:阿部厳一朗
    アニメ制作:シャフト

     
     
    キャスト
     
     
    エネ:阿澄佳奈
    コノハ:宮野真守
    マリー:花澤香菜
    キド:甲斐田裕子
    モモ:柏山奈々美
    カノ:立花慎之介
    ヒビヤ:富樫美鈴
    セト:保志総一朗
    シンタロー:寺島拓篤
     
     
     
     
     
     

     
    じんさんが作曲されたミクやIAなどのボカロ曲を題材にした小説のアニメ化ようですが…
     
    シャフトがどんな風に作ってくるのか気になります!
     
    アニメ化で化学反応が起きるのか気になる作品です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて2話は『アイドル少女・如月桃』が登場します!
     
    桃が1話で登場した伸太郎の妹のようですが、同じく『目』に能力があるようで、『人の興味を惹く』ことが出来る能力のようです
     
    どうやら2人とも父が事故で死んだ後に『能力』に目覚めたようですね
     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    で、紆余曲折あり桃が町を歩いているとヒビヤという少年に出会い一緒にファンから逃げます
     
    この場面で『挿入歌』が入るのも斬新ですし、こういう『新しい目線』の作品は面白いです!
     
    はじめに『音楽ありき』の作品ならではの演出だと思います
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    そしてEDにはLiaさんの優しい歌声が流れます!
     
    本当に素晴らしい歌声ですよねぇ…感動できます
     
    元々『じん』さんは『Lia』さんの声のヴォーカロイド『IA』で曲を作っていましたが、Liaさんとのコラボも最高です!
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    さてそんな2話でしたが作画も非常に綺麗色使いも鮮やかしたし…
     
    桃も『かわいい』だけでなく『影の部分』があるのも興味深いキャラだと思いました!
     
    映像表現としても斬新な描写もありました
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    あと私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』『まどか☆マギカ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    来週も楽しみです
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    そういえばLiaさんとじんさんのコラボの伏線は3月1日『アミューズミュージカルシアター(東京六本木)』で開催された
     
    1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE『KEEP HAVING FUN 』のライブにあったんですね
     
    Liaさんも出ていましたが、1stPLACE繋がりなんですね!あと『キルラキル』の新OPを歌われて、今作品のOPも歌っているGARNiDELiAのメイリアさんも1st PLACEですし良い歌声でした!
     
     
    セットリスト
     
    カゲロウデイズ
    夜咄ディセイブ
    夕景イエスタデイ
    オツキミリサイタル
    メカクシコード
    サマータイムレコード 
     
     
     
    私的にじんさんがどういう人か気になっていたのですが、MCでは『いい人』全開ですごく好感が持てました!
      
    ちなみにじんさんは2年前に1st PLACEから声をかけてもらえて所属してから、いろんな縁ができてよかったと言われていたのが印象的でしたし、アニメ同様、楽曲も楽しみにしたいと思います
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
     
    今回は4月20日『川口リリア』で行われました…
     
    『花澤香菜 live 2014 “25”』ライブレビュー♪
     
    全国4ヶ所でライブが行われますが、今回は川口生の花澤香菜さんの歌声を堪能してきました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    『花澤香菜』さんといえば大人気声優さんですが…
     
    『化物語』の撫子をはじめ、『AB!』の奏、『IS』のシャルなど、花澤さんが演じることで人気になっていくキャラが多いのが特徴だと思います!
      

    キャラの『魅力を引き出す力』があると思いますし、そんな私的に大好きな声優さん生の歌声を聞けるライブはメチャクチャ嬉しいです♪

     
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    さて17時になり開演ですが今回のセットリストは・・・
     
     
    セットリスト
     
     
     
    01:バースデイ
    02:25 Hours a Day
    03:恋する惑星
    04:Brand New Days
    05:マラソン
    06:YESTERDAY BOYFRIEND
    07:Summer Sunset
    08:片思いが世界を救う
    09:無邪気なキミと真夏のメロディ
    10:パパ、アイ・ラブ・ユー!!
    11〜16(メドレー):
      flattery?
      Waltz for Praha
      ダエンケイ
      真夜中の秘密会議
      同心円上のディスタンス
      Merry Go Round
    17:Young Oh! Oh!
    18:Make a Difference
    19:Eany, meeny, miny, moe
    20:スパニッシュ・アパートメント
    21:last contrast
    22:Good Conversation
     
    ~アンコール~
     
    23:星空☆ディスティネーション
    24:Saturday Night Musical♪
    25:あるいていこう
     
     
     
     
     
     
    と、全25曲を歌ってくれました!
     
    終了が20時10分頃で、約3時間のライブとなりましたが非常にアットホームで盛り上がるライブでメチャクチャ楽しかったです!
     
    MCで感動している花澤香菜さんにファンが暖かい声をかけるなど、一体感のあるライブになりました!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さてライブですが、良かった点をピックアップしますと・・・
     
     
     
     
     
     
    1.花澤香菜さんの『幅広い歌唱力』を堪能! 
     
     
    アップテンポの曲からスローな曲など、花澤香菜さんの透明かつ力強い歌声が響き渡りました
     
    やっぱり生できくと歌声の良さがさらに増しますね!そして振り付けもキュートで可愛かったです!
     
     
     
     
     
    2.独特のMCが面白い
     
     
    数曲歌った後にMCが入りますが、花澤香菜さん独特の『ゆるふわ』な感じのMCが非常に面白かったです!
     
    今回は『おかあさん』『埼玉』『あんぱん』などについて語ってくれました!あとライブはいろんな人に出会えて楽しいと言われているのが印象的でした
     
     
     
     
     
     
    3.パンフレットが素晴らしい!
     
     
    パンフレットには『新海誠』さんの絵が載っていたりと豪華な内容になっていました!
     
    『言の葉の庭』繋がりでのコラボですが、これは一見の価値アリです
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    そんな感じであっという間にライブ終了でしたが、本当に素敵なライブでした♪
     
    アットホームな雰囲気のライブですごく癒されましたし元気をもらえました!
     
    ライブは『一期一会』ですからね!一緒に楽しんだファンの皆さんにも感謝です! 
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
      
      
     
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしても花澤香菜さんは可愛かったです…
     
     
    そして『花澤香菜さん』が演じるアニメキャラソンとはまた違った『花澤香菜さん自身のライブ』はやっぱり貴重な経験だと思いました!
     
     
    今回も花澤香菜さんのことを応援していこうと改めて思いました!
      
     
    イメージ 7
     
     
                 リンク集           
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     
     

    0 0

     
      
    感想 : 2話の合宿回を経て3話は『ライブ回』でしたが新曲も良かったですし、ダンスシーンの『作画と3DCGの融合』は見事でした!
     
    1期のダンスシーンは『CG感』が出て若干違和感がありましたが、2期は『作画とCGの繋ぎ』が素晴らしいことも含め違和感がほどんどなかったです!技術の進歩はものすごいですね!
     
    そして東京MXが最速放送ですが、この素晴らしい作品を明日以降多くの人に見て欲しいです!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    私的注目度3位ラブライブ!第2期 3話感想
     
    彗星のように登場したサンライズが贈る『オリジナルアイドル作品』で、熱狂的なファンも多い作品の2期です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
    監督:京極尚彦、
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・アニメディレクター:西田亜沙子
    キャラデザ・メインアニメーター:室田雄平

    音楽:藤澤慶昌
    アニメ制作:サンライズ
     

    キャスト
      
    高坂穂乃果:新田恵海
    絢瀬絵里:南條愛乃
    南ことり:内田彩
    園田海未:三森すずこ
    星空凛:飯田里穂
    西木野真姫:Pile
    東條希:楠田亜衣奈
    小泉花陽:久保ユリカ
    矢澤にこ:徳井青空
     
     
     
     
    このシリーズは今までの実績で面白さは証明済みですし・・・
     
    どんな斬新な演出をしてくれるのか期待してます!
     
    あと2期はどういうラストにするのかも熱心なファンの多い作品だけに、シリーズ脚本の『花田十輝』さんの力のみせどころですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて3話ですが『第2回ラブライブ』は予選『上位4位』に入らなければならず、その一角には既に全国区の『アライズ』がいることもあり闘志を燃やすμ'sですが…
     
    秋葉原に足を運んだ穂乃果達は偶然アライズと出会い『ライバル』として認められていることを知ります!
     
    やっぱり『ライバル』がいるほうが展開的に燃えるので良いですね!
     
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 2
     
     
    ちなみにアライズファンのにこは『小悪魔』と言われ大喜びw
    (にこを見て困惑気味の真姫のコントラストがまた良いですw)
     
     
     
     
     
     
     
    そして予選会場をアライズに借りることになり、同じ場所でライブを行うこととなりますが…
     
    まず先に歌うアライズの完璧なダンスと歌に翻弄されるμ's…
     
    ここの作画素晴らしかったです!さすが全国区のアイドルだけあることを印象付けてくれました
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    その後自信を無くしかけるμ'sですが、穂乃果が『アライズの実力を認めた』上で『同じ場所で戦える誇りと感謝』を皆に伝えると一致団結し…
     
    新曲とともに素晴らしいダンスシーンを披露すμ's!
     
    アライズのダンスシーンも素晴らしかったですが、μ'sのダンスシーンも全体を映し出す3DCGのダイナミックさと近距離の作画の綺麗さがうまく融合する素晴らしいライブシーンで圧巻でした!
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    さてそんな3話でしたがライブシーンは鳥肌モノの素晴らしさでしたね!
     
    そして『ライバル』とはいえリスペクトしあうアライズとμ'sの交流も素晴らしかったです
     
    3話に『序盤の山場』を持ってくるのは王道展開ですが、きっちり仕掛けて素晴らしい出来だったのはさすがの一言でした!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    『ガルパン』や『アルペジオ』の時も思いましたが『3DCGの技術の向上』は本当に凄いですね…
     
    そして今回のライブで『3DCG』のライブでも作画並みの実力が発揮できることが多くの人に認知されたと思います
     
    作画も魅力は十分承知していますが、選択肢として今後3DCGのレベルがどこまで上がっていくのかも楽しみです
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

      
     
    今回は『リトルバスターズ』のお話です!
     
     
    『リトルバスターズ Refrain』BD4巻を買ってきました
      
     
    BD4巻には本編7~8話『リトバスEX』朱鷺戸沙耶ルート 最終話(第4話)オーディオコメンタリー1本とメチャクチャ特典豪華です!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    【BD4巻内容&特典】
     
    ■収録内容
    Refrain第7話~第8話+EX第4話収録

    ◆初回生産限定版仕様
    ・未放送「リトルバスターズ! EX」朱鷺戸沙耶ルート 最終話(第4話) 同梱
    ・特製デジパック 2パッケージ仕様(RefrainとEXを別ディスク、個別パッケージにて収録)
    ◆初回生産限定版特典
    ・ブックレット
    ◆特典
    ・第8話 ノンテロップED
    ・オーディオコメンタリー
    8話:鈴役 たみやすともえ 、真人役 神奈延年 
     
     
     
     
     
     
     
     
    ゲームブランド『Key』製作作品のアニメ化2期ですが、とうとう『理樹達の秘密』が明らかに! 
     
      
     
     
    製作スタッフ
     
     
     
    原作:Key
    キャラ原案:樋上いたる・Na-Ga
    監督:山川吉樹
    シリーズ構成:島田満
    キャラデザ:飯塚晴子
    アニメ制作:J.C.STAFF
    音楽:折戸伸治・麻枝准・戸越まごめ・PMMK・三輪学
     
     
    キャスト
     
     
     
    直枝理樹 : 堀江由衣
    棗 鈴 : たみやすともえ
    棗 恭介 : 緑川光
    井ノ原 真人 : 神奈延年
    宮沢 謙吾 : 織田優成
    神北 小毬 : やなせなつみ
    三枝 葉留佳 : すずきけいこ
    能美 クドリャフカ : 若林直美
    来ヶ谷 唯湖 : 田中涼子
    西園 美魚 : 河原木志穂
    笹瀬川 佐々美 : 徳井青空
     
     
     
     
     
     
    リトバス1期は『リフレイン』への布石になっていましたし…
     
    『リフレイン』はイメージとしては『CLANNAD AFTER STORY』のように『Key作品の奥深さ』を見ることが出来ます!
     
    『J.C.STAFF』もかなりの意気込みで作ってくれて素晴らしい作品になりました! 
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて、BD4巻ですが鈴役のたみやすともえさんと真人役の神奈延年さんの2人が8話の『真人回』のオーディオコメンタリーを担当されていましたが…
      
    神奈延年さんがコメンタリーで『分かり合うためにぶつかり合う』『手を差し伸べる』という行為は大事なことだと力説するシーンは非常に感慨深かったです! 
     
    あと神奈さんは恭介役の緑川光さんと同期とのことで、リトバスの現場は『緑川さんがリーダー』『神奈さんはムードメーカー』と…
     
    『これほど本人と役がリンクしている現場はなかった』と言うほどキャストの皆さんが作品に愛情を持たれていたのを知って、ファンとして嬉しかったです
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    それから『テレビ未放送』『リトルバスターズ! EX』朱鷺戸沙耶ルートの最終話(第4話)ですが…
     
    沙耶ルートラストの場面では『沙耶の本当の姿』も出てきますし、今回で沙耶の秘密が分かる内容になっていました
     
    沙耶ルートは麻枝准さんのシナリオですが、沙耶ルートがあってこそ『Angel Beats!』に繋がりましたし、麻枝さんの転機になるシナリオになりました
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    そしてEDにLiaさんが歌う『Saya's song』が流れますが本当に名曲ですね
     
    しかもアニメで沙耶のラストシーンを見れて感無量でした…
     
    ゲームでもEDに泣けましたが、今回アニメで『Saya's song』を聞けただけでも今回このBDを買った甲斐がありました!
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
      
     
    またこれからじっくりBD鑑賞したいと思います!
     
    是非とも多くの方に購入して欲しいです!オススメです! 
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
       おまけ   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみにゲームの沙耶ルートEDは、生きているのか死んでいるのか『プレイヤーの想像に任せる』という形でEDが終了していましたが…
       
    アニメでは『アニメ版の解釈』を入れてきたのは面白い演出だと思いましたし、Refrainルートとは違い沙耶編は『恋愛要素』が入れられたのも良かったと思います!
      
     
    イメージ 6
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     
     

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    本日より『艦これ誕生1周年記念』期間限定海域イベント『索敵機、発艦始め!』が開始されました!
     
    とうとう艦これも1周年なんですね!おめでとうございます!
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    で、E-1の『南西海域サメワニ沖』の攻略をはじめまして…
     
    1時間弱でクリアです!
     
    まだまだ序の口ですがクリアボーナスが『烈風改』でメチャクチャ嬉しいです!
     
     
    イメージ 1
     
     
    ちなみに今はE-2に取り掛かってます!
     
     
     
     
     
     
     
    で、E-1の攻略法のご紹介ですが、まず『零式水上観測機』と『電探』『昼でも連撃ができるようになった』ことが幸いし…
     
    『大和・武蔵』で獲得した観測機戦艦の二隻に電探と一緒に載せ、『戦艦2・雷巡2・空母2』で進むと、ボス前最後のマスでボスを索敵してくれるので『ほぼ100%』ボスにいけまして、楽々クリアです!
     
    イベントに『索敵』という言葉が入っているのが良く分かる構成です!あと昼間の連撃は嬉しいです!
     
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    この分で行けば2週間で攻略できそうですし、引き続き頑張ります!
       
    また何か進展がありましたらご連絡します!
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと4月19日に横須賀で行われた『カレーグランプリ』会場にて『こんごう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    乗組員の作られたカレーもうまかったです!
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    本日より『艦これ誕生1周年記念』期間限定海域イベント『索敵機、発艦始め!』が開始されました!
     
    とうとう艦これも1周年です!
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    で、早速会社から帰ってからプレイを始めまして現在『E-2』まで攻略! 
     
    『E-2』2時間くらいでクリアでした!ボス前の夜戦があるルートながらある程度『ルート固定』できるので思ったより楽にクリアできました! 
     
    そしてボーナスドロップの工作艦『明石』は可愛いです♪
     
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
    軽微の負傷なら治癒してくれる艦のようで、特殊艦は面白いですね!(べホイミみたいなもの?)
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『E-2』攻略法ですが、下の構成でほぼ『ADGHJ』でした。1回だけEに行きましたがそれ以外はボスまで辿り着けました
     
     
    コツとしては、金剛改二に『E-1』と同じように『零式水上観測機と電探』を積んで『昼でも連撃仕様』になるようにし、空母2つには両方とも『彩雲』を載せるのが索敵要素を上げるのに効果的です
     
    あと『ボス前』の夜戦は通らないとボスに行けないので、正直『お祈り』でした^^;
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
    そして『ハイパー組』は最高です!
     
     
     
     
     
     
     
    まあ『5-3』とかのクリティカル地獄を考えたらE-2は『あれに比べれば全然良い』と思いますけどね!
     
    もし参考になれば幸いです
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
     
    ただ、E-3以降は腰をすえて頑張ります
     
    また何か進展がありましたらご連絡します!
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと4月19日に横須賀で行われた『カレーグランプリ』会場にて『こんごう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
     
     
    乗組員の作られたカレーもうまかったです!
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    本日より『艦これ誕生1周年記念』期間限定海域イベント『索敵機、発艦始め!』が開始されました!
     
    とうとう艦これも1周年です!
     
     
     
      
     
     
     
     
     
    で、早速今日会社から帰ってからプレイを始めまして『E-2』を攻略し、軽い気持ちで『E-3』をプレイしていましたが… 
     
    『E-3』2時間くらいでクリアできちゃいました!『E-2』同様ある程度『ルート固定』できるのでビックリするくらい楽にクリアできました! 
     
    2日間で春イベントのメイン部分が攻略完了してしまいました^^;
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    そして『E-3』のクリアドロップは駆逐艦『天津風』ですが可愛いです!
      
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
    『イベント&大型造船』限定の艦娘を並べてみましたが、やっぱりイベントで取れるキャラは格段に嬉しいです!
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『E-3』攻略法ですが、下の構成『ACEHL』の経路でボスまで辿り着けました
     
     
    コツとしては、『E-1』『E-2』と同じように『零式水上観測機』を積んで『昼でも連撃仕様』になるようにし、ラスボス対策に『三式弾』を載せるのが効果的です
     
    『三式弾』活用は前のイベントでもありましたがやっぱり有効でした
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 4
     
     
    それにしても今回は『金剛大活躍』でした!
     
     
     
     
     
     
     
    今後は、E-4以降腰をすえて頑張ります
     
    また何か進展がありましたらご連絡します!
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと4月19日に横須賀で行われた『カレーグランプリ』会場にて『こんごう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
     
     
    乗組員の作られたカレーもうまかったです!
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    23日より『艦これ誕生1周年記念』期間限定海域イベント『索敵機、発艦始め!』が開始されました!
     
    昨日は『E-3』までクリアし、春イベントのメインを2日間で攻略した状況でE-4にとりかかりました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    で、早速今日会社から帰ってから気を引き締めて『E-4』をプレイしていましたが… 
     
    『E-4』1時間くらいでクリアできたので拍子抜けでした!他のルート同様ある程度『ルート固定』できるのでビックリするくらい楽にクリアできました! 
     
    3日間で春イベントの『E-4』まで攻略完了しちゃいました^^;
     
     
    イメージ 2
     
    ちなみに秋イベントの『E-4『夜戦マップ&ゲージ回復あり&ボスが耐久500』という鬼マップでMr.Tもクリアまでに5時間かかってましたので、秋に比べると春イベントのE-4は簡単になっているようですね
     
     
     
    『E-4』のクリアボーナスは『缶』と『修理施設』です!
      
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    工作艦の明石に早速載せました!
     
     
     
     
     
     
     
    さて『E-4』攻略法ですが、下の構成『ACDHの経路でボスまで辿り着けました
     
    コツとしては『敵がボスを含め潜水艦中心』のため、航空戦艦の日向を旗艦にし試作晴嵐を積み、索敵用の観測機ボス前対空対策の三式弾を積ませ…
     
    その他は『対潜装備』をした上で『航戦1・軽巡1・駆逐艦4』になるようにしました!
     
    道中2戦でラスボスまでいけますし、非常に効率が良かったです!
     
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    それにしても今回は『航空戦艦』が活躍するマップでしたね!
     
     
     
     
     
     
     
    今後は、ラストのE-5ですので腰をすえて頑張ります
     
    また何か進展がありましたらご連絡します!
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと4月19日に横須賀で行われた『カレーグランプリ』会場にて『こんごう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
     
     
    乗組員の作られたカレーもうまかったです!
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第9節『柏レイソルvs浦和レッズ』戦がありました
     
    連勝で勢いに乗る浦和がアウェイで柏戦と戦いましたが…
     
     
     
     
     
    その結果は
     
     
     
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第9節
     
    柏レイソル 3-2 浦和レッズ
    得点者:
    24分 原口元気
    60分 茨田陽生(柏)
    72分 田中順也(柏)
    75分 阿部勇樹
    90+3分 田中順也(柏)
     
     
     
     
    両チームの良さが出た緊迫した試合でしたが…
      
    審判の誤審エリア外のファールがPKになるなど、審判に壊された試合でした
     
    これでPK取られたらサッカーにならないよ…ってか審判が全然選手に追いついていないので正確なジャッジが出来ないし、Jリーグとしてこの判定を検証して欲しいです
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    Mr.Tはテレビ試合を見ましたが、試合全体としては両チームとも良さを出し合う緊迫した展開で見ていて面白かったですが…
     
    だからこそ、こういうギリギリのプレーをきっちりと裁ける審判にジャッジして欲しかったです!
     
    選手もギリギリの中でやっているのに、こんな誤審で試合を崩されたらお金を払って見ているファンは失望しますよ…
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした!
     
    アウェイでも大勢のレッズサポが駆けつけていたしたし、スタジアム全体の雰囲気も良かったです!
     
    そしてレッズサポの団結力は素晴らしいと改めて思いました!
     
     
     
     
     
     
    次節は29日にホームで『横浜FM戦』があります
     
    最後に笑うために今後も浦和レッズを力強く応援していきたいと思います
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
      
    PKのシーンはどう見てもエリア外に柏の橋本選手の足があるのも分かりますし、Jリーグがどういう判定をするのか見ものです
     
    これが『間違いなくPK』だとJリーグも言うのなら、これがこれからの『JリーグのPKの基準』になりますし、今後こういうシーンは揉めるのは必至です
     
    あとレフェリーは選手を裁くのはいいですが『誤審をした審判には指導』をきっちりして欲しいと思います
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
      
    一言感想 : 今回は1話の事件の『裏側』が明かされましたが『あらゆる能力』を使っての解決だったのがわかりました
     
    そして『絵コンテ:川畑喬・名倉靖博』『演出:岡田堅二朗』と物語シリーズを手がけるスタッフの魅せ方が上手かったと思いました
     
    物語シリーズのスタッフを使える強みが出てます
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    私的注目度2位メカクシティアクターズ 第3話
     
    音楽家『じん(自然の敵P)』さんによるマルチメディアプロジェクト『カゲロウプロジェクト』のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:じん
    キャラ原案:しづ・わんにゃんぷー
    総監督:新房昭之
    監督:八瀬祐樹
    脚本:じん
    キャラデザ:阿部厳一朗
    アニメ制作:シャフト

     
     
    キャスト
     
     
    エネ:阿澄佳奈
    コノハ:宮野真守
    マリー:花澤香菜
    キド:甲斐田裕子
    モモ:柏山奈々美
    カノ:立花慎之介
    ヒビヤ:富樫美鈴
    セト:保志総一朗
    シンタロー:寺島拓篤
     
     
     
     
     
     

     
    じんさんが作曲されたミクやIAなどのボカロ曲を題材にした小説のアニメ化ようですが…
     
    シャフトがどんな風に作ってくるのか気になります!
     
    アニメ化で化学反応が起きるのか気になる作品です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて3話は『アイドル少女・如月桃』の能力を評価しスカウトしにきたキドが登場
     
    そしてキドはモモの能力は『自分達と同種』であることを伝えアジトに連れて行くと、『カノ・セト・マリー』がいました
     
    どうやら皆『目にまつわる何かしらの能力』があるようですね
     
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    で、紆余曲折あり一行は壊れたモモの携帯を買いに行きますが、1話の事件に巻き込まれる展開になり…
     
    モモの兄のシンタローが『エネを警備システムに介入』するための時間稼ぎをするため、皆で『能力を発動』し、作戦は成功!
     
    1話はこういう裏側があったんですね
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
    さてそんな3話でしたが作画も非常に綺麗色使いも鮮やかしたし…
     
    各キャラの『能力のコラボ』など面白い趣向だと思いました!
     
    映像表現としても斬新な描写もありました
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    あと私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』『まどか☆マギカ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
    来週も楽しみです
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    3月1日『アミューズミュージカルシアター(東京六本木)』で開催された
     
    1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE『KEEP HAVING FUN 』ライブでもらったポスターキドがやっと出てきました!
     
     
    キド役は甲斐田さんですがやっぱりカッコいいですね!私的には『一騎当千』の『呂蒙子明』のイメージがあります!
     
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    あとライブでは『キルラキル』の新OPを歌われて、今作品のOPも歌っているGARNiDELiAのメイリアさんも良い歌声でした!
     
     
    セットリスト
     
    カゲロウデイズ
    夜咄ディセイブ
    夕景イエスタデイ
    オツキミリサイタル
    メカクシコード
    サマータイムレコード 
     
     
     
    あと私的にじんさんがどういう人か気になっていたのですが、MCでは『いい人』全開ですごく好感が持てました!
      
    ちなみにじんさんは2年前に1st PLACEから声をかけてもらえて所属してから、いろんな縁ができてよかったと言われていたのが印象的でしたし、アニメ同様、楽曲も楽しみにしたいと思います
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『艦これ』のお話ですが・・・
     
    23日より『艦これ誕生1周年記念』期間限定海域イベント『索敵機、発艦始め!』が始まってます
     
    Mr.Tは3日間で春イベントの『E-4』まで攻略完了しまして、残りは『E-5』のみでした
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    で、昨日・今日で何度か『E-5』をプレイしていまして、『戦艦5(大和型込)+空母1』と『支援艦隊』を入れてプレイしましたが、ラスボスをほとんど削れませんし、昼戦で大和型が大破する始末… 
     
     
    しかもクリアするためには『ラスボスを8回撃沈』させなければならないので、完全な『物量戦』になっちゃってます… 
     
    潜水艦での削りもルートが弾かれて選択できませんし、重巡以下では火力も足りないですし、戦艦の修理も含め物資が潤沢になければ突破できません
     
     
    イメージ 2
     
    秋イベントも大変でしたが、今回の春イベントのE-5はレベルが違います
     
     
     
     
     
     
     
    あと何といっても『E-5』のボーナスが『軽巡の酒匂』というのも無理してやる気が起きない理由なんですよね…
     
    イベントの最終面って『大和』や『武蔵』のような『戦艦の中でも最高クラス』の褒賞があるからこそ頑張れますが、今回はちょっと『軽すぎる』気がします…
     
    戦闘に費やす資源と得られる褒章『費用対効果』が比較にならない状況で、それもE-5を積極的にプレイしたくない理由です
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    なので『E-5』はとりあえず『戦略的撤退』をして、資源をためつつ『E-4』以下で遊んでます
     
    『資源量とレベル』を見て『無理をしない』のも戦略ですので、今回はE-4で終了です
     
    今回は『明石と天津風』が取れて、それだけでも楽しいイベントでした
     
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
     
    私的に軍艦に興味を持つ機会を与えてくれた艦これに感謝したいです
     
    本当に軍艦一つ一つにドラマがあるのが良く分かりました
     
    『雪風』のように最後まで死線をかいくぐって生き残った軍艦もいますし、本当に興味深です
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと4月19日に横須賀で行われた『カレーグランプリ』会場にて『こんごう』の艦内見学をしましたが・・・
     
    普段自衛艦に乗ることがないので、貴重な経験でした!
     
    自衛艦が日本を守ってくれていると思うと安心できますし、艦これで『軍艦』のファンが増えてきてますし、こういう機会をもっと増やしてほしいと思います
     
     
     
     
    乗組員の作られたカレーもうまかったです!
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
      
    感想 : 今回はにこ回でしたが、それより3話の完璧なダンスと歌『予選4位』で、しかも最終予選での本選出場はその4チームのうち1チームってヤバ過ぎるんじゃないのw?
     
    せめて2位とかにしとかないと『箔がつかない』んじゃないかなぁ…仮にも『アライズ』のライバルポジションなんだし…
     
    あと予選の時点で1位と4位の差がどれくらいだったのかも知りたいところでした
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位ラブライブ!第2期 4話感想
     
    彗星のように登場したサンライズが贈る『オリジナルアイドル作品』で、熱狂的なファンも多い作品の2期です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
    監督:京極尚彦、
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・アニメディレクター:西田亜沙子
    キャラデザ・メインアニメーター:室田雄平

    音楽:藤澤慶昌
    アニメ制作:サンライズ
     

    キャスト
      
    高坂穂乃果:新田恵海
    絢瀬絵里:南條愛乃
    南ことり:内田彩
    園田海未:三森すずこ
    星空凛:飯田里穂
    西木野真姫:Pile
    東條希:楠田亜衣奈
    小泉花陽:久保ユリカ
    矢澤にこ:徳井青空
     
     
     
     
    このシリーズは今までの実績で面白さは証明済みですし・・・
     
    どんな斬新な演出をしてくれるのか期待してます!
     
    あと2期はどういうラストにするのかも熱心なファンの多い作品だけに、シリーズ脚本の『花田十輝』さんの力のみせどころですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて4話ですが『第2回ラブライブ!』は予選『上位4位』に入らなければならず、前回3話では『アライズ』の会場を借りて同じステージで歌ったμ'sですが…
     
    穂乃果の落選デジャヴ通りにはならずに何とか『予選4位』で通過…
     
    予選4位で最終予選は上位1組かなりヤバイ状況…
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
    ってかにこがイチゴパックを握りつぶすシーンが結果発表の緊迫感の前の『緩急バランス』として良かったですw 
     
     
     
     
     
    そして最終予選に向けて練習をはじめるμ'sですがにこだけが帰宅
     
    しかもにこを尾行すると『買い物』をしているのを見つけます…
     
    ここで『にこ恋人説』にざわつく穂乃果達w
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
    このシーンでの真姫の悔しそうな顔がまた良いです♪ 
     
     
     
     
     
    その後にこに本当のことを聞こうとすると逃げられてしまいますが…
     
    たまたまにこの妹『ココロ』が登場!
     
    ダメ姉にしっかり妹…『けいおん!』の唯と憂たいな感じですね!まあ脚本が同じ花田先生ですし納得ですw
     
    イメージ 6
     
     
    あとEDのクレジットみたらココロ・ココア・虎太郎ぜんぶにこ役の徳井青空さんがやってたんですね!4役とはやりますね!
     
     
     
     
     
     
    そのこころの話を聞くと矢澤家では『にこがメイン』で『他はバックダンサー』という設定になっているようでした…
     
    1年の時にアイドルの夢破れたにこは、妹達を悲しませないため、そして自分のプライドのため、1年から『トップアイドル』と言い続けていたんですね…
     
    最初は『バックダンサー扱い』を皆で怒っていましたが、にこの『アイドルへの憧れと虚像』を妹の言葉を通じ皆が理解します
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
    皆のにこの性格を知っているからこその優しさを感じるシーンでした
     
     
     
     
     
     
    最後はこういう状況を良く思っていないにこですが、自分から切り出すには『プライド』が邪魔する中、穂乃果達が『一芝居』打ち…
     
    穂乃果がココロ達を学校に呼んで、にこのためのライブ会場を作り、ここでにこは『にこ個人』ではなく『全員でμ's』になるという設定に変更し、にこ個人のラストライブ開催してEDに入ります!
      
    これでにこも隠し事なくライブに打ち込めます!
     
     
     
    イメージ 9
     
    イメージ 10
     
     
     
     
    さてそんな4話でしたが『にこ回』として『笑いあり切なさあり』で凄く面白かったです!
     
    3話で一度山場を作り、4話から中盤は個人パートという王道展開ですが、それもまたよしです!
     
    にこ好きのMr.Tにはどストライクな回でした
     
    イメージ 11
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    それにしてもにこは本当に『いいキャラ』ですよね!
     
    『先輩らしくない先輩』『先輩なのに一番子供っぽい』『笑顔の裏に挫折あり』『締めるところはきっちり締める』というギャップが魅力的です!
     
    こんな愛すべきキャラがラストで卒業式…展開を考えるだけで胸が熱くなります…
     
     
    イメージ 12
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今日は『ARIA』のお話ですが
     
    テレビ埼玉で『AIRA』シリーズ最終章の『ARIA THE ORIGINATION』の再放送を毎週火曜18時から放送されています!
     
    現在7話まで放送されていますがARIAはやっぱり最高です…
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして今日は『アリアカンパニー創設』について語られた第7話『その ゆるやかな時の中に…』が放送されました
     
    この回は『アニメオリジナル』ですが『仕事に流されていたグランマ』がアリア社長に出会うことで『自分の幸せ』を見つけ、独立して『自分の時間で仕事をする』という話でした
     
    『仕事に流される』という話はすごく良く分かりますし、非常に考えさせられる回でした
      
     
     
     
    あと回想のシーンで流れる新居昭乃さんが歌う『鳥かごの夢』が非常に良い歌で、歌とシナリオが相まって素晴らしい構成になっていました
     
     
     
     
     
     
     
    ちなみに『監督:佐藤順一×脚本:浦畑達彦 対談』というのがあり、佐藤順一監督がこの回について語っていまして
     
    佐藤監督が視聴者に伝えたかったのが…
     
     
     
     
    灯里がプリマを目指す中で出会う人の中には『トラゲットをやりたい』という子もいるし『プリマにならない』という子もいる
     
     
     
     
     
    ・きっと『家庭を持つ子』もいる
     
     
     
     
     
     
    ・その人にとって『一番望むべき未来はどういうものなのか?』というエピソードを描いてもいいだろうと思ったんです
     
     
     
     
     
     
    ・この話を見る人には『自分の人生に照らし合わせて考えてほしい』と思うんですよ
     
     
     
     
     
    『周りから認められた人が必ずしも成功している』のではない
     
     
     
     
     
    ・アンナのように『家庭というもので幸せを見つける人』もいる
     
     
     
     
     
     
    ・それは『別に敗北ではない』と、そういうことを書きたかったんです
     
     
     
     
     
     
    と語るシーンは日々仕事や勉強に追われる人の心に響く話だと思いましたし…
      
    次回以降も是非とも多くの人に見て欲しいです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
    もしまだ「ARIA」を見たことがない人は…騙されたと思って見てください!かならず見た人の心に残る作品になります!
     
    特に4月から「新社会人」や「新生活」を始められる人にこの作品を見てもらうと・・・勇気を持てる作品になると思いますのでオススメです!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
     
    Mr.Tのツイッター
     
     
     
    連続小説「Rush In!」
     
     
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
     
     
     
     
     
     
    Liaさん関連 
     

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第10節『浦和レッズvs横浜FM』戦がありました
     
    前節柏戦で連勝が止まり、優勝のためにも連敗は出来ない大事な試合でしたが…
     
     
     
     
     
    その結果は
     
     
     
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第10節
    2014年4月29日(火・祝) 16:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    浦和レッズ 1‐0 横浜F・マリノス
    得点者:56分 李忠成
    入場者数:38,226人
     
     
     
     
     
     
     
     
    『浦和・柏木』『横浜FM・中村』『レフティ』のチャンスメーカー対決になりましたが…
      
    後半柏木の素晴らしいCKから李がヘディングで決めてそれが決勝点になりました!
     
    お互い『実力のあるチーム』だけに緊張感のある試合でしたが、浦和は『ホームの利』を生かして勝ちました! 
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    さて、今回はホームと言うこともありスタジアムでの観戦でしたが…
      
    GWということもあり4万人近いレッズサポが駆けつけてくれていたのが心強かったです!
     
    今回も浦和のゴール裏は太鼓なしの応援でしたがよく声が出ていました!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
    さて浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』ですが、ここ最近連携がスムーズになってきた『李・原口・興梠』が前線に並びました
     
    今日の布陣
     
     
     
              李
     
     
         原口       興梠
     
     
      宇賀神             平川
     
     
           阿部     柏木
     
     
         永田    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
      
     
     
     
    そして試合ですが、前半はお互い『得意な形に持ち込ませない』ように守備のブロックをきっちり作ったこともあり緊迫した試合展開になりますが…
     
    後半に入り、左サイドの原口の突破が増えるようになり、それで得たCKを柏木が素晴らしいボールを蹴り、李が上手く頭で押し込み先制
     
    それぞれが役割をきっちりと果たしてゴールに結びつける理想的な展開でした
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    そして後半ラストの横浜の攻撃を凌ぎ1-0で勝利!
     
    去年は後半ラストでバタついて同点ゴールや逆転ゴールを決められてましたが、今年はきっちり全員守備で横浜FMの攻撃を食い止めました
     
    横浜FM得意のセットプレーもきちんと押さえ込んでの完封は選手の自信になると思います
     
     
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした!
     
    前節柏戦はラストで失点しましたが、今回はその反省も生きていましたし、守備力が向上しているのは喜ばしいです!
     
    横浜FMは『ACL予選敗退の意気消沈&マルキーニョス依存』があったかもしれませんが、それでもやっぱり『怖さ』はありました
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    さて連戦の次節は5月3日にホームで『FC東京戦』があります
     
    最後に笑うために今後も浦和レッズを力強く応援していきたいと思います
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
      
    そういえば7月5日に山田暢久選手の引退試合が行われるんですね!
     
    浦和の引退試合というと『ミスターレッズ・福田正博』さん以来ですかね?
     
    現役選手vsレッズ歴代選抜が戦うようですが、歴代選抜の往年の選手が見れるのは嬉しいですし楽しみです!
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
    今回は2014年春アニメ『私的評価&格付け』について!
     
    2014春アニメがほぼ3話まで放送されましたので、私的に評価と格付けしてみました♪
     
     
     
     
     
    評価基準 : 5段階評価
     
     
    5点 : 期待以上の傑作
    4点 : 続きが見たくなった良作
    3点 : 普通に面白い
    2点 : もなく不可もなく
    1点 : う~ん・・・
     
     
     
     
     
    ランク表
     
     
     
    5点:期待以上の傑作
     
    ・ピンポン THE ANIMATION
    ・ラブライブ!2期
    ・それでも世界は美しい
    ・ARIA The ORIGINATION(テレ玉再放送)
     
     
    4点:続きが見たくなった良作
     
    ・メカクシティアクターズ
    ・魔法科高校の劣等生
    ・ご注文はうさぎですか?
     
     
    3点:普通に面白い
     
    ・ジョジョ
    ・蟲師
    ・ソウルイーターノット!
     
     
    2点:
     
    上記作品以外 
     
    点:
     
     
    評価対象外:
     
    一週間フレンズ(理由) 
     
     
     
     
     
    という感じに!
     
    正直今期は『作品が多すぎる』ので録りためたHDを現時点で全部見れてません…
     
    あと『ARIA The ORIGINATION』のような過去の傑作も再放送されてて、中途半端な新作よりそちらの方が見てて面白いというのもあります
     
     
     
     
     
     
    さて、ここからは評価毎の簡易レビューですが…
     
     
     
    5点 期待以上の傑作 : 4作品
      
     
    ・ピンポン THE ANIMATION
    ・ラブライブ!2期
    ・それでも世界は美しい
    ・ARIA The ORIGINATION(テレ玉再放送)
     
     
     
     
    期待以上に面白いということで素晴らしい作品でした!この4作品はまだ見ていない方にも自信を持ってオススメできる作品です!
     
     
    特に『王道作品』の『ピンポン』、『1期が売れた』ことで製作陣が充実する恩恵に恵まれた『ラブライブ!2期』、『何処か懐かしい作風』で感動的な『それでも世界は美しい』、『永遠の名作』の再放送『ARIA』など、視聴者の要求を満たしてくれる作品はやっぱり強いです!
     
     
    特にピンポンは『これぞノイタミナ』という斬新な作風が見ていて気持ち良いです!ちょうど世界卓球も開催されてますし、タイムリーな作品でもありますね
     
     
     
     
     
     
     
     
    4点 続きが見たくなった良作 : 3作品
     
     
    ・メカクシティアクターズ
    ・魔法科高校の劣等生
    ・ご注文はうさぎですか?
     
     
     
    ここは見てて続きが気になった良作です!あともう一押しで5に上がる可能性を秘めていると思います
     
     
    5は『全方向に面白い』傑作ですが、4は『原作ファンを大事にしている作品』というイメージがあります
     
    ただ5まで行かない理由としては、『メカクシティアクターズ』は作画は素晴らしいですが説明を含めちょっと詰め込みすぎかなぁ…と思いましたし、『魔法科高校の劣等生』は『俺TUEEE』系定番で斬新さはないものの、作画が綺麗です
     
    あと『ご注文はうさぎですか?』については1期に1つ必ずある『癒し系アニメ枠』として安定して面白いです 
     
     
     
     
     
     
     
    3点 普通に面白い: 3作品
     
     
    ・ジョジョ
    ・蟲師
    ・ソールイーターノット
     
     
     
    ここは『見る人を選ぶ作品』『一部キラリと光る演出や内容がある』というイメージですね
     
    好きな人は好きだけど、感性が合わない人は見ないような感じで、5、4よりさらに『マニア度』が高い作品群なんですよね
     
    だからこそ『コアなファン』を抱え込めるだけあって安定しているともいえます
     
     
     
     
     
     
     
     
    2点 可もなく不可もなく: 上記作品以外
     
    1点 う~ん :
     
     
     
     
    ここら辺は正直『HDにとりあえず録る』のですが、『春先の仕事の忙しさ』『艦これイベント』が重なってほとんど見れてません…
     
    ってか今期はアニメ作品多すぎです!じっくり見る時間もないので、未視聴アニメはそのまま消去コースかなぁ…
     
    アニメ見る時間は限りがありますし、上記のレベル3以上の作品以外は見れなさそうだなぁ… 
     
     
     
     
     
     
     
    のような形になりました
     
     
    Mr.Tは1話で大体『俯瞰』で総合的に面白いか見て、『3話』で継続視聴の最終判断をしていますが、やっぱり面白い作品は3話までで十分面白いですし、3話までで面白くない作品はどう頑張っても面白くはならないとも改めて思いました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    あとせっかくなので『春アニメヒロイン・ベスト5』を発表します!
     
     
     
    5位: 春鳥つぐみ(ソールイーターノット!)
     
     
    マカ同様『まな板』はご愛嬌ですが、かわいらしいキャラです!あと『ガガントス』と『サガン鳥栖』が語呂が似てて気になりますw
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
     
    4位 : 矢澤にこ&西木野真姫(ラブライブ!2期)
     
    2期は『にこまき』のシーンが多くて嬉しいです!
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    3位 : ニケ・ルメルシエ(それでも世界は美しい)
     
    自由奔放なニケはすごくいいキャラです!あとニケ役の前田玲奈さんは歌も上手いですし『当たり役』です!今後ブレイクする予感大です!
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
     
    2位 : 司波深雪(魔法科高校の劣等生)
     
    おしとやかな感じのキャラに早見沙織さんの声と完璧ですね!見ていて和むキャラです!
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    1位 : アヤノ(メカクシティアクターズ)
     
    『マフラー少女&中原麻衣さんの声』の時点で私的にツボなキャラですが、今後の展開も楽しみです!
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    さてこんな感じで『私的BEST5』を作ってみましたがいかがでしたでしょうか?
     
    他にも素晴らしいヒロインがいますし、今後も楽しみにしています!
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
                 リンク集            
     
    Mr.Tのツイッター
     
    連続小説「Rush In!」
     
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
     
     
    Liaさん関連 

    0 0

     
    今回は『浦和レッズについてですが
     
    Jリーグ第11節『浦和レッズvsFC東京』戦がありました
     
    GWの連戦3戦目で体力的に厳しい試合でしたが…
     
     
     
     
     
    その結果は
     
     
     
     

    2014Jリーグ DIVISION1 第11節
    2014年5月3日(土・祝) 16:04キックオフ
    埼玉スタジアム

    浦和レッズ 1‐0 FC東京
    得点者:
    79分 阿部勇樹
    入場者数:43,564人
     
     
     
     
     
     
     
    お互い堅実な守備なのと、連戦3戦目で体力的に厳しい状況でなかなかチャンスが生まれない中…
      
    後半柏木の素晴らしいCKから阿部がヘディングで決めてそれが決勝点になりました!
     
    浦和は『ホームの利』を生かして勝ち、4年ぶりに首位に立ちました 
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    さて、今回はホームと言うこともありスタジアムでの観戦でしたが…
      
    GWということもあり4万人を超える近いレッズサポが駆けつけてくれていたのが心強かったです!
     
    今回も浦和のゴール裏は太鼓なしの応援でしたがよく声が出ていました!
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
     
    浦和のフォーメーションはいつもの『3-6-1』ですが、連携がスムーズになってきた『李・原口・興梠』が前線に並びました
     
    今日の布陣
     
     
     
              李
     
     
         原口       興梠
     
     
      宇賀神             梅崎
     
     
           阿部     柏木
     
     
         永田    那須    森脇 
     
     
              西川
     
     
     
     
      
     
     
     
    そして試合ですが、前節の横浜FM戦同様、前半はお互い『得意な形に持ち込ませない』ように守備のブロックをきっちり作ったこともあり緊迫した試合展開になりますが…
     
    後半に入り運動量に勝るFC東京に押し込まれる展開となりますが、浦和が得たCKを柏木が素晴らしいボールを蹴り、阿部が上手く頭で押し込み先制
     
    連戦で体力的にも厳しい試合でしたが、セットプレーで点を取る理想的な展開でした
     
    イメージ 7
     
     
     
     
    その後もFC東京の攻撃を凌ぎ1-0で勝利!
     
    去年は後半ラストでバタついて同点ゴールや逆転ゴールを決められてましたが、今年はきっちり全員守備でFC東京の攻撃を食い止めました
     
    2試合連続完封は選手の自信になると思います
     
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    さて各種参戦お疲れ様でした!
     
    今年は回は去年の反省を踏まえ守備力が向上しているのは喜ばしいです!
     
    FC東京もサイドから攻めてきましたが西川や那須を中心に体を張った守備は素晴らしかったです
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
     
     
    連戦の次節は5月6日にアウェイ国立で『甲府戦』があります
     
    最後に笑うために今後も浦和レッズを力強く応援していきたいと思います
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    ではまた
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    おまけ
     
     
     
     
     
      
    それにしても浦和は4年ぶりの首位なんですね
     
    ACL優勝して以降、浦和は試行錯誤していましたが、ミシャサッカーに取り組み3年目でとうとう『目に見える形』で結果が出てきました
     
    これからも厳しい戦いは続きますが、最後に『優勝』するためにもサポートしていきたいと思います
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」

    0 0

     
      
    一言感想 : 今回は楽曲『カゲロウデイズ』の内容に沿った話になってました
     
    そして歌詞の2番にあるように『ヒヨリ死亡⇔目覚め』の『ループ』のような状況を打破するため『ヒビヤ』が身代わりになるシーンで終了と先が気になる展開でした
     
     
     
     
    <カゲロウデイズ (抜粋)>
     
     
     
     
    バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる
     
     
    血飛沫の色、君の瞳と 軋 きしむ体に乱反射して
     
     
     

    文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
     
    私的注目度2位メカクシティアクターズ 第4話
     
    音楽家『じん(自然の敵P)』さんによるマルチメディアプロジェクト『カゲロウプロジェクト』のアニメ化です
     
     
    製作スタッフ 
     
    原作:じん
    キャラ原案:しづ・わんにゃんぷー
    総監督:新房昭之
    監督:八瀬祐樹
    脚本:じん
    キャラデザ:阿部厳一朗
    アニメ制作:シャフト

     
     
    キャスト
     
     
    エネ:阿澄佳奈
    コノハ:宮野真守
    マリー:花澤香菜
    キド:甲斐田裕子
    モモ:柏山奈々美
    カノ:立花慎之介
    ヒビヤ:富樫美鈴
    セト:保志総一朗
    シンタロー:寺島拓篤
     
     
     
     
     
     

     
    じんさんが作曲されたミクやIAなどのボカロ曲を題材にした小説のアニメ化ようですが…
     
    シャフトがどんな風に作ってくるのか気になります!
     
    アニメ化で化学反応が起きるのか気になる作品です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて4話は『ヒビヤ』と好意を寄せる『ヒヨリ』が登場しますが
     
    ヒヨリは『どんなルートを選択』しても死んでしまう運命のようです…
     
    どうやらヒビヤがヒヨリの死で『能力が覚醒』し、助かるまで『ループ』しているようですね
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
    で、紆余曲折あり楽曲『カゲロウデイズ』にあるように『ヒビヤが身代わり』になることで運命を回避
     
    作戦は成功しますが、それによりヒビヤが死亡
     
    好意を寄せる相手に自分を犠牲にして助ける精神は尊いですが、辛いですね…
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    さてそんな4話でしたが作画も非常に綺麗色使いも鮮やかしたし…
     
    楽曲にあわせた展開で面白い構成だと思いました!
     
    映像表現としても斬新な描写もありました
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    あと私的に思っているのは、シャフト作品って『独特の作風』故に、『ハマれば大爆発』しますが、外すと『噛み合わない』作品があると思ってまして…
      
    今回は『ハマッた方』なのかなと思いました!
     
    あとスタッフも『化物語シリーズ』『まどか☆マギカ』の方々を起用していますし、そういう意味でも恵まれた作品なのかなとも思いました
     
    イメージ 5
     
     
     
     
     
    来週も楽しみです
     
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    3月1日『アミューズミュージカルシアター(東京六本木)』で開催された
     
    1st PLACE 10-11th CELEBRATION LIVE『KEEP HAVING FUN 』ライブでは『キルラキル』の新OPを歌われて、今作品のOPも歌っているGARNiDELiAのメイリアさんも良い歌声でした!
     
     
    セットリスト
     
    カゲロウデイズ
    夜咄ディセイブ
    夕景イエスタデイ
    オツキミリサイタル
    メカクシコード
    サマータイムレコード 
     
     
     
    あと私的にじんさんがどういう人か気になっていたのですが、MCでは『いい人』全開ですごく好感が持てました!
      
    ちなみにじんさんは2年前に1st PLACEから声をかけてもらえて所属してから、いろんな縁ができてよかったと言われていたのが印象的でしたし、アニメ同様、楽曲も楽しみにしたいと思います
     
    イメージ 6
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

    0 0

     
      
    感想 : 今回は凜回でしたが『男の子』っぽいことにコンプレックスを抱いていたことが明らかになり…
     
    それを克服するために親友の花陽に背中を押してもらい『女の子』らしいウェディング姿で歌う流れは良かったです!
     
    前回のにこ回といい1期で出来なかった『各キャラの深堀り』をしていくのは上手い構成だと思いました
     
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    私的注目度3位ラブライブ!第2期 5話感想
     
    彗星のように登場したサンライズが贈る『オリジナルアイドル作品』で、熱狂的なファンも多い作品の2期です!
     
     
     
    製作スタッフ
     
    監督:京極尚彦、
    シリーズ構成:花田十輝
    キャラデザ・アニメディレクター:西田亜沙子
    キャラデザ・メインアニメーター:室田雄平

    音楽:藤澤慶昌
    アニメ制作:サンライズ
     

    キャスト
      
    高坂穂乃果:新田恵海
    絢瀬絵里:南條愛乃
    南ことり:内田彩
    園田海未:三森すずこ
    星空凛:飯田里穂
    西木野真姫:Pile
    東條希:楠田亜衣奈
    小泉花陽:久保ユリカ
    矢澤にこ:徳井青空
     
     
     
     
    このシリーズは今までの実績で面白さは証明済みですし…
     
    どんな斬新な演出をしてくれるのか期待してます!
     
    あと2期はどういうラストにするのかも熱心なファンの多い作品だけに、シリーズ脚本の『花田十輝』さんの力のみせどころですね
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    さて5話ですが2年生の穂乃果達が修学旅行に行っているため、残っている1年と3年で暫定リーダーを決めることになりますが…
     
    1年きってのムードメーカーの凜が暫定のリーダーに!
     
    凜は『目立つことは苦手』といい最初断りますが、最後は絵里に推されリーダーになります
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
     
     
    その後慣れないながらなんとかリーダーをしますが、穂乃果達が天候不順で飛行機が飛ばず、ファションショーまでに戻ってこないことになり
     
    リーダーの凜がセンターをする案が出ますが『センターはやりたくない』という凜に無理強いするのは良くないと花陽がセンターになることに…
     
    凜はどうしても『目立つポジション』にいきたくない様子…
     
    イメージ 3
     
     
     
     
     
    その嫌がる理由は凜は『男の子っぽい』と子供の頃にからかわれて以来、私服でスカートをはくことに抵抗するくらい『コンプレックスがある』ことが判明
     
     
    そんな凜に親友の花陽は『凜に無理強い』ではなく『凜に前に進んでもらう』ために『センター』を凜に譲ります!
     
    凜への優しさだけでなく、『コンプレックスを乗り越えて前へ進んで欲しい』と願い背中を押す花陽…親友って良いですね!
     
     
    イメージ 4
     
     
     
     
     
     
    そしてファッションショーでは『女の子』らしい『ウェディングドレス』を着た凜がセンターで歌うことで『コンプレックスを解消』し…
     
    その後の練習時には『スカート姿』で現れるまでに成長!
     
    前回のにこといい、これで凜も悩みを解決し前へ向いて進めるようになりました!
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
     
     
     
     
    さてそんな5話でしたが、凜がコンプレックスを皆の応援で乗り越えて成長していく姿は見ていて感動しました!
     
    3話で一度山場を作り、4話から中盤は個人パートという王道展開ですが、それもまたよしです!
     
    花陽とも上手く絡めていましたし、よく考えられたシナリオだと思いました!
     
     
    イメージ 7
     
     
     
     
     
    次回も期待してます!
     
     
    ではまた!
     
     
     
     
     
     
     
     おまけ 
     
     
     
     
     
     
     
     
    あと花陽が『μ'sに脇役も中心もないの!グループにいる限りみんな一緒だよ!』というシーンはμ'sのスタイルを良く表していると思いました!
     
    皆が『それぞれの役割』をきっちりとはたすからこそ『グループ』ですし、いい言葉だと思いました!
     
    こういう言葉がさりげなく出てくるところがμ'sの良いところですし、脚本の花田さんの上手さだと改めて思いました
     
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
                 リンク集            
    Mr.Tのツイッター
    連続小説「Rush In!」
    麻枝さん&「Angel Beats!」関連
    Liaさん関連 

older | 1 | .... | 50 | 51 | (Page 52) | 53 | 54 | .... | 99 | newer